久々に「上福井~天狗岩コース」でヒルクライムTT決行。やっぱり楽しいね

先週末から寒い日が続きついついローラー台に逃げる日々が続いていましたが今週中頃から寒さも和らぐ予報となっており天気予報を見ながら
「これなら水曜日くらいから実走行けるんじゃね?」
と考えていました。
そんな時、O.H.C.仲間のきゃべつKさんから
「水曜日の夜、一緒に走りませんか?」
とのお誘いがありました。
こりゃ良いタイミング!とふたつ返事で了承し、昨日仕事終了後にいそいそと北摂まで向かいます。

さて何時ものパターンだと、「上福井~天狗岩コース」を走ることになりますが、このコースは10kmもの長距離と最大斜度16%(←絶対もっとあると思う)を誇る北摂最凶コースです…NOAH SLに乗り換えて以来、ヒルクライムではイマイチ乗れていない(バイクのせいじゃなくて乗りこなせない私のせいですよ)私には厳しいコース。暖かくなってきたとはいえ高度のあるコースだけに路面にちょっと不安もありますしね。
長距離緩斜面の「府道110号線南」かどちらかを走りましょうと、打ち合わせ時にきゃべつKさんが仰っていたので、今日は気軽に「府道110号線南」で良いかなぁ~と思いつつ
「今日は天狗岩と110号線南のどっちを走りますか?私はどちらでも良いですけど(110号線を走ると言ってくれぇ~!!)」
「勿論、天狗岩でしょ!」
アカン、この人やる気満々だぁ!!!!

そんな訳で、実に久々に「上福井~天狗岩コース」でのTTに挑むことになりました。
最近不調とは言え、やるからにはマジで走りますよ!

という訳で、気持ちを入れ替えマジモードになりスタート地点から気持よく飛ばしていきます。激坂区間には不安があるので序盤の緩斜面区間は頑張ろう!!と序盤から積極的に飛ばしていきますが、少し暖かくなってきたとは言え、夜の北摂地域はやっぱり寒い!途中信号に捕まったところで「はぁはぁ」言っていると自転車のライトで照らされ吐いた息がゴジラブレスのように真っ白に伸びていくのが見えます(笑)
寒いとイマイチ体力が保たない気がするんだよなぁ…と思いつつも緩斜面区間はそれなりのペースで駆け抜け一気に斜度の上る天狗岩コースへと分岐します。
この日はテーマを持って走ろうと思い「できるだけハイケイデンスで登ってみよう」と天狗岩序盤の通称激坂小学校区間をハイケイデンスで駆け上っていきます。
しかしハイケイデンス走は脚へのダメージが小さい分、心肺への負担が大きく天狗岩最大斜度区間にたどり着く頃には既にヘトヘト…
「アカン、ペース配分ミスだわ…」
と思いつつもインナーロークルクルで激坂区間を何とか突破。
ここで更に疲れてしまいそのまま天狗岩区間の大半をインナーローで登るヘタレぶりを発揮しつつも
「その分ケイデンスは極力落とさないように…」
と回すペダリングで何とかそれなりのペースで登っていきます。
そして最終区間だけ帳尻合わせとばかりに張り切ってダンシングで駆け上りこの日のTTは終了!!
タイムは全然駄目駄目でしたがやっぱりこのコースはキツい分、走り終わった後の爽快感は格別のものがあります。
きゃべつKさんもお気に入りの天狗岩コースを走ってご満悦の様子w
天狗岩記念撮影160127

最近はローラー台や平坦練が多くなりつつありますがやっぱりヒルクライムはキツくてでもそれが楽しい!


という訳で、「上福井~天狗岩コース」ヒルクライム堪能しました。
きゃべつKさんお誘いくださりありがとうございました。

今回の走行データは以下の通りです。


しかし楽しい楽しいばっかり言っていては駄目ですよね。最近どのコース走ってもタイムは駄目駄目で正直焦りもあります。
「この時期は下地作りと割りきってタイムは気にしない」とは言いつつも少しは調子を上げていかないと今年のヒルクライムレース初戦の伊吹山で無様な走りをしてしまいそう怖いです。
「…よし!来月からは頑張ろう!」

いや今すぐ頑張れよとツッコミのクリックを
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

記録的寒波な週末のライド&トレーニング

今週末は何でも記録的な寒波が押し寄せたようで、今朝などは我が家の水道は凍りついていました。
蛇口ひねっても水が出てこない…
と思ったらしばらくしたら氷の塊が流れてきましたよ!Σ(゚Д゚)
ガレージに置いてある睡蓮鉢も当たり前のように凍りついてましたが氷の下ではそれでもメダカが元気に泳いでいました。
凍りつく睡蓮鉢

さてそんな極寒の週末ですが、土曜日は100太郎さんと待ち合わせて北摂のヒルクライムライドを楽しみました。
土曜日は寒波が押し寄せる前だったのでまだマシでしたがそれでも寒いものは寒い!
100太郎さんとお互い頑張って勝尾寺を登ったのですが、どうにもこの時期は駄目ですね。冷たい空気を吸い込みながらのヒルクライムは調子が上がらない…
タイムは駄目駄目な14分28秒…まあこの時期のタイムはあまり気にしないということで…許して…(泣)
勝尾寺を登った後はせっかく北摂まで来ていただいたので私の好きな妙見山コースにお誘いして、ここもタイムトライアルを開始したのですが、コース中盤のアップダウン区間に入る頃には辺りはすっかり雪景色で、路面にも雪が乗っている箇所が所々にあるちょっと危険な状態です。
雪の妙見山
妙見山の中盤は緩いアップダウンを繰り返す高速区間があり本来はここが速度の稼ぎどころなのですが、予め100太郎さんと
「もし路面状態が良くなかったら『絶対にアップダウン区間では飛ばさない』ようにしましょう」
と打ち合わせてあったので、この区間はお互いゆっくり慎重に走ります。後半分岐後の登り区間になったらまたヒーコラ言いながら頑張って登りますがまあこの条件ではタイムが出ないのは仕方ないですね。
妙見山は暖かくなって雪が消えるまではタイムトライアルは避けたほうが良さそうです。路面状態を調べもせずにお誘いして申し訳ありませんでした、100太郎さん。
妙見山で一服後、二人で山を下ったのですがこれがもう寒いってなんのって!!
完全冬用装備で下ったにも関わらず手先から足先まで凍り付きそうな寒さです。この時期登りも辛いけど下りは更に辛いですね。
妙見山を下った後、高山コースのタイムトライアルにも挑戦したのですが、脚が芯まで冷えて全く回らず全然エンジンがかからずここも平々凡々なタイムに…
この時期のヒルクライムは本当にあかんなぁ~
高山TTが終わった後そのまま勝尾寺まで戻ってこの日の二人だけの走行会は無事終了となりました。100太郎さんありがとうございました。
しかし、この日どうにも不調で不完全燃焼だった私はこの後、勝尾寺を2セットおかわり(笑)例によってタイムは駄目駄目ですがこの時期は頑張って距離を稼いで土台を作るのが大事だと言い訳しておきます。
走行データはこんな感じとなりました。


そして日曜日、本格的に寒波が押し寄せてきました。朝ストレッチするために外に出るともう突き刺さるような寒さです。
こんな日に走っても調子上がらないよな…
と言い訳してこの日はローラー台トレーニングにします。
昨日結構走ったから緩めに走ろうかな…と思ってふと思いつきました。
最近、「格好いィお父さんに俺はなる!」
のみつさん率いるチーム「VIVA★ZAPPEI」で大流行?している2時間ローラー台トレーニング!
最近大磯クリテなどで暴れまわっているZAPPEIチームが取り入れているトレーニング法ですからこれはパクる参考にするしか無い!
という訳で2時間ローラー台に挑戦です。強度は…まあちょっと緩めの200Wくらいなら2時間でも大丈夫じゃないかなHAHAHA!

という訳で200Wで2時間に挑戦です。
最近はローラー台はZwiftでやることが多いのですが2時間Zwiftだと流石に飽きそうなので映画「AKIRA」を見ながら回すことにします。ちょうど見終わる頃には完走しているはず。
200Wですからそれほど気負わず、はいスタート!
最近はL4強度の250W前後で回すことが多いのでL3強度の200Wなら楽勝楽勝…と映画を楽しみながら30分…一時間…と回し続けます。一時間回すとまあ流石にそれなりに疲れてきましたが一時間ならSST強度だって問題なく回せますからこれくらい平気ですよ(*^^)v

だがしかし!!

一時間半ほど回していると全身に異変が…持久力に長けているはずのハムストリング筋が疲労で痛み出します。
そしてなにより「ケツが痛てぇ!!!!」
今まで自走アワイチで250km超えのロングライドでもお尻の痛みを感じたりしなかったのですがローラー台はずっと同じ姿勢で漕ぎ続けるためかとにかくお尻が痛い!
200W超で一時間半も漕ぎ続けているので大殿筋も酷使していますからその所為もあるのでしょうか?
ケツが痛い!ハムも痛い!その所為で200W維持も徐々にキツくなってきた!
これで2時間とかマジ洒落になんないキツさだよ!!
こんな過酷なのが流行っている「VIVA★ZAPPEI」頭おかしいよ!!
最後の10分くらいはケツと脚の痛みに苦しみポジションをコロコロ変え、泣きそうになりながら必死で漕ぎ続けて何とか2時間を完走!!
2時間の平均パワー値は211Wとなりました。
マジキツい…こんなトレやってればそりゃ速くもなろうというものです。

うん、でも私はもう二度とこんな過酷なトレやんないからね!!(断言)

そんなローラー台トレは以下の通りです。
ローラー台160124


それにしても寒いですね。今週もしばらくはローラー台メインになってしまいそうですが木曜日くらいからは暖かくなるそうですよ。日曜日頃には気持ちよく外を走りに行ける気温になっているといいですね。
それでは今週も頑張っていきましょう!

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村

本格的に3本ローラー台でパワトレに挑もうと思ったけれど…

前回の書き込みの通り、3本ローラー台もパワーアップしたことですし、これからはパワトレのメインは3本ローラー台に切替えて頑張ろう!と決意し、

その為にもまずは3本ローラー台でFTP計測だ!!

と意気込んで水曜日はFTP計測に挑みました。
使用したのはZwiftのFTP計測メニュー(フルバージョン)です。
ZwiftのFTP計測には2種類あってほぼコーガン方式に等しいフルバージョンと、ウォームアップ等を省略して短い時間で計測できるようにしたShortバージョンがあります。
ここは基本に忠実にフルバージョンを選びます。

そしてウォームアップを済ませて本計測前の高強度で脚を回しておくメニューの最中のことです…
「320Wを20秒間維持か…このパワー値を出すとなるとシフトアップして更にケイデンスを上げてモガかなければ!!」
とシフトアップ&ケイデンスアップを同時に行ったその時です!

どんがらがっしゃ~ん!!!

気がついたらド派手に転倒かましてました。
一瞬何が起こったのか全く理解できず呆然としていました。
ちょっと間を置いて「あ、今コケたんだ…」と理解したものの何故コケたのかは未だによく分かっていません。
多分シフトチェンジ時に気を抜いて少しフラついて更にケイデンスアップも同時にやったため脱輪した状態でパワーを掛けたので吹っ飛んだんじゃないかと思うんですけどね(笑)
ビンディングシューズを履いているので派手にコケましたが幸いにして怪我は手の甲を少し擦りむいた程度で済み、バイクの方にも特にダメージは無いようでした。

しかし気を取り直して計測を再開したものの完全に集中力を失ってしまっており(←言い訳だ!)測定中に力尽きてFTP計測は完走ならず…何とも情けない結果に終わってしまいました。
3本ローラーはとにかく集中力を切らさないようにしないと駄目ですね。特にシフトチェンジやケイデンスのアップダウンなど走り方を変える時には。
FTP計測はまた来週にでもチャレンジしたいと思います。
そんな駄目駄目FTP計測ライドのデータはこちらです。


さてその翌日ですが、今後3本ローラー台でパワトレを続けるにあたり昨日のトラウマを払拭しておきたいと思い、苦手のLTインターバルをやってみることにしました。

私のバカのひとつ覚え、LTインターバルトレーニングについてはこちらを参照してください。
これは要するに
・FTPの110%の強度で8分間
・FTPの90%の強度で4分間

これを5回繰り返すというメニューなのですがそもそもこれを完走出来てしまう時点で設定FTPが低すぎると多方面からツッコミの入る過酷すぎるメニューです。
勿論私はこのままでは完走出来ないので最近は
・FTPの96%の強度で8分間
・FTPの77%の強度で4分間

と低めの値にアレンジしてその代わり回数を6回に増やすというやり方でやってました。
「ヌルすぎるだろ!」と言われそうですが、この強度でも完走できるようになるまで随分苦労したんですけどね…
しかし今回は3本ローラー台でのパワトレに弾みをつけるためちょっとだけ強度を上げてトライしてみます。
・FTPの100%の強度で8分間
・FTPの77%の強度で4分間
というメニューです。Zwiftのワークアウト作成機能画面ではこんな感じですね。
ZwiftLTインターバルメニュー
普段のメニューからたった4%アップしただけですが、それだけで10W上がりますからね…合計48分もの間10W上げ続けるのがどれだけ辛いことか…パワトレやっている方ならご理解いただけるものと思いますw
それでも何としても完走してみせると気合を入れていざスタート!
ウォームアップを終えて最初の1セット目…問題なくクリア!続けて2セット目もクリア!
「このペースならイケるんじゃね!?」
と思うのはいつものこと。このトレーニングだいたい3セット目に最初の山が訪れます。
3セット目あたりから低強度での4分間で回復しきらず脚がズンと重くなり高強度で回すのが辛くなってきます。
4~5セット目はもう地獄…この寒い中扉を開け放ち業務用扇風機を出力最大にしているのに汗はダラダラ、集中力も途切れがちで時々フラつきながらも
「今後自信を持ってトレーニングする為にも3本ローラー台でもパワトレメニューを完遂できたという結果が欲しい!」
という一心で疲労が蓄積して重くなった脚を必死に回し続けます。
そして息絶え絶えになりつつも何とか6セットを完走!!
今回のトレーニングデータはこんな感じです。
LTインターバル160121

私のFTPが258Wで高強度側の6回の平均パワー値はピッタリ258Wでした。
いやぁキツかった~!!3本ローラーだと最初は固定ローラーで回すよりむしろ楽に感じるくらいですが疲れてきてからが洒落にならないキツさですね。
疲れてくると集中力も途切れるのでペダリングが荒くなりがちなのですが3本ローラーだとそれだとフラつくので綺麗に回すように心掛けないといけない。
ゲシゲシ踏み込むペダリングを多用してしまっている私にはそれが辛い…こんなのを毎週繰り返すのかと思うとうんざりしますねw
まあそれでもこれを続けていけば私の駄目駄目なペダリングも徐々に改善していくと信じて頑張ってみます。

という訳で、FTP計測でコケるというトラブルがあったものの何とかパワトレメニューをこなせる目処が立ちましたので今後もメインのトレーニングは3本ローラーでやっていこうかと思います。

しかし、今回のメニューを完遂できた以上、全体的な強度アップを考えないといけませんね。
その為にもやはりまずはFTP値の再計測をやらないといけません。
という訳で来週こそはFTP計測頑張ります!(嫌だなぁ)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

パワトレを3本ローラー台に移行するためローラー台AL13を改造する話

今週に入って寒い日が続きますね。
朝起きて、外に走りに行こうかな~と思いつつも、身を切るような寒さに負けてついついローラー台に逃げてしまうヘタレなやまちゃんです。

さて、ローラー台トレーニングについてなのですが、私は固定ローラーと3本ローラーの2台を持っています。
それぞれ、大出力の必要なパワトレの日は固定ローラー台、ペダリング練習やSST強度程度のトレーニングは3本ローラーと使い分けています。

ですが、先日ふと「より実走に近い形でパワトレができたらなぁ~」と思い立って3本ローラー台トレーニングでパワトレをやってみることにしました。
メニューは高強度時には400Wを超えるパワーが必要なインターバルトレーニング「クリスクロス」です。

トレーニングの結果はこんな感じになりました。
3本ローラー台クリスクロスのテスト


Zwiftを使っていますので速度は無視してもらって(Zwiftコース上でのバーチャルな速度になります)100rpmくらいでうりゃ~と回せば400Wくらいは出せます。

私の使用している3本ローラー台はElite社のARION AL13でこれはマグネットによる負荷を3段階設定可能なのですが、今回は最大負荷設定の「2」に設定してのトレーニングです。
最大負荷設定にすれば400Wくらいまでなら問題なく出せそうですのでこれならパワトレにも十分使えそうですね。
負荷付きローラー台にした甲斐があったというものです。
ですが400Wまで出すと流石に振動が大きくなり騒音もかなりのものとなってしまいます。
実用的にはこの辺りがこのローラー台の上限では無いかと思われます。
(空気圧を下げれば更にもう少し負荷をあげられると思いますが)

さて、本題に移りますが実は以前ロードバイク系のブログを回っている時にこのような記事を見かけました。
tolktomyselfさんのブログ「公毎嬰風 ― 趣味の自転車に乗って」の
「エリートの3本ローラーをパワーアップ」
「来た!ARION MAG”SUPER”爆誕!!」
という記事です。
詳細はリンク先に飛んで確認してもらうとして要するにネオジム磁石をAL13に追加して負荷を増やしてみよう!という記事ですね。
実際に買った磁石の情報も乗っていてとても参考になる記事でした。
貴重な情報を提供いただき感謝します。

という訳で、これは私も試してみたい!と思い早速『二六製作所』に注文を入れました。
注文した磁石のサイズはΦ25×6(N40)です。

私のは猿真似パクリ企画ですので基本的なことはリンク先のオリジナル記事で確認していただくとして、私は補足的なことだけ書きたいと思います。

まずΦ25×6というサイズですが、tolktomyselfさんの試行錯誤を参考にちょうどピッタリになりそうだと思って注文してみたのですが写真のように見事にピッタリ収まりました。
磁石装着後
しかし、これピッタリすぎて恐らくは「二度と取り外しは不可能」です。
ネオジム磁石の磁力は超強力で装着時にちょっと近づけたらすごい勢いで飛んでいってくっついたくらいですから(笑)
tolktomyselfさんの購入されたようにはみ出すサイズや径が小さくて隙間が出来るサイズなら道具を使って摘んで取り出すことも可能でしょうが、私の購入したサイズはピッタリすぎて掴むところが全くありません。これでネオジム磁石の強力な磁力に抗って取り外すのは無理難題と言うものです。
「現状の負荷で不満のない人は手を出すべきでは無い」と言っておきましょう。

さて、これで負荷がどれくらい変わるかについてですが、わざわざ記事にしたのはパワーメーターのある私ならそれが数値として分かるから多少は補足記事として役に立つかなと思ったからです。

そんな訳でこちらが装着前と装着後の走行データーです。
3本ローラー台磁力強化テスト


前半5分が磁石強化前で後半5分がネオジム磁石追加後となります。
条件を合わせるため
・バイクのギア設定は同一
・ケイデンス 85rpm、速度21.5kmをできるだけ維持するように努めた

これでほぼ同条件でのパワーの違いが分かるかと思います。
どちらも漕ぎ始めてから暫くはパワーが高めに出ますのでグラフを見てパワー値が安定してからの平均値で比較することとします。

強化前:Avg.214W
強化後:Avg.243W


となりました。約14%のアップという事になりますね。
劇的な負荷アップ!!
…という訳ではありませんが、今まで400Wでやっていた条件で450Wの負荷が得られる計算ですから十分効果はあると言って良いでしょう。

これで負荷もアップしましたし今後パワトレも3本ローラー台をメインに切り替えていこうかと思っています。
とは言え、より大きな負荷が欲しい時や脂肪燃焼目的や回復走などでTVを見ながら気軽にトレーニングしたい時などにはやはり固定ローラー台のほうが適していると思いますので用途によって使い分けるのは変わりませんけどね。


さてオマケと言いますかO.H.C.のScooterさんがZwift用の私のクリスクロスのメニューが知りたいと仰っていましたのでここで公開します。この記事の先頭でやっていたメニューですね。
クリスクロスメニュー
この画像のように
・10分間のフリーライドでウォーミングアップ
--------------------------------------------
・低強度走:FTPの77%で2分間
・高強度走:FTPの155%で30秒間
これを8回繰り返す
--------------------------------------------
・5分間のフリーライドで回復走
--------------------------------------------
・低強度走:FTPの77%で2分間
・高強度走:FTPの155%で30秒間
これを8回繰り返す
--------------------------------------------
・10分間のフリーライドでクールダウン


こんな感じで組んでいます。本来のクリスクロスは
低強度:FTPの90%
高強度:FTPの120%
が目安ですので「参考リンク」低強度は低めに、高強度は高めにアレンジしています。
これはイザ勝負!という時に高いスプリント力を発揮できるように高いパワーを出すトレーニングがしたいけど、高強度側を上げるとその分回復が難しくなるので低強度側を下げたと言うことです。
公開しておいてなんですが、このアレンジが効果的かどうかは不明ですので、とりあえずは本来の値で組んでみて自分の目的に合わせてアレンジしていくことをお薦めします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

堺浜クリテトライアル第2戦~ビギナーIIに散る~

今日は堺浜クリテトライアル第2戦が開催されました。
前回はフレッシュマンクラスで参戦し優勝という結果を得られましたので今度も良い結果を!と意気込んで挑んた今大会の結果は…
堺浜クリテ 2nd

今回はビギナーIIでの参戦で、O.H.C.のゴトーさんと同クラスになりましたので
「出来れば協調して逃げてみましょう!」
と相談していました。

しかし、いざスタートしてみると私達より更に速い方が逃げていて付いて行くのはちょっと難しいかな?という状況…
協力して逃げるという作戦はいきなり崩壊です。なかなか思うようにはいかないものです。

そして何とも困ったことに私には機材トラブルが発生します。何故か試走までは全く問題なかったパワーメーターをサイコンが認識してくれず、パワー値とケイデンスが計測出来なかったのです。私はいつもケイデンス計を見ながら効率のよいシフトチェンジをしているのにケイデンスが分からないのには困りました。
「まあケイデンスよりも周りのペースに合わせることのほうが大事」
と割りきってサイコンを見ずに走ることにしましたが何故こんな時に…

それでも6週目までは一人逃げている人を除いた集団の上位に付けつつチャンスを窺っていたのですが、逃げる人を追うべきかどうかの判断に戸惑い、アウトから抜こうと仕掛けかけてやっぱり無理そうなので止めて…とかやってたらドラフティングを使えない中途半端な位置に付いてしまいポジション取りに失敗。今回は上手くドラフティングを利用できず最終周になる頃にはぶっちゃけ脚が全然残っていませんでした。

そして最終週になれば皆残った力を振り絞って加速します。しかし残念ながら私はそこで余力が残っておらず徐々に遅れていきます。
それでも最終コーナー後のスプリントで挽回を!と思いますが、この段階で遅れを取ってしまったため最終コーナーの進入時に有利なアウト側は埋まっておりインに追いやられます。
インからでは勿論回りにくいのですがそれでも速度を落としてインベタでコーナーをクリアしてそこから立ち上がりの加速で挽回して勝負を!!
と思ったのですが、皆アウトから「アウト・イン・アウト」でクリアしようとインに押し寄せてくるのでインからコーナーに入った私は行き場所を失いインのコンクリートの側溝の蓋?の上に追いやられてしまいます。
ここでズルっと滑って万事休す。幸い転倒こそしなかったものの立ち上がりで遅れを取ってはスプリント勝負どころでは無くそのまま遅れを取り戻せず最終結果は10位に沈みました。

本当に正直に言うと前回の結果に慢心して
「最低でも入賞はいけるんじゃないか」
と思ってました。ですが全然駄目です。
サイコンがトラブったとか最終コーナーで滑ったとかドラフティングの出来る位置取りをミスったとか細かいトラブルはありましたが、何もかも思い通りに走れるレースのほうが少ないでしょう。
結局のところ

トラブルを挽回できない程度の実力しか無かった

ということに尽きるでしょう。最後のコーナーのトラブルは上位でコーナーに入れていれば起きなかった問題です。疲れてズルズル落ちていった脚力と持久力の無い自分が悪い。
それにポジション取りという基本すらできていないのも自分の責任です。

ビギナーIIで入賞するには脚力も持久力も戦略も何もかもが足りなかった!
これから一ヶ月間、もう一度ローラー台や平坦練で鍛え直して来月の第3戦で入賞を目指して再度挑戦です!

入賞できなかったのは素直に悔しい!
実力もないのに思い上がっていた自分が情けない!


でもこの悔しさをバネにトレーニングに励んで次回は今回よりはまともな走りができるようになりたいです。
その為にも来週から早速トレーニングに励むつもりです。

ローラー台でインターバルトレーニングでとことん追い込みたい!
舞洲や堺浜でクリテ対策の平坦練をやりたい!
ああでもヒルクライムの練習もしたい…


全然時間が足りね~
一週間が10日くらいあれば良いのに(笑)

そんな今回の大会の走行データは以下の通りです。


平均して40km/hで走れているのでミスがあったとは言え前回よりは確実に速いペースで走れてはいるんですよね。
ビギナーIIはフレッシュマンほど甘くは無いってことですね。精進せねば…

次のクリテにむけてトレーニング頑張れよ!と思ったらクリックよろしくお願いします

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

RIDLEY NOAHのヒルクライムの走らせ方について考察する

既に前回報告していますが、先週末の土曜日勝尾寺に走りに行ってきました。


勝尾寺ヒルクライム:14分11秒
NOAHに乗り換えてから勝尾寺に行くのは2回目となりますが、相変わらずパッとしないタイムです。
正直に言ってNOAHに乗り換えてからヒルクライムでどう走って良いのか分からなくなってきています。

とりあえずStravaで今回の走行データを分析してみます。
今回のタイムは前半区間は自己ベストから10秒遅れ(涙)なのですがこの区間のパワー値は平均で284W出ています。
ちなみに自己ベストを出した時の平均パワー値は279Wでした。
あれれ?パワー値は今回のほうが出てるなぁ…
それなのにタイムは10秒も遅い。
そして後半区間ですが、平均パワー値は254W…盛大にタレているのはおいといてwこの区間の自己ベスト時の平均パワー値は251W…パワー値はほんの少し上回っているのにタイムは16秒も遅い…
つまり前半も後半もパワー値だけなら自己ベストを上回っているのにタイムはかなり遅いという結果になっているのです。
そして走り終わった時に感じたのが大腿四頭筋(太ももの表側ですね)が強烈に疲労しているということです。

と言うことで、これらデータを元にNOAHで走った際の問題点を挙げてみます

・パワー値は出ているがそれが速度に結びついていない
・KURAROで走っている時より大腿四頭筋が激しく疲労している
・後半になると今まで以上に盛大にタレる


ついでにNOAHとは関係ないけど今回自己ベストより遅くなっている要因と思われる点を挙げておきます
・体重が自己ベストを出した一番絞れている時期より2kgほど重い
・冬場なので完全冬用ジャージを着用。重くてやや動きが制限される
・冬場なので何だかんだで身体が暖まらず力が出しにくい?

ま、これらについては「痩せろ!」「暖かくなるまでにしっかり地力付けとけ!」って事で特に考察はしませんw
勝尾寺NOAH

さて、NOAHなのですがポジション設定は基本的に淀川のサイクリングロードで走りながら調整しました。完全に平坦のコースですね。
すぐに堺浜クリテに出場する予定もありましたし、やはりエアロロードバイクですからまずは平坦で実力を発揮しやすいポジションにしないとね!と言うことで今まで乗っていたKURAROと比べて
・ハンドル位置を下げてエアロポジションを取りやすくしてみた
・シート位置をやや前に移動してスプリント時に力がかかりやすいようにしてみた

こんな感じで設定してみました。
この設定は割りとすんなりハマった感じでサイクリングロードを走ってみた手応えは上々。
さらに週末の堺浜クリテではいきなり優勝という結果が!(一番の初心者クラスですが)
このポジションは平坦で走る分にはなかなか良い感じに決まったと思っています。

しかし、これがヒルクライムになるとどうにもしっくり来ません。
パワーを掛けても大腿四頭筋にばかり負荷が行ってしまっている感覚で、とりあえず最初はパワーは出るものの疲労が今までよりも早く訪れパワーを維持し続けることが出来ません。
ご存知の方が多いと思いますが大腿四頭筋は大きな出力を出せるものの持続力は大きく劣る筋肉で「レース最後のスプリント勝負!」といった短時間に高出力を必要とする状況以外ではあまり積極的に使わないようにすべきです。
ヒルクライムで通常時に主動筋となるのはハムストリング筋と言われる脚の裏側の筋肉と大殿筋というお尻の筋肉でなければならないようです。
私は今までKURAROでは体重を積極的に乗せてガシガシ踏み込むようなペダリングをしていました。KURAROのポジションではそれでもハムストリングにしっかり負荷が乗っていたのですが同じ乗り方をするとNOAHだと負荷は明らかに大腿四頭筋により多くかかってしまっています。
それなら平坦でも同じ問題が起こるのでは?と思われるかもしれませんが平坦だとちゃんとハムストリングを意識してペダリングが出来るんですよね…

じゃあ何が違うのかというとヒルクライムだと負荷が高くなるのでどうしても体重を乗せて踏み込むペダリングになってしまっているのではないかと思うのです。
それに対し平坦だと負荷をコントロールし易いので無理せず「回すことを意識した」ペダリングが(ある程度)出来ているのではないかと。

そして乗車ポジションが前乗り気味になっているので体重の乗せて踏み込むペダリングだとハムストリングが使い難く結果として大腿四頭筋の使用率が上がり疲労が早まっているのでは無いかと思うのです。

この考察を元にじゃあNOAHでヒルクライムをするならどう走るべきか?ですが
1.シートポジション、または乗車ポジションを後ろに下げてハムストリングを使いやすいポジションで走るよう心がける
2.体重を乗せて踏み込むペダリングでは無く、回転重視の回すペダリングをヒルクライムでも心掛けるようにする

こういった対策が考えられます。

両方試してみるのが良いのかもしれませんが、まずは2のペダリングの仕方を変える方法に暫くの間トライしてみたいと思っています。
と言うのも最近、力に頼りすぎる荒い踏み込むペダリングになってしまっており、そのためにタイムが伸びないのではないかと思ったからです。

これはパワートレーニングの弊害と言いますか
・パワトレで脚力が付いた!今までよりパワーが上がった分、重いギアガシガシ踏めるようになったで!!
    ↓
・確かに瞬間的なパワーは上がったけど後半に盛大にタレるため結果的にタイムは伸びない…

こうなってしまっているのでは無いかと言うことですね。

ですからヒルクライムにおいてももう少し回すことを意識しつつハムストリングを上手く使えるペダリングが出来るようになりたいなと。
つまり今のNOAHのポジションを変更しなくてもペダリングの意識を変えることでヒルクライムにも対応できるのではないかと思うのです。

あの日はそんな事を考えながら2本目、3本目と走ってみたのですが、身についた癖は一朝一夕で変えられるものでも無いようで、可能性の片鱗は感じることが出来たものの「ヒルクライム向けの新しいペダリングが身に付いた!」とはまだまだとても言えない状態です。

最近平坦練ばかりになっていましたから今週末の堺浜クリテが終わったら翌週からはまた積極的にヒルクライムに取り組みつつNOAHでのヒルクライムの登り方を少しずつ身に付けていこうと思っています。
とにかく試行錯誤を重ねてつつ、どんどん実走を積むしかしっくり来る走り方を見つける術は無い思いますので。

最低でも今年のヒルクライム初戦となる伊吹山ヒルクライムまでにはある程度の手応えを得たいところですね。
そうじゃないとKURAROをまた引っ張り出してこないといけなくなるかもしれませんので(笑)

そんな訳で来週末からはヒルクライムに比重を移してまた頑張っていく予定です。
とりあえず今年も相変わらず「目指せ勝尾寺TT 13分30秒切り!」を目標に頑張ってみます。進歩ねぇなあ

ヒルクライムも頑張れよと思ったらクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村

週末3連休の過ごし方。勝尾寺とか堺浜練とか

この週末は3連休でしたが皆さんは如何お過ごしでしたでしょうか。
私は折角の休みなのでロードバイク三昧…という程では無いですがそれなりに頑張ってました。

まず初日の土曜日は勝尾寺でヒルクライム練習です。
NOAHに乗り換えて最初のヒルクライム挑戦は「記録を出さねば!」と気負い過ぎて無茶な飛ばし方をして、過呼吸?で全身の力が抜けて全く動けなくなりまさかの足付きという醜態を晒してしまったので、今回のテーマは
「タイムを意識せずに走ってNOAHでのヒルクライムの走り方を身に付ける」
ということで肩の力を抜いて「タイムにはこだわらない」←これ重要
走り方をしてみました。

勝尾寺ヒルクライム:14分11秒

…遅いし…
いやだからタイムにこだわらないって言ったやん!
さてそれなりのペースで一本走ってみた体感とStravaに記録された走りのデータを見ると興味深い結果が見えてきます。
これについてはNOAHのヒルクライムの走らせ方という事で近いうちに改めて分析してみる予定です。
何故私のヒルクライムが遅いのかが明かされる!?

この日はNOAHの走らせ方を考えながらリピートヒルクライムで勝尾寺を3本走って引き上げました。
走行データは以下の通りです。



日曜日は土曜にたった3本走っただけで妙に疲れてしまったのと月曜日に堺浜で練習会やることが決まっているのでのんびり3本ローラー台で回復走…
のはずがZwiftマジックに乗せられてついつい頑張ってしまいSST強度230Wで一時間…
Zwiftは気が付くと夢中になってしまうから恐ろしい(笑)

そしてこの日の夜にトプローさんのブログを見てアワイチの時に今年最初のFRAT練に参加予告していたことを思い出す。
あちゃ~、勝尾寺が不調で気分が沈みがちだったのと明日の堺浜のことで頭が一杯ですっかり忘れておりました。ホント申し訳ないです。
来週はレースで無理ですが今月中に何とか一度は顔を出したいと思いますm(_ _)m

そして月曜日は堺浜で平坦練習会です。
もともと、100太郎さんのStravaデータのコメントで堺浜で中々タイムが伸ばせないと言っておられるのを見て
「それじゃあ今度一緒に走ってみましょう!周回7分切りペースで引きますよ!」
という事で決まった練習会なのですがO.H.C.のLINEで参加者を募ってみたら大勢集まってくださいました。
堺浜20160111
全員集合して挨拶した後、まずは軽く2周アップ走行した後、「ローテーションしながら全力で走ってみましょう!」
と言うことで全力走を開始すると、トップバッターくにかつおさんが強烈な引きで集団を引っ張ってくれます。
「これはかなりのタイムが期待できるか?」
交代しながら3番手くらいで私が後を引き継いで全力で走り続けていると「30秒くらい毎に交代しましょう」と言っていたのに1分経っても2分経っても誰も先頭を変わってくれない…苦しくなってきて誰か助けて~とサインを出して振り返ると誰もおらんがな!
「何かトラブル発生か!?」と脚を緩め追い付かれるのを待っていたら自称ロードレーサーさんとつるみんさんがすごい勢いでかっ飛ばして抜かしていく…あかん追い付かねば!と思うも一度緩めた後なので再加速してもなかなか追いつけない…結局後ろに追い付くところで脚を使いきってしまい再度ローテーションに加わること無くゴール…
グダグダでんがな…と思ったら、最初のくにさんの鬼引きでいきなり集団が中切れ起こしていて途中でローテーションが崩壊。仕方なく各自バラけながら走っていたみたいで…
ウムム、全力に近い速度域でのローテーションはやはり無理があるか。そもそも今回の大きな目的は100太郎さんに堺浜周回7分切りをしてもらうこと。
という訳で相談の結果、向かい風区間は35km/hくらい、追い風区間は40km/hくらいでペースを合わせて走ってみることに。私の計算ではこれでほぼ周回7分を切るペースになるはず!
このペースで走ってみると向かい風区間はこのペースでキツ過ぎず、楽過ぎずちょうど良い感じ。追い風区間はちょっと楽すぎたかな?
これで3週ほど走った後、コンビニに戻りStravaでタイムを確認すると、計算通り100太郎さんは見事7分切り達成!
「7分切りペースで引いてみせますよ!」と大口を叩いて練習会に誘っていただけにw目標を達成出来て一安心です。

この後、来週の堺浜クリテ対策としてゴール前スプリントの練習をしたりしながら、7分前後のペースでさらに周回を重ねていきます。
予定のある方は途中で離脱されたりもしましたが、最終的には15周ほど回ってこの日の練習は終了となりました。
来週はいよいよ堺浜クリテトライアル第2戦となりますがそこに向けて良い練習をすることが出来ました。
参加された皆さんお疲れ様でした&ありがとうございました。


こんな感じで3連休はそれなりに充実したロードバイクライフを過ごしていました。
なんと言うか、ヒルクライムは不調、平坦は好調って感じになってきましたね。
もうちょっとヒルクライムの方にも力を入れたいところですので週末のクリテが終わったらちょっとヒルクライムにシフトしてトレーニングを頑張ってみようかと思ってます。

それでは今週も張り切っていきましょう!
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

昨年のパワトレをゴールデンチーターのデータでちょっとだけ振り返る

先日、走行会で
「やまちゃんのブログはすっかりローラー台&パワトレブログになっちゃいましたね」
と言われてしまいましたが、確かに振り返ってみると最近ヒルクライムネタ率が大幅に下がっております。
いやいや、ローラー台もパワトレも全てはヒルクライムに通じるはず!
元々ヒルクライムのタイムアップのために始めたことですからね。

今は冬場で山岳は走りにくくなっていますし(←暖冬でたいして影響ないだろ)この時期ヒルクライムレースはないけどクリテはあるのでどうしても平坦練の方に力が入ってしまいますね。
まあ今年の本命はあくまで富士ヒルですから暖かくなってきたら切り替えていきますよ~!

それはさておき、表題の通りパワトレ管理ソフトのゴールデンチーターですが2回ほど紹介しただけでその後全く話題にあげていませんでしたが、毎ライドごとにちゃんとデータ登録して管理を続けています。
良い区切りですので昨年のトレーニングデータを公開したいと思います。

以下のグラフがパワーメーターを購入してトレーニングを開始した7/27から昨日のトレーニングまでのデータです。(クリックで拡大)
GoldenCheetah2015まとめ
ここで重要なのは以下の3項目です。
・TSS(トレーニング・ストレス・スコア、白棒グラフ
・CTL(長期トレーニング負荷、水色線
・TSB(トレーニング・ストレス・バランス、黄色線


まずは白い棒のTSSですがその日にどれだけの強度のトレーニングをしたかを示します。
これは100が一つの基準となり100以内ならだいたい毎日やっても大丈夫かな?という強度となります。それ以上の強度のトレーニングをやったらしっかり休養を取ろうねってことですね。
分かりやすいように100で赤線を引いてみました。平日は本気でトレーニングしている日でだいたい100前後。回復走としてのんびり走っている日はやはり低めに出ています。
そして週末になるとオーバーしている日が多いですね。
この値はトレーニングの時間が伸びればそれだけ上昇しますのでロングライドに行くとどうしても跳ね上がってしまいます。私の場合平日は1時間程度のローラー台トレーニングが多いので全力でやってもだいたい100前後に収まるのですが週末は実走で遠出することが多いのでどうしても100を超えてしまいますね。まあロングライド翌日はあまり無理はしないようにしているので多分問題無いでしょう。
ちなみに過去最高値TSS:517を達成したのは7葛挑戦の日でした。やはり昨年最高に過酷だったのはあのライドか…(笑)

次に水色の線のCTLですがこれは長期的なトレーニングの積み重ねです。
高強度のトレーニングを続けると上昇し、休んだり低強度のトレーニングしかしていないと下がっていきます。ただし高強度のトレーニングを連続すると後述のTSBがガクッと落ちるのでやり過ぎは厳禁ですが…
この値はレースに臨むなら100以上をキープすることを目指すと良いみたいです。
これも分かりやすい様に100でグリーン線を引いておきました。
積み重ねの値ですので初期が低いのは仕方ありませんが一度100に到達した後はずっと100以上をキープ出来ているようです。コツコツとトレーニングを重ねていたおかげでこれは良い値となっていますね。まさに「継続は力なり」ということでしょう。

最後に黄色の線TSBですがこれはトレーニングによる疲労度を表します。
強度の高いトレーニングをすれば低下し休めば回復します。これで-20以下の数値を示した状態ではパフォーマンスが落ち成長も鈍るので-20を下回らない程度でトレーニングを続けることが推奨されます。
これは-20でオレンジ線を引いてみました。こうして見ると最初の頃はかなり無茶をやっているなと感じますね(笑)回復を無視して走り続けて最悪の時期なんて-90近くまで下がっています。
夏から秋にかけてガンガンロングライドに挑んでいた時期がありましたのでその頃に大幅に下がってしまったんですね。
しかし最近は割と計画的にやるようになったのでロングライド後にガクッと落ちてしまうのを除けば-20をあまり下回らない理想に近い?トレーニングになっています。
良いことだと思いますが何か面白味にかけますね。やっぱ時々は無茶な走りもしないとな~

という訳でパワトレを始めてからの半年弱のトレーニングデータを振り返ってみました。

こうして見るとまあ結構頑張ったんじゃないかと思います。CTL値100以上をキープ出来ているのは継続的にトレーニングを続けている証ですし、最近は疲労度の蓄積もある程度考えて無理をし過ぎない程度のトレーニングが概ね出来るようになってきました。

その割には今ひとつ結果に反映されていないと言いますか、実際ヒルクライムのタイムはまだまだ全然大したことなくて大会での入賞など夢のまた夢といったところですが、それでも少しずつ確実にタイムは上昇してきましたし、副産物?としてクリテで思わぬ良い結果を得られたりとこれまでのトレーニングは決して無駄なものではなかったと思っています。

とは言え私も先日45歳となり40代も後半戦。トレーニングをしたからといって若い頃のように大幅な上昇は望めないでしょうし、伸び代もどれだけ残っているかは分かりません。
それでも今年もコツコツとパワトレを続けてレースや走行会など今年もロードバイクを思い切り楽しんでいきたいと思っています。

今年最大の目標、富士ヒルシルバー目指して今年もパワトレ頑張っていきますよ!

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

今年の初ロングライドはO.H.C.ビワイチだ!

みなさん新年あけましておめでとうございます。…は前回やりましたね。
私の今年の初ライドですが、Zwiftで3本ローラーを回してました。一年の計は元旦にありと申しますが初っ端からこれで今年の私は良いのでしょうか(笑)

さて、私は本日誕生日で45歳となりましたがこの歳になるともう誕生日が嬉しいという事も無いのでサラッと流してw昨日行われた私の今年初実走&ロングライドとなった、O.H.C.のビワイチについて書いてみたいと思います。

O.H.C.の昨年の締めの年忘れライドはアワイチ。そして新年の初ライドはビワイチ。
O.H.C.は今年も元気ですねw

そんなO.H.C.ビワイチに集まったのは
本企画の発起人トプローさん、ゴトーさん、すのうどんさん、だいちゃん、もんきちさん、そして私というメンバーです。
20160103新年キタイチ_スタート
さて私は当初はアワイチと同じく自走で参加しようかと考えていたのですが、O.H.C.の走行会では毎回速い方に引いてもらうばかりで
「このままだと何時まで経ってもお客さんのままだよな~」
と感じていたので、今回は輪行での参加を決意。
フレッシュな脚で参加して積極的にローテーションに参加することを今回の目標としました。

スタートから暫くはすのうどんさんが皆を引いてくださっていたのですが、このままだと何時もと同じで引いてもらうばかりで終わってしまうと思い、早い段階で強引に前に出て先頭を交代してもらいます。
慣れない先頭で最初は手信号を出したりするだけで一杯一杯で、すのうどんさんから「もっと余裕を持って周りを見ながら!」とアドバイスを頂いたりしましたが、そのうち慣れてきて割りと良い感じで引けるようになってきました。
今回は、全開で飛ばすようなトレーニングライドではなく少しマッタリ気味で走るということでしたので大体35km/hくらいの巡航を心掛けて走ります。
この日は珍しく風はあまり強くなかったのですがそれでも先頭だとそれなりに風を受け巡航時はだいたい200~230Wくらいの負荷になります。以前の私だったらそのペースでは続かなかったかもしれませんが、
今の私には新たなる翼、エアロロードのRIDLEY NOAHがあります。
NOAHで走ると平坦のロングライドは全然苦になりません。むしろもっと飛ばしたいくらい(笑)
もちろん日頃のローラー台トレーニングや最近取り組んでいいる舞洲や堺浜での平坦練の成果もあると思いますが、思っていた以上に快適に先頭を引き続ける事が出来ています。
結局前半の山越えまでかなりの部分を先頭を引かせていただきました。
O.H.C.トレインの先頭を引いて走るのは気持ちいいし楽しいですね。

そして前半戦のハイライト北部山岳地帯の登りですが、この区間は初のビワイチの時はかなり苦労した記憶があります。
そのため今回も覚悟をもって挑んだのですが…
気が付くと旧賤ヶ岳トンネルを抜けていました。あれ?前回はここに来るまでにかなり消耗した記憶があるんだけど…
まあそれはともかく、琵琶湖最初の絶景ポイントですので皆で記念撮影です。
20160103新年キタイチ_賤ヶ岳トンネル先
それから山を越えたところで道の駅に立ち寄って昼食タイム…のはずでしたがその地点の道の駅はまさかの正月休み!仕方なく皆でコンビニ飯です(笑)
20160103新年キタイチ_昼食タイム
昼食後は皆でローテーションを回しながら走ることになり相変わらず35km/hくらいのペースで気持よく走り続けます。
みな湖畔沿いの快速走行が楽しいようで、後半の目玉の観光ポイントの
「風車村」…スルー!
「白鬚神社」…スルー!

全然観光する気が無いのがO.H.C.らしいところです(笑)
20160103新年キタイチ_OHCトレイン
後半戦は殆どコンビニにも寄らずに気持よく走り続けて実移動時間4時間50分、平均速度31km/hというマッタリライドにしては結局かなりのペースで完走してしまいました。
出発が9時過ぎと遅めだったので終わる頃には暗くなるんじゃないかと少し心配だったのですがまだまだ全然明るいうちに終わってしまいましたよ。

こんな感じで新年最初のO.H.C.ビワイチは気持ちよく走って思い切り楽しんで終了となりました。

この後、体力の有り余っている?ゴトーさんとだいちゃんは自走で帰宅。
私は輪行で帰る予定でしたが、すのうどんさんのご厚意で一緒に車載で帰宅させていただくことになりました。すのうどんさんご親切に有難う御座いました。お陰で帰省ラッシュに巻き込まれること無くすんなり帰ることが出来ました。

参加者の皆さん、お疲れさまでした。新年一発目からとても楽しい走行会になりました。
今年もO.H.C.の走行会には積極的に参加できればと思っていますので今年もよろしくお願いします。

そんなO.H.C.ビワイチの走行データは以下の通りです。


今年もよろしくお願いします。ということでポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村

昨年の簡単なまとめと今年の目標

皆さん新年あけましておめでとうございます。
昨年はあらたなる趣味としてロードバイクに乗り始め一年で色々なことをやってきました。
折角ですので簡単に纏めてみたいと思います。

■年間走行距離:11,857.7 km(Strava登録距離)
走りも走ったり!年間1万kmオーバーを達成しました。我ながらよくぞ走ったものです。
■年間獲得高度:142,997 m
ヒルクライムにはまった一年でしたので獲得高度もけっこう行きました。
富士山を頂上まで37回登れる計算ですね。

あとはお約束のワタシ的ロードバイク10大ニュースなど

1.メタボ対策としてロードバイクKUOTA KURAROを購入。のんびり走ってダイエットのつもりが新たな趣味としてどっぷりハマるw
2.O.H.C.(大阪ヒルクライム同好会)に加入。仲間とのライドを経験しさらにヒルクライムにのめり込む。
3.ヒルクライムで最初の目標、平均くん撃破に成功。以降各地の平均くんを狩りまくるw
4.ヒルクライムレースに参戦。結果は大したことないものの、ますますロードバイクの楽しさにハマる。
5.平坦レースとして、エンデューロ、クリテリウムレースにも参戦する。クリテでは初心者クラスでまさかの優勝も!平坦もイイねw
6.ローラー台を購入しローラー台トレーニングに励むようになる。後にパワーメーターも購入しパワトレも開始!
7.LastGasp!!のラスガスさんとの交流を契機に初のビワイチに挑戦しフルイチを完走する。
8.ザク豆腐さんの企画に参加させていただき地獄の7葛に無謀にも挑戦し見事完走なる!
9.O.H.C.の過酷なノンストップアワイチ企画に挑戦!何とか完走なる。
10.ロードバイク歴1年弱でまさかのNewバイクに乗り換え。RIDLEY NOAH SLが新たな相棒に。

こうやって振り返ってみると、昨年からスタートしたロードバイクですが一年で自分でもまったく想像していなかった程にどっぷりとハマってしまいました。
ふとした思いつきから勝尾寺に登りに行ったのがきっかけでヒルクライムにすっかりハマってしまい、一時期はひたすら勝尾寺に通いつめたものです。
それが契機でO.H.C.にも加入させていただき、同じ趣味を持つ方々との交流を通じてさらにロードバイクが楽しくなりレースにも参戦。大台ケ原で充実したヒルクライムレースを楽しんだりチームエンデューロに参加したりクリテリウムで優勝出来てしまったりとレースには楽しい思い出がいっぱいですね。駄目駄目だったレースもありますが今となってはそれも良い思い出です。
またブログの本当の初期の頃からコメントを下さったラスガスさんとはその後も交流を続け月曜道上の走行会でビワイチやタンイチにも参加させていただきて楽しいロングライドが出来ました。ラスガスさんには感謝でいっぱいです。

そんな感じで昨年一年はとても充実したロードバイクライフを過ごすことが出来ました。

そして今年の目標ですが

・富士ヒルに参戦してシルバーリングをゲットする!
これを今年最大の目標としたいと思います。現状ではまだまだ達成できる実力は無いと思いますが、トレーニングを積んで少しずつ成長していっているはずですのでこの調子でトレーニングに励んでいけば可能性はあると信じています。もう若くは無いんですがwまだ伸び代はある筈ですので頑張ります!
・勝尾寺ヒルクライムTTで13分を切る
昨年13分30秒切りという目標を立てつつ未達成なのに何言ってんだこいつ?と思われそうですがw目指すは12分台です。しかも富士ヒルの6月までに達成するのが目標です!
特に根拠は無いんですが勝尾寺で13分を切れるようになれば富士ヒルシルバーも見えてくるのではないかと思っています。いや実際根拠はないんですがw
・クリテリウム大会で表彰台に乗る
昨年は一番下のフレッシュマンクラスで優勝という結果を得てしまいましたので調子に乗って上のクラスとなるビギナークラスで表彰台を目指してみたいと思っています。上のクラスで何処まで通用するかは分かりませんが頑張ります。
・4時間エンデューロに参加して完走する
今年はエンデューロにも幾つか参加してみようと思っています。まずは岡山のエンデューロに4時間エンデューロで申し込んでいます。まだ順位云々を言えるレベルではありませんがしっかり完走して次に繋げる走りが出来ればと思っています。

とりあえず思いついた範囲ではこんな所でしょうか。目標としてはやはりレースの結果やTTのタイムとなりますが、何よりも今年も楽しく怪我をすること無くロードバイクライフをエンジョイしたいと思っています。

それでは皆さん今年もよろしくお願いします。


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村