チューブレス対応ホイールの手組みに挑戦して大苦戦する話:その1「アウターホール無しリムは辛いよ」

久々に機材ネタです。
手組みホイールです。カーボンです。ディーブリムです(と言っても38mm)、完全チューブレス対応リム(これ重要!!)です。
もうアレコレてんこ盛りのホイールですよ。素晴らしいですね。

その分、トラブルもてんこ盛りだったけどな!!!

という訳で、スタートです!

■そもそも何故手組みホイールに挑戦することになったのか
実は私、以前報告した通りレース用決戦ホイールとして中華カーボンホイールを持っていました。

この時報告した通り安い割には良い品だったと思うのですが
・チューブラータイヤは常にパンクの不安が付き纏うので常用しにくかった
・ホイールを交換する度にブレーキシューを交換&リム幅も違うので再調整が超面倒だった
・装着しているタイヤCORSA CXが摩耗してそろそろ限界を迎えていた
・新たに購入したレーゼロ2WayFit+チューブレスタイヤが万能すぎた

以上の理由から結局レースでもレーゼロ+チューブレスタイヤを使うようになってしまいました。
だって面倒くさいんだもん、チューブラータイヤ+カーボンホイール…
それに比べて普段使いからレースまでそつなくこなすレーゼロの万能ぶりよ。
折角の2WayFitなので試しに使ってみたチューブレスタイヤもすっかり気に入ってしまい、最近はどんな時でもレーゼロ+チューブレスタイヤを使用していました。
しかし捨て難きはディープリムホイールの魅力。
Ridley NOAHというエアロフレームのバイクにはやはりディーブリムが似合うし、そもそも私の得意分野である長時間エンデューロにはディーブリムの方が向いているはずなのです。
何故か岡山10時間とか鈴鹿8時間とか長時間のレースも硬くて脚に厳しいと言われるレーゼロで走ってますが、やっぱディープリムホイール使った方が結果出るんじゃね?と思ったりもしていました。
そんな時、ふとしたきっかけで、中華カーボンホイールに、チューブレス対応リムの製品があることを知りました。
いえチューブレス対応リム自体は珍しいわけでは無いのですが手組み用リムの場合、普通はリムホールをチューブス用リムテープで塞ぐチューブレスレディ(細かい隙間はシーラントで塞ぐ前提のチューブレス化)リムなわけです。
しかしそのリムはリムホールの無い完全チューブレス対応リムなのです!
リムホールの無いチューブレスリムと言うのは私が今使っているレーゼロ2WayFitと同じですね。レーゼロに近い感覚で手軽にチューブレスタイヤが使えるのであればこれは魅力的!

欲しい!!

しかし、そのホイールは中華カーボンホイールとしては名の通ったFarSportsというメーカーの製品で7万円程と少々お高い。そこまで出すならもう少し出せば有名メーカー製ホイールにも手が届きますし(カーボンでリムホールの無い製品は無いので完全に代替にはならんのですが)そこまで出す金銭的余裕も無いしな~と悶々としていたのですが、ふと思いつきます。

リムだけ買って、今持ってる中華カーボンホイールからハブとスポークは使い回して自分で手組みすれば良くね?

リムだけなら前後で35,000円くらいか・・・ニヤリ

かくして手組みカーボン製ディープリムホイール(チューブレス対応)プロジェクトがスタートしたのであります。

■最初にして最悪の難関「リムホール無しリムの恐怖」

実はリム購入前にこんな質問をツイッターでしています。
リムのアウターホールは勿論意味があってあいている訳で、あそこからニップルを取付ける訳なんです。ではホールの無いリムの場合どうやってニップルを取付けるのか?疑問ですよね。
回答して頂いた情報によると同じくホールの無いレーゼロ2wayとかは特殊なニップルになっていて先端を磁石で引き寄せて取り出すそうです。
しかし手組みで通常使用するニップルは真鍮かアルミで出来ていますので磁石は使えません。
じゃあどうするのか?
「FarSports自身がちゃんとこのリムで組んで売ってるんだから何かニップルを通すような仕組みがあるんじゃね~の?通す方法は必ずあるはず」
何といういい加減さ。ニップルを通す方法に目処が立っていないのに注文してしまいました。
さて約ひと月後、無事にリムは届きました。早速、中華チューブラーホイールを解体して手組み作業をスタート・・・と言いたいところですが
ニップルを通す穴超小さい!これアウターホール無しで通せる気がしない!
恥ずかしながら
「バルブホールからニップルをリムの中に入れて、ニップル穴の近辺で揺らしていれば出てくるんじゃないか」
とか甘い考えを持っていました。でもそんな方法じゃ100%無理です。
そこで、磁石のシートを買ってきてリムの先端に両面テープで貼り付けて、超強力ネオジム磁石で引き寄せるという方法を考えました。レーゼロのニップルと同じやり方ですね。
これには自信あったんですが、ニップルの穴はかなり細くて隙間は小さく、そして意外と長いです。この穴を通すには垂直に近い角度でニップルを進入させなければならないのですが磁石で引き寄せると横になったままでしか引き寄せられず、どんなに頑張っても穴を通せません。

詰んだ!!!

と諦めかけたのですがふと閃きました。
1.まず糸の先端に細い金属を繋げ、それをニップル穴から入れる
2.次にその糸を磁石を使ってバルブ穴まで誘導して外に出す
3.今度はその糸の先にニップルを結んでニップル穴から糸を引いてニップルを引き出す

これは上手くいきました!

しかしこの作業恐ろしく面倒です。
一日潰して作業に取り組んで前輪20、後輪24ホールすべて通して仮組みするだけで丸一日潰れました。


さて普通はここまではすんなりいって、これからが大変なフレ取りやセンター出し作業になるのですが長くなったので今回はこれまでとさせていただきたいと思います。

いやこれからがまたトラブル続きで大変だったんですけどね(苦笑)
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

春の堺浜に春来る!:堺浜クリテ第4戦レポート

■前置き
前戦堺浜クリテ第3戦で惨敗を喫し、春のヒルクライムシーズン突入を目前に
「平坦レースは一区切りとしてヒルクライム頑張るぞ」
宣言をしたのが先月末の事でした。
今年は富士ヒルシルバーと言う目標もありますしね。(←去年も言っていただろ!というツッコミはやめて!)
ですが、堺浜クリテシリーズは全5戦。そして私は既にすべてのレースにエントリーを済ませていたのでした(笑)
折角お金も払ったことですし、レースには勿論参加しますが、トレーニング内容は今月頭からヒルクライムレースを前提としたメニューに切り替えています。
唯でさえ通用していないのにトレーニング内容もヒルクライム向けに切り替えて今回は期待薄かなと最初は思っていたのですが、実走を増やし天狗一武道会や六甲山逆瀬川コースを走るうちに少しずつ調子が上がってきているのを実感し、ちょっとだけ走りに自信が出てきました。
トレーニング内容を切り替えたと言っても日頃のローラー台トレーニングはどちらにも効果があるはずですし脚力が上がるのはプラスになっているはず。
やるからには入賞目指して今回も全力で走ろう!そう気持ちを切り替えてのレース参戦となりました。

■クリテ ビギナーI
さてまずはクリテリウムからです。
前回のレースでは、MATRIXの鬼引きに途中での脱落者が続出。6位に入賞された方でも途中で振り落とされるという超ハイペースのレースでした。
私は前回先頭トレインから振り落とされた段階で「もう入賞の目は無くなった」と諦めてしまったので
「今回は結果はどうあれ最後まで全力を尽くす!」と誓っての参戦です。
いつも通り早めに並んで最前列を確保。
とにかくイケるところまで先頭集団に喰らいつき最後まで諦めない
が今回の作戦です。

レースは今回も序盤からMATRIXの力強い引きでスタート。最初の3周位はかなりのペースでレースが進行します。
しかし序盤から振り落とされるわけにはいきませんから何とか喰らいついて先頭集団をキープしつつ様子を窺います。
すると4周目辺りでMATRIXの選手が下がっていき今回のレースは参加者の手に委ねられます。
こうなるとレースは心理戦に突入。誰だって先頭を引いて消耗したくはありませんから先頭を走っていた方はエルボーサインで交代を促しますが皆見ないふりです(苦笑)
すると先頭を走っている方は当然消耗を避けるためペースを落とすのでレースは一気にペースダウン。
その隙に後ろからアタックを掛ける選手が現れますが
「待ってました!」とばかりに皆そのアタックに乗っかります。ペースが落ちて皆の脚が回復しているだけにアタックは容易には決まりません。
私も6周目くらいに一周ほど先頭を引かされましたが勿論全力で引いたりはしません。脚を使い切らないペースで走りつつ、何度も「もう限界だから先頭変わって!」とばかりにエルボーサインを送るのですが、なかなか変わってもらえない。まあ自分もやったことですしね(笑)
堺浜クリテ走行中170318
こうして微妙な(セコい)駆け引きを行いつつレースはペースが上がらないまま終盤戦に突入。何度かあったアタックは毎回あっさり潰されるので誰もアタックを掛けなくなり、これは最終周スプリント勝負になる気配が濃厚です。
最終ラップに入りジャンの音が響き渡ると予想通り一気にペースアップ。
向かい風厳しいバックストレートで勝負をかけて上がっていく選手たち!
しかしそこで仕掛けて良いように利用されて最後に力尽きたのが第2戦のこと。
その経験を活かし、今度は私が利用させてもらおうとペースを上げた選手に後ろについてその時点での7位からスルスルと勝負をかけられる位置に浮上!
そして好位置をキープしつつ鋭角コーナーをうまい事クリアしてゴールのホームストレートでのスプリント勝負に持ち込みます。
この段階で私の順位は2位。トップの選手のドラフティングゾーンに付けられたので位置的には私が有利なれど流石にここまで上げてくるのに疲れ、乳酸が溜まってきているので全力スプリントはキツい!
お互い必死で最終スプリントを競り合いゴールライン2m手前くらいで並んだ!!
後は勢いの差で僅かに差し切って私の勝利!!!
その差僅か「0.013秒!」
「勝ったぞぉぉおお!」
ガッツポーズと共に歓喜の雄叫びを上げて遂にビギナーIを勝利で飾ることが出来ました。
今年に入ってからクリテでは苦戦続きでしたが今回は展開にも恵まれ、遂にビギナーIを卒業です。(優勝者は強制昇格です)
次回は最終戦となる第5戦はスポーツIIクラスでの参戦となります。上のクラスで何処まで通用するかは分かりませんが次戦も全力を尽くします。
堺浜クリテ表彰台170318

■120分エンデューロ
さて、午後からは引き続きエンデューロにも参戦です。
今回から時間が延長され90分から120分になりました。私としては長い方が得意ですのでこの延長は望むところ。
そして今回は週末に「宇都宮クリテリウム」が開催されるとあって日頃エンデューロで上位に入賞される実業団選手はそちらに参加するということで、何時もよりメンバー的にはチャンスがありそうです。
今年に入ってから得意のエンデューロでも全く結果を出せていませんが今回はクリテでも結果を出せて調子は上々だし入賞を狙っていきたい!
そう密かに誓って今回も早めに並んで最前列を確保します。
レースは序盤は抑えめのペースでスタート。大人数の集団が形成されます。
今回ずば抜けた選手があまりいないこともあって動きの少ないレース展開が中盤まで続きます。
時々数人が飛び出しインターバルをかけますが、集団を突き放す程の勢いは無くすぐに集団に吸収されるという展開。
私も時々先頭を牽いたりしながらレースは進みます。

そのまま大集団を形成しながらレースは75分ほどが経過。
ここで常に先頭の方をキープして余力の有りそうだった選手が今までと違う本気のアタックをかけます。付いていけたのは集団前方をキープしていた3人ほど。
集団は完全に分断され私は後方に残されます。
「ここが勝負の分岐点だ!」
と判断し同じく勝負をかけたもう一人の方と共にブリッジに挑戦!既に差は付いてしまったけれど、毎度毎度周回遅れはもう沢山だ!と必死のペダリングでモガキ続けて辛うじてブリッジに成功!やった、何とか追い付いた!!

だがしかし

そこで脚を使い切った私はその後少しして再度振り落としにかかった先頭集団のアタックに対応しきれず無念の脱落。
勝負の分岐点はここでは無かったか・・・残念無念。
その後、同じく先頭集団から脱落した方と2人でローテを回して暫く走り続けるも、2人だけではペースが上がらず大集団となっている第二集団に再吸収されます。
後は第二集団内で大きな動きもなくレースは展開。時々インターバルをかけて振り落とそうとする動きをする選手がいますが、もう大集団を突き放せるほどの力のある選手は居ないようで簡単に再吸収。
そしてレースは終盤戦。残りあと2周くらいか?といった所で牽制合戦に入りペースが緩んだ所でタイミング悪く先頭を引かされてしまい無駄に消耗(笑)
そして恐らく最後の周回となるであろうタイミングで第二集団でまだ脚の残っている選手が一斉にペースを上げていき、2時間も走った後なのに最後のホームストレートで入賞をかけた必死のスプリント勝負!!
辛うじてそのペースに付いて行った私も残った力を振り絞ってスプリント勝負に加わり、脚を焼き尽くして走り切り第二集団内では4番手くらい?でゴール!!
これは入賞どうなった!?ギリギリアウトか?

ゴール後、順位が読み上げられていく中、1~5位に私の名前は無し。最後のひと枠
「第6位 山崎選手!!」
やりました。最後のひと踏ん張りが効いてギリギリで入賞です!最後まで諦めずモガいた甲斐がありました。
何より久々にエンデューロレースで入賞出来たのが嬉しいですし自信にもなりました。
今回、途中で脱落した先頭集団との周回差は一周。まあ今回は実業団勢が居なかったということもありますが2時間走って大差をつけられず走りきれたのは悪くない結果だったのでは無いかと思います。
次戦で実業団勢が帰ってきたら残念ながら今回のような結果を出すのは難しいでしょうがそれでも次回も諦めない走りで一つでも上の順位を目指して最後まで走り抜きたいですね。
堺浜エンデューロ6位170318

■総括
今年に入ってからの堺浜クリテは惨敗続きで自信を失いトレーニングの方向性にも迷いが生じて一時期調子を落としてしまったりと辛い時期もありましたが
「乗っていれば大丈夫」
との言葉を信じてトレーニングを積み重ねてきました。
今回は、クリテでは展開に恵まれた&エンデューロでは実業団勢が居なかったという幸運に恵まれたのも大きな要因ではありますが、それでもそういったタイミングで入賞出来る位置に付けられたのはトレーニングの成果だと思いますので、本当に嬉しく思いますし、素直に喜びたいと思います。

堺浜クリテは次回が最終戦。次回はスポーツIIとエンデューロに参戦します。
今後ヒルクライムをメインにトレーニングをしていくという方向性は変わりませんが、それでもトレーニングはクリテ&エンデューロにも活かせると思いますので次回も全力を尽くして頑張りたいと思います。

■おまけの失敗談





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

実は今週末も堺浜クリテ・・・な今週のトレーニングまとめ

今月に入って以来、目標をヒルクライムに切り替え、ローラー台ばかりだったトレーニングを改め週に2回はヒルクライムを走る様にトレーニング方針を変更しました。

・・・しかしながら今週末はまたしても堺浜クリテに参戦だったりします。
ヒルクライムメインで頑張るんじゃなかったのかよ!
いや、方針変更前に既に申し込みを済ませてありましてね(汗)

折角なのでレースに合わせて平坦練を取り入れるべきかちょっと迷ったのですが方針がブレブレでは駄目だろうと思い直して今週もヒルクライムを主眼に置いてヒルクライムの実走に出かけつつ、流石にレース直前だけは疲れを残さない程度のトレーニングとしてみました。

そんな訳で今週のトレーニングまとめです。

3/11(土)六甲山逆瀬川ルートヒルクライム

3/12(日)休脚日
手組みホイール組み立てをやっていたら一日潰れる。まあ昨日疲れたから良いやと開き直って休脚日。
しかし縦振れが取りきれず結局バラして後日組み直しの憂き目に(泣)

3/13(月)高強度短時間走
早朝はいつもの補助トレ
・ウォーキングランジ:ダンベル25kg×2で100mウォーキング
・スティッフレッグド・デッドリフト:ダンベル25kg×2で30回×3セット
夜は朝の補助トレのダメージがキツかったし翌日は天狗一なので高強度短時間走でサクッと済ませる。

ローラー台170313

3/14(火)天狗一武道会。

3/15(水)高強度短時間走
前日に天狗を頑張ったためのダメージがキツかったので無理せず回復走をと言うことで高強度短時間走。

ローラー台170315
同じメニューでも疲労度でキツさは大きく異なるな。この日は脚に筋肉痛がしっかり残っていて300Wの維持が超キツかった。

3/16(木)高強度短時間走
なんか今週こればっかりやってる気がするが、土曜日にはもうレースなのでガチトレはやらない方が良いと判断して安定安心の高強度短時間走を(笑)

ローラー台170316
昨日に比べると脚はかなり楽。でも、もうちょっと頑張れるんだけど・・・くらいで止めておく。ダメージ残さないトレーニングとしてやってるのに頑張りすぎては本末転倒だしね。

3/17(金)レース前テーパリング走
以前はレース前日はノーライドだったが、少し脚を回しておいたほうが良いと判断して軽めのローラー台トレを。
あくまで軽くね。

ローラー台170317

こんな感じの一週間でした。
今週も、六甲山逆瀬川コースに天狗一武道会とヒルクライム実走をしっかりやれたのは良かったと思うのですが、それ以外の日は
「300W 5分+370W 30-30インターバル×8回」の高強度短時間走しかやってねぇ~
このメニューは翌日にダメージを残さず、脚に刺激を入れられるという点でお気に入りのメニューではありますが所詮は回復日用のメニューであってこればっかやってちゃ成長出来る訳も無いのですが、週末はエンデューロレースもありますので、あまり頑張りすぎて疲労を残しても良くない気もするのでついつい・・・

その分、今週末は堺浜クリテでクリテ&エンデューロレースをしっかり頑張ってきたいと思います。
そして来週からはまた完全ヒルクライムモードで頑張っていきますよ~!

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

少しずつ調子が上がってきた天狗一武道会(ソロ)

3/14(火)
この日は火曜日なので天狗一武道会の開催日。
最近ようやく暖かくなりつつあるのでそろそろ気持ち良く走れるんじゃないかな~と思っていたら、何か知らんけど昼過ぎから風が強くなってきて、気温もなんか下がり気味。
そのためか、今回も参加者は無しでソロ活動。

北摂のスタート地点まで行くとやっぱり結構冷える。私の家のある新大阪付近とは体感温度からして結構違いますね。

この日は、前日の補助トレと高強度短時間ローラー台トレーニングの合せ技wのダメージで脚に筋肉痛が残っていてちゃんと走れるか不安を感じつつスタートをきります。

しかし不思議なもので少しくらい脚が重いと感じているくらいの時の方が調子良く走れることがあるんですよね。
この日がそうで前半の緩斜面区間で序盤から良い感じでパワーが掛かり、何だかイケそうな手応え。
「これは頑張って走らねば!」
と気合を入れて前半の緩斜面区間を走り切りAvg.266Wと良い感じで前半を走破。
自己ベストを出した時がAvg.255Wだったので結構頑張った数値ですが、このコース前半はドラフティングがかなり効くのでソロで走った今回はタイム的には残念ながら凡タイム。
ここまででちょっと張り切りすぎたのか、激坂小学校、天狗岩と続く激坂区間ではちょっと(かなり)苦戦。
ここが踏ん張りどころと分かっていても脚を回しきれずついついギアを落としてしまいます。
ギア落とすと楽になる分やっぱりパワーは上がりません。いやその分ケイデンスを上げれば良いんでしょうけど、それはそれで苦しいのでwやっぱり難しい・・・
それでも「今日は前半調子良く走れたのだから何とか最後まで粘っていこう!」と自分を励ましながら天狗岩の激坂をゼーゼー言いながら登っていきます。

すると突然ライトの前に白い粉の様なものが舞い散ります。砂埃でも巻き上げたのかな?と思ったら、なんと季節外れの雪でした。3月に入っても雪とは北摂の寒さはマジぱねぇっす。
雪は少しずつ勢いを増し天狗岩コースの途中で本格的な降りになっていきますが、必死で走る私はそんな中でも汗だくです(笑)
終盤は息が上がってタレかけるも何とか自分なりに粘って走り切り手元のサイコンではほぼ35分ジャスト。おお、前回より1分近く短縮できてる。ソロで走ったタイムとしては自己ベストかな?
上福井~天狗岩:35分06秒、Avg.258W
しかし、このコースを260W超で走るのを一つの目標としているのですがあと一歩届かず。激坂区間に入ってからパワー値を維持できなかったことが悔やまれます。タイムもソロ走での35分切りが当面の目標なのでこちらも僅かに届かず。
むぅ・・・これは悔しい。しかし今回の走りで手応えを得たので、次回挑戦時にW更新を目指したいと思います。
天狗一170314

帰り道は雪の降る中、天狗岩、勝尾寺と下っていったら途中で雨になりました。身体冷えるっての(泣)
しかしこの日は割と悪くない走りが出来たのでちょっといい気分。良い走りが出来た帰り道はテンション上がりますね。
年明けから明らかに調子を落としてしまいパワー値も低調とスランプ気味だったのですが、ここにきてやっと復調傾向にありますので、このまま良いイメージを持続しながら少しずつ調子を上げていって4月あたまの伊吹山に備えていきたいですね。


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村

またしても六甲山逆瀬川に挑むも跳ね返される話

実は現在、カーボン製チューブレスディーブリムホイールの手組みに挑戦しているのですが、ちょっと訳アリで組むのが物凄く面倒くさいホイールなのです。それでもこの休日で組み上げてやっと完成!!!
と思ったら、大ミスやらかしていて一から組み直しとなって大ショックな、やまちゃんです。
現実の世界はどうしてこんなに辛く厳しいのだろう・・・
この件は完成したら改めて報告できればと思っています。先は長そうですが(号泣)

という訳で無気力モードに突入しているので手抜き更新です。

土曜日は、またしても六甲山逆瀬川コースを走ってきました。
目指せ47分切り!と目標を掲げておりますので何度でも挑み続けますよ~

では今回の結果っす。



またも信号と、片側交互通行規制につかまりstravaタイムは49分くらいですがオートストップのかかる手元のサイコンだと今回もギリギリ48分切りといったところ。
だいたい前回と同じですね。なんかこの辺でまとまりつつあってこれはいけません。少しずつでも良いから伸ばしていかなければ・・・
ちなみに、パワー値はコース全体のAvg.251Wと前回のAvg.240Wより10Wもアップしていて、パワメ見ながら
「今回はパワー出せているからタイム期待できるのでは?」
と思っていたのに結局タイムがほとんど変わらんのは何故でしょうね?
友人と回転寿司行って、馬鹿食いしてしまったせいで体重が重かったんでしょうか(笑)それともパワーを上手く推進力に繋げられていない?
一軒茶屋170311
思うようにタイムが伸ばせなかったのは残念ですが、やはり逆瀬川コースは良いトレーニングになりますので、引き続き27分切りとコース全体のAvg.260W超えを目標として定期的に挑み続けていきたいと思います。
来週は堺浜なので無理ですが・・・
手抜き更新なので本日はこれまで。
あ~折角苦労して組んだホイールバラすの超辛いわ・・・
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村