北摂に春はまだ遠く…(勝尾寺等ヒルクライムチャンレンジ)

2月も終盤となり最近は温かい日が続きました。そろそろ春の訪れでしょうか?
前回勝尾寺に登った時も結構暖かくヒルクライムを終えると汗を拭く必要が有るくらいでしたから、そろそろ春用ウェアの出番かな?
と思い通販で買ってあった長袖だけど防風じゃない薄手のウェアを身に纏い、いざ出発!
…5分程で引き返してきました。寒いっちゅーねんっ!!まだ春用ウェアは早すぎました。アホか俺は…

気を取り直して冬用ウェアに着替えて再出発!
今日は新生KURAROでの初チャレンジ。前回を上回るタイムを出して15分台を目指すぜ!

勝尾寺ヒルクライム 16分37秒(前回より21秒遅れ…)
!?
前回に及ばない情けないタイム。
マンモス西
ちょっとガッカリなタイムではありますが次回こそは更新出来るようまた頑張ります…

さて、今回もまた足を伸ばして別の区間に挑戦です。
今回新たにチャレンジするのは妙見山コースです。全長は6.7kmと結構なロングコース。それでいて最大斜度15.6%と決して緩いコースではありません。挑戦しがいのありそうなコースですね。
今回は初チャレンジなのでタイムはあまり考えずまずは完走目指して走ります。
(←ナイス言い訳!)
妙見山スタート
スタート地点の写真を見て分かるようにスタートから結構な斜度の坂でスタートです。
ここからすぐ更に角度が上がり即インナーロウに切り替えです。
ロングコースなのにいきなりこれかよ!と軽く絶望しかけますが暫く走ると少し緩い坂になります。
これなら楽かな?と思うとまた急になって…と起伏に富んだ(タイム狙いでなければ)面白いコースですね。頻繁にシフト・チェンジを繰り返しながら登って行くと平坦に近いところや下り坂まであります。
うひょ~これは楽しい。
しかし分岐路を越えて最後の森林区間になると残りはひたすらキツい登り。疲れもあってここからが辛い!ヒイヒイ言いながらも何とかゴール!
妙見山ゴール
妙見山ヒルクライム 29分04秒(初挑戦)
タイムには見るべきものはありませんが今回の目標は足付き無しでの完走なのでこんなもんで勘弁を。
しかし30分近く走り続けるのはキツかったですが楽しいコースでしたね。いずれまた余力の有る時に挑戦してみたいです。

さて、妙見山山頂で暫く休憩したあとは、4号線をそのまま進み続けて、その先で東郷バイパスに合流し更に北上!
そうです。今日の挑戦はまだ終わっていない!
次の挑戦は堀越峠西側コース。最大斜度18.2%。終盤の登りは平均15%程度と厳しい登りが続くコースだそうです。ただし距離は短く1.1km。
たった1kmのコース、いけるいける!
堀越峠西スタート
スタート地点から坂になっていますがそれ程急には見えませんね。これなら何とかなるでしょう。
ではレッツスタート!
…分かっていましたとも。直ぐに急な坂になるってことくらい…言うまでもなく即インナーロウですよ!
このコース斜度自体は前回挑戦した箕面ダムコースと同じくらいではないかと思うのですが既に妙見山で30分走って消耗しているので前回より更にキツく感じます。
それでもフラつきつつ登っていくのですが、路肩が溝になっているので後ろから車が来ると超怖い!
妙見山の後にこの斜度のコースは自分には無理だったんだ…と思いつつゆっくりゆっくり登っていると気が付くと下りになってました。あれ、終わり?
斜度はキツいですが1kmは短いですね。ヘロヘロになりつつも何とか足を付く事無く完走。
堀越峠西ヒルクライム 8分22秒(初挑戦)

さて、なぜ今回こんな無謀な挑戦をしたかと言うと目的地があったのです。
それは卵かけご飯専門店 『弁天の里』というお店。
以前、勝尾寺で出会った見知らぬローディの方が
「この辺りを走るならこの先にある『卵かけご飯の店』はぜひとも行ってみるべきですよ」
と仰っていたので一度行ってみたいと思っていたのです。
せっかく足を伸ばすならついでに近くのヒルクライムコースに挑戦しないとね
って事で少しだけ寄り道して妙見山、堀越峠西と行ってみたわけです。
運動したほうがご飯が美味しいですしね。

というわけで、『弁天の里』に到着で~す。
弁天の里
私が頼んだのは「卵かけご飯並盛り+唐揚げ」で550円なり。
このお店は何と卵使い放題なので幾らでも卵をぶっかけることが可能です。
もしこのお店がゴールならご飯大盛りをお代わりして卵も最低でも6個くらいは食べたい所なのですが、まだ先の予定があったので涙を飲んでご飯並盛りに卵3個で我慢しました。
卵かけご飯
採れたての新鮮な卵で頂く卵がけご飯は美味しかったですよ~
あ~もっと食べたい!と思いながらも腹八分で我慢し少し休憩した後、再出発。今度は423号線を南下して箕面有料道路との合流地点を目指します。

そうです。次は五月山北コースです。最大斜度10.0%。距離4.2kmと今日これまでのコースと比べると緩めのコースですね。既に難コース2つを攻略した私なら大丈夫でしょう。
ここのスタート地点は何故か警備員みたいな人が何人も立っていて立ち止まると迷惑そうだったので撮影は無しで即スタートです。
このコースは開始して直ぐに車止めが設置され車が入ってこれなくなります。車に注意する必要がないのは有難いですがその為か路面状態はあまり良くありません。荒れたまま放置された箇所があったり落ち葉や樹の枝が転がっていたりしていますので路面状態に注意しつつ出来るだけ綺麗な所を選んで走ります。
最大斜度10%なのだからあまり急なコースでは無いと思っていたのですが正直かなりキツく感じます。疲れが溜まっていることもあるのでしょうが結構斜度のある坂が続く様な…もしかすると思ったよりキツいコースなのかも…?4.2kmなら勝尾寺とあまり変わらない距離の筈なのですが印象として登っても登っても終わりが来ない感じです。
後で確認して分かったことですがこのコース平均斜度が7.2%もあります。妙見山が平均4.8%ですから、飛び抜けて急な坂が無い代わりに平均して斜度が高いコースだったんですね。
この段階で疲労度はピークに達し、脚が売り切れなのは勿論、その分腕で引きつけながら登ったせいか腕や腰も痛み出します。もう止まって歩きたい…と思いながらも
「このコースはそんなに長くない筈なのだから、きっとあのコーナーを越えたらゴールが見えるはず」
と信じてペダルを踏む…しかしゴールは見えない…というパターンを幾度も幾度も繰り返してやっとのことで登り切りました。
ここは軽い気持ちで臨んだ反動か結果として今回一番苦労したコースとなりました。本当に難コースなのか疲れていただけなのか…確かめるためにもいずれ疲れていない状態で再挑戦してみたいですね。
五月山北ヒルクライム 21分41秒(初挑戦)

五月山北を終えたら後は箕面ダムコースを下って勝尾寺に戻ってゴール!
今回の走破ルートはこんな感じでした。


いやあ今日は疲れました。
勝尾寺でタイムを伸ばせなかったのはとても残念でしたがこれは次回きっとリベンジします!
妙見山は楽しいコースだったのでいずれタイムも意識して挑戦してみたいですが距離があるので全力で走り切るのは今の私にはキツそうです。もう少し体力つけてからでしょうかね。
五月山北は…うん凄く辛かったです。今思い出すだけでウンザリしますが、ここもいずれ再挑戦でトラウマ払拭しなければ…

こんな感じでタイム的にはショッパイながらも今日も充実した一日でした。
タイムを意識せずに走るヒルクライムはホント楽しいですね。今後ガチタイム狙いになるとそうも言っていられないでしょうけれど(笑)
さて、来週はどうしようかな~

お疲れさんと思ったらクリックを
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

甦る翼 ~KURARO復活~

前回更新時に報告したとおり火曜日の朝にショップに引き取られていったKURAROの破損シートポスト。
メーカー送りで代替パーツをメーカーがショップに送り返してくれるという話なので今週末に走りに行くのは絶望だろうな…と諦めていたのですが

昨日、昼過ぎにショップから
「新しいシートポスト来ましたよ。依頼のあったシートポストカットも出来てますよ~」
と連絡がありました。
スレッガーさんかい?早い、早いよ!(←割りとどうでも良い事ですが有名なこのセリフ実は焦って飛び出したスレッガーさんを窘めるセリフなんですよね。早さを称える意味で引用されることが多いですが)
まさかこんなに早く届くとは嬉しい誤算。到着を待たずに代替パーツを送ってくれたんでしょうね。InterMaxさん、カンザキバイクさん有難う!

という訳で早速取り付け作業です。
その前にちょっと新しいシートポストをチェック
新シートポスト
サドル取り付けのヤグラ部分の形状が全く別物になっています。以前の形状だと角度変更時に左右それぞれ角度を合わせなければならず調整が困難だったため変更になったのでしょうか?
更に肉厚が大幅に増して強度アップが図られています。
新シートポスト肉厚
1mm ⇒ 3mmですからもはや全くの別物ですね。これなら安心して設置できそうです。
多少重量は増すでしょうがカット作業はしてもらったから大した重量ではありませんし何より安心して乗れるのが嬉しいです。1mm厚のシートポストの取り付けなんて二度としたくありません(笑)

それではまずはサドルを取り付けて角度調節を…
と思ったんですがこのヤグラ明らかに設計ミスでは?取付ボルト頭部が上向きに付いていてサドルを付けると隙間が狭すぎてアーレンキーが入らなくなります。どうやって取り付けろと?
KURVE分解
幸いにして私のサドルfi'zi:kのKURVEはこの様に簡単に分解可能なのでカバーを外して設置しましたが普通のサドルの人これどうすんだろ?

まあこのようにちょっとしたトラブルはありましたがサドルの取付も終わり、後はシートポストにしっかりカーボン取り付け専用グリスを塗って前回大変な事になった締め付け作業を行うだけです。

コメント欄でぶりっかーさんからいただいたアドバイスに従い、左右均等に少しずつ締め増ししていき最終的に4Nm(前回破損した値です!)で左右ともに締めてこれで締め付け作業も無事終了!今回は流石に3倍の肉厚になっていることもあり破損するようなことはありませんでした。
シート復活
それでは早速走りに!といきたいところでしたが今朝は生憎の雨。シートの確認はローラー台で行いました。
一時間ほどローラー台で漕いでみましたが体重を思い切り掛けても前部後部と乗る位置をずらしても全く動きませんし今までみたいにミシミシ言うこともありません。
これが当たり前の状態なんですけど今まで恐る恐る乗っていたので安心して体重を預けて乗れるのは本当に嬉しいですね。
後は外に走りに行って段差を越えた時などでもチェックする必要はあるでしょうがまあ多分大丈夫でしょう。

紆余曲折ありましたが、これにて

KURARO「完・全・復・活」です!

これで週末はまた走りに行けます。嬉しい~
コメントくれた皆さん有難うございました。ご心配をお掛けしましたがもう大丈夫です。
これからまたガンガン走ってブログも更新していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

復活記念によろしければクリックを
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

KURAROシートポスト回収&暫くお休みです

破損したシートポストの続報ですが、ショップからやっと連絡があり、なんとか交換してもらえる事になりました。まずは一安心です。

ですが、今のシートポストを回収してメーカーに送ってから代替品が送られるという流れのようで(何故?)今朝ショップにシートポストを預けてきましたので代替品が届くまではKURAROに乗ることが出来ません。

代替品が早く届いてくれると良いのですが、ショップからメーカーに送って更に送り返してもらうとなるとかなり待たされそうで、多分今週末に乗るのは難しいでしょうね。
来週末までには届くと信じたい…

せっかくヒルクライムのタイムも伸びてきて今が楽しい時期なのに、これから暫く乗れないのは辛いな~

と言う事で、シートポストの代替品が届くまではネタもないですしブログはお休みすることになるかと思います。

その前にKURAROのシートポストの写真でもアップしておきますね
シートポスト形状
こんな形状です。エアロシートポストって奴で空力的にやや有利みたいですがその代償として締め付けると加重が偏って掛かってしまい破損しやすくなるみたいです。メリットデメリットを考えると難しいところですが、いざという時汎用パーツを使えないのは残念ですね。
そしてただでさえ難しい形状なのに肉厚は僅か1mm…これは脆そうです(苦笑)
シートポスト厚
こんな感じで亀裂が入りました。週末はこの状態でミシミシ言わせながらヒルクライムしてましたが(笑)
シートポストヒビ

代替シートポストが届いたら今度は慎重に取り付けてまたガンガン乗っていきたいですね。
それでは暫くの間お休みなさ~い…

それでも逝くのだ。そこに山があるのだから

前回書いた通りシートポストに亀裂が入ってしまいガックリ落ち込んでしまいましたが
「この状態で乗ったら本当に駄目なんだろうか?」
と思って金曜日、いつもの河川敷一時間周回コースに走りに行ってみました。
シートポストの現在位置にマークを付けて、もし少しでもズレるようなら危険なので乗らないと決めビクビクしながらも一時間完走。
帰ってから確認してみましたがシートポスト位置はズレていません。
カーボン専用の滑り止めグリスを塗ってある為か簡単にはズレないようです。
う~ん…長期的には危険だし何としても交換すべきだけど、とりあえずちょっと走るくらいなら大丈夫かも?

という訳で「自己責任」(←重要)で今日も逝きます勝尾寺!
何故なら、山が、俺を、呼んでいるのだ!(気のせい)

今日は最近ブログを通じで交流させて頂いているKNJさんのブログから情報をいただき以下の2つのことを試みることにしました。
その1・空気圧を上げて転がり抵抗を減らす
 ヒルクライム時は空気圧を少し上げて転がり抵抗を減らすと有利だそうです。
 私は何時も7気圧ちょうどで入れていましたが今回は7.5気圧入れてみることにしました。「もっと思い切って入れろ」という意見もあるかと思いますが下る時が怖いのでまずはこの空気圧という事で(笑)
その2・登りのケイデンス70rpm以上を常にキープする
 私は登りでケイデンスが落ちても速度が落ちるのが怖くてギアを十分に落としきれずに全力で踏ん張りながら漕ぐことが多かったのですが、初心者はまずは70rpmを維持するように走るのが良いそうです。そこで今回は70rpmを維持できないと思ったら迷わずキアを落とす事を心掛けることにしました。

それでは今回もスタートです。
今回CATEYE Atlasで記録してたんですがstravaへの転送が何故か上手く出来なかったのでcateyeの方で公開です。
CATEYE Atlas勝尾寺ヒルクライムの記録リンク
勝尾寺ヒルクライム 16分16秒(1分15秒更新!)
今回はまさかの1分以上のタイムアップ!いよいよ15分台が見えてきました。

今回タイヤの空気圧を上げたのが良かったのでしょう。高ケイデンスを維持するようにしたのも良かったのでしょう。
でも何よりシートポストが破損した悔しい思いをペダルにぶつけながら漕ぎ続けたのがプラスになったように思います。
あれは残念な出来事だったのは間違いないですけど、こうしてタイムアップにプラスになったのだから少しは良いこともあったのだと前向きに捉えたいですね。

この結果に気を良くした所でエネルギー補給タイム。今日の補給食はどら焼きと100均で見つけた塩キャラメル。一粒300メートルだよ!(←歳がばれる)
150221栄養補給

エネルギーをチャージした所で今日の第二ラウンド。初挑戦となる「箕面川ダム」コースです。前回雪のために断念しましたが今日は快晴。行くしかありません!
これがスタートの「箕面川ダム」です。(正確にはダムの先の看板前からスタートですが)絶景かな!
箕面ダム
このコース、スタートから暫くはほぼ平地です。何これ楽勝やん、飛ばすぜ!
だがしかし!平地はすぐに終わっていきなり何かすごい坂が待ち受けています。
こんなの登れるかよ!?ギアを落とせ、落とせ、落とせ!
で、あっという間にインナーロー。もう後が無い!でも坂は始まったばかり。どうすんだよこの坂!
ヒルクライムのコツはケイデンスの維持!?それどころじゃねぇ!これ以上ない所まで落としてるのに全然廻せないし進まないぞ!
俺の貧脚では標準の12-25スプロケじゃあ無理だったんだ…誰か俺に乙女ギアを下さい…
それでもフラつきつつゆっくりゆっくり漕ぎながら足だけは付かずにちょっとずつ何とか登っていきます。
普通なら諦めたくなる激坂(私にとって)ですが何故諦めずに登れるのか。
それは今日のために事前にGoogleマップのストリートビューで下見しておいたのでこのコース実はかなり短い事を知っていたのです。無茶苦茶キツいけどどんなにゆっくり登っても10分ちょっとで登りきれるコース。キツいのはちょっとの間だけ。有難うGoogleさん!俺頑張るよ!
という訳で苦しみつつもゴールの「みのお記念の森」に到着です。
箕面記念の森
タイムはこんな感じでした。

箕面川ダムヒルクライム 11分07秒(初挑戦)
結果はまあ正直ショボいタイムですが初挑戦なので足を付かずに完走出来ただけでとりあえず満足です。
ただこのレベルの坂は今の私の実力ではちょっと無理ありましたね。ペダルは全く廻せないですしこのペースだとあまりトレーニングになっていない気がします。
後で調べた所、最大斜度は
勝尾寺:8.9%
箕面ダム:16.8%
だそうです。なんじゃそりゃ、キツすぎるわ!もう少し力をつけるまではこのコースは封印かな?

その後、そのまま進んで下見がてら五月山コースをのんびりダウンヒル。何時かこのコースにも挑戦してやるぜ!と思いつつ下っていると途中でいい景色があったので記念撮影。
秀望台
その後箕面駅まで着いた所でふと「そう言えば箕面駅側コースってのがあったよな…」と思い出します。
ダウンヒルで体力が回復していたので何か行けそうな気になってしまい「よっしゃこのまま箕面駅側コースに挑戦だ!」と休みも入れずに無謀にも箕面駅側コースに挑みます。
しかし予定になかったコースなのでスタートとゴールがよく分かりません。
スタートは駅の東だったはず…ゴールは勝尾寺だよな…?うろ覚えのまま、いざスタート!

箕面駅側ルートヒルクライム 10分15秒(初挑戦)
後で知ったんですがゴールは勝尾寺よりずっと手前でした。勝尾寺まで全力で走ってしまったよ…

こんな感じで予定にないコースへの挑戦もプラスしてなかなか充実した一日になりました。
どのコースもキツかったですけど喉元過ぎればなんとやら。終わってみるとほんと楽しかったですね。これだからヒルクライムは辞められない!

さて挑戦を終えて帰宅したら毎回恒例のエネルギー補給タイムです。今日は自分へのご褒美と言うことでちょっと増量です。今日は頑張ったからたくさん食べても平気平気!
150221おやつ
…冷静に考えると今日消費したカロリーより摂取したカロリーの方が高いんじゃないですかね?
頑張って走っているのにイマイチ痩せないのはこの所為だよ!

頑張ったと思っていただけたらクリックを
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

さらば愛しきKORAROよ~カーボン強度に泣く~

え~と、先日新しいサドル買った&締め付けが甘くてズレてしまった。という話をしました。

で、ちゃんと取り付けしなおして、ついでにサドルの高さを今より少し高くして試してみたいと思いまして本格的にサドル周りを設定し直すことにしました。

さて私のロードバイクKUOTAのKURAROなんですがシートポストが所謂エアロシートポストって奴で円形ではなく楕円になっています。
さらにサドルを取り付けるヤグラ部分がちょっと特殊な形状でサドル取り付けがちょっとややこしいのです。まずは写真を見て下さい(取り外し前なので汚れてますが)
ヤグラ
こんな感じで左右から押さえつけて固定するのですがここで次の写真を見て下さい。
サドルレール
サドルのレールにカーボンシートが巻き付けてあります。この所為でレールが普通より太く取り付け金具が傾いてしまい締め付けがしっかり出来ていなかったのではないかと思います。
という訳で、カーボンシートを削り落としてしっかり固定し直しました。
これでズレることはなくなるはずです。

そしてついでにシートの高さを調整します。カーボンシートポスト固定用にカーボン固着グリスを塗ってトルクレンチで慎重に締めていきます。
締め付け指定トルクは6Nmなのでとりあえず4Nmに設定して締め付け過ぎないように…

バキッ

…割れました(号泣)
ちょっと黒地なので分かりにくいと思いますが縦に亀裂が走っています。
シートポスト
どうするよこれ?
乗っても大丈夫だろうかと思いちょっと乗ってみたんですがとりあえずズレることは無いんですが段差を越えるとミシッっと音がしてとても心臓に悪いです。

さて、この先どうしたものか…普通ならまあ勉強になったと言う事でシートポストを買い直せば良いのですが先に書いたようにKURAROのシートポストはエアロシートポストなので専用形状です。簡単に買い直すことは出来ません。

とりあえずショップに問い合わせ中ですが型落ちで買った2013年モデルなので代わりのシートポストが手に入るかどうかはまだ不明です。

う~ん痛い、痛すぎるミスです。もう少し弱い力で締めていればと思いますが覆水盆に返らず。
これからどうすれば良いのかホント頭が痛いです。

今はただ代わりのシートポストが手に入ることを願うのみです。


哀れに思ったら励ましのクリックを…
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

ローラー台トレーニングの強度を上げてみる

今日は朝から雨でしたので早朝トレーニングはローラー台でのトレーニングです。

さてローラー台購入以来、私はずっとLSDトレーニングを中心にやってきました(と言うほど長く続けているわけでは無いですが)
心拍数130を少し超えるくらいの強度で一時間ほど延々と漕ぎ続けるトレーニングですね。
何しろ私は昨年はほとんどろくに運動をしておらず今年の1月からロードバイクを始めたばかりなので基礎体力が全くありません。
ですから、まずは基礎体力作りを…という方針は間違ってはいないと思うのですが最近ヒルクライムに挑んでいるとローラー台で漕いでいる時とは運動強度がかけ離れているなと感じ、このままLSDトレーニングを続けるだけではタイム向上の為のトレーニングとしては足りないんじゃないかと思うようになりました。

そんな訳で、もう少しヒルクライムの実走に近いトレーニングをと言う事で調べてみたところ、メディオというトレーニングがあることを知りました。

これは最大心拍数の80%位でトレーニングを行い、無酸素性作業閾値(AT値)の底上げをするトレーニングだそうです。簡単に要約すると

ある程度以上運動強度が高くなると乳酸を蓄積する無酸素運動になってしまいすぐバテてしまうので、その閾値より少し軽い程度の強度でトレーニングを行い、バテずに続けられる運動強度の底上げをしようぜ!

ってことですね。このトレーニング、私の場合心拍数だいたい150~160くらいの強度で行うことになります。
その強度で長時間トレーニングを続けるなんて勿論無理で、10~20分続けたら、強度を落としてインターバル走を15分ほど行い、また強度を上げて10~20分…と続けていき、2~4回ほどそれを繰り返すそうです。

私はこのトレーニングに初めて挑戦するので最初は無理せずということで

ウォームアップ5分 → メディオ1回目10分 → インターバル走15分 → メディオ2回目10分 → クールダウン10分

上記メニューで50分間という計画をたててみました。

それでは5分間のウォームアップを行い身体が温まった所でいざメディオ スタート!
私の場合、アウターロー90rpmで漕ぎ続けるとLSD強度になりますので、リアのギアを2つ上げつつ90rpmを維持し心拍数を上げてみることにします。
「俺、アウターロー90rpmで一時間漕ぎ続けられるから2つ上げただけじゃ弱すぎるよね HAHAHA…!」
と余裕こいてましたが2つギア上げると全然強度が違います。あっという間に心拍数は150に達し2分ほどで早くもハーハーゼーゼー言い出し、5分もすると90rpm維持が不可能になります。この段階で早くも全身汗だくという有り様。
LSDでさえ辛いと言っている自分のレベルだとこの強度はマジ辛い!

それでも何とか1回目を終えて心拍数を130まで落としてインターバル走に移行。ああ、この軽めの強度が心地良い…(笑)もう一回メディオ走るの嫌すぎる…
しかし無情にも15分が経過し2度目のメディオタイムに突入。既にバテているのでケイデンスが維持できず80rpmくらいで心拍数が150を突破。体力無さ過ぎですが心拍数が維持できてりゃ良いや…ってことでそのままトレーニング続行。
最後は70rpmで心拍数160というヘタレ漕ぎ状態になりつつも何とか10分漕ぎ続け、最後にクールダウンしてトレーニング終了。すげー疲れましたぁ…LSDって楽だったんだな…

それにしても一応心拍数だけは規定通りにやったけど最後はケイデンスガタ落ちだったし、これでちゃんとメディオトレーニングになってるんでしょうかね?もう少し土台になる体力がないとトレーニングとしては効率悪いような気もします。やっぱり基礎体力をもっと付けていく必要がありますね。

その辺りを踏まえ、今後しばらくはLSDトレーニングとメディオトレーニングの両方を並行して行って基礎体力をつけつつ少しずつ高強度のトレーニングにも身体を慣らしていくという方向性でやってみようかと思います。

すぐには成果は出ないかもしれないですが少しずつ積み上げていければ半年後くらいにはそこそこ走れるようになっているはず…と期待しつつ無理しない程度にのんびり(笑)頑張っていこうと思いますよ。

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

勝尾寺ヒルクライム:雪の勝尾寺に玉砕編

土曜日になりましたので今日も勝尾寺に挑戦です。
水曜日にも行ったので今週2度目の挑戦。
今まで少しずつですが毎回記録更新してきたので今回も記録更新を目指すぜ!と意気込んでいざスタートです!

だがしかし!スタート直後、工事中で通行規制中。交互通行で足止めをくらいます。
仕方ないことだけどこれは無念…
幸いそれ程長い時間は停められ無かったので気を取り直して再発進!
今日の勝尾寺ヒルクライムコースは路肩に雪が残りちょっと走り難いです。
それでも苦しみながらも最後の難所、看板前坂道までたどり着きます。
後はこの坂を登り切るのみ…なのですが何とここだけ路肩だけでなく道路一面に雪が残っています。
「まあそれ程積もっている訳じゃないから問題ないだろ!」と果敢に挑みスパートをかけようとすると、ズルッっと後輪が滑ります。危ねぇ!気を取り直して再度スパート!またもズルッ…
3度ほど滑った所で心が折れました…もうゆっくり登ろう…
かくして今回の結果は以下の通りとなりました。

勝尾寺ヒルクライム1回目 17分52秒(前回より21秒遅れ…)
あかん、今回は何もかもがあかん…
ゴールの勝尾寺はこんな感じで雪が積もってました。
0214雪の勝尾寺
本当は今回は勝尾寺まで登った後、そのまま足を伸ばして更なる難所、箕面川ダムに挑む計画をたてていたのですが、勝尾寺がこの状態では更に高所で激坂が多いという箕面川ダムコースに挑むのは自殺行為だな…と言うことで挑戦は残念ながら断念。
今回も勝尾寺の反復練習に終始しました。箕面川ダムは来週以降に天気が良ければ挑戦したいと思います。
今回の挑戦の結果は以下の通り
勝尾寺ヒルクライム2回目 19分00秒
勝尾寺ヒルクライム3回目 18分58秒
勝尾寺ヒルクライム4回目 19分06秒
勝尾寺ヒルクライム5回目 19分20秒


う~ん、前回とほぼ変わらず今ひとつタイムは伸びていませんね。もっと頑張れたはずなのに気合が乗らなかった…言い訳ですね。
今回の不甲斐ない結果を踏まえ来週はちゃんと頑張りたいです。

己の無力さを噛み締めながら今回のヒルクライム後の栄養補給
0214おやつ
う~ん美味い。この為に走っている様なもんだな(笑)

あ、昨日書いたサドルの事ですか?忘れてませんよ。
ですけど実はですね…締め付けが甘かったみたいでヒルクライム中に何度かズレてしまいまして…この状態で語っても意味無いですしまた改めて検証します。期待してくれていた人がいましたら本当にゴメンナサイ…
いやホント今回何もかもが駄目だ…

しっかりしろ!と思ったら励ましのクリックを!
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

痔になる前にサドル探しの旅に出る

ロードバイクを購入して早いもので既にひと月が経過しました。
朝早起きして河川敷を走ったりローラ台を回したり、休みになるとヒルクライムやロングライドに挑戦したりと中々充実した自転車ライフを送っております。

しかし、毎日毎日ロードバイクに跨っていると一つとても困ったことがあります。
それは毎回一時間も経過するとお尻が痛くなってしまうことです。
最初は「乗り続ければ慣れてくるだろう」と思っていたのですが、残念ながら全く慣れる様子がありません(泣)
困ったときのネット頼みということで検索を掛けてみると、同じ悩みを持った方が物凄く大勢いることが分かります。皆お尻の痛みには苦労しているのですね…

お尻の痛みを少しでもやわらげるため、苦労している方の多くはサドル交換に踏み切っておられるようです。
しかし、サドル交換で全てが解決するかというとこれがとても難しく自分にあったサドルでないと評判が良い製品でもかえって悪化することさえあるようです。
ロードバイク乗りには理想のサドルを求めて次々とサドルを買え続けるという果て無き旅を続ける方が少なからずおられるようです。恐ろしいことですね。

しかし、このまま手をこまねいていても事態は改善しません。このままではきっと近いうちに痔になってしまうことでしょう!
それだけは避けたいので、いよいよ私もサドル交換に踏み切ってみることにしました。

とは言っても、さてどんな製品を買うべきなのか…と検索をかけて見つけたのが「infinity-seat」という製品
Infinity_seat
こりゃ面白そうだ。理論通りならお尻の痛みも解消?と思って公式サイトに行ってみたけれどWaiting list登録欄があるだけでどうやら普通には売ってないようです。試験販売で手に入れている人もいる様なので登録しておけばいずれ手に入るのかもしれないのですが欲しいのは今なんですよね。待てと言われて待つのは辛いし…と諦めきれず調べてみるとこんなページを発見。
「infinity-seat」を紹介しているんですが「フィジークのKurve」とやらが類似構造だとのこと。
fizik-kurve

「フィジークKurve」についてはこちらにインプレ記事がありました。

ふむ、これも中々良さそうです。じゃあこれを買えば良いんじゃね?と思って調べてみたら3万円ちかくするのね…
いくら何でもそれは買えない…と思ったのですがあれこれ検索かけてたら海外通販で99.99ユーロで売っている店が!(日本円で1.3万円くらい)
怖いものでサドルに1.3万円というのは決して安くないはずなのですが元の値段が3万円と聞くとお買い得だから買わないと!という気になってしまいます。

その結果がごらんの有り様だよ!
my_Kurve
さて、これでお尻の痛みが取れるのか…?
明日早速、勝尾寺ヒルクライムで試してみたいと思います。

これでお尻の痛みから解放されると良いのですが…
どうかサドル地獄にはまりませんように…

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

祝日だ!今日も勝尾寺ヒルクライムにチャレンジ!

今日は祝日ですね。
最近、休みとなると身体が疼き出します(笑)
そう勝尾寺が俺を呼んでいる(気がする)
ここ数日厳しかった冷え込みも一段落して今日は絶好のヒルクライム日和。
これは今日も記録更新を目指して勝尾寺へ行くしか無い!

そんな訳でやって来ました、勝尾寺ヒルクライムスタート地点、西田橋交差点。
今日はローディが何時もより集まっているようでスタート地点で休息していると何人かがサイコンをスタートさせてクライムに挑戦していきます。

これは負けてられない、俺もやってやるぜ!と気合を入れていざスタート!
しかしスタート直後、いきなりケツの筋肉が痛みます。これは筋肉痛か…前回の無茶なチャレンジから中三日では回復しきれていないのか?
しかしここまで来て筋肉痛程度で音を上げてる場合じゃない!

走れ!回せ!登れ!

今回は前回の反省から序盤のダッシュを控えめにして体力を後半に温存する作戦で走ってみたのですが、そんな姑息な作戦が簡単に通用するほどヒルクライムは甘くありませんでした。温存したはずの体力は後半になると全然残っていない様に感じます…スパートをかけたいけど身体が言うことを聞かない。最後の看板前坂道でダンシングスパート…が辛すぎてダンシングが続かない…
「ちくしょう、俺は弱い…」

そんな訳で今回の結果はこんな感じ

勝尾寺ヒルクライム1回目 17分31秒
前回から22秒短縮です。う~ん、思ったほど伸ばせませんでしたが短縮できているので良しと思いましょう。千里の道も一歩から。少しずつ少しずつ積み上げていきますよ。
さて、折角ここまで来たので、もう少しチャレンジしていきましょう。
勝尾寺ヒルクライム2回目 18分52秒
勝尾寺ヒルクライム3回目 18分36秒
(何故か2回目より短縮)
勝尾寺ヒルクライム4回目 19分07秒
勝尾寺ヒルクライム5回目 19分13秒


何故か今回も5回登ってしまいました。5回目を走る頃には頭がボーっとして
「あれ?今何回目だったっけ?3回目を走った記憶まではあるけど今が4回目だったか5回目だったか分からない…」という有り様。
結局1回走る毎に1個食べてた薄皮あんパンの残りで5回目と判明したので(笑)そこで今回のチャレンジは終了としました。
前回は5回目はもう死にそうになりながらロードバイクにしがみつく様に登ったものですが今回は辛いことは辛いけど、何とかそれなりにペースを作って走れた感じですね。
振り返ってみると初チャレンジのタイムより今回の5回目の方がタイムが良いんですよね。(初チャレンジは20分49秒)
まだまだショボイベストタイムですがそれでも自分なりに確実に成長出来ているってことでしょう。今後もこの調子で頑張っていければと思います。
チョコアイスバ
さて疲れきったので今回は帰宅後これを食べて栄養補給。こんなの食べてちゃ痩せないって分かっているけどこればかりは辞められない…

お疲れ~と思ったらクリックよろしくです
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

最近の朝の過ごし方

ロードバイクに乗り始めてから約ひと月経ちました。

購入以来、特に用がない限り毎日ロードバイクに乗っています。
当初は雨の日はお休みでしたが、ローラー台を導入したので雨でも乗れるようになったのは嬉しいですね。

私は、平日は朝にロードバイクに乗っていますので今回はそれについて書いてみたいと思います。

平日はいつも少し早起きして朝食前に一時間ほどロードバイクに乗るようにしています。
当初は朝起きたらひとっ走りが基本パターンでしたがローラー台導入に伴い、外に走りに行く日とローラー台で漕ぐ日とを交互に繰り返すようになりました。

外で走るときは当初は近場のなにわ自転車道を行ったり来たりを繰り返していたのですが、最近は以下の様な
 なにわ自転車道→淀川CR→なにわ自転車道に戻る というコースを走るようになりました。

このコースを一周すると約1時間。朝食前の気持ち良いトレーニングになっています。
朝はまだまだ寒いので走り始めは大変ですが走り始めると信号のない河川敷コースを走るのは爽快そのものですね。
走り終わるとご飯が美味しいですし楽しく走っています。

そしてローラー台ですがこちらはまだ始めたばかりですが、まずは体力作りということで前回書いたようにLSDトレーニングをやっています。
始めたばかりであまり書くことも無いですが、心拍数130~140、ケイデンス90rpmで一時間続けることが今朝、何とか出来るようになりました。もう少し体力がついたらもっと強度の高いトレーニングにも挑戦していきたいですね。
しかしローラー台トレーニングはやっぱり外を走るのに比べると
・疲れる・暑い・退屈 と三拍子揃ってこちらはイマイチ楽しくない…
ローラー台の仕様で現在速度計測が出来ずトレーニングアプリと連動できないのも困った物でトレーニングを充実させるためにもこちらは一工夫必要かなと感じているのですが、さてどうした物か…

こんな感じで平日は毎朝一時間トレーニングしてから食事して出社という生活パターンになりました。
昨年はまったく運動をしないダラけた生活をおくっていたのに変われば変わるものですね。

今はまだただロードバイクに乗っているだけでも楽しい時期なので飽きが来るまではこの生活パターンを続けていきたいと思っています。
飽きたらどうするかって?それはその時になったら考えましょう(笑)

まあ、まだまだやりたい事が沢山あるので当面は飽きる予定はありませんが。

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村