更新サボっていた間の出来事

ずっと更新サボってましたが私は元気です(挨拶)
気がつくと一ヶ月以上更新のないサイトに表示される広告が表示されるようになっている有様。
週末に友人邸に遊びに行ったら「ええかげん、更新しろや!」と怒られました。
誰が読んでいるかも分からないブログですがまたボチボチと更新していこうかと思ってます。

さて、前回更新から一ヶ月どうしていたかと言いますと、まずはお盆休みがあったわけですが、お盆休み初日は大台ケ原まで「千石屋 CA65+」のsenさんと勝負しに行きました。

senさんとは昨年の大台ケ原や今年の伊吹山など何時も僅差で競い合う好敵手で今年の大台ケ原でも勝負予定だったのですが私が他のレースに浮気したためレースでの対決はお流れに…
そのため、大台ケ原で試走するsenさんとこの日対決する流れとなったのです。
で、序盤の平坦区間は平坦得意の私が勢い良く飛び出したのですが、引き離す程の力はなく平坦区間の終わりまでピッタリ追走を許してしまいます。その先の激坂区間に入るとヒルクライム練習量の差が出てしまい、ジワジワと離されていきます。激坂区間中盤の長いストレートまでは辛うじて背中を捉えていたもののその先で完全に姿を見失い、その先は悲しい一人旅。ドライブウェイ区間で巻き返しを図るもsenさんはここも快調に飛ばしていたようで結局差は埋められず、この日の対決は5分!もの大差をつけられ完敗。
伊吹山に続き今回も焼肉を掛けての勝負でしたが、前回は私の勝利だったのに今回は、きっちりリベンジされ奢らされてしまいました(泣)それにしても5分差は酷い。
富士ヒル以降どうもヒルクライムは調子が上がりません。と言うか明らかに遅くなってる感じ。スランプだなぁ~

お盆休み後半は、トプローさん達と乗鞍に泊まり掛けで走りに行くぞ~と計画を立てていましたが
「雨で中止になりました」
前日、名古屋で宿泊までして翌朝いざ出発!と思ったら突然雨ですよ。もう泣きたい。
かくして名古屋まで行って何もせずに帰宅というガッカリ過ぎるお盆休み後半。
楽しく乗鞍を登ってスランプ脱出のキッカケをつかみたいなぁとか思ってたんですが残念無念。

お盆が明けたら、8/20は「高取城戦国ヒルクライム」に参戦。

どうにも調子があがらないまま久しぶりのヒルクライムレースとなったものの、やはりこれで良い結果が出るはずも無く、O.H.C.会長のヤス吉さんの後ろに張り付かせてもらってのゼーゼーハーハークライム。
ここ暫く忙しくてあまり乗れていなかったという会長相手に付いていくだけで息も絶え絶え。後半の斜度が上がったところでジワジワ離されていくも、終盤の斜度の緩むところで何とか追い付き、そして追い越してフィニッシュ!!僅差で勝ったったわ!と思ったらゴールの先で会長が休んでました(驚)
あれ?先程私が追い越したのは一体誰?高取城の亡霊か!?
会長の幻影の謎はさておき、完走タイムは平々凡々。やはり調子は今ひとつ。ヒルクライムスランプは続く…(泣)

8/27は、O.H.C.のまきちゃんと亀さんに誘われて京都から小浜まで往復ライド。

亀さんは大台ケ原HCに向けてダイエット走と仰っていたので久々に楽しくロングライド…と思っていたら、とんでもなかった。
往路から亀さんが飛ばす飛ばす。ピュアクライマーだったはずの亀さんがいつの間にか平坦力も身に付け登りは勿論、平坦も積極的に前を引いてかっ飛ばしていきます。
私はと言えば平坦は良いんですが登りになる度に置いて行かれてお待たせする情けない走り。
同行したまきちゃんは昨年末から今年前半は多忙であまり乗れておらず「今日はリハビリライド」と仰っていたのに登りではそのまきちゃんにも置いていかれる有様。ヒルクライムスランプは深刻です。
それでも、その分平坦は頑張ろうと往路の終盤と復路は積極的に前を引くようにして「一応役に立ってるアピールw」
往復180km近い道程なので終盤はかなり疲れていたはずなのですが、最後の栗尾峠、京見峠と続く連続の登りで何故か突然いい感じで足が回りだし実に久しぶりに気持ちのよいヒルクライム。まあ流石に疲れがあるのでタイム的にはショボいですが、まきちゃんにも「最後になって突然力の抜けた良いフォームで走り出したので驚いた」
と言ってもらえて気分は上々。ここ最近は
結果が出ない→焦って変に力が入ってしまいフォームが崩れる→ますますタイムが落ちる
という悪循環に陥っていたのでは無いかと。
何かこのライドで浮上のキッカケを掴んだような…今回の終盤の走りを再現できるようになればきっと…

9/2は翌週のレースに備え、ノンストップビワイチ(北湖のみ150km)を敢行!

長時間のエンデューロレースで重要となるL3以上のパワー域(私の場合200W以上)で走り続けることを意識して、信号以外では一切停止せず琵琶湖をひたすらに走り続けます。
得意の平坦はパワーメーターをこまめにチェックしつつパワーを落とさないように。
北部の登り区間は先週の小浜ライドで掴んだ走りを心がけ、力まず丁寧に…でもパワーはしっかり掛けて!
この日は涼しくなってきて走りやすかった事もあってか序盤から調子は上々。山間部もいい感じで走り抜け終盤の風車村辺りまで来ても大きくタレること無く平坦は40km前後の巡航速度をキープ。
白髭神社辺りで「あれ?このペースだと4時間半切りいけるんじゃね?」と気合も入り、疲れの出て来る最後の平坦区間も気合の疾走をつづけ4時間22分でゴール。平均速度34km/hとソロライドとしては自己ベストを更新。
平坦がメインのビワイチは私に向いているコースとは言えこれは我ながらなかなか良いペース。
涼しくなってやっと調子が上向いてきました。レース前に気持ち良い走りができて、いい感じです。


・・・と、まあこんな感じの一ヶ月を過ごしておりました。
昨年も夏場は調子を落としていたんですが、今年は富士ヒルが全然駄目だった精神的ショックを引きずっていたのか特にヒルクライムが全くと言ってよいレベルで登れなくなり、(書いてませんが)ヒルクライム走行会の「天狗一武道会」に積極的に参加してみるも調子は戻らず。
腑抜けた状態で高取城戦国HCに参加してしまって結果も振るわず…
まあ駄目駄目すぎて更新意欲も失せようというものです(苦笑)

それでも「乗っていれば大丈夫」の言葉を信じてトレーニングは続けておりまして、その甲斐あってか8月末頃になってやっと調子も戻ってきました。

さて、友人からも
「本命レース、本命レースって引っ張りすぎだろ!あげく更新停止って舐めとんのか!?」
と怒られた次のレースですが
「富士チャレンジ200」
でした。
もう結果は出ておりますが、次回更新でレポートしたいと思います。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

だらだら一週間からのトレーニング再始動

先週末の岡山エンデューロ終了以来、ちょっと気が抜けてしまって一週間ほどダラダラとした日々を過ごしておりました。

いやもう何だか肉体的には勿論のこと、精神的にも疲労が蓄積している感じで
「もうトレーニングなんてやりたくねぇ~!」
って感じですよ。
岡山に向けては富士ヒル終わってからずっと週に一度のSST(Long)を取り入れてましたからね。2時間でTSS160とかかなり過酷なローラー台トレーニングでしたから今思えばよくもまああんな事を一ヶ月以上も続けられたもんです。

SST(Long)については何度かここでも書きましたが強度的にはまあ所詮はSST。
それ程キツイわけではありません。常識的な時間内であればですが。
SST(Long)は30+30+40の100分間、5分おきにSST上限から下限を繰り返すインターバルで、さすがに100分続けると最後は本当にグッタリな訳ですよ。
初めてこのトレーニングをやった時は心底キツいと思ったものの
「これだけキツいトレーニングを続けていけば必ず強くなれるに違いない」
と思って岡山EDまで週に一度取り入れることを決意した訳なのですが、何回繰り返しても毎回キツいままで成長を実感することが出来ず、
「SST強度を長時間続けたからと言って大した意味は無いのでは無いだろうか?SST強度でのトレーニングは一般的な20分×2で十分なのでは?」
「それよりもL4以上の強度でのインターバルの日を増やしてスプリント力を上げたほうがエンデューロレースでも効果的ではないだろうか?」

等と不安になり気持ちがブレてしまいそうになるわけです。
キツいトレーニングでも毎回確実に効果が表れてくれればそれを励みに頑張れる気がするのですがキツい割に特に成長を実感出来ないのはなかなか辛いことです。
これを取り入れてからも夜間練習会の「天狗一武道会」にも参加していましたが、毎回安定の最下位で自己ベストタイムも更新できず伸び悩み・・・(泣)(調子の良い時のタイムを安定して出せるようにはなってきたのですが)

こんなキツいだけのトレーニングもう止めたろうかしらん・・・と思いつつも、流石に一ヶ月程度で挫折しては情けなさ過ぎると思い、とにかく岡山までは頑張って続けてみようと頑張ってみた結果、岡山ではなんと3位表彰台。
SST強度なので一発の速さは身に付きはしなかったと思いますが、8時間走り続けるための体力は鍛えられていたんでしょうね。悩み迷いながらも続けてよかったという思いは勿論ありますが、それと同時に
「このトレーニングで結果出たってことは、これ続けていかないと駄目ってこと?」
と思ってしまった訳ですよ。
そう思うともう嫌で嫌でたまらない(笑)
SST(Long)をやる日は朝から憂鬱で精神的ストレスもでかい。

かくして、先週はエンデューロレースのダメージからの回復と称してダラダラと自堕落な日々を過ごしていたわけです。

ですが土曜日に「流石にこんな日々を過ごしていてはダメになる!」
とZwift 100kmライドイベントに参加。

ローラー台170805
「レースじゃないから100kmでもそこまでキツくは無いだろう」と思ったらライドリーダーが特定区間になると妙に頑張ってしまい集団内で走るのがかなり辛い!
普段は200W前後のペースで走っているのに、コース唯一の登り区間になると260Wでも千切られるほどのペースですっ飛ばし、ハイペースで力尽きかけたその先の平坦も220~230Wくらいのペースで飛ばし続けるので終盤になると付いていくだけでもう必死。
結局100km完走まで2時間半ほど走り続けてAvg.205W、TSS158。キツい・・・

日曜日はダメージが抜けきらずにサボり。本当は軽く回復走に外に出ようかと思ったけどそこまでの気力が出てこなかった・・・

月曜日は日曜にサボった分を取り戻さねばと台風の中、またもZwift。

ローラー台170807
日曜日にサボった分を取り戻さねばと久々にSST(Long)でTSS160。なんだかんだ言いつつ結局やってしまう訳ですよ(笑)
しかし、やっぱこれは心底キツい。何度やっても慣れることがないわ・・・(泣)
終わった後は体力気力ごっそり削られるので何時までも続けるのは無理がある気がするけど取り敢えずあと少し、次の本命レースまでは頑張って続けてみようかと・・・

こんな感じでレース後はサボったり頑張ったりな日々を過ごしております。
正直レースが終わって一回気持ちが切れてしまったので再始動はまでが中々気が重かったですね。
とは言え、次のレースの高取城・戦国ヒルクライムまで残り期間はあと少しですし、その先には本命レースも控えています。
そろそろ気合い入れ直して、また今週からはちゃんとしたペースでトレーニングを続けていきたいところです。
まあ無理しない程度に頑張っていきましょ!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

週末なにしてますか?トレーニングですか?ローラー台だけでもいいですか

そろそろ最終回ですね。
それはさておき、6/23(金)は前回宣言した通り、Zwiftのトレーニングメニュー「VO2MAX」に挑戦してみました。
VO2MAXメニュー
VO2MAXメニューへのリンク

結果はこちら

ローラー台170623
VO2MAX領域ことL5を3分×7セットで計21分行う、なかなかハードなメニューです。
私の場合、L3くらいの強度でダラダラと長時間走り続けるのは割りと得意なのですがL4以上の強度で走り続けると早々にタレてグダグダになってしまうという弱点があるので、それの克服を目指すためのメニューとなります。
このメニューは私の場合毎回Avg.300Wを目指すことになるわけですが、その強度だとたった3分でも結構キツく2セット目にして早くも私のレッドゾーンである心拍数160bpmを突破。3セット目にはもうアカン!と思うレベルで苦しくなり、3セット目が終わった時には
「これでまだ半分にも達していないとはキツすぎる。もう許して・・・」
となってしまった訳ですが、そういう時は
「目標値に到達できなくても、とにかく実行可能な範囲で規定時間回し続ける」
を最低到達目標とする様にしています。

そんな訳で4セット目になるとAvg.292Wくらいと徐々に目標ペースを下回り始めますがとにかく続行!一番苦しい最終セットには遂にAvg.283Wまで低下しつつも、とりあえず7セット完走。
zwiftキャプチャ170623
Zwiftさんは優しいので少しくらい目標値を下回ってもクリア判定を出してくれるので一応全7回全てクリア判定となりました(★マークが付くとクリア判定)
ゾーン分析170623
ちなみにゾーン分析結果はこちらですが、L5が18分でL4が3分となっていて、L5に21分留まらないといけないのに3分ほどL4に落ちてしまっていることが分かります。これを完全に21分すべてL5にするのが次の目標ということになりますかね。
そんな訳で、完全にやりきったとは言い切れないながらも、まあとりあえずはよく頑張ったんじゃないかとw
これで「VO2MAX」メニューにも一応目処がたったので、来週(もう今週か)からはSST(Long)とVO2MAXの2つのメニューを軸にローラー台トレーニングを進めていこうかと思ってます。

土曜日はVO2MAXのダメージが厳しかったので朝に補助トレだけやってノーライド。
強度の高いトレーニングの翌日は大臀筋が痛くてウォーキングランジが辛い(笑)

そして日曜日はZwiftの「eFondo Series」の第2戦に参戦。
Zwift最凶の山岳ロングコース「Watopia Pretzel」コースを皆で走りきるイベントです。
完走するとZwift内で着られるイベント限定ジャージが貰えるうえに全戦完走すると抽選でなんか海外旅行に当たることもあるらしいです(その手ので実際に当選した例は無いですがw)
完走に2時間以上かかる辛いコースですが朝からしっかり食べて、更に途中で補給できるようにボトルもしっかり用意していざスタート!
スタートから2時間走り切れるペースということで230Wくらいをキープしつつ淡々とラジオタワーまでヒルクライムです。序盤はものすごい勢いで皆すっ飛んで行くので大きく遅れを取りますが、ラジオタワー前の激坂に着く頃には結構力尽きて落ちてきます。
2時間以上掛かるコースなんだからペース配分が重要よ~と思いつつ少しずつポジションを上げながら1回目のヒルクライムをクリア!
山岳の下り区間ではフルームポジションで脚を休ませつつ下ると、平坦区間に入って割とすぐの良いタイミングで日本人とオーストラリア人のパックに合流できたので積極的に前を引きつつ時々休んで少し緩めのペースで走りながら2度目の登りに備えます。ローテーションしながら走っていると疲れてペースの落ちてきた人を少しずつ吸収し、気が付くと結構な大所帯になっています。そのまま集団で一定のペースで走り続けて1時間半ほど経過した頃に一行は2度目の山岳コースに突入します。
登り区間に入ると集団は一気に崩壊。このために余力を残していた人は飛ばすし、力尽きてズルズル後退していく人もいます。
私は意外に足が残っていたので少しペースを上げ再度230Wくらいをキープしつつヒルクライム区間を登りきってあとは下り区間以外はそのペースを守りつつ最後まで走りきってゴール!!
無事イベントをクリアしてイベント限定ジャージをゲットしました。
完走タイムは2時間14分でAvg.210W。中盤ちょっと緩めのペースで走り、下り区間はサボったため平均パワー的にはイマイチですが登り区間は頑張ったし第1戦に比べて3分ちょっと短縮できているのでまあ良しとしましょう。

しかし、SST(Long)の様にガチトレーニングで2時間黙々とローラー台を回し続けるのは本当に辛いですが、合同ライドイベントだと結構楽しみながら走りきれますね。
おかげで楽しく良いトレーニングができました。やっぱSST(Long)はキツいもうやりたくない(笑)

梅雨入り後やっと本格的に雨が降るようになってきた事と、Zwiftの合同ライドイベントがあったことでこの週末は実走しないで終わってしまいましたがトレーニング内容としては充実していたのでは無いかと思います。
梅雨はもう暫く続きそうですが次の週末には天気が回復しそうですので、その時は久し振りにヒルクライムにでも行ければと思ってます。
ローラー台トレーニングも大事ですけどやっぱり基本は実走ですからね。終末は晴れますように!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

自走ビワイチ、SST(Long)方向性の見えてきた今週のトレーニングまとめ

前回のトレーニングまとめでも書いたようにトレーニングの方向性についてアレコレ迷っていたのですが今週のトレーニングである程度当面の方向性が見えてきたように思います。
基本方針は得意分野を伸ばしていきつつFTPの向上を図るというもの。
まあ、それが実際に効果があるのか、そもそもやり遂げられるのかなど問題もありますがそれでも進むべき道がとりあえず定まりつつあるのは一筋の光明かなと。
それではそんな今週のトレーニングのまとめです。

6/17(土)自走ビワイチ338km

6/18(日)流石にダメージがヤバ過ぎたので休脚日

6/19(月)Zwift 回復走40分
まだダメージが抜けない。大臀筋の筋肉痛がまじヤバイw
軽くAvg.175Wで40分。ダラダラ走る。

ローラー台170619

6/20(火)サボり
相変わらず大臀筋が筋肉痛。どんだけ回復せんのか。オッサンの回復力まじヤバイ。
しかし何時までもサボってられないと何時もの天狗一武道会に参加することに。
何処まで走れるか不安だなぁ~と思っていたら夜から雨になるという予報で天狗一は中止に。
代わりにローラーを回そうと思ったものの、思うところあってこの日はサボり。

6/21(水)Zwift SST(Long)に再度挑戦!
先週ZwiftのトーレーニングメニューSST(Long)に挑んだのは報告した通り。あの時、何とかやり遂げた時に頭に過ぎったのは2つ
「こんな死ぬほどキツいメニュー二度とやるもんか!」
「・・・しかしこれを定期的に続けていけばきっと速くなれるに違いない」
私のZwiftのFTP設定は265W。しかしそれは体重が今より3kg以上重かった昨年末の値であって、富士ヒルに向けて減量を続けていたここ3ヶ月の全ての走行データを入れたトレーニングアプリ「ゴールデンチーター」が弾き出した現在の私の推定FTPは255W。それで265W想定のままこの厳しいメニューをやるんだからキツいに決まってる。
しかしこれを繰り返していけば元のFTP値に戻し、更に成長していくことも見込めるはず。
当面の間はエンデューロレースが主な目標となるため、まずはFTPを上げつつ持久力も向上させていきたい。
となると、このSST(Long)続けてやっていく価値はきっとあるはず!
しかしこのメニューは心身ともに万全の状態で挑まないと、とてもじゃないけどクリアできない。
だから、このトレーニング完遂のため前日休んで完全回復を図ったのだ。
開始前に羊かん喰ってエネルギーも補給して万全の状態で再び地獄メニューに挑戦!
このメニュー強度的にはSST強度に過ぎないので1セット目の30分は比較的楽。2セット目の30分になるとキツくなってはくるものの、そこ迄は何とかなるレベル。
しかし3セット目の40分になると疲労でパワーが出せなくなってきて一気にキツくなる。何故たかがSSTがこんな滅茶苦茶にキツいのか!?と後悔することに。
こんなの絶対最後までやり切れない・・・と思うも先週辛うじて完遂した成功体験があったので「今回だって必ずやり遂げられるはず!」と信じてひたすら回す!足は棒のようで力が入らず大臀筋は疲労でズキズキ痛むけどそれでも回す!

ローラー台170621
結果はご覧の通り!今回もやり切ってやったぜ!
ゾーン分析170621
ゾーン分析を見るとL3 58分+L4 45分という鬼のようなメニュー(笑)
これを毎週やり続けることが出来ればきっと今より強くなれる・・・よね?

6/22(木)Zwift 回復走45分
SST(Long)メニューはダメージが本当にキツい。SST(Med)だと翌日でもそれ程ダメージは残らないのだが、同じパワーのメニューなのに40分増えただけでダメージ量が全く違ってくるのは不思議。
無理せず軽くAvg.185Wで45分。ダラダラと走る。

ローラー台170622

6/23(金)夜にZwiftでVO2MAXメニューに挑戦する予定
トレーニングを今後SST(Long)を週に一度取り入れてやっていく方針なのは良いとして、SSTだけやっていてもスプリント力が向上しないという問題がある。
エンデューロレースで戦うためにはコーナーの立ち上がりでL5以上のパワーを出し続けられないとなかなか通用しないのだ。
というわけで、Zwiftのトレーニングメニューを物色してこのメニューにトライしてみようと思う。
VO2MAXメニュー
VO2MAXメニューへのリンク
L5(私の場合300W)を3分×7回の計21分間行うインターバルメニューだ。
300Wを3分なら楽ではないがクリアできるだろう。しかし7回繰り返すとなると話は別。絶対に最後は乳酸地獄で脚が回らなくなっているはず。果たして完遂できるかどうか・・・
いい感じのメニューだと判断できれば今後SST(Long)と併せて取り入れていきたいが、さて・・・(汗)


こんな感じの一週間でした(今日のメニューはまだこれからですが)
トレーニング方針については、しつこく書いているようにローラー台メニューの中心はSST(Long)。勿論、何回も出来るようなメニューではないので週に一回を目標に。
火曜日と土日のどちらかは実走を。後はそれ以外にVO2MAXを入れられれば理想かな。
こんな感じでまずは岡山ミッドナイトエンデューロまで続けて調子を見たいと思ってます。気力が続けばですが。
いい加減FTをP向上させる努力をしていかないと何時まで経っても前に進めないと思うので何とかやり遂げていければと思ってます(苦笑)

あ~でもやっぱSST(Long)やりたくね~

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

いよいよ週末は富士ヒル!な今週のトレーニングまとめ

いやぁ遂に来ちゃいますね、富士ヒル。もう二日後ですよ。
昨年はシルバーを目指すと公言しつつもまったく届かない体たらくで、その後しばらくは精神的ダメージも大きくスランプに苦しむ事になった思い出の大会ですよ。

それだけに今年こそは!との思いも強くトレーニングを続けてきましたが、いま振り返ってみると
「もっとトレーニングを頑張れたはずでは!?」
「エンデューロレースと二足の草鞋でやってたのはやっぱり良くなかったか・・・」
などなど、後悔もやっぱりあるわけですが
それでも自分なりにトレーニングを頑張ってきたつもりです。
「今年こそはシルバーリング獲得を!」
という目標に対して十分な努力であったかは二日後に試されることになるでしょう。

というわけで、富士ヒルに向けた最後のトレーニングまとめです。

6/3(土)「再度山~六甲山頂」TT

6/4(日)Zwift 脂肪燃焼ライド1時間+補助トレ
早朝は何時もの補助トレ。六甲山TTの翌日で脚のダメージはあったが敢行。
・ウォーキングランジ:ダンベル25kg×2で100mウォーキング
・スティッフレッグド・デッドリフト:ダンベル25kg×2で30回×3セット
流石にキツかったが何とかやり遂げる。高重量の補助トレは脚にダメージが残るので大会に万全を期すため今週はこれで終わり。

ローラー台170604
更に昼食前に強度を落としてのんびり脂肪燃焼ライドをと思って回し始めるも・・・
録り溜めてあった弱虫ペダルを見ながら漕いでいたらやっぱりテンションが上がってきて1時間Avg.215Wとそこそこの強度で回してしまうことに。
まぁこうなると思ったさ(笑)

6/5(月)Zwift 短時間高強度回復走
翌日に最後の天狗一武道会の予定があったのでそこで全力を出すためこの日は定番の短時間高強度走メニュー。

ローラー台170605
何時もの通りAvg.300Wで5分+360Wで30-30インターバル×8回のメニューなのだが、今週に入り減量も最後の仕上げということで更に食事量を減らしているのでこれがキツいキツい(泣)
泣きが入りそうになりつつも何とか完遂。

6/6(火)天狗一武道会に参戦

6/7(水)Zwift テーパリング走で30-30インターバル×8

ローラー台170607
前日の天狗一武道会で激坂天狗岩コースを全開で走ったため脚がヤバいくらい重い。
それでも何とか回しておこうと何時もの短時間高強度走メニューにトライするも
駄目!悲しいほどに駄目!
300Wがキツすぎて維持できない。3回ほどトライして結局諦めて360Wでの30-30インターバル8回のみやって後はSST強度で流して終了。
ま、もうテーパリング走期間にはいる予定だったので無理はしない。

6/8(木)Zwift テーパリング走 300W90秒×4セット+265W 3分

ローラー台170608
減量も最終段階なのでこの日は炭水化物はトレ前にエネルギーバー一本食べただけ。
炭水化物少ないと300Wがキツい(笑)
テーパリング期間なので脚に疲れを残さないためトレーニング時間は短く強度はそれなり。
300W 90秒を4回+FTP強度の265Wを3分走ってサクッと切り上げ。無理はしない。

6/9(金)Zwift テーパリング走 300W90秒×3セット+120rpmハイケイデンス走90秒

ローラー台170609
引き続きテーパリング走。300W90秒×3セットやった後、120rpmまでケイデンスを上げて脚に刺激を入れておく。朝食前かつ昨晩のトレから炭水化物をまったく取ってないのでこれだけでも意外とキツい。
この日の朝食から炭水化物解禁(喜)
と言ってもカーボローディングとかする訳ではなく、3食ごく普通の量を食べる程度に留めておく。ヒルクライムはカーボローディングは要らないだろうし、思うように体重が落ちなかったので(泣)
明日の早朝も同じメニューをこなした後、富士山目指して出発予定。

こんな感じの一週間でした。
前半は、六甲山&天狗一武道会で実走での仕上がりチェック。
どちらも悪くない結果を出すことができ、大会直前にして何とかいい感じに仕上げることが出来たのでは無いかと思っています。
先週は鈴鹿のダメージが残っていて絶不調だっただけにどうなるか心配でしたがギリギリ間に合った様でひと安心です。
後半は仕上がった状態を維持するためのテーパリング走に徹しました。
メニューとしてはヌルすぎるので正直「もっと頑張らなくて良いのだろうか?」と不安になったりもしますが「頑張るべき時期は過ぎた。ここで焦って全てを台無しにすることだけは避けたい」と逸る気持ちを抑えて程々のトレーニングに。

果たしてこのやり方で本当に正しかったのか不安はありますが、後は自分を信じて大会に臨みたいと思います。

いよいよ日曜日は決戦!シルバーリングを目指して全力で頑張ってきます!!

次回更新は富士ヒル後になる予定です。

富士ヒル頑張れの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村