FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RaphaのFestive500と最近のトレーニング

今年最後のレースも無事終わりましたので残り期間はまったり楽しく過ごす・・・
何てこと言ってる間もなく年末恒例企画、RaphaのFestive500 がもうすぐ今年も始まりますね。
私は一昨年、昨年と続けてクリアしていますので今年もぜひクリアしたい所。
まあロングライドはだらだら長時間走るのが得意の私に向いてますからね。500kmくらい何とかなるなる!
さて、今年も開催期間は12/24~12/31まで。この期間内に合計500kmを走らなければなりません。
勿論実走のみしか認められませんので、Zwiftでローラー台を回しても計算されません。
「寒くても頑張って走ろうぜ!」
が趣旨の企画ですから当たり前ですね。Zwift派としてはちょっと(かなり)残念ですが・・・
今年はスタートとなる12/24日は日曜日。ここは走っておくとして次にロングライドできそうなのは会社が休みになる12/30、31のみ。今年は休みの日程と上手く噛み合わずちょっと厳しいですね。走れる日には晴れることを祈るしかありません。
大阪天気171222
あれ?12/24はピンポイントで雨予報ですよ!!
この時期雨の中ロングライドとかヤバすぎますですやん。どうなる今年のFestive500!?


話は変わって最近のトレーニング。
相変わらずZwift三昧です。今週は2回Zwiftレースに参戦。

12/18(月)リッチモンドUCI Worldコースレース

堺浜クリテから中一日でZwiftレースに参戦。日曜日はゆっくり休んだから平気平気🎵
と思って挑んだら思った以上にダメージ残ってた…
全コース中最もレース向きで大好きなコース(得意ではない)であるリッチモンドUCI Worldコースを2周回するレースだったのだが、1周回目から何か苦しい。そして1周目終盤に最大の難所である石畳の登り区間で先頭集団から脱落・・・気を取り直してセカンドグループ内で走り続けるも2周回目に同じところで、セカンドグループからさえも脱落・・・
何という不甲斐ない結果か!(泣)
Stravaでログを見ると48分走ってAvg.255W。う~んデータ上はそんなに悪い走りじゃなかったんだなぁ。しかし集団から千切られると自分が物凄く弱い気がして精神的ダメージがでかくて、それが2回となると終わった後に疲労感がずっしり伸し掛かってくる感じ。次は頑張らねば。

12/21(木)Watopia Hillyコースレース

この日は参戦できそうなのが山岳コースの「Watopia Hilly」4周レースと平坦「Watopia VOLCANO Flat」3周レース。走行距離は同じくらいなれど強烈なアタックがかかる山岳コースの方が確実にキツい!それを4周とかやってられっか!!


しかしTwitterで交流のあるショウ_ヨネさんが「Watopia Hilly」コースでの参戦を表明。
絶対モチベーション上がるし知り合いと競い合いてぇ~!!
という事で予定を急遽変更して私もHillyコースのレースに参戦。苦手コースだけど頑張るぞい。
レースは最初の飛び出しに上手いこと乗ってBクラス先頭集団内で走り続けて山岳区間へ。このコースの山岳区間は斜度はそれほど無いが結構距離がありその間はアタックポイントになっているので皆かなりのパワーで飛ばして辛い辛い・・・
毎周ごとにこの区間で千切れそうになるも当然のように集団前方でレースを展開しているショウ_ヨネさんの姿に
「うおぉぉ情けない所見せられるかぁぁ!!!」
と気合をいただき集団の後ろの方に縋り付きながら何とかクリア。知り合いと走るとやっぱり頑張れて良いなぁ。
その後は平坦区間はちょこちょこ前を引いたりしながら先頭集団内でレースは続き、いよいよファイナルラップへ。
ここの登りをクリアできれば最後の勝負にも絡めるはず!!と力を振り絞り300W超で登り続けるも、これまでの周回では通用したパワーなのに今回はジワジワと引き離される。
長いレースなのに皆ここまで脚を温存してやがった!!
登りの途中でついに力尽き集団から脱落。ショウ_ヨネさんの背中も遠ざかる・・・待って置いて行かないで・・・(号泣)
その後はAクラスから脱落した人と組んで何とか少しでも追いつこうと必死で走り続けて集団から20秒ほど遅れてゴール。53分走ってAvg.257Wでした。
あれ?最終ラップまでは調子よく走れていたつもりだったけどトータルとしては不調だった月曜日とあんま変わんないぞ?もっと頑張れ、俺。

そして、寒い中ですがZwiftだけじゃなく実走もやってますよ!
12/20(水)舞洲早朝練

毎度おなじみ舞洲を何時もと反対の時計回りで周る周回練習。
この向きだと舞洲の登りは緩やかでちょっと長め(800mほど)なので良い練習区間。今回はダンシング練習やSFRトレーニングなどちょっと変わったトレーニングをやってみたり。
10周目に全力で登って自己ベスト更新に成功したので気持ちよく帰宅🎵

まあ、こんな感じでZwiftメインで週末+1日くらいで実走を取り入れたりしながら、自分なりに充実したロードバイクライフをおくっております。
次は2月までレースを入れていないのでその間にRapha500を楽しみつつもじっくり地力をつけて次のレースに備えていこうかと思ってます。
まだまだ寒い日々が続きますがトレーニング頑張っていきたいですね。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

今年最後のレース「堺浜クリテ 開幕戦」レースレポート

定期的にレースに参戦するようになって2年目のシーズンとなった今年。
良い結果を出せたレースもあれば全く不本意な結果に終わってしまったレースもあり、落車で怪我をした辛いレースもありました。

そんな今年のレースもいよいよ最終戦となりました。
関西地区の一般向けクリテ&エンデューロで最もメジャー(多分)な堺浜クリテの開幕戦です。

昨シーズンはエンデューロでは入賞を果たし、クリテでは長く停滞していたビギナークラスをついに卒業しスポーツクラスに昇格しました。
今シーズンはエンデューロは勿論のことスポーツクラスでも結果を出していきたいところですが果たして結果は如何に・・・

■レースに向けてテーパリング
最近はレース前の調整は何時も同じメニューを二日前から行っています。
こんな感じのメニューです。

L5~L6くらいの強度で90秒を4分の休みを入れつつ3セットのインターバル走
最後に仕上げで120~130rpmくらいのハイケイデンスで90秒回して最後に限界までケイデンスを上げてフィニッシュ。
やや高めの強度で足に刺激を入れつつ疲労を残さない程度にスパッと切り上げる調整走です。
取り入れ始めてから割といい感じなので最近のレースはひたすらコレばっかりです。
今回も木金土と3日つづけてこれでした。

■レース当日レース開始まで
私の参加するスポーツIIはスタート時刻が12時20分からと遅く場所も車でなら1時間と掛からない近場ですので朝はゆっくり出来ます。
そこで早起きして軽くローラーを回して足を慣らしておいてひと風呂浴びてさっぱりして会場に向かいます。
会場に着くとビギナーIIのレースが開始した所。スタートまでまだまだ時間がありますので持参した最中を食べて栄養補給しながらレース観戦です。
ビギナーIはTwitterで交流のあるチャリイチさんが出走されるので応援をしていたのですが、レースの様子が何かおかしい?
どうやら最終ラップで大規模な落車がありレースが中断した模様。ここで中断指示が伝わらずゴールまで走り切ってしまった人と中断した人に分かれて大混乱。
結局3周回と短縮して再レースとなりました。
たった3周で決着とか全力で走りきらないといけないから大変だなぁ~とか思いながら見学していたのですが、ここで大問題!!
ビギナーIの終了後、試走時間が設けられていてそこでレース前のウォームアップを行う予定だったのですが、再レースを行ったため試走時間は無くなりました。
え?ウォームアップなし!?この寒い中で観戦していたので身体冷え切ったままなんですが!!

■クリテ:スポーツII
無情にもウォームアップ無しで迎えることになってしまったスポーツIIクラス。
これで序盤のペースに対応できるか不安でしたが恐らくは多くの人が同じ条件のはず。
気を取り直してレースに臨みます。
ゆっくり半周ほどしたところでアクチュアルスタート。スタート時の位置取りが良かったのでまずは無難に先頭集団に付きますが、やはりスタートから暫くはハイペースで展開するのでかなりキツい!先頭から遅れないよう必死で回しますが、思うように心拍が上がらないのにどんどん苦しくなる感じで典型的なウォームアップ無しで失敗するパターン!
ヤバい、このペースだとついて行けなくなる!!
と思ったところで皆キツかったのかややペースが落ち着いてきてホッと一息。何とか先頭から脱落せずに済みました。
その後はマトリックスの方が珍しくレースに干渉してこなかったので皆11周の長丁場に向けて脚の温存モードに入ってしまいます。ペースは緩めで一度は千切れた人たちも集団に復帰している模様。
マトリックストレインが展開しなかったので消耗しないように牽制しあいながら緩めのペースでローテーション(笑)私も先頭を引いたりしつつ周回を重ねます。
それでも残り2周ほどになると徐々にペースアップ。ここで遅れを取るわけにはいきませんので頑張って付いていきます。
そしてレースは勝負のファイナルラップ。一気にペースアップする集団にしっかり喰らいついて周回しますが鈴鹿落車のトラウマが頭をよぎりどうしても集団に割り込めない!
いや集団後方から捲くる方が有利なはず!と弱気な考えに支配されてしまい集団から抜け出した中では一番後方からチャンスを伺います。
そして運命のホームストレート。ここで全力スプリントで何とか追い付きたい!脚には乳酸が溜まり思うようにパワーが掛からず速度が伸びませんが、それでも前の選手との差はほんの少しずつ縮まりつつあります。
あと少し、あと少しで届くか!!
というところで無念のゴール。結果は7位。入賞圏内の6位まであと0.2秒届かず。
敗因ですが、大したスプリント力も無く脚も残っていなかったくせに最終周に飛び出した集団の後ろの入賞圏外からチャンスを伺う消極的なレース展開をしてしまったところ。それをやりたきゃキッチリ脚を温存するか、後ろからでも追い抜けるスプリント力が不可欠。
スプリント力のない今の私の力で勝負に絡みたければもっと早くから果敢に攻めるしかありませんでした(それで最後まで持ったかはまた別問題ですが)
これは今後に向けての反省点。次のレースではそれを踏まえて戦いたいところです。

■90分エンデューロ
あと1位0.2秒と惜しいところで入賞を逃した私は流石にガッカリ。
気を取り直して得意のエンデューロで勝負!!と言いたいところですが、今回エリートクラスから引き続きエントリーの選手も少なくなく、いくら得意ジャンルとは言え90分というエンデューロとしては短い時間の中でそれら選手と戦うのは難しそうです。
しかし展開次第ではワンチャンあるかもしれない。そうでなくとも次戦につながる走りをしたい。
そう意気込んでエンデューロに臨みます。
まずは持参したチョコパンを貪って腹ごしらえをし軽くコースを試走。午後になって風が出てきてとにかく寒い!3周ほど走って身体を温めてコースに並びます。
しかしスタートまで待つ間にどんどん身体が冷える。今回冬用レース用ウェアを海外通販で注文していたのですが年末の関係か到着が遅れ結局レースに間に合わず急遽鈴鹿で落車した際に破れた白目ちゃんワンピースを引っ張り出して参戦(下に長袖とロングタイツのアンダーウェア着用)したのですがこの格好だと流石に寒すぎました(泣)
隣に並んだYCCの安倍さんと「寒いですね~」と談笑しながらスタートを待ちます。
そしていよいよレーススタート!
序盤少しだけ飛ばした後は寒さもあってか皆様子見状態に落ち着きます。ある程度余裕を持って走り続けられるペース。
「このペースなら問題なく走り続けられるな」
と思ったのですが、その時昨年の去年の90分エンデューロ開幕戦のことを思い出します。
あの時も60分過ぎるまでは緩めのペースでレースが展開し先頭集団で走り続けていられることに自信を深めていたらその後突如始まったペースアップに全くついていけずに完全脱落。結局入賞など程遠い21位に終わったものでした。
「今回も必ず何処かでペースアップくるぞ!アタックかかった際に対応できるポジションをキープしなければ」
と考え、前方を伺いますが前半は集団前方のポジションにはなかなか入り込めず集団中ほどで待機。しかしこのままでは不味いとレース中ほどで集団の人数がやや減り始めたところで一気にポジションを上げて集団前方の位置をキープします。
これでアタックがかかってもいつでも対応出来るところに位置取りました。そして一時間経過後くらいから何度か散発的なアタックが掛かります。
「ここは遅れられない!」とすかさず対応しますが、今回は突出した力の人が居ないようでアタックがかかっても長続きせず直ぐに集団に吸収されてしまいます。
そして私は警戒しすぎたためか集団の前方に居たためレース中何度かローテーションが回ってきます。
過去のレースでは先頭を引くことはあまりなかったのですが、
「これも良いトレーニングになるから多少不利になっても積極的にローテに参加しよう」
と考えローテに加わります。
風の強かったこの日の堺浜で先頭を引くのは楽ではありませんが、パワーメーターを見ながら脚を使いすぎずかつ迷惑をかけない程度のペースを心掛けながら頑張って集団を引きます。
先頭集団の前でレースをコントロールする先導オートバイの後ろについて堂々と先頭を走ると否が応でもテンション上がっちゃいますね。アナウンスでも私の名前が呼ばれますし
「レースやってる!」感がたまりません。これは楽しい。
そんな感じで後半戦を戦い続けレースはいよいよ終盤。
エンデューロレースで何度も一緒に走ったチームKARASUの瀧山さん、Twitterで交流のあるりゅうさん、スタート前に挨拶させてもらったYCCの安倍さんなど先頭集団に知り合いが残っているのを見掛け彼らと最後の勝負をするのかと思うとテンションが上がります。
最後に備えてラスト数周は出来れば先頭引きたくないなぁ~と思っていたら後2周くらいのところで先頭が回ってきて「嫌だぁ~」と思いつつ先頭を引いて下がって一周したところでファイナルラップ。
しかしローテに加わり続けていたお陰で前方のポジションをキープしていたので3位くらいの好位置でファイナルラップのバックストレートに突入。ここで、りゅうさんが勝負をかけて一気に上がっていきます。
「これは仕掛けが早すぎる!!けどチャンスなので利用させてもらおう!」
(セコイ!りゅうさんゴメン)
とちゃっかり後ろにつけて2番手でキツいバックストレートの立ち上がりをクリア。
りゅうさんが疲れたところで後ろに付いていたメンバーが一気に仕掛けます。
私は無理せずその後ろにつけて5位くらいで続きます。
このメンバーを先頭に10人位で連なってホームストレートに突入しスプリント勝負!!
奇しくも先程のクリテと同じ様な展開。
しかし、先程の反省を踏まえ最後はスプリント勝負になると読んでファイナルラップはここまで脚を温存しつつ勝負をかけられるポジションをキープし続けてきました。
今回はまだ脚が残っている!スプリントで勝負できる!
そう信じて必死でペダルを回します。
届け、届け、届けぇ~!!
先程のレースでは届かなかった前走者の背中が徐々に迫り一人をパス、続いて二人目、ギリギリ届くか!粘れ粘れ諦めるな!
ゴールライン手前ギリギリで差したか!?順位は3位か4位か?
ゴール後のアナウンスで3位で私の名前が告げられます。やった!まさかの表彰台ゲットです!!
その後、正式リザルトが出た際、1位の方がオープン参加だったため私の順位は2位となりました。
堺浜クリテ表彰台171216

■堺浜クリテ開幕戦総括
堺浜クリテ賞状171216
鈴鹿落車DNF後初のレースとなった堺浜クリテでしたが、クリテではあと一歩で悔しい思いをしたもののその後のエンデューロで堺浜でのエンデューロでは初となる表彰台をゲットしてトータルとしては満足の行く結果を残せたと思います。
特にエンデューロではローテに積極的に加わりレースを楽しみつつ結果も残せたのは良かったのでは無いかと思います。
今年後半最大のターゲットレースと定め意気込んで臨んだ鈴鹿があの様な結果に終わって正直かなり落ち込みましたが、それでも
「乗っていれば大丈夫!」
と信じてトレーニングを続けてきた甲斐がありました。鈴鹿に向けてやってきた事は無駄ではなかったと思うとちょっと救われた気になりますね。
さて、次のレースは2月の堺浜クリテ第2戦となります。1月は久しぶりにレースがありませんのでその間にじっくり地力をつけ堺浜に臨みたいですね。そして今度こそクリテでも入賞出来ればと思っています。

最後に今回のレースの走行データは以下の通りです。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

今年最後のレース堺浜クリテに向けての取り組み

早いもので今年も残り半月ほど。
まあ色々あった一年ではありますが、Stravaによると今年の走行距離は今日の時点で14,134km。
一月1000kmは乗りたいなという目標は一年通してキープできそうです(まだ今月が残ってますが)
レースの方は、エンデューロレースは何度か入賞することができ、うち表彰台2回とかなり好調(最後の鈴鹿で落車DNFがありましたが)、クリテは一時期ビギナークラスでも全く入賞に絡めず適性ないから辞めてしまおうかと思ったりもしましたが、春に何とかビギナーを卒業しスポーツクラスで戦う資格を得ました。もっともそこでは通用しておりませんが(笑)

さて、そんな今年のレースシーズンの締めくくりとなるのが明日開催の堺浜クリテの開幕戦です。

私の参戦クラスはスポーツIIと90分エンデューロの2種目。
目標としてはスポーツIIはこのクラスで初の入賞を目指します。
90分エンデューロも入賞が目標!と言いたいところなのですが、今回はエリートクラスからの参戦が多いので残念ながらそういったレベルで戦えることは無いでしょう。
エリートクラスで戦う方々は次元が違うんすよマジで。エンデューロとしては短い90分のレースなのに何度も周回遅れにされてしまいますからね。そういった方々の参加されない時は入賞圏内に滑り込んだりする事もありますが、1年前の開幕戦でそれなり良い位置で戦えるんじゃないかと思って挑んだら、エリートクラスの方々に次々と周回遅れにされ入賞など程遠い21位と惨敗に終わったことを思い出します。
という事でエンデューロは可能な限り先頭集団に喰らいついて頑張って走ろうかと思ってます(弱気)

さて、そんな堺浜クリテに向けた最近のトレーニングですが相変わらずローラー台でZwift三昧です。
最近は朝30分ほどL4強度(250W前後)で回してTSS50ほどを稼ぎ、隔日くらいで夜に強度の高いトレーニングを組み合わせる行うというやり方をしています。

今週月曜日の例だと朝はこんな感じでAvg.255Wで30分回してTSS55。


夜はZwiftレースに参戦

55分走ってAvg.253W TSS90。
最近はTwitterのフォロワーさんたちの間でZwiftレースに参戦される方が増えたので、私も刺激を受けてまたちょくちょくレースに参加するようになっています。
最近の目標は1時間前後のレースを中心に走って4倍の平均パワー(私の場合260W)で走りきってBクラスの上位を目指すという感じですね。
しかしなかなか260Wの壁が厚くて届いたり届かなかったりといったところです。安定して1時間260W以上出せるようになりつつBクラスで勝てるようになることを目指して今後も定期的に参戦していこうかと思ってます。

他にも相変わらずZwift100kmライドイベントに参加したりもしています。先週末も参戦。

2時間20分 Avg.228W TSS181とTSSを荒稼ぎ。当面は長時間のエンデューロレースへの参戦予定はありませんが(堺浜は90分ですし)持ち味の持久力を落とさないよう定期的に長時間のっておきたいと思ってます。

こんな感じで過ごしております。充実のZwiftライフですね。
おい、Zwiftしかやってないのか!と言われそうですがそんなことありませんよ。

水曜日にはこのように舞洲で堺浜クリテ対策練を黙々とやっておりました(おい、それだけかよ!とツッコミ可)

こんな感じでブログはサボってますが(苦笑)まあ何だかんだで頑張ってトレーニングを続けております。
さて、これらの取組がレースに向けて役に立つのかどうかは明日参加してみてのお楽しみです(笑)
結果報告は月曜日になるかと思いますが、良い結果を報告できるよう頑張ってきます。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

リハビリがてらメタセコイア並木を見に行くビワイチへ

鈴鹿での落車から10日以上が経過し、擦過傷はかなり癒えてきて湿潤療法専用の絆創膏を剥がすと8割ほどは新しいピンク色の皮膚が再生し完治まで後一歩というところです。
落車時に打ち付けた左肩の打撲はまだ痛みますがそれでもかなりマシになってきました。
これなら、そろそろ実走も解禁かな・・・
ということで土曜日に回復具合の確認のためビワイチに逝ってきました。
やっぱりビワイチ好きとしては紅葉シーズンになったら一度はメタセコイア並木に走りに行っておきたいですからね。

せっかく琵琶湖を走るのですから何か目標を定めて走る方が気合も入って楽しく走れます。
という訳で、今回のビワイチのテーマは
・迂回してメタセコイヤ並木の紅葉を見に行く
・停止時間込みで5時間以内完走
・トータルでAvg.200W以上
・L4以上の強度で一時間以上乗る

基本は何時ものビワイチと同じなのですが、せっかく最高の時期にメタセコイア並木を通るのですからここだけは停止して記念撮影。それ以外はいつも通りノンストップで。
走る際は基本的にL3領域である200W以上をキープしつつ、余力があれば極力L4に入れて頑張る。って感じですね。
後は調子を見つつキツかったら無理はしない方向で。

さて、この日は朝7時過ぎのスタートでしたが、スタート時の気温は6度ほど。まだ本格的な冬という感じではなく少し肌寒い程度。本気で走れば寒くはなかろうと判断し、上は普通の長袖ジャージ、下はコンプレッションタイツを履いた上にビブショーツという晩秋~初冬向けの軽めの装備で出発です。
しかしこの日は朝から風が強い!いざ走り始めると気温の割には体感温度は思ったよりも低くてなかなか身体が暖まらず、パワーもかかり難くて速度が乗せられずスタートから暫くは苦労しました。
身体が暖まるまではあまり無理をしないようにと寒さと風に苦戦しつつも200W以上をキープすることを心掛けつつ淡々と進んでいきます。
30分程走って、最初の登り区間である長命寺ルートに入る頃にはウォームアップも済んで調子が上がってきましたのでここからいっちょ気合い入れて走ります。
270Wくらいでうりゃうりゃ~と長命寺ルートを走り抜けていい感じでこの区間をクリア。うん、身体も痛まないしいい感じじゃないかな?
その後は湖北までひたすら長い長い平坦区間の後、旧賤ヶ岳トンネルからの北の山岳(と言う程でもないが)区間に突入。旧賤ヶ岳トンネル、岩熊トンネル前の登りでちょっと頑張った後、何時ものルートから外れて奥琵琶湖トンネルへと続くマキノ方面の登り区間に突入します。
平坦区間が大半で長い登りの皆無なビワイチですが、メタセコイア並木を目指す場合は奥琵琶湖トンネルへと続くちょっと長めの登りをクリアしないとなりません。
ここまでノンストップでそれなりに頑張って走り続けてきたので疲れが出てきましたが、この登りをクリアすれば、休憩できます。
「ここがL4の稼ぎどころ!」と疲れた身体に鞭打って奥琵琶湖トンネルへと続く登り区間をヒーヒー言いつつ走り抜けて、ついにメタセコイア並木に到着です。
メタセコイア並木171202_1
持参したエネルギーバーを食べて疲れを癒やしつつ色々と記念撮影。
紅く色付いたメタセコイアの木々が何処までも続く光景は何度見ても圧倒されますね。
紅葉シーズンということもあって、大勢の観光客で賑わっていました。
メタセコイア並木171202_2
一通り撮影を済ませたところでビワイチを再開。残りは50km程でこの後はひたすら平坦区間が続き、もう登り区間はありませんから気持ち的にはかなり楽です。
あとは疲れの出てきた中でどれだけペースを落とさずに走りきれるか。
時折パワーメーターをチェックしながら200Wを下回ることの無いよう淡々と・・・淡々と・・・
風車村(現在リニューアルで閉鎖中)を駆け抜け、白髭神社を横目にしつつ走り抜け、150kmをいい感じのペースを保ちつつゴール!
こうして落車以来初の実走となったビワイチは無事終了しました。
走行データは以下の通り。

走行時間は4時間43分。NP215W、Avg.206W、TSS315
この間のゾーン分析結果がこちら(クリックで拡大)
ゾーン分析171202
L3以上で走れた時間が4時間超、うちL4以上は1時間20分ほど。
メタセコイア並木で写真を撮るために止まった以外はノンストップ(信号は除きます)でこれですから、目標通りのペースで走れたと言ってよいかと思います。
今回は最後までペースを落とさずに気持ちよく楽しく走り終えることが出来ました。やっぱりビワイチはイイなぁ。

鈴鹿で落車した時は肉体的なダメージもありましたがそれ以上に精神的なショックが大きく、しばらくは今まで通りに走ることは出来ないんじゃないかと不安にもなりましたが、今回のライドで肉体的なダメージも体力の衰えもそれ程無い事を確認出来たのは大きな収穫でした。
今月中旬には堺浜クリテシリーズがスタートしますが、この調子なら何とかレースには間に合いそうです(通用するとは言っていない!!)

ロードバイクを続けていれば楽しいことだけでなく思い通りにいかない事も辛い思いをする事も時にはあったりしますが、それでも
「乗っていれば大丈夫」
無理をしない範囲で楽しみながらこれからもロードバイクを続けていきたいですね。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

落車から一週間。怪我の経過とトレーニング

鈴鹿での落車から一週間が経過しました。

落車時の怪我ですが
・転落後コースを滑り続けた際の擦過傷。左肘と左太腿
・転落時に左肩を痛打。筋を痛めたのか左手を水平より上に上げると激痛
主なのはこの2つでした。
派手にすっ転んだ割には大きな怪我にならなかったのは幸いですが、それでも肘はかなり広範囲に渡って擦り剥いてしまいましたし、左手が挙げられないのは結構辛かったです。
擦過傷は以前落車した際に湿潤療法を試したのですが、その際はサランラップで患部を包んで上にアームウォーマー(笑)を装着して溢れ出す体液を吸収という安上がりな方法で対応しました。
当時のブログ記事はこちら
あの時はかなり派手に擦りむいたのに意外と早く治って湿潤療法の有効性は確認したものの、絶え間なく溢れ出る臭い体液の処理に悩み続けた嫌な思い出もあり、今回はどうしようかな?と思いつつもガーゼで覆って包帯を巻くだけの処置で済ませていたのですが、Twitterで湿潤療法用の定番である専用絆創膏(キズパワーパッド等)のマツモトキヨシのPB版があると聞いて(本家は高価いんですよ)試してみることにしました。

これが大正解。サランラップ巻くだけだと後から後から体液が溢れ出しその処理に困るのですがこのタイプは体液を吸ってゼリーのようなゲル状のクッションになるんですね。
その為、体液の流出をある程度は抑えられます(ひどい怪我だと限度がありますが)
こりゃ便利。それなりの値段するだけの事はあります。前回もこれ使うべきだったわ。
今回はこれのお陰で治りも順調でかなり痛みも治まってきました。
肩の打撲も一週間経過して徐々に痛みは引いていきこちらも完治まで後一歩というところでしょうか。


さて、怪我をしてしまったので一週間全く外には走りに行っていません。
暫くは大人しくしていようと土日と家に引きこもってダラダラ過ごしていたのですが、まあ何と言いますかやはり3日も休むと身体がウズウズして我慢できなくなってしまい、結局ローラー台トレーニング三昧の日々だったりします。

土日休んで月曜日からローラー台でトレーニング再始動
月曜は軽くTSS52
火曜日は朝晩2回でTSS56+52=108
水曜日も朝晩2回でTSS53+84=137
木曜日は健康診断でバリウム飲んだのでお休み
今朝も今朝とてローラー台

肩が痛くて実走は厳しかったんですがこんな時ローラー台はやっぱり便利ですね。
幸いにして足はそれほど酷くない擦過傷だけで済んでいましたのでローラー台を回すだけならそれ程支障はありませんでした。汗をかいて傷口に染みるのだけは困りものでしたが(笑)
ローラー台のお陰である程度体力の維持は出来ていましたし、湿潤療法のお陰で擦過傷も順調に回復に向かっていますのでこの週末は久しぶりに外に走りに行こうかと思っています。
まあいきなり全開は避けて久しぶりに楽しく走れればと思ってます。
紅葉シーズンですし風景を楽しみながらノンビリ走ろうかな。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。