トレーニングの方向性に迷いながらも進んでいこう

富士ヒル惨敗の悔しさを噛み締めつつ火曜日よりトレーニングを再開。
昨年は富士ヒル後に大スランプに陥ったので今年は何時までも引き摺ることの無いよう、気持ちを切り替えしっかりとトレーニングしていかないと!

と思っていた訳ですが、
・トレーニングの方向性が迷走している
・パワーに固執したトレーニングでは駄目
・昔のトレーニングの方が良かったのでは?


ダメ出しをされてしまいました。
まあ富士ヒルがあの結果なので言われても仕方ない訳ですが。


ロードバイクをはじめて2年半。
岡山エンデューロ入賞3回、鈴鹿8Hシングル、堺浜クリテ入賞多数、とエンデューロレースでは実業団クラスが出てこない大会だとそれなりに戦えるようになってきていて、トレーニングの結果が出てきているなと思っていただけに
「お前のトレーニングが間違ってるから遅いんだ」
と言われると今までの努力を全否定されているようで正直辛いなぁと。
いやヒルクライムが遅いのは間違いない事実なんですけどね。目標破れて落ち込んでる所にこれは効くわ。


しかし、この先結果を出すためにはもう一段階トレーニングの強度を上げていく必要があると考えていただけに、パワーに固執するのは間違ってると言われると、どうして良いやら悩んでしまいます。
昨日は一日モヤモヤした気分を抱えながら過ごし、もう不貞腐れて寝てしまおうかと思ったけれど、これで落ち込んでしまっていたら去年の失敗の繰り返しだな!と考え直し
「いっちょキッツいトレーニングやったるか!」
とZwiftのトレーニングメニュー「SST (Long)」をやってみることにしました。
Zwiftが予め用意しているメニューにはSST強度のメニューが、Short,Med,Longと3種類用意されています。
これがShort(以下クリックで拡大)
sst(short)
SST領域範囲内で強弱を付けつつ40分回し続けるトレーニングですね。
SSTトレーニングの基本は20分×2回ですので休憩が入らない分、これだけでも結構キツいです。
そしてこれがMed
sst(med)
連続して回すのは30分と短くなりましたがそれが2セットで計60分になっています。
途中で休憩が入るのは有り難いですが合計は60分に伸びましたのでやっぱりコッチの方がキツくなるのは当然です。

で、Longなんですが
sst(long)
ナニコレ・・・(白目)
30分+30分+40分の3セットで合計100分のSST強度トレーニングとなっております。TSSは実に157!!
要するにShort+Medの内容な訳ですね。
もうね、デタラメ過ぎるメニューなわけですよ。なんでその2つを足すんだよ?Medで十分にキツいだろ。しかも最終セットが一番長いって変じゃないか?せめて逆だろ?

これは普通に考えて完遂出来るようなメニューでは無いんですが、このモヤモヤした気分をぶつけるには、これくらいの無茶なメニューの方が良いんです(笑)

「完遂は無理だろうけど、どれだけパワーが落ちて指示通りのパワーで回せなくなっても最後まで可能な範囲で回し続ける」
これだけを自分への約束としてこの難メニューに立ち向かいました。

ローラー台170614
結果はご覧の通り。
やり遂げたったわ!
最終セットはもう脚は痛むし汗ダラダラで何度も「もう十分頑張ったから緩めよう」と思ったことか・・・ただ
「最後までやり遂げられたらこの嫌な気持ちも少しはスッキリするに違いない!」
そう信じて意地になってペダルを回し続けました。
苦しんだ分、やり遂げた時の達成感といったら!!

まあ結果の出る種目を続けていれば思い通りにいかず辛い思いをする事はどうしても避けられないモノですが、そんな時こそトレーニングのチャンス!
その気持をトレーニングにぶつければ今まで超えられなかった壁を超えられるかもしれません。

結果として良いトレーニングが出来て、気持ちもスッキリしましたし、少し自信を取り戻すことが出来たように思います。

とは言え今後のトレーニングの方向性については結論は出ていません。きっとこの先もアレコレ迷いながらやっていく事になるでしょう。
でも気持ちが前を向いていればきっと大丈夫。最短距離で進めなくても少しずつ目標に近付いていくと信じます。

次の目標である「岡山ミッドナイトエンデューロ」目指してこれからも試行錯誤しつつ、トレーニングを続けていきたいと思っています。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

富士ヒルは終わりましたが、次の目標目指して再始動

惨敗に終わった富士ヒルの疲れと精神的ショックを癒すため、今週一週間はゆっくりしようかと思っていたのですが、一日休んだらなんかウズウズしてきてしまいました。

それにですね、悔しい思いってのは休んで時間をおけば癒やされるものでは無いんですね。
「敗北には挑戦を」
と偉い人も言っています。
敗北の悔しさは諦めず挑戦し続けることでしか真に癒やすことは出来ないんだと思うのです。

かくして月曜日一日休んで、火曜日からトレーニングを再始動させました。

懲りずに補助トレから再開です。
・ウォーキングランジ:ダンベル25kg×2で100mウォーキング
・スティッフレッグド・デッドリフト:ダンベル25kg×2で30回×3セット
残念ながらこの補助トレを富士ヒルの結果に繋げることは出来ませんでしたが、エンデューロレースやクリテでは明らかに成果が出ていましたので懲りずにこれからも続けていくつもりです。
夜は補助トレのダメージがキツいので何時もの高強度短時間走

ローラー台170613
減量中は苦しくて失敗することも多々あったメニューですが食事量を普通に戻したので無事(いやキツかったですが)完遂。
食事については、結局今回思うように落とせなかったこともあるので、これからもある程度は節制気味でやっていこうかと思っています。
私は基本油断すると何処までも太ってしまう体質なので日々の節制が要るんですよね。
身長160cmしか無いのに油断すると簡単に70kgオーバーしてしまうので(苦笑)


さて、これからの目標ですが1年後の富士ヒル・・・は勿論大きな目標ですが、当面の目標は来月の
「岡山ミッドナイトエンデューロ」
となります。
この大会は昨年も参戦しましたが、初めての5時間以上走るエンデューロレースだったので、未踏の5時間超え以降、疲労と眠気に襲われ大苦戦した思い出深い大会です。
「岡山ミッドナイトエンデューロ10時間」レポート:地獄のレースに力尽きるも…
あれから一年。またミッドナイトエンデューロの季節がやってきます。
今年も入賞目指してまずはこの大会に向けてしっかりトレーニングを重ねていこうと思います。
ヒルクライムは勿論私のロードバイクの原点であり、遅いながらも大好きなのですが、適性は明らかにエンデューロにあると思いますので、そちらは結果も求めながら本気で取り組んでいくつもりです。
「どっちかに専念しろよ」という意見もあるかと思いますが、楽しみながら続けるのが何よりも大事だと思いますので、これからもヒルクライムとエンデューロ二足の草鞋で頑張っていくつもりです。

次はエンデューロレースということで最近控え気味だったロングライドもまた再開して色々と遠くに走りに行きたいですね。

さあ、今週からまた気合い入れ直して、楽しく厳しく?トレーニングを続けていきますよ~

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

補助トレ再開。しかし結局のところ補助トレーニングは役に立つのか?

楽しかったGWも無事終わり先週よりまた何時もの日常が戻ってきました。
私は先週はGWの疲れを取るという名目で緩めのトレーニングに終止しておりました。
とは言えいよいよ富士ヒルまで残り一月を切りましたし、今週からそろそろペースを上げて仕上げていかないといけませんね。

さて、先週はトレーニング自体は強度を下げ気味でしたが、代わりにと言うわけでもないですが、暫く休んでいた補助トレを本格的に再開させました。

私は昨年より補助トレとして、
・ウォーキングランジ
・スティッフレッグド・デッドリフト
・プランク(これだけ今年頭から)
を取り入れています。

開始したのが昨年の10月上旬ですからもう半年以上続けていることになるんですね。
ランジ&デッドリフトはダンベル20kgからスタートして今は50kgで週に2~3回。
プランクは会社で昼食前に5分間を1セットだけ週に4回くらい。

このあたりの経緯は
「プロジェクト280」達成のために補助トレを開始してみた
実は地道に続けている体幹トレーニングの話
でそれぞれまとめています。

ただ50kg担いで100mのウォーキングランジと言うのは正直私にはかなり過酷でして2日間ほど足腰にダメージを引き摺ります。
ですから、レースウイークはレースで万全を期すために補助トレを休むようにしているのですが4/9~4/22まで3週連続レース参戦が続き、その後GWに突入しGW中は実走で全力を出すため補助トレは休止と、ほぼ一ヶ月補助トレを休んでいたわけです。(プランクだけはダメージがあまり残らないので続けてましたが)
で先週頭より補助トレを再開したのですが、久し振りにやったら凄まじい筋肉痛に苦しみ肝心のローラー台トレーニングに支障をきたす有様。
それでもこういったトレーニングは続けていかないと意味がありませんから筋肉痛に耐えながらあれから何とか3回ほど行ってやっと身体が慣れてきました。

そんな辛い高重量での補助トレのお陰でヒルクライムタイムは順調に伸び続けて・・・いればめでたしめでたしなのですが、現実はそんなにあまくありません。
今年に入って、六甲山逆瀬川コースや、上福井~天狗岩コース、五月山などいくつか自己ベストを更新してはいますが伸びとしてはそれほど大きくなく、
「補助トレーニングのお陰で劇的に速くなった!!」
と言った実感は正直な所ありません(泣)
勝負どころで重いギアを踏めるようにはなっていると思うのですが、私のやっている補助トレで鍛えられるのは、パワーはあるものの持久力に欠ける速筋がメインでありヒルクライムの長時間を持続できるパワーには直結はしていない様に感じています。

そんな訳で、
「補助トレーニングを取り入れてヒルクライムのタイムは伸びましたか?」
「正直あまり効果を体感していません」
という何とも微妙な結論となっております。

アカンやん!!

では無意味なトレーニングだったのか?と言いますとそうでもなく
クリテやエンデューロレースでのコーナーの立ち上がりなど明らかに走りやすくなった
のを体感しています。
昨年まではコーナーの立ち上がりでインターバル掛けられるとそこで脚を使い切って早々に脱落・・・というパターンを繰り返していましたが、今年に入ってからは今までならあっという間に千切れていたであろう強度のインターバルを掛けられても何とかついて行ける様になってきました。(実業団クラスの選手が出場するレースでは相変わらず全く駄目ですが)
その結果クリテはスポーツクラスに昇格できましたし、エンデューロではいつも上位陣には何周も周回遅れにされていたのが今年は岡山や堺浜では表彰台圏内ぎりぎりくらいで最後まで走りきれる様になりました。(どちらも数秒差で最後さされてますがw)
ヒルクライムで速くなりたくて取り入れた補助トレーニングですが期待していなかった所(笑)で成果は出ているようです。

肝心のヒルクライムは相変わらず伸び悩む日々ですが、自分の場合斜度が上がると露骨にパワーが落ちるので、身に付けた筋力を斜度が上がった時に上手くペダルに乗せられる走り方が出来るようになればタイムもまた伸びてくるんじゃないかと期待しています。
ですから今後も補助トレを続けつつ、ヒルクライムの実走も積極的に取り入れパワーを上手く使えるように乗り方をアジャストしていきたいですね。
そうすればもしかすると、ある日突然噛み合ってタイムが劇的に向上・・・なんて事もあるかもしれませんし!
そこまで虫のいい話は無いとしてもw継続は力なりと信じて続けていきますよ~

まあ富士ヒルには間に合わないかもしれませんが!!!

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

落ちたパワーと体重の悩ましい関係

いきなりですが昨日のZwiftレースの結果です。


ローラー台170220

ではレース前の意気込みを御覧ください


ほんでもって、レース後


泣けてきますな。この結果。
目標のAvg.270Wは15分維持がやっと。グラフを見て分かるように最初だけ快調に飛ばしたものの、開始10分ほどで私の心拍数のレッドゾーン160bpm(ちなみにMAX180bpmくらい)に突入し早くもタレはじめ、20分経過からゴール前スプリント直前までは240W程度で走るのが精一杯。
結局レーストータルでは、45分でAvg.250Wと不甲斐ない結果に終わりました。
昨年末はプロジェクト280を立ち上げ、280Wを20分間維持することに確かに成功したはずなのにこの体たらく・・・
手を抜いて走ったわけでもないのにこれですからここ最近の自分の不調っぷりに情けなくなってきます。

さて、話は変わって今朝の起床後の入浴前に体重を測ったときのことです。
体重は久しぶりに64kg台まで落ちていました。寝起きの状態でこれですからトイレのタイミング次第ではもう少し落ちてそうな感じです。
昨年末頃は66kg台まで増えてしまっており
「これはアカン、このままではヒルクライムで登れなくなる!」
と危機感を覚え夜は炭水化物を控え、こんにゃくやトコロテンなどで空腹を誤魔化しつつダイエットに励んできた効果があらわれてきた様です。体重が落ちたことは、まあとりあえず良いことだとは思います。

しかし、最近どうもパワーが落ちてきたなぁと感じてはいたのですが、これはダイエットの弊害なんでしょうかね。
「2kg体重を落としてパワーもそのまま!」だったら理想的なのですがなかなかそう簡単にはいかないようです。
パワーの向上とダイエット、どちらをより優先すべきか。実に悩ましい問題です。
ここ最近はクリテやエンデューロをメインにやってきていたので平坦メインのそれらを考えると多少の体重よりもパワーを重視すべきなのでしょうが、4月には伊吹山を皮切りにヒルクライムシーズンがスタートし6月には大きな目標である富士ヒルも控えています。
今年こそはシルバーリングを!
と意気込む私には、ある程度体重を落として登れる身体を維持しておくことも重要です。大会間近になって慌てて落としても良い結果に繋がるとは思えませんしね・・・

そう考えると今後体重は最低でも現状維持。出来ればほんの少しずつでも絞っていって、その上でパワーもまずは一番良かった年末頃に戻していく事を目標としたいところですが、果たしてそう思惑通りにいくものか・・・
最近の不調っぷりから、努力のベクトルが間違った方向を向いているんじゃないかと弱気になってしまっている今日この頃です。

これから春を迎え、周りがどんどん調子を上げていく時期になりますが、そんな中で一人不調を引き摺らない様、今後のトレーニングはより一層気合を入れて臨まなければなりませんね。
簡単なことではありませんが目標目指して改めて頑張っていこうかと思います。

しかし・・・ホントはもっとガッツリ喰ってパワー盛々でトレーニングしたいわ(苦笑)
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

実は地道に続けている体幹トレーニングの話

ロードバイクが速くなるのに補助トレーニングは必要か否か?
この問いに対する回答は現在のところ
「よく分からない」
と言うのが結論になるのでしょうか。

ロードバイクのトレーニングとして一番有効なのは言うまでもなく、実際にロードバイクに乗って走ること。
実際に使う筋肉を刺激し、持久力も鍛えられるのですから当たり前のことですね。

更にプラスするならローラー台を使ったトレーニング。実走以上の高い負荷を掛けることができますし実走のように信号や車に邪魔されることのない長時間のトレーニングが可能となります。

しかし、それらとは別に補助トレーニングとしてウェイトトレーニングを取り入れている方も結構おられます。

メジャーな種目としては、脚力を鍛えるスクワットやランジ、体幹を鍛えるプランクやデッドリフトあたりになるのでしょうか。

実走で行き詰まった時、これら補助トレーニングを取り入れたらより速くなれるのか!?
私のように遅々として速くなれず行き詰まってる人には気になる話題かと思います。

しかし、物凄く速い選手でもウェイトトレーニングは一切やっていないという方も数多くおられます。と言うかやっていない人の方が明らかに多いですよね。

そもそもロードバイクでメインに使うのは遅筋。ウェイトトレーニングで鍛えられるのは速筋だから、ゴール前スプリント時のような特殊な場面以外では筋力を鍛えてもあまり役に立たないのではないか?という説もあります。

そう言われてみるとわざわざトレーニングする意義は?と思えてしまって、う~む・・・となるわけですが、じてトレで時々引用されるトレーニング論では補助トレーニングの有用性を説く物も数多くあり、ますます悩んでしまいます。

私が考えたのは、
ある程度完成された選手は改めて補助トレーニングと取り入れなくても充分に速い。
しかしまだまだ未完成なオッサンローディーなら足りない部分を補う事でより安定したペースで走り続けることが出来るようになるのではないか?

という事です。
あくまで仮説に過ぎませんので、正しいかどうかは
「やってみなけりゃ分からない」

かくして、とりあえず数ヶ月続けて調子を見てみようという結論になりました。
取り入れた種目はウォーキングランジとスティッフレッグドデッドリフトの2種目です。

これら種目についてはブログ記事
「プロジェクト280」達成のために補助トレを開始してみた
にまとめてあります。

これらトレーニングを開始したのが10月頭ですのでそろそろ4ヶ月ほどトレーニングを続けたことになります。
リンク先動画にあるように当初は10kgのダンベルを両手に持ってやっていましたが現在は25kgのダンベルに重量を上げて計50kgでトレーニングが出来るようになりました。

さて気になるトレーニングの効果はあったか・・・?ですが、取り入れた当初は特に何の成果も感じられず
「何で速くなれるわけでもないのにこんな辛い思いをしてトレーニングしてるんだろ?」
と思ったものですが12月頃から少しずつ成果があらわれてきた様に感じています。

具体的には一番わかり易いのが今までより重いギアが踏めるようになったことですね。
天狗岩コースの激坂区間などで今まではインナーローでしか走れなかった所もギアを一枚上げても走れるようになりました。

更に体幹が強くなったためか一定の出力を続けられる時間が少しずつ伸びているようでAvg.280Wで20分間走る「プロジェクト280」を12月末にクリア。

昨年は大幅に調子を落とした冬場ですが今年は今のところそこそこ好調をキープ出来ているのは補助トレーニングの効果も少なく無いのではないかと思っています。

これに気を良くして今年から今までの種目にプラスして定番トレーニングのプランクも取り入れてみることにしました。

この種目は実は以前にもちょっとだけやってみたことがあるんですが、あまりにも負荷が軽くて
「こんなのでトレーニングになるの?」
と軽く見て取り入れてこなかったのですが、いざ真面目にやってみるとコレちょっと長めにやると途端に物凄くキツくなっていくんですね。
最初は1分経過後に早くもプルプル震え出して意外なキツさに驚きました。
最近は少し慣れてきて頑張れば5分くらい続けられるようになってきたので何処まで続けられるか挑戦してみました。



私の記録は6分でした。動画を見ての通り4分でプルプル震え出して5分経過後は如何にも苦しそうで笑えますねw
道具も不要で手軽に取り組めるトレーニングですので皆さんも是非チャレンジしてみてください。体幹が強くなると持久力もきっと上がりますよ♪

こんな感じで最近は、ウォーキングランジ、スティッフレッグドデッドリフト、プランクの3種目を補助トレーニングとして取り入れています。
これら補助トレは取り入れて即効果を発揮するものではありませんし、取り入れたからと言って必ずしも速くなるとは言えませんが、
「長く走ると体幹部が何時も疲労してしまう」
「重いギアが踏めず激坂で何時も苦労している」
という方には長い目で見れば効果があるかもしれません。
気が向いたら一度チャレンジしてみては如何でしょうか。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村