【超速報】プロジェクト280 年内達成なる!!

本日二度目の更新となります。嬉しかったので緊急更新。
本日のローラー台トレーニングでプロジェクト280を達成しました!

プロジェクト280?何それ?そんなのやってたっけ?
と言われても仕方ありません。何しろこの挑戦をスタートしたのは10/7まで遡ります。
「プロジェクト280スタート!・・・が色々迷走する今週のトレーニングまとめ」

しかし最近はレース参戦があったりZwiftのレースにハマったりと「プロジェクト280」としての挑戦はあまり行っていませんでした。

とは言えトレーニングをサボっていたということは決して無いつもりです。
Zwiftのレースは人と競い合うことで自分の限界を打ち破るトレーニングが出来ている実感がありモチベーションを高めつつ高強度のトレーニングとなる手応えを感じていました。
実際、ローラー台では60分の自己ベストを更新したり、実走のレースでは堺浜クリテで入賞したりと徐々に成果は上がりつつあるのを感じていました。

そんなわけで今日もZwiftのレースに参戦したのですが、この日がスケジュール的に年内最後のZwiftレース&ローラー台トレーニングとなるので
「今年の集大成となる走りをしよう!」
と意気込んでのレース参戦でした。

レースはいつも通り300W超のパワーでスタート。とにかく集団に乗りたくて必死で回し続けてまずは先頭集団に乗ることに成功します。
今日は行けるところまで先頭集団で走るつもりでしたのでとにかく集団の前の方を走ろうとそのまま必死で回し続けます。
先頭集団のペースはかなり速く260~300Wくらいのペースで快走を続けます。
「このペースではとても最後まではもたない!!」
と感じますが、それでも今日は行けるところまで付いていこうと諦めずにひたすら全力で追走します。
ふと気がつくとレースは15分を経過していました。
「・・・今回は何時になく調子がいい。これもしかして20分280W達成できるんじゃないか?」
そう感じた私は
「とにかく20分だけは何としても先頭集団に張り付いて走ってみよう!」
後はどうなってもいいから20分だけ出し尽くす!そう決めて残った力を振り絞りペダルを回し続けます。
あと4分・・・3分・・・2分・・・この季節なのに汗をダラダラ流し苦しみながらもとうとう20分先頭集団に張り付いて走りきりました。

「出し尽くした・・・もう限界・・・」
そこで力尽きてペダルを緩めて集団から脱落。
「もうこれ以上走れそうにないのでレースはDNFにしよう・・・」
と思ったのですが30秒ほど緩めたら少し回復し
「やっぱり折角ここまで走ったんだしレースも最後まで頑張ってみよう」
と思い直し再び力を入れて走り出します。
結局その後も頑張って20分経過後はAvg.260Wペースで走り続けレースを完走。
レースの結果はBカテゴリで2位。遂に4W/kg超えでAカテゴリへの昇給の検討を促されました。ZwiftレースのAカテゴリ昇給という目標を遂に達成です!!
Zwift Race161229

そして、レース開始から20分の平均パワー値ですが
ローラー台161229
Avg.282W!!
ついに20分280Wを達成!!
プロジェクト280コンプリートです!!!

いや~今年最後の挑戦で本当にギリギリで目標を達成できました。
年内はもう無理かと思っていただけに本当に嬉しいです。補助トレーニングを取り入れたり自分なりに色々と取り組んできたつもりですが、やっと成果が出てきました。

ついでにガーミン、ゴールデンチーター、Zwift全てがFTP更新を記録していました。
正確な測定方法では無いので採用すべきかどうかはちょっと考えますが
ガーミン:267W
ゴールデンチーター:265W
Zwift:268W

がそれぞれの新しいFTP値です。とりあえず一番低いゴールデンチーターの値を今後のトレーニングに採用しようかなと思っていますが。

こうして今年最後のローラー台トレーニングで今年の集大成となる嬉しい成果を収める事が出来ました。
これで気持ちよく新年が迎えられそうです。
この調子で来年もまたトレーニングを頑張っていければと思っています。

そんな今回のZwiftレースの結果は以下のとおりです。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

年末なので今年のレース活動を振り返る

いよいよ今年も残すところあと僅か。
世間は概ね年末年始休暇に入ったでしょうか。うちの会社は今日まで仕事あるんですけどね。Twitterとか見てると皆年末ライドに行ってて羨ましいっす(泣)

さて、私がロードバイクを始めたのが2015年の1月なのでそろそろ2年が経過したことになります。
2年目の今年は色々とチャレンジしてみようということで様々なレースに参加してみました。
それに併せてパワートレーニングに励んでみたりもしましたが結果の方は・・・

とりあえず良かった結果からまとめてみます。

今年の入賞レース一覧
2/27 堺浜クリテ ビギナーII 2位
2/27 堺浜クリテ 90分エンデューロ 5位
3/27 堺浜クリテ 90分エンデューロ 5位
4/17 岡山エンデューロ 4時間ソロ 6位
7/23 岡山ミッドナイトエンデューロ 10時間ソロ 5位
11/26 J-GREEN堺ナイターエンデューロ チーム 5位
12/17 堺浜クリテ ビギナーI 6位

2016表彰状一覧
なんと7回も入賞していました。
内訳はエンデューロ入賞×5、クリテ入賞×2 となっております。
あと入賞こそ逃しましたが秋の鈴鹿8時間エンデューロで9位シングルもなかなかの結果だったのではないかと思っています。
こうしてみるとやはりエンデューロが得意ジャンルと言う結果になりますね。

とは言え毎回レポートしているように最後まで先頭集団で走りきれたレースはただの一回もありません。毎回優勝争いをしている方々には周回遅れにされてしまい、まだまだ上位陣との差はかなり大きいのが現状です。
それに東近江クリテや岬町サイクリングフェスティバルのエンデューロ部門のレースのようにある程度実力者が集まってしまうと入賞争いどころかセカンドグループからも脱落するなど全く通用せず。上にはまだまだ数多くの実力者がおられる事を痛感することになりました。そういった方達の参加されない大会では一応結果を出せたとは言え慢心している場合ではありません。
私の場合、入賞できたレースも集団から脱落した後で粘りに粘ってギリギリ入賞というパターンばかり。まあ最後まで諦めずに走り続けて一応結果を出せた訳ですからその点は評価しても良いかとは思いますが何時かは上位陣と同じ周回をこなせるようになりたいものです。

クリテに関しては2月にビギナーIIで表彰台に上がってビギナーIに昇格と幸先の良いスタートでしたがその後は鳴かず飛ばず。毎回中団に埋もれたまま何も出来ずに力尽きて終了という展開ばかりでした。
年末にやっとビギナーIで初入賞。一応秋以降調子は上がり気味なのでこのまま好調をキープして来年は脱ビギナークラスを狙ってみたい所です。

ここまではそこそこ良かった結果として、駄目駄目だったのがヒルクライムです。
私は一応、O.H.C.(大阪ヒルクライム同好会)に所属して、北摂のヒルクライム練習会の天狗一武道会にも時々参加させてもらっているなど、基本的にヒルクライムは好きなジャンルなのですが、とにかく今年は殆ど何の結果も残すことが出来ませんでした。
今年の初戦である伊吹山ヒルクライムこそ目標の60分切りを達成し順調なスタートを切ったものの、最大の目標であった富士ヒルで目標のシルバーリングに遠く及ばぬ結果に沈み、以降は目標と自信を失って絶不調に陥ります。
その後は乗鞍でも今ひとつのタイム、大台ケ原に至っては昨年のタイムを下回る駄目っぷり。
一年かけて何も成長していない惨憺たる有様です。
ですが秋以降少しトレーニング方針を変えたことが良かったのか徐々に調子を取り戻しつつあるように感じています。
来年こそはヒルクライムでも納得できる結果を出したい所です。


これら反省点を踏まえて来年のレースの目標ですが、来年はエンデューロとヒルクライムレースをメインに時々クリテにも参戦という方向で行こうかと思っています。

ターゲットレースは
・岡山エンデューロ 春7H&夏10H
・鈴鹿エンデューロ 春アタック240&秋8H
・堺浜クリテ
・伊吹山ヒルクライム
・富士ヒルクライム
・ヒルクライム大台ケ原


以上を予定しています。
それ以外にもタイミング次第では参加するレースがあるかもしれませんがとりあえず上記レースには可能な限り参加したいと考えています。
エンデューロは毎回目指せ入賞!の意気込みで臨みます。
ヒルクライムは勿論、富士ヒルシルバーを今年こそは獲得するべく頑張りますし、それ以外の大会も自己ベストを大きく更新出来るよう励みたい所です。来年はヒルクライムも頑張りますよ!!
堺浜クリテはビギナーIで表彰台に上がってスポーツIIへの昇格を目指します。


こうして一年を振り返ってみると良かったレースもあり悪かったレースもあり、夏場に大きく調子を落とし秋以降調子を取り戻しつつあったりと、波のある一年でしたが、調子の良くないときでも
「乗っていれば大丈夫」
ととにかく積極的にロードバイクに乗り続けた事は良かったんじゃないかと思っています。
2016走行距離.
これはStravaの今年の走行データですが走行距離は実に15,000kmを突破。毎月平均1250km乗っている計算となります。楽しいときも、ちょっと辛いなと思った時も、今年は何だかんだでロードバイクに乗り続けました。
なかなか結果には繋がらないものの継続して乗り続けてきた甲斐あってか何とか秋以降調子を取り戻し来年にある程度希望の持てる状態で繋げられたのではないかと思います。

来年は今年以上に良い年にできるよう引き続きロードバイクに乗り続け、結果を求めつつも楽しんでやっていければと思っています。

それでは皆さん、良いお年を。

そういえば今年最後にでかい挑戦やりますよ~
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

Rapha Festive500:二日目は嵐山まで走りつつDHバーに初挑戦

「Rapha Festive500」初日はいきなりの伊勢往復ライド300kmで体力気力ともに使い果たしてしまい完全グロッキー状態。
右膝と左の大殿筋が痛み体重を支え続けた腕がダルくて体力もすっからかん。
とりあえずガッツリ食べ込んで体力回復を図りつつその日の夜は泥のように眠りました。
さて翌日、もちろん一晩で完全回復・・・とはいきませんがまあそれでも一晩眠って少しは楽になりました。

「Rapha Festive500」は残り200km弱。既に半分以上走っているので楽勝かと思われるかもしれませんが月曜から天気が崩れるという予報ですし、私の会社は29日まで仕事がありますので来週の休日は30,31日の2日しか残っていません。
天気予報では来週末は晴れそうですが一週間先のことですからどう変わっても不思議ではありませんので万全を期す為にも走れるうちに走っておきたい所。
・・・これは休んでなんかいられない。今日も走りに行くぞ!!
とは言え身体のアチコチが痛み疲労も抜けていない今の状態で峠を幾つも越えるような厳しいコースを走るのは難しいです。
となると平坦メインで距離を稼げるコース・・・

こりゃ定番中の定番、京都嵐山ライド往復100kmしかあるまい!!

早速朝食を済ませて朝の9時頃、京都目指して出発です!
この日は神崎川→淀川→桂川とサイクリングロードを経由して走る一番分かりやすくて走りやすいコース。
疲労の溜まった身体でもこのコースなら安心して走れます。

そしてこの日の目玉は!!
じゃ~ん!!!
DHバーPLANETX
DHバー装着
DHバーです!!
以前PLANETXで安売りしていたので買ってあったのですが中々使い所が無くて放置してあったんですがいい機会なので試してみることにしました。
実はこれ前日の伊勢ライド時に試してみるつもりで装着してあったんですが、少しだけ試して、その不安定さととっさにブレーキが使えないことから
「これは車の走る公道で使うのは危険だな」
と判断して結局全く使用しませんでした。
しかしこの日は車の走らないサイクリングロードでの走行がメインです。
まずは広くて見通しの良い淀川CRでDHバーに持ち替えて走ってみます。
最初は慣れない姿勢に少し戸惑います。DHバーと言うと思い切り前傾するイメージがありますが実のところ下ハン握るのとそれ程変わりはありません。
大きく違うのは腕の幅でしょう。通常のハンドルだと左右の腕の間隔は40cm前後になります。
しかしDHバーは大体10cmほど。かなり狭いです。その分安定性には欠けるので最初はちょっと不安でした。割とすぐに慣れましたが。
DHバーを握ってエアロポジションを取った時に思ったことは
「思ったより前傾姿勢にならないしこれ実は下ハン握るのと大差ないんじゃないの?」
という事でした。わざわざ安定性や咄嗟のブレーキを犠牲にしてまでこんなモン付けても意味ねぇなぁ・・・と。

まあそれでも折角なのでDHバーに少し体重を預けてだらだらと回し続けてみます。
そしてある程度このポジションに慣れた所で少しスピードを出してみます。
35km/hほどまで出して暫く走り続けて

なんじゃこりゃ~

35km/h巡航が楽々です。最初は風の影響かと思ったんですがこの日は風は弱く特に追い風の恩恵があるわけでも無さそうです。
しかし通常ポジションよりも速度を出すと明らかに楽。
DHバー巡航データ161225
画像は35km/h近くで巡航している区間を適当に切り取ったものですが平均パワー155Wでほぼ35km/h巡航が出来てしまいますからね。これ凄いことですよ。普通なら200W位は必要だったはずです。
何となくオモチャ感覚で買ったDHバーでしたがこれ程劇的な効果があろうとは驚きです。
コーナーの少ない平坦路以外では使うのが難しそうですし、間隔の狭さから来る不安定感、咄嗟にブレーキやシフトチェンジができない等色々と問題点がありますので使い所は限られますが(少なくとも交通量の多い公道では使うべきでは無さそうです)見通しの良いサイクリングロードを軽快に走るには大きな武器になりますねこれは。

しかし何故これ程劇的な効果があるんでしょうね?前傾姿勢になるからかと思っていましたが実際使ってみると先程も書いたように下ハンと比べて大きく前傾出来る訳ではありません。
一番わかり易い違いは腕の間隔ですね。今回ハンドル間は10cmにしていますがグッと脇を締める形になりますのでその分前面投影面積が減り空力が向上するのでしょうけれどそれがここまでの差になるということなのでしょうか?
そう言えばアダム・ハンセンが空力を1ワットでも無駄にしないため380mmの狭いハンドルを使用しているとインタビューで語っていましたがそれだけ腕を狭めて更に脇を締めるポジションというのは有効なんですね。
これ、今後のクリテやエンデューロでも意識して走れば結構変わってくるかもしれません。

DHバーの話はこの程度にして、疲れが残っているにも関わらず意外と快調なペースで走り続けてあっさり嵐山に到着です。
嵐山到着161225
前日の伊勢往復が登りあり強風ありで苦労したことを思うと、平坦な道を片道50kmは肉体的にも精神的にものすごく楽ですね(笑)
せっかく嵐山まで来たので何か食べていこうかと公園を見て回ると安納芋の焼き芋を発見しました。別に嵐山と関係ないんですが久し振りに安納芋食べたくなったし250円とまあ悪くない値段だったので購入。
安納芋161225
しかし
「100g250円だから1個380円ね」
よく見ると確かにそう書いてあるが・・・パッと見たら一個250円に見えるやん!大して大きくもない焼き芋が380円とか・・・(泣)
今更要らないとも言えないので泣く泣く購入。まあ安納芋はすごく美味しかったので許そう(笑)
焼き芋食べて一服したら即帰宅です。
嵐山からの帰り道は向かい風になることが多く何時もは苦労するのですがこの日は風が弱く更にDHバーの効果もあって楽々快適ライド~♪
いやホントDHバー最高だわ

かくして14時頃には早くも帰宅。
この日の走行距離は109kmになりました。
「Rapha Festive500」はこの日までの累計で427km。残りはあと73kmとなります。
休日が2日残っていますから大きなトラブルがなければ十分達成可能なペースですね。

まあ折角なので来週もどっか面白いところに行きたいですがさてどうしたものか・・・色々と考えてみたいと思います。

そんな今回の嵐山ライドの走行データは以下のとおりです。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

Rapha Festive500スタート!伊勢詣ライドで大苦戦!!

今年もいよいよ残すところあと僅か。
この週末は連休&クリスマスということで世間は大いに盛り上がったことと思いますが我々ローディには今年最後のビッグイベントが控えています。

それこそが「Rapha Festive500」
これは寒い冬場に、モチベーションが落ちたり身体がなまったりしないよう楽しく走って冬の寒さに打ち勝とう!!
という企画で12/24~12/31の間に500kmを走りきることが目標です。
見事達成するとRaphaからオリジナルワッペンがプレゼントされます。なんと無料!太っ腹っすね。
寒いからローラー台を回すわ!
Zwiftじゃダメなの?

という質問を時々見かけますがこのイベントは外での実走以外は認められません。
まあ趣旨を考えればある意味当たり前ではありますがこの寒い中一週間で500km走るというのは決して楽な挑戦ではありません。

しかし、エンデューロやロングライドを得意分野とする私にこのチャレンジは避けて通れない道。
もちろん今年もチャレンジです。

さて、一週間で500km走るとなるとある程度計画を立てて走る必要があります。
私の場合は仕事もありますので平日は長くても50kmくらい走るのが限度。となると出来れば休日での走りで距離を稼いでおきたいところです。
それに、こういったチャレンジは後に引き摺るほど辛くなっていくものなので早い段階で距離を稼いで気分的に楽になっておいた方がいいかな。と考えチャレンジの初日である12/24にロングライドを行う計画を立てました。

ロングライドといえば定番はビワイチ、アワイチですが、正直今年はビワイチは2日連続とか1日2周とかやり過ぎて少々食傷気味ですw
アワイチは魅力的ですがもしかすると年末に走る予定が入る可能性があるかもしれないので温存。
となると距離を稼げるロングライドコースといえば・・・

やっぱ伊勢詣でだな!!

伊勢までのロングライドは今年の5月に近江屋さん企画の走行会で挑戦したことがありますが往復で300km超。道中に山越えもありとてもとてもキツいライドでした。
しかし、途中で疲れ果てた我々をロングライドの鬼である近江屋さんがかなりの距離集団を引いてくれるという近江屋さんにおんぶ抱っこ状態での走行であり、いつか自力でちゃんと走り切りたいと思っていたコースでもあります。

いい機会なのでソロライドで伊勢神宮までの往復ライドを決行しよう!!

さて前回は伊勢神宮まで片道6時間。早く出発しすぎて伊勢到着時にはまだ食事できる店がオープンしていなかったので11時頃到着を目指して5時出発という計画を立てました。
12時頃には伊勢を後にして真っ暗になる6時頃には帰宅する完璧な計画です!(←もちろんフラグ)

当日は朝3時半頃に起きて朝食を済ませて一服し落ち着いたところで出発。だったのですがTV見たりネットしたりグダグダやっていたら時間がギリギリになってしまい準備を済ませて出発したのは5時半頃になってしまいました。
「まあ30分くらい遅れてもちょど昼食頃に現地入り出来てちょうどいいかな?」
と軽く考えていよいよ伊勢詣でライドスタートです。

この時期5時半だとあたりはまだ真っ暗。いつもの河川敷は危ないので避けて公道を走りながら最初の関門清滝峠を目指します。
もちろん300kmも走るので清滝峠はのんびりペースで登りますよ。
それでも清滝を登りきると結構身体が暑くなってうっすら汗もかきます。
そのまま裏清滝を勢いよく下ると
「めっちゃさむ~い!!!」
この日は防風インナー、防風ジャージ、防風グローブ、防風シューズカバーと万全の装備で臨んだんですがそれでも寒いもんは寒い!!
結局顔とかむき出しですし、防風グローブ付けてても指先はなかなか温まらないものですね。特に左手が悴んでしまい強いリアブレーキをかけるのに苦労する有様。これにはこの日1日中苦しめられました。

まあそれでもこの段階ではまだまだ体力に余裕がありますし気分も盛り上がっているので問題ありません。
清滝を越えた私はそのまま快調に走り続けいよいよ伊勢ロングライドの最大の難関「伊賀越え」に挑みます。
この伊賀越えですが・・・大苦戦・・・と言うことは実は無くて割とあっさりクリアしてしまいました(笑)
往路の伊賀越えは実はそれほど急な登りは無いですし今回完全に自分のペースで走れるうえ一度走ったことがあるコースで覚悟ができていたのが大きいです。
むしろ苦労したのは登りよりも寒さに苦しむ下りでしたね。
「走っていれば身体が温まるから大丈夫だろ」
という何時もの甘い考えで乗り切れるつもりでしたが確かに登っている間は身体は温まりますが同時に汗もかきますので下りはその温まった熱をあっという間に奪い去ってしまうんですよね(苦笑)
今回その対策としての防風インナー&防風ジャージだったんですがそれだけでは不足でした。
実は完全防風&起毛処理のあったかジャケットも持ってはいるんですが
「まだ冬の寒さも本番じゃないし重いジャケット羽織って走るのは嫌だなぁ」
と考え持っていきませんでした。
甘かった!!!
まあ寒さには苦しみましたが体力的には思ったほど消耗せず難関の伊賀越えをクリア!!
山岳地帯を抜けた時点で走行距離は約100km。全体の2/3を走り切ったことになります。
その先はひたすら続く平坦なので楽なもの・・・と言いたいところですが山越えで100kmを走り切った後の50kmですから如何に平坦と言えども決して楽ではありません。50kmと言えば大阪の自宅からから京都嵐山まで行けてしまう距離ですからね。
伊賀越えを終えるとある種の達成感が生じてしまうのにその先が長く漕いでも漕いでも中々伊勢に辿り着かないのが精神的に意外に辛いのです。

そしてこの平坦区間で大きなトラブル発生!!
なんとGPSサイコンのガーミン520がバッテリー切れ警告を出したのです!!!
勿論この日に備えてガーミンはフル充電済み。バッテリーを節約するため夜間スタートでしたがバックライトは切っていました。これなら往復は何とか保つだろう(←冷静に計算すると保たない)と思っていたのに往路の途中でまさかのバッテリー切れ警告。
Rapha500クリアのためには証拠となるGPS記録データは必須です。バッテリーが切れたら苦労して走ったのに記録は水の泡。頭の中はパニック状態で
「これで復路データの記録は絶望的だ・・・もう伊勢詣は諦めて帰ろうか・・・」
と本気で考えてしまいました。
バッテリー残量は残り20%。何とか往路の記録はできそうですが復路はどう考えても無理でしょう。しかし
「復路の走行データが記録できなかったとしても走りきった事実は揺るがないし良いトレーニングになるはず。Rapha500クリアが全てじゃないさ」
と考え直しとにかく伊勢を目指して走り続けることにします。
バッテリーは伊勢までは計算上では何とか保ちそうですが寒さのためか予想以上に早く消耗しているので油断はできません。
内心かなり焦りつつ残り距離を気合の走りで駆け抜けます。

その結果、道中のStrava計測区間「Road to Ise」でまさかの区間3位の快走!
Strava区間を意識して走ったわけでは無いのですが、単独走ながら前回、近江屋さんたちの鬼引きで達成した記録を1分も更新する快走ぶり。
「おおっ!やまちゃんスゲー!!」
と思っていただけたかもしれませんが実はこれには理由がありまして、この日伊勢への道は強風が吹き荒れ伊勢への往路の平坦区間は強烈な追い風だったのです。
バッテリーの残量で焦っていた私はこの追い風に助けられ伊勢目指してひたすら走り続けグロスタイム6時間ほどで伊勢神宮に到着(移動時間は5時間半ほど)
ソロで走ったにしてはなかなか良いタイムで往路を走り切れました。
伊勢内院161224
伊勢内院その2161224
伊勢神宮に着いて外院、内院ととりあえず記念撮影です。
しかし内院に到着した時点でほぼ正午。往路と同じ速度でノントラブルで走りきれても帰宅は6時頃。この時期だと既に真っ暗になっていることでしょう。
そう考えるとのんびりお参りしている余裕はありません。結局記念撮影だけ済ませて手持ちの補給食を食べてとんぼ返りで復路を戻ることにします。
本当は赤福ぜんざいとか食べたかったんですがのんびりしている余裕が無かったことが悔やまれます。あと1時間は早く出発するべきでした。

さて、ガーミンは既にバッテリーが終わりかけていますが復路の記録をなかった事にするのはあまりに惜しい事です。
そこでスマホのGPSサイコンアプリを急遽ダウンロードしてこれで復路の走行データを記録することにしました。しかしスマホのGPSアプリはバッテリーの消耗が馬鹿にならないと聞きますのでゴールまで記録できるかは未知数。途中でバッテリー切れしたらデータがどうなるかも不明です。「運が良ければ途中まででもデータを残せるかもしれない」程度のダメ元の保険としてGPSサイコンアプリを起動させたスマホをリアポケットに入れての走行です。

スマホのバッテリーに不安があるし出来れば真っ暗になってから走るのは最小限にとどめたいと思い急いで復路をスタートしましたがそこに立ちはだかったのが往路では力強く走りをサポートしてくれた強風の存在でした。
往路では単独走なのに区間3位の記録が出るほどのアシストをしてくれた強風。復路ではそれが完全に向かい風となって立ちはだかったのです。その猛烈な抵抗たるや、まさにそびえ立つ壁。必死で漕いでも中々速度が乗りません。
悪いことに伊賀の山岳地帯に入るまでのこの区間はひたすら北上を続けるほぼ直線続き。
つまり風向きが変わらない中約50kmを向かい風に抗いながら走り続けなれければならないのです!
既に150kmを走りかなり消耗しているのにこの試練。そしてガーミンのバッテリーが切れたので走行距離や速度、ケイデンスなどの走行の参考になるデータは全く見ることが出来ません。あとどれ位走ればこの長い長い平坦区間を走り終えるのか分からないまま
「もう少し走れば終わるんじゃないか」と何度も何度も思いながら必死でペダルを回し続けます。
そして往路では1時間15分ほどで走り抜けた区間を2時間もかけて何とか山岳地帯の入り口にたどり着きます。
「これでやっと風に抗って走るのは終わりか・・・」
と思いましたが冷静に考えるとまだ行程は1/3。そしてここからは再度の伊賀越えに挑まねばならないのです!
さて往路の伊賀越えは(寒さ以外は)それ程苦労しなかったと先ほど書きました。しかしこちらの地形図を御覧ください。
伊勢への高低図161224
これが伊勢までの高低を表す地形図です。
見ての通り伊賀を抜ける三重側の山は往路は緩やかな登りを時間を掛けて登る形なのですが復路はその高さを一気に登る形になります。
既に200kmを走り更に強風と戦ってきた私にはこの登りはキツい!
心折れそうになりながら斜度のある登りを必死で駆け上がります。長時間負担をかけ続けたためか右の膝が痛み出しました。
こまめに栄養補給は行っていましたがそれでも空腹感とエネルギー不足を感じます。それでも
「この登りは斜度はあるけど長くは続かないはず!もうひと頑張りでクリアできるはず!」
と言い聞かせながら我慢の走りを続けます。この登り区間の終りとなる新長野トンネルに到着した時の安堵感といったら・・・
復路最大の難所である長野峠をクリアすると行程は約半分。しかし既にこの時点で早くも4時間が経過。あたりは徐々に暗くなり始めます。
そして伊賀の街並みを抜けて再度の登り区間に入る頃にはライトを付けないと危ないほどの暗さになってしまいました。予定では5時頃から暗くなって6時過ぎには帰宅できるはずでしたが暗くなるのは予想より早くそして帰宅できるのはずっと遅くなりそうです。
「ヤバイ、これライトのバッテリーももつかどうかギリギリなのでは!?」
夜間走行中に万が一ライトのバッテリーが切れれば致命的です。少しでも早く帰りたい。既に疲労はかなりの物となっていましたが体力を節約するような走り方をしている場合ではありません。残った力を振り絞って緩やかな登りが延々と続く伊賀から抜ける山岳地帯をクリア。遂に伊賀越え達成でこの時点で約5時間が経過。既にあたりは真っ暗でライトを付けているとは言えやはり夜道は走り辛く思うように速度が出せません。
残り距離は40kmほど。どう考えてもあと1時間以上は走らなければならず最後には裏清滝峠も待ち受けています。
体調が万全ならなんてことのない道なのですが疲労が限界に近いこの時の私には最後の40kmが永遠のように長かった・・・
ライトやスマホのバッテリーが気になるので少しでも早く走りたいのに思うように速度が出せず気持ちばかり焦ってもどかしい走りが続きます。
最後の難関裏清滝峠に挑む頃には膝と腰が痛み疲労で集中力も落ち苦しい走りとなりましたが何とかここもクリア!
精も根も尽き果てつつも残りの平坦区間をはしってやっとの思いでゴール!!!

復路のグロスタイムは7時間10分ほど。走行時間は6時間30分ほどでした。往路より1時間以上かかっていますね。如何に復路で苦戦したかが伺えます(苦笑)

幸いにしてライトのバッテリーは最後まで持ち、スマホでの走行データの記録も無事最後まで行うことが出来ました。
これだけ走って「記録なし」とならずに済んで本当に良かったです。
クリスマスケーキ161224
苦労した自分へのご褒美として帰宅後クリスマスらしくケーキで祝杯です!!
もう奮発してケーキ2個も食べちゃうよ(笑)

かくして予想よりも遥かに苦労しつつも「Rapha Festive500」挑戦の一日目は総走行距離317kmで終了しました。

いや~本当に疲れました。この寒い時期に伊賀越えをしなければならない伊勢ライドはやるもんじゃなかったですね。
苦労しただけに達成感もひとしおですが正直もう少し楽なコースを選ぶべきでした。

さて、残り距離は183km。これだけ苦労したのだから何としても完走しますよ!
次回のチャレンジにもご期待下さい(笑)

そんな今回の伊勢往復ライドの走行データは以下のとおりです。



伊勢往復ライドお疲れ様~と思っていただけたらクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

調子に乗ってヘロヘロになった今週のトレーニングまとめ

先週末の堺浜クリテで今年のレースも一段落。1月はレースには参戦しませんのでその間にしっかり地力をつけて来シーズに備えたいところ。これから年末年始と気の緩む時期が来ますがトレーニングはしっかりと続けたいところです。
それでは今週のトレーニングのまとめです。

12/17(土)堺浜クリテ第一戦

12/18(日)Zwift合同ライドイベントでLSD走3時間
前日がレースでクリテ&エンデューロに参戦したのでこの日は回復走で軽くローラー台を回そう・・・
そう考えて何か適したZwiftのイベントが無いか?と調べてみたものの休日のライドイベントはガチなやつが多くていけない。
強度低めのやつが夕方にあった!と思ってよく見ると強度は低いが3時間か・・・
まあこの強度なら何とかなるかと参加を決意。

ローラー台161218
結局3時間でAvg.157WののんびりLSD走…だったわけだがそれでも3時間ローラーを回すのは意外とキツかった。
しかしこの積み重ねが長期的には効いてくると信じたいところ。

12/19(月)Zwift合同ライドイベントで回復走1時間
連日の長時間ライドで疲労が残っていて憂鬱だったけど朝から補助トレ
・ウォーキングランジ:ダンベル25kg×2で100mウォーキング
・スティッフレッグド・デッドリフト:ダンベル25kg×2で30回×3セット
今日は疲れているのでやり遂げられるか不安だったけど意外と何とかなった。この強度にも馴染んできたということだろうか。
夜は今夜こそ回復走。スプリント&KOM計測エリアは各自のペースで気合い入れて走ってそれ以外はのんびり皆でペースを合わせて走るZwiftイベントに参加。

ローラー台161219
大体1時間ほどスプリントや山岳を楽しみつつ走って回復走終了。

12/20(火)天狗一武道会。に参戦

この日は天狗一武道会。先週は雨で参加できなかったので今日こそはと意気込んでいたが昼間に雨が降り路面がセミウェットのため安全のために激坂の天狗岩コースではなく緩斜面の府道110号線南コースを走ることに。

この日は参加者が多めだったので遅い組と速い組に分かれてスタート。勿論私は遅い組で先行スタートw
先行した木田さんの後ろについて途中で私→ザッキーさんと先頭交代しながら走っているとユニバーサル園芸先で、朝も高強度合同トレーニングライドに参加されていた木田さんが流石に疲れたのか脱落。暫く走るとその先でザッキーさんも疲れが見えたので先頭交代。そのまま走っていると意外にもザッキーさんが苦しそう。
これはチャンスとばかりに(←サイテーやな)ペースをあげて得意の緩斜面のうちに引き離しにかかる。
泉原の交差点を抜け後半戦のやや斜度のあがるエリアに入ると上りの得意なザッキーさんが徐々に迫ってくる。ヤバい!
動物避けの気付きベルを響かせながら迫ってくるザッキーさんのプレッシャーに終始晒されつつ必死の逃げを続け最後はギリギリの所で逃げ切ってゴール。
ザッキーさんとのタイム差は僅か2秒(笑)しかしザッキーさんにはいつも負けてばかりだったので珍しく(初めてかな?)勝利できてちょっと(本当はかなり)嬉しい。
Zwiftのレースも楽しいけどやっぱり実走で人と直接競い合うのが一番楽しいw

12/21(水)Zwift合同ライドイベント「Watopia Mountainルート」一時間
昨日張り切って走って疲れが残っていたけど朝は補助トレを敢行。
・ウォーキングランジ:ダンベル25kg×2で100mウォーキング
・スティッフレッグド・デッドリフト:ダンベル25kg×2で30回×3セット
慣れてきたとは言え毎回ヘトヘトになる事に変わりなし。
夜は昨日の疲れを癒やすため軽めに走ろう・・・とZwiftのイベントを探すと「Watopia Mountainルート」を皆で一時間ほどで走ろうというイベントを発見。
全長30kmのルートを一時間なら余裕やな。と参加を決定しライドに臨む。

ローラー台161221
最初は160Wくらいのペースでゆるゆる走るも5分ほど走って山岳地帯に突入すると集団は一気にペースアップ!
「何だ何だ?皆ガチで山登るんかいな!?」
集団から遅れないようこちらも一気にペースアップ。のんびり走るどころか240Wくらいのペースで山岳ゴールまで走り続けることに・・・
山を登りきってこれで一息つける・・・と思ったら集団はペースを緩めない。
何でだよ!!と思いつつもこちらも必死で回し続けて結局山岳スタート地点からゴールまでの約50分間をAvg.235Wで駆け抜ける事に。
これ自分の場合L4ペースだよ。これで50分とかガチトレ日のペースじゃねぇか。朝に補助トレやって疲れてんのに・・・
後でイベントの募集要項確認したら山岳スタート地点までは2~2.5倍程度でゆっくり走ってそこからは頑張って一時間以内で走りましょう!という内容だった。そもそも山岳メインのこのコース回復走ペースだと一時間では完走できんわ!!

12/22(木)Zwiftレース「KISS Americas AM Race」に参戦

連日の高強度走が続き脚の筋肉痛が取れない・・・会社で椅子から立ち上がった時に立ち眩みが・・・
「これは流石に疲れが溜まってきている。そろそろ休みを入れなければ」
と思うも今月24日から「Rapha Festive500」がスタートするのでそれに備えて明日は一日休みたいところ。
となると無理しない程度の軽めのライドを・・・
と例によってZwiftのイベントを探すもちょうど良いイベントが見つからない。疲れが溜まってるしあまりガチすぎる単独メニューはやりたくないなぁと思っていると20時からの「KISS Americas AM Race」を発見。ロンドンコースを2周するレースのようだ。
「2周ならそれほどキツくないだろうしこれに参加しよう!」と決意。
しかしこの2周、自分は全長5.4kmのロンドンClassiqueのつもりだったのだが実は全長20.3kmのロンドン8ルートだったという驚愕のオチが!!

ローラー台161222
レースに参加すると残り距離40kmと表示される。あれ?これもしかして一時間以上走らんとあかんレースでは!?
それでもいざレースが始まると張り切らざるを得ない。今回はクラスごとに時間をずらしてスタートするレースなので実力の近い人が集まる。つまりスタートからいきなり全くついて行けないということはない。
序盤はしっかり飛ばして先頭集団に乗ることが出来そのまま12kmほどは集団内で走り続けるこ。
そしてレースは一回目の山岳地帯へ。ここでいつもの様に皆のペースが一気に上がり集団は分裂。私は遅れて第二集団の方に吸収され2周目はこの第二集団でレースを進める。
しかし連日のトレーニングで脚に疲労の溜まっている私はこの集団から脱落しないで走るだけでもう精一杯。レース終盤にはすっかり力を使い果たしてしまう。
そして2回目の山岳地帯の途中でついに第二集団にも付いて行けなくなって無念の脱落。
山を登りきった後の下りで必死の追撃を行うも結局集団に追いつくことなくレースは終了。
レースタイムは1時間5分で順位はBクラスで7位/20人。やはり集団から落ちるとこんなもんか。
この日のレースの平均パワー値は237WとなんだかんだでL4強度で1時間走ったことに。もう精も根も尽き果てたわ!!

12/23(金)翌日からのRapha Festive500に備えて休脚日

こんな感じの一週間でした。
土曜日はレースだったのにその後はZwift合同ライドの罠にハマり(笑)回復走と言える強度で走ったのは月曜日のみで後は連日の高強度or長時間走。
流石に今週は疲れました。40代後半のオッサンなので回復力落ちてるんすよ(←言い訳)
無理したせいか木曜日のレースでは疲れてしまい平均パワー値はイマイチだったし、やっぱりちゃんと休憩を入れつつしっかり強度を確保したトレーニングをすべきかなぁとちょっと反省。
でもまあよく頑張りました今週は。

さて明日からはいよいよ「Rapha Festive500」がスタートします。
昨年は何とか達成できましたが果たして今年はどうなるでしょうか。
今年もクリアを目指して来週も頑張ります!

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

いよいよスタート!堺浜クリテシリーズ第一戦参戦レポート

この週末の12/17(土)いよいよ堺浜クリテ(全5戦)が開幕しました。

私はクリテではビギナーI、そして90分エンデューロとダブルエントリーで参戦してきました。さてその結果は如何に・・・

■クリテ(ビギナーI)
私は昨年末の堺浜クリテシリーズの初戦でクリテデビューしました。
その時はレースが初めての人対象のフレッシュマンクラスで参戦。
それからフレッシュマン → ビギナーII → ビギナーIとステップアップしてきましたが、ビギナーIにあがってからは、なかなか通用しなくなり、中団に沈んだまま何も出来ずにレースを終えるという展開が続いていました。
今年のGWのベックオンフェスタクリテのC4クラスでも何一つ良い所を見せられず消極的な展開で中団に沈み、すっかり自信を失ってしまい
「正直クリテはあまり向いていないから今後はエンデューロとヒルクライムに絞ろうか」
と考えていました。
そして今年も堺浜クリテシリーズが始まるわけなのですが、私のメインステージであるエンデューロには参戦するとして今年はクリテはどうしようか悩んだのですが折角の機会なので今回もビギナーIで参戦してみることにしました。
これで箸にも棒にも掛からない結果に終わるようなら以降の参戦は考え直す背水の陣の覚悟でした。

この日の堺浜はかなり冷え込んだうえに強風が吹き荒れる厳しいコンディション。堺浜の風速の指標となる大煙突の煙は風で大きく傾いています。
今回は試走に間に合うよう余裕を持って出発したのでレース前にしっかり試走を行いアップしておくことが出来ました。
しかしやはり風が強い!!バックストレートで完全な向かい風になるのでここの立ち上がりは苦戦必至。ここを如何に攻略するかがレースの鍵になりそうです。
逆にホームストレートは追い風なので楽に走れそうな感じですね(フラグ)

さて試走を終えビギナーIIクラスが終わるといよいよ私達の出番です。
堺浜クリテ161217スタート前
強風のレースなので少しでもレースを有利に展開するため早めに並んで最前列をゲット(写真の一番手前です)
これまでは序盤で様子見に徹しているうちに中団に沈み、そのまま最後まで何も出来ないままレース終了という展開が続いていたので
「今回はとにかくペースとか考えずに先頭集団に付いていく。それで途中で脱落するなら仕方ない。今までみたいに何も出来ないまま終わるより遥かにマシ」
という作戦(と言えるものではないですが)で挑みます。
そしていよいよレーススタート。まずは1/4周ほど走ってから号令が鳴りアクチュアルスタート。
各選手一斉に猛加速開始です。
私は毎度ここで
「スタート直後はパワーが乗らないし頑張りすぎると脚がすぐ売り切れる」
と言い訳しつつズルズル後退していたので今回は積極的に仕掛けます。スタート位置が良かったこともあってまずは一周目は先頭集団をキープ。
今回風が強かったこともありその後は先頭は団子状態のままレースが続きます。
風のためあまりペースが上がらないとみた私は5周目あたりでスルスルとあがって2位に浮上。その後も8周目に入るまでは表彰台圏内でのレースを展開します。
「思ったよりもついて行ける感じ!このまま走りきれれば!!」
と思いながらのレース展開でしたが、先頭には何とかついて行っていますが毎回鋭角コーナーの立ち上がりで遅れ、各選手が猛烈に加速する追い風のホームストレートに向かう所で差を付けられてしまい、それを必死にパワーを掛けて追い上げるという展開が続いていました。
要するにコーナリングが下手なので毎周脚を無駄に使ってしまっているってことですね。
最初はそれでも問題なくリカバリーできて追い付いていたのですが、その繰り返しは少しずつ私の脚を削り、8周目の後半鋭角コーナー立ち上がりで遂に先頭に付いていけなくなり失速!!
後ろに付けていた選手に次々と追い抜かれていきます(写真の一番後ろが私ですw)
堺浜クリテ161217最終周
そしてレースはいよいよ最終ラップ9周目。遅れを取り戻すべく加速したいのですが悔しいことにもう脚は残っていませんでした。
集団から脱落した私は先頭集団からやや遅れて単独走。その後ろにはかなり差を付けていたので追い付かれる事はなさそうですし、流石に集団に再度追いつく力はもうありません。
結局最終ラップは目標を失い単独で走ってゴール。
「結局先頭集団での争いに残れなかったな・・・」
と気落ちしながら引き上げたのですが会場のアナウンスで6位に入賞していることを知りました。
最後まで優勝争いを演じた5人からは離されたものの序盤での貯金が効いてギリギリ6位で入賞となっていたようです。
最後は脱落してしまったのは間違いないので手放しで喜べるわけではありませんが
「それでも入賞できてとても嬉しいです!!!」
実力的に上位との差は大きいとは思いますがそれでも序盤から積極的に走ったからこその入賞だと思いますので何とか結果を残せたことは素直に喜びたいと思います。
堺浜クリテ161217表彰式

■90分エンデューロ
さてその後スポーツI&IIのレースを終えると続いて90分エンデューロが始まります。
エンデューロレースは私の得意分野ではありますが今回はエリートクラスから引き続き参加の選手が多く、残念ながらとても入賞争いに絡めるレベルのレースにはなりそうにありません。
そこで実力者で形成される先頭集団は諦めてその後ろに出来るであろうメイン集団で最後まで走り抜くことを目標と定めました。

今回も早めに並んだのでレースは最前列からスタート。ここから良い位置をキープして・・・と思うのですが寒い中待機していたこととクリテで脚を使ってしまった疲れが残っていたことが重なった為か序盤は全くパワーが掛かりません。
「アカン、これは絶不調だ・・・」
とは思ったのですが寒さでペースが上がらないのは皆同じなのかレース序盤は誰も飛び出さない静かな展開で私も先頭集団に乗っかったまま走り続けることが出来ています。
そうしているうちに身体も暖まり始め何とかペースト掴んで走れるようになってきました。
不思議なことにその後も周回ペースは私がついて行けるくらいのスローペースで進みレースは60分を経過し後半戦に突入します。

ここまで先頭集団から脱落すること無く走ってきた私ですが流石にこれが上位陣の本来の実力でないことは理解できていますので
「何時上位陣は本気をだすだろうか?そしてそれにどこまでついて行けるだろうか?」
と考えながら走っていました。
そして60分の周回を終えたちょうどそのタイミングで集団の先頭は一気に加速!
いよいよ集団のふるい落としにかかったようです。

ここが勝負どころ!!!

・・・と分かっていたんですがその周回の終盤であっさり千切れました。
分かっていてもたった一周たりともついて行けない!!
悔しいことですがスプリント力に差がありすぎます。

ここで先頭集団から脱落した私ですが後続との差はかなり付いてしまったようで後続集団との合流は無理そうです。勿論先頭集団に追い付けるはずもないので当面は単独走確定です・・・強風下のレースでこれはキツい(泣)

とは言えレースを諦めるわけにもいきませんからバックストレートでの追い風に苦しみながら一人での周回を続けます。
単独では中々ペースが上がらずやがて先頭集団に追い付かれ周回遅れにされてしまいます。
そして何周かしたところでふと振り返ると何時の間にか私の後ろに集団が形成されていました。
どうやら道中、周回遅れ組を吸収しながら走り続けていたようです。
「これは有り難い!」
と先頭後退を要請。真後ろに付けていた人が先頭を変わってくれます。しかし半周ほど走って疲れてきたようなのですが誰も交代しようとしない!
仕方ないので私が再度先頭交代。向かい風区間半周を走って再度先頭交代を要請すると先程の人が・・・
その方が後ろの人達にもローテに加わるように要請するんですが誰も応じてくれません。
結局、向かい風区間は私が、追い風区間はもう一人の方でローテを回しながら集団を引き連れて走り続けます。
しかし半周だけでも交代してもらえるのは正直物凄く有り難い!
脚を休められる区間が有ると無いとでは雲泥の差がありますね。その後しばらくその集団で走っていましたがやがて先頭集団が我々を再度周回遅れにしようと迫ってきたので今ひとつ頼りにならない集団を見捨てて(笑)先頭集団への再乗車を試みます。
しばらく何とか追い縋って走ってみますがやはり駄目・・・先頭集団にはついていけず再度脱落・・・
やっぱり駄目なのか・・・と思った所で先頭集団から脱落した人達で形成されていた第二集団が追い付いてきます。
「こちらになら何とか乗れないか!?」
今度こそと第二集団に乗ってみた所、キツいながらも何とか付いていけそうです。
レースは既に終盤。何とかこの集団内でゴールを!!と残った力を振り絞って残り周回を走り続け何とか(1周回遅れながら)第二集団内でゴール!!

結局、レースは先頭集団から2周遅れ。第二集団からは1周遅れの21位という結果で終わりました。
今回の目標が第二集団に残ると言うことだった事を考えると目標は未達成という事になります。集団が加速した1時間経過時にすぐに脱落してしまったのが敗因でしょう。
あそこで持ち堪える力があれば第二集団に残れていたかもしれませんが・・・
まあタラレバを言っても仕方ありません。それが出来ず力尽きてしまった結果が全て。
次の機会に向けて、集団の加速に耐えられる脚力を身につけていくしかありません。
こうしてこの日のレースは終了しました。

■堺浜クリテ第一戦を終えて
堺浜クリテ161217表彰状
今回のレースではクリテはぎりぎり目標達成の6位入賞。
エンデューロでは第二集団から一周遅れの21位と目標に届かない結果に終わりました。

反省すべき点は多いのですがクリテで一応結果を残すことが出来たのは嬉しいですし次のレースに向けて良い励みになりました。
エンデューロは・・・まだまだ要修行!ですね。

堺浜クリテの第二戦は2/4となります。1月にはレース予定がありませんのでそれまでしっかりトレーニングに励んでスプリント力のアップとベースとなる持久力の強化に努めていきたいと思います。
第二戦も今回と同じくクリテのビギナーIと90分エンデューロで参戦予定です。
クリテは今度こそ最後のスプリト勝負に残りそして表彰台を目指したいところです。
90分エンデューロは・・・こちらはメンバー次第ですが今回と同じくらいのレベルなら今度こそ第二集団に残れるように走りたいところですね。

堺浜クリテ第二戦も引き続き頑張りたいと思います!!

そんな今回の堺浜クリテの走行データは以下のとおりです。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

週末の堺浜クリテに向けて今週のトレーニングまとめ

前回も書きましたが今週末12/17(土)は「堺浜クリテ第一戦」が開催されます。
私はビギナーI&90分エンデューロでエントリーしています。

久し振りのクリテ参加となります。正直クリテはあまり得意な分野では無いのですが(←苦手な分野ばかりだなとツッコむ所)今回、同クラスに同じO.H.C.所属のくにかつおさんとゴトーさんが参戦されるので、私も彼らに恥ずかしくない走りをしたい所です。
本当はO.H.C.で協調してレースを走れると良いのですが、昨年は協調しようと話し合っていたもののそもそも私が全く前方に出ることすら出来ず協調の余地なく終わってしまった苦い思い出が・・・(苦笑)
90分エンデューロは私の主戦場エンデューロではあるのですが今回エリートクラスから引き続き出走する選手が多いので残念ながらノーチャンスでしょう。
正直彼らとは日頃のトレーニング強度からして違いすぎます。トレーニングで劣っているのに本番の結果だけ出るはずもありません。
とは言え粘りの走りが私の持ち味だと思っていますので最後まで諦めず全力で走り切りたいと思っています。
先頭集団には乗れないとは思いますがその後ろで構成されるであろうメイン集団で最後まで走りきるのが今回の目標です。

さて、そんな堺浜クリテに向けた今週のトレーニングまとめです。

12/10(土)北摂ヒルクライムライド

12/11(日)Zwift L4強度60分+α
昨日の北摂ライドの疲れが残っていたのでZwiftでだらだら回復走やってついでに「SPECIALIZED 50km」チャレンジをクリアしようかな~とTVを見ながら走り始める。

ローラー台161211
しかし見ていた番組「DAYS」が熱い展開で思わず見ているこちらも力が入る。名門校のなかでひたすら走り続けることで存在感を発揮していく凡人主人公と、一流の壁に阻まれ一度は挫折しながら頼れる仲間と共に名門校に立ち向かう対戦校の凡人達の足掻きに思わず共感してしまう。
努力するフィジカルエリートを目にしてしまうと凡人が頑張る意味って・・・と思ってしまうけどそれでも泥臭く足掻くしか無いんだよなぁ。
で、気がつくとL4強度に上がってしまって60分(笑)そのまま走り続けて「SPECIALIZED 50km」もクリア。流石に疲れた・・・

12/12(月)Zwift回復走300W5分+30-30インターバル370W8回
流石に2日続けて疲れたのでこの日は回復走。でも早朝は補助トレ
・ウォーキングランジ:ダンベル25kg×2で100mウォーキング
・スティッフレッグド・デッドリフト:ダンベル25kg×2で30回×3セット

25kg×2での補助トレはやっぱキツい。ウォーキングランジは相変わらず途中で2回へたり込んでしまい息を整えつつ何とか完歩。

ローラー台161212
ローラー台はお気に入りの短時間高強度走。300W5分と370Wで30-30インターバル8回。これくらいの短時間だと翌日にダメージを引きずらないけどある程度300W超に身体が慣れていってくれるんじゃないかと期待。

12/13(火)Zwift「KISS Amerias AM Race」参戦

12/14(水)Zwift回復走300W5分+30-30インターバル370W8回
早朝は補助トレ
・ウォーキングランジ:ダンベル25kg×2で100mウォーキング
・スティッフレッグド・デッドリフト:ダンベル25kg×2で30回×3セット
何か25kg×2の重量にも少しだけ慣れてきたのか今回は途中で一回へたり込むだけwでウォーキングランジをクリア。最初は超キツくてこんなの続けるの無理だ!と思ったけどやってれば何とかなるもんだなぁ。これが速さにつながるかは相変わらず分からんけど効果があると信じて続けていこう。

ローラー台161214
前日のZwiftレースの疲れが残っているので夜のローラー台は何時もの回復走メニュー。
しかし補助トレやった日は同じメニューでもやっぱりキツい。

12/15(木)Zwift 3本ローラー台テーパリング走300W5分+30-30インターバル330W8回
土曜日のレースに備えてこの日は調整走。と言ってもまあ何時もの回復走メニュー。
最近高強度で追い込む時やZwiftレースは3本ローラーだと危険という理由で固定ローラー台ばかり使っていたので久々に3本ローラー台でチャレンジ。

ローラー台161215
一定のペースで走る300W5分はクリアし、その後の30-30インターバルで350W超を目指してスタートするも一気に強いパワーを掛ける必要のある短時間インターバルは3本ローラー台だとちょっと難しい。
2回目でフラついて失敗すると怖くなってしまい(苦笑)残りは無理しすぎないペースで回そうと弱気になって330Wペースで8回。
3本ローラー台下手になってんなぁ・・・全力で追い込むのはやっぱり危ないけど回復走の日はもう少し積極的に乗るようにしないと・・・

12/16(金)明日のレースに備えて休脚日

こんな感じの一週間でした。
ヒルクライムは相変わらずぱっとしないですが60分の平均パワーで自己最高を更新したりと少しずつではありますが成果が出ている部分もありますのでこの調子でトレーニングを続けていこうかと思います。

明日の堺浜クリテはクリテではビギナーIで6位以内入賞、エンデューロではメイン集団から脱落すること無く完走を目標として頑張ってこようと思います。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

Zwift 60分耐久レースでPWR4倍達成なる!!

相も変わらず平日はZwiftな日々を過ごしております。
昨日の火曜日は天狗一武道会。の日でしたが生憎の雨。
高強度で走るローテの日なのでローラー台トレを。と言うことで先週できなかったプロジェクト280を・・・とも思ったのですが

今週末は「堺浜クリテ第一戦」が開催されます。
私はビギナーI&90分エンデューロでエントリーしています。

週末のレースに向けてZwiftのレースで気分を盛り上げておきたいなぁ~と思って開催レースを調べてみると20時15分から「KISS Amerias AM Race」というのがありました。どうやら60分の耐久レースのようです。
ローラー台での60分間のレースはかなりキツい事になりそうですが本番に向けて良いトレーニングになりそうです。早速エントリー♪

今回の目標もぶっ飛んでいく先頭集団は諦めてセカンドグループをキープして60分を走りきることと定めます。60分は長いからそれだけでも大変だろうな・・・と

そしていよいよレーススタート!!
300W超で飛び出して集団が形成されるまで必死のペダリングで無事先頭?集団に合流成功!!もしかしたら数名逃げてるかもしれませんがとりあえず集団としてはメインの先頭集団に乗れたようです。

集団形成後は
これちょっとキツいペースかなぁ?
と思いながらも270Wくらいのペースで平坦を走り続けます。キツイけどギリギリ付いていけるペース。しかしこれを60分続けるのは難しいよなぁ・・・
そう思いながら走り続け集団は山岳地帯の突入します。
「ここが鬼門!ペース上げて遅れないようにしなければ・・・」
と分かってはいるのですが既に自分としては限界に近いペース。
それなのに集団は一気に加速!!280Wくらいで必死に追いかけますがジワジワと引き離されて先頭集団からはここで涙のお別れです。

先頭集団はたった15分しか保たなかったな・・・と気を落としつつもレースはまだ1/4ほど。気を取り直して単身集団を追いかけながら走り続けます。
暫く走っていると日本人の方と合流。この方(C)ランク(PWR3.2kg/Wまで)を名乗っておられますが明らかにそれ以上に速い!(ちなみに私は(B)ランク(PWR4.0kg/Wまで))
何度か突き放されそうになりつつ必死に追いかけ逆に突き放そうとしてもしっかりと食いつかれお互い競り合いつつ暫くランデブー走行を続けます。
暫くそうしていると後ろから大人数のセカンドグループが追い上げてきました。数の力には抗えず二人共集団内に吸収されます。
そこからは二人共セカンドグループに合流しての走行が続きます。
セカンドグループに入れば集団の効果で少し落ち着けるかと思ったのですがこれが意外と厳しくあまりペースは緩まず250Wくらいでの走行が続きます。
そしてまたまたやって来ました苦手の登り区間。
セカンドグループなら何とか喰らいついて・・・と270Wくらいまで必死にペースを上げて走るも集団はそれ以上のペースにアップ!

どうして俺以外の奴らは登りでこんなにもパワーが出せるんだよ!!!

途中まで何とか追いすがるもやがてズルズルと後退・・・
セカンドグループからも無念の脱落です。

集団から落ちた私は悲しき単独走となりますがここでレースを諦めたくない!
集団という目標を失いましたが、それでもここまで続けてきた250Wキープを必死で守りながら走り続けます。
すると40分過ぎくらいに集団が少しずつ近づいてきます。
セカンドグループ!?まさか単身で追い付いたのか?
こうなったらもう追いつくしかありません。疲労はかなりのものとなってきましたが気力を振り絞って何とか少しだけペースアップして先行する集団に迫り続けます。
そしてスプリント区間で遂に集団に合流!まさかのセカンドグループ復帰!やった!!
(と思ったら実はセカンドグループは分裂していて第三グループだったみたいですが)
気を良くした私は続く短い登りも集団内で走り抜けてレースは「Watopia Figure 8」コースのゴール地点間近に迫ります。ここで集団は一気にペースアップ。
「ん?60分耐久レースだからこのゴール地点には意味無いんじゃないの?」
と思いスプリント合戦には加わりませんでしたがゴール通過後集団の多くはここで一気にペースダウン。
「レースお疲れ様」
「良いレースでした」

的な会話(英語ですが)を繰り広げています。
え?これで終わりなの?と私も釣られてペースを緩めますがゲーム画面上ではまだレースは続いていることになっています。経過時間はこの時点で45分ほど。
「皆レースをやめてるし、自分もこれでゴールにしてしまっても良いのでは?」
と思いかけますが60分走るつもりだった私はまだ燃え尽きていません。
ここで終わって良い訳がない!
切れかけた気持ちを繋ぎ止め再加速。何とか250Wペースにまで出力を戻してレース続行です。
既に大半はレースを止めていますがそれでも走り続けている人は何人か残っています。先行する人の背中を目指し残った力を振り絞って回す回す回す・・・既に脚は終わりかけ疲労は限界近いのですがここまで来たら最後まで走りきるしか無い!!
何とか最後まで250Wペースを守りきって60分耐久レースを完走です!!

60分間の平均パワーは257W

これは60分間のパワーとしては過去最高の値で私の体重が64kgですから初の60分間での4倍超えを達成!!!

20分間からの推定FTPとしては4倍を達成したことはありますが実際に4倍以上で60分走りきれたことは一度も無かったんですよね。これで胸を張って4倍達成!!と言うことが出来ます。
いや~ここまで長かったけど少しずつではありますが成長できているんですね。なかなかトレーニングの結果が出なかっただけに、こうやって数値として見える結果が出るのはやはり嬉しいものです。シミジミ・・・(あとはそれが実走に反映できれば良いんですけどね)

ちなみにレースのリザルトですが24位/98人でした。Bランク内でも14位。まだまだ上位陣の壁は厚いですなぁ・・・でもまあ4倍を達成したから次回からAランクじゃね?
と思ってZwiftのレース結果を管理しているZwiftPowerサイトで今回のレース結果を確認したら
KISSAM161213
ありゃ?3.96倍。どうやらZwiftPowerサイトでは今回のレースは1周30kmのレースとして登録されていた模様。参加者の多くが一周完走でレースを終えたのはそういう理由ね。
で、1周約40分のパワーから60分の推定パワー値を計算した結果がこのレースのPWRとなるのでその計算だと惜しくも4倍に達せずBランク止まり(4倍を超えるとAランクへの昇格を求められます)
ZwiftPowerでAランクになるのが一つの目標だったので今回イケるかなと思ってたんですが残念ながら達成ならず。でもあと一歩まで迫っているので年内にAランク入りを目指してまた頑張ってみようかと思います。

そんな今回のZwiftレースの走行データは以下のとおりです。

ローラー台161213

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

久し振りに五月山TTに挑戦!な北摂ライド

12月に入り徐々に冬らしくなりつつあります。
とは言え関西圏はまだ山間部の路面が凍結したり積雪するほどに寒くは無いので今月いっぱいくらいはまだヒルクライムが出来そうな感じです。1月になると流石に標高のあるコースは厳しいでしょうから今のうちに走っておきたいところですね。
北摂の場合だと勝尾寺くらいまでならほぼ年中走れますが、妙見山や天狗岩あたりは雪に覆われると危険ですからね。

という訳でこの週末は久し振りに五月山にTTやりに行くことにしました。
いやStravaでザッキーさんが五月山走った時に「近いうちに私もTTやりにいきますよ!」とコメントしたんですが、口先だけでずっと放置したままになってまして(笑)
年内になんとか行っておかねばと重い腰を上げて挑戦することにしたのです。

当日は朝早起きして午前中に走り終える・・・つもりでしたが6時に目覚ましセットしたのに起きたのは8時・・・完全に寝過ごした。この時期の二度寝は気持ちよすぎてヤバイ!!

朝食を済ませてちょっと休んだでたりで結局出発したのは10時頃。
今日は一日晴れ予報だし、この時間になると外は結構暖かくなるので
「これくらいの気温なら秋用装備+下り用のウインドブレーカー所持で充分行けるな!!」
と判断し秋用の薄めの長袖ジャージ+ビブタイツ+グローブで出発です。
いや軽装のほうがタイム出ると思いましてね(フラグ)

さてこの日の本命は五月山ですがいきなり挑戦せずまずは肩慣らしで勝尾寺だな。
と思い勝尾寺経由で五月山を目指すことにします。

まずは勝尾寺でヒルクライム。まあ14分は切らないとね。と思いつつスタート。
勝尾寺は280Wペースで走りきることを目指します。
しかしこの日は生憎の激しい向かい風。パワーメーターは280W出ているのにもどかしい程に進まない!
ストレート区間で向かい風に苦しみ、ここを抜ければ!とコーナーを曲がるとまたしても激しい吹き下ろしに阻まれるという厳しい展開で気持ちを切らしてしまい前半9分半と全く駄目駄目。
いやそれでも270W以上は出してるんですけどね。普通は9分は切れるパワーっすよ(←言い訳が見苦しい)
後半何とか挽回したいと頑張ってみるも前半出遅れが響いて勝尾寺のタイムは14分18秒。何という情けないタイム。
トータルの平均パワーは271W。これも目標の280Wに達せず。タイムが出ないのは百歩譲って仕方ないとしてもパワーには風は関係ないしアカンTTだったと言わざるを得ず。なかなか速くならんなぁ・・・

ガックリしつつ勝尾寺を下って五月山を目指します。

五月山は昨年の一時期「打倒平均くん!」を目標に連続して走っていたのですが平均くん超えを達成した後は足が遠のいていて実に一年ぶりのTT挑戦となります。

いや五月山自体は後半の路面がちょっと荒れているのを除けば概ね良いコースだと思うんですが走り終わった後、更に先を目指すとその先は裏五月山も箕面ダムも路面悪くて走りたくないコースなんですよね・・・とは言え五月山単独だと遥々箕面まで来て物足りないですし・・・

それはさておき、五月山TTです。
かつて初めて挑んだ時にはとんでもない激坂が出迎えてくれてビビった難コースではありますがあれから一年以上経ちました。その間、六甲逆瀬川コースやら大台ケ原やら激坂コースは色々走ってきました。
今更、五月山程度の坂など恐るるに足らず!
前回挑戦時は24分42秒か・・・目指すは24分切りだな!

かくしてスタート地点についてちょっと休憩を入れた後いよいよTTスタートです。

このコースの特徴は忘れてないぜ。スタートから秀望台まではいきなりかなりの激坂が待っているものの厳しい激坂はこの区間だけ!ここを抜ければ後は流れで何とかなるってもんよ!

と意気込んでスタートするもやはり秀望台までの激坂はキツいの一言。
確かに色々激坂コースは走ってきたけどだからと言って別に激坂が得意になったわけでも何でも無かったわ!
秀望台にたどり着いた時には早くもヘロヘロになるもまだまだ先は長い。
とは言えこの先はもう激坂は無いから何とかなるはず!
そう思っていた時期が私にもありました。
久し振りに走ってみるとこのコース斜度が目まぐるしく変わって結構きつめの坂が何度も待ち構えています。
そう言えばそうだったわ。序盤ほどの激坂はもう無いとは言え最後まで楽はさせてくれないコースだった・・・

途中で何度も挫けそうになるも勝尾寺で無様な走りを晒した悔しさを思い出しながら必死で260W維持を目指して走り続けます。
終盤に入り何故か快晴の予報に反してポツポツと雨が落ち始めますが火照った身体が冷えて有り難いくらいだ!と気持ちを切らさず走り続けて最後の上りに突入。
残った力を振り絞って気合のダンシングクリア!タイムはどうか!?
23分45秒と自己ベストを約一分の大幅更新達成!!(と言っても一年以上も前のタイムですがw)
平均パワーも254Wとまずまずといったところでしょうか。もっとも本当は260W目指してたんですけどね・・・(苦笑)

この後、雨が激しくなってきたけどどうせ通り雨だろうと思ってそのまま裏五月山を下って次の目的地の妙見山を目指しますが、裏五月山は相変わらず路面が良くない・・・
その上路面には落ち葉が積もった上に雨が降り注いでかなり危ない状態に。
ゆっくりゆっくり気をつけながら下って次の目的地、妙見山のスタート地点に向かいます。

本日3本目は妙見山TT。
流石に疲れが出てきた上に、道中の下り区間は雨でセミウェット状態なのであまり飛ばさないよう気を付けつつ走ったこともありタイムはほぼ23分くらいの凡タイム・・・だったんですが、最後駐車場ではなくその下のコースからゴールしたらちゃんと計測されずに何故か24分弱くらいのタイムに。
何方だったかのブログでゴールが下のコースに変わっていたと見た記憶があったのに変だなぁ?と思って確認してみたら別に変わってませんでした。何だったんだろ?
まあ今回はタイム更新出来たわけでもないので構わないんですけど次に走る時はやっぱり上の駐車場に駆け込まないと駄目ですね。あそこ鎖で閉鎖されているので最後担いで越えなきゃならんのですが(汗)
このコースは平均パワー247Wでした。3本目としてはまぁまぁということで。

しかし妙見山でまたしても通り雨がきて身体が濡れてしまい、下りはウインドブレーカーを羽織って走るも身体はすっかり冷え切ってしまいガタガタ震えながらもダウンヒルとなってしまいました。
この時期に、秋用装備で雨に振られては流石に厳しい!!次回からは防風ジャージ&グローブ装備で走ろうと固く誓って冬の北摂を後にして帰路に着きました。

今回の北摂TTの旅は勝尾寺で駄目駄目な凡タイムに終わってしまった悔しさは残りましたが本命の五月山はまぁまぁのタイムが出せたのでとりあえず良しとしましょう。
妙見山は・・・計測が上手く行かなかったことを差し引いても、もうひと頑張りかなぁ。
とりあえず勝尾寺は290W、五月山や妙見山は270Wくらいのアベレージで走れるようになればもう一皮剥けられるんじゃないかと思うんで引き続きトレーニングあるのみですな。
これから本格的な冬が来るので何時まで走れるか分かりませんが機会を見つけてちょくちょく走りに行きたいものですね。

そんな今回の北摂ヒルクライムの旅の走行データは以下のとおりです。


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村

いよいよ冬だけど頑張る今週のトレーニングまとめ

先週はナイターレースでバタバタしていたら一週間のまとめ書くの忘れてました。
気を取り直して今週一週間のトレーニングまとめです。
季節は冬を迎え外を走るのが辛い季節になりつつありますが、Zwiftのおかげもあって何だかなんだでそれなりに乗れている最近です。

12/3(土) メタセコイア並木観光ビワイチ

12/4(日)ビワイチお疲れ休脚日

12/5(月)Zwift固定ローラー台 SST20分×2
早朝の補助トレーニングの重量を片側5kgずつ増やし25×2の計50kgにアップ!!
・ウォーキングランジ:ダンベル25kg×2で100mウォーキング
・スティッフレッグド・デッドリフト:ダンベル25kg×2で30回×3セット
たかが10kgされど10kg。キツさが一気に跳ね上がった感じ。ランジはあまりのキツさに往路で力尽きて道端で崩れ落ちる(笑)復路は休み休み歩いて何とか完遂。
しかしヘロヘロのままデッドをやったのが良くなかったのか背中を痛めてしまい深呼吸するとズキズキ痛む。何やってんだか。
夜のローラー台は背中痛いので無理せず軽く回そうと思ったら意外と回せたので途中で方針変更でSST強度20分×2のトレーニングに。それなりに回せたのは良かったかと。

ローラー台161205

12/6(火)天狗一武道会参戦
レース参加やら悪天候やらで中々参加できずにいた天狗一武道会に久し振りに参加。
この日は、1号。さん木田さんの何時ものメンバーに加えて1号さんの人脈で瀧上さんが初参加。
人数が少ないので今回は同時スタート。序盤は木田さん、1号さんの引きで始まるもローテが瀧上さんに回ると力強く引いて下さるのでそのまま瀧上さんに先頭をお願いして平坦区間を中盤まで快走するも途中で切り離される(笑)
平坦区間後半は残った3人でローテを回しながら走り終えて激坂小学校区間へ突入。
いつもここで脱落するので気合い入れて回して天狗岩コース入口まで1号さんの背中に張り付いて追いすがるも天狗岩の激坂でやはり付いていけなくなり徐々に遅れだす。
しかし何とか頑張って回し続けて背中が見える範囲で必死の追走。
結局最後までギリギリ背中が見える範囲で走りきってタイムは34分41秒。久々の34分台は自己過去3位となる好タイム。冬場のタイムとしては悪くないところかと。
木田さんは今回不調だったようで実に久し振りに木田さんに勝利!と言うか最下位じゃないのが久し振りかな(笑)
今回も皆さん有難うございました。
天狗一161206


12/7(水)Zwift「ASIA Wed Night Race」参戦
昨日天狗一で気合い入れて走ったので回復走の予定だったが、Twitterで知人が参戦すると聞いて一緒に走ってみたくなって私も「ASIA Wed Night Race」に参戦することに。
序盤は飛び出していった集団に喰らいつき何とか集団内で走り続けるも最初の一周で早くも脚が重くて付いていくのが辛くなる。
やはり昨日の今日でレース参加は無理があったか・・・
結局全3周のレースの1周目終盤のストレートで突き放されメイン集団から脱落。ここで
「これ以上は脚がもたない!もうレースやめゆ!!」
と脚を緩めかけるも
「流石にここで止めると短すぎてトレーニングにならんなぁ」
と思い直して無理のないペースで走り続けてみようとレースを再開。
すると上手い具合に同じように集団から脱落したと思われる日本人2人と合流することができ、以降は私を入れたその3人でローテを回しながら走り続けることに。
この2人とは本当に脚が合うようでかなりキツいペースながら何とかローテを組めば走り切れるギリギリに近いペースで残りの2周を周回。
超キツいけど走り方を見ていると他の2人も同じようにキツそうなのが伝わってきて
「これは負けていられない!」
と励まされ折れそうな心を必死で繋ぎ止めて我慢の走り。バーチャルライドでこれが出来るのがZwiftの楽しいところ。
最後は3人でスプリント勝負!!一人飛び出したのを追いかけてドラフィティングに入り最後に刺そうと400W超で並びかけるも向こうも気付いたようでそうはさせるかと再加速。ゴールゲートを抜けたタイミングはほぼ同時ながら残念ながら一歩及ばず。
結局走行時間43分18秒、平均パワー248W、Bランク4位でフィニッシュ。
疲れが残っていた割には中々良いレースが出来たのではないかと。

ローラー台161207

12/8(木)Zwift 合同ライドイベント「ECC Thursday Spin Ride」参加
2日続けて高強度で走ったら筋肉痛がとれず足の付根が痛むのでこの日は回復走がてらZwiftの合同ライドイベントに参加することに。
Avg.160~170W位の緩めのペースで1時間皆でペースを合わせて走るイベントなので回復走には最適。
ついでに現在開催中のSPECIALIZEDのバイクで50km走ると抽選でバイクが貰えるイベントにエントリーして合同ライド後も黙々と走り続けて50kmを完走。
強度縛りがなくレースもしない日は精神的に楽ですな。まったりw

ローラー台161208

12/9(金)明日の実走に備えて休脚日

こんな感じの一週間でした。
あ、今週補助トレ一日しかやってねぇ。いや背中を痛めたので完治するまでは…と思っていたら天狗一参加やらレース参加やら50kmライドイベントやらで時間がですね・・・
はいゴメンナサイ。来週からは気持ちを入れ替えて頑張ります。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村