乗鞍に向けての最終試練!金剛山ロープウェイ連続TTに挑め!

8月も終盤を迎えサイクルレースも盛り上がっていますね。
今週末の日曜日は関西では「高取城・戦国ヒルクライム」が開催されO.H.C.から数多くの方が参加されます。残念ながら私は参加しませんがO.H.C.の皆さんの健闘を遠くから祈っています。

本当は私も皆さんと一緒に参戦したかったのですが、来週は
「全日本マウンテンサイクリングin乗鞍」
が開催され私はそれに参加予定なのです。今の私の実力では2週連続でレースに出ても消耗しきって実力を発揮できなくなるのは必至ですので涙を飲んで乗鞍の方に集中することにしました。
私は今まであまり乗鞍について語ってきませんでしたが正直言ってやる気満々です。
エントリーした時はまだロードバイクを始めたばかりで「完走が目標です!」とか言ってましたがあれから自分なりにトレーニングや実走を重ねてきましたから、勿論完走だけで満足できるはずもありません。
とは言えあまり地に足が付いていない目標を立てても仕方がありませんので
「初心者の壁と言われている1時間30分以内」を目標タイムとしたいと思っています。

さてレースを来週に迎え今週末は乗鞍に向けての最終調整を行うことにしました。
乗鞍は平均斜度6.1%とそれほど急な坂ではありませんが距離は20.5kmありますので長距離緩斜面のコースで練習を行うのが良さそうです。
近場で長距離緩斜面のコースと言えば北摂の「府道110号線南」コースが有りますがこのコースは全長は10.6kmとかなりものがありますが、平均斜度が3.8%しかありません。仮想乗鞍としてはちょっと緩斜面すぎますね。斜度的には私のホームコース勝尾寺はいい感じなんですがこちらは距離が4.4kmしか無いので仮想乗鞍としては短すぎます…
となると関西では、富士ヒルや乗鞍に挑む人たちの練習コースとして名高い「金剛山ロープウェイ」コースに行くしか無いのでは!!
このコースは全長10.2km、平均斜度5.3%、最大斜度10.0%となっており仮想乗鞍としてはかなり理想的です。(もう少し距離があればなお最高なんですが)
問題なのは自宅から片道40kmほどあるので移動だけでかなり時間が掛かってしまうことですが大会一週間前ですから四の五の言わずに挑戦あるのみです!

朝の涼しいうちに挑戦を済ませてしまおうと朝6時過ぎに自宅を出発し8時過ぎにはスタート地点の森屋交差点に到着!少し休憩して、いざスタート…と思ったのですがここでまさかのゲリラ豪雨!
金剛山RWスタート150822
スタート後だったら思い切ってそのまま走ったかもしれませんがスタート前で、しかもかなりの豪雨だったので安全を考え無念の撤退。最寄りの道の駅で雨宿りすることにしました。
スタート地点の近くに「道の駅かなん」があったのは本当に助かりました。ここはこの後トイレ休憩に何度もお世話になることになります。
金剛山RW道の駅150822
30分ほど休んでいるとさっきの豪雨は何だったのか?というレベルで綺麗さっぱり雨があがりましたが路面は所々に水溜りを残すハーフウェット状態。少々不安はありますがここまで来た以上引き返す手はありません。再びスタート地点の森屋交差点に向かい改めてスタートです!
このコースの平均くんは36分54秒。何時もなら36分を目指すところでしょうが今日は乗鞍に向けての最終調整。気持よく乗鞍に挑むためにももう少し目標を上げて35分切りを目標としました。
と言っても初めて走るコースですし、激坂など無い緩斜面コースですから斜度に応じてペースを調整することもできません。
仕方ないので「とにかく最後まで頑張って走る」作戦で走ってみることにします(笑)
このコースはスタートから暫くはアウターオンリーで走り切れる緩斜面が続きます。
勝尾寺がホームコースの私としてはこのくらいの斜度はわりと得意とする所。気持よくペースを上げながら登っていきます。
1/4弱くらい走った辺りの分岐点通過後から斜度が上がりアウターだけでは厳しくなってきますのでここは意地を張らずに素直にインナーに切り替えます。
そこから暫くは斜度がコロコロ変わるので忙しくシフトチェンジを繰り返しながら進み橋を渡ると、そこから先は比較的高めの斜度(このコースにしては)が続く我慢区間に突入します。個人的には先の長いこの辺りがこのコースで一番辛かったです。
更に進むと少し斜度が緩み終盤の目印鱒釣り場が見えてきます。
金剛山RW鱒釣り場150822
確かここが見えたらあと少しだったはず!(←トラップです)
そろそろ終盤だし気合い入れ直して頑張るぞ!と思うも一向にゴールが見えてきません。
おかしいな~おかしいな~と思いつつ登っているとようやく左側に駐車場が見えてきます。
確かゴールは駐車場先の休憩場だったはず。つまり今こそラストスパートだ!
と華麗にダンシングを決めつつ走り抜けると休憩所が…無いやん!!ここじゃねぇ!!

余計な体力を消耗しつつ少し走るとまたも左側に駐車場が見えてきます。
今度こそゴールだ!!とまたもダンシングを決めつつ走り抜けると休憩所が…無いやん!!ここでもねぇ!!
結局ゴールはその更に先で駐車場は休憩所から少し左に登ったところでコースから直接は見えない位置にありました…見えてる駐車場は全部トラップだったよ!(泣)
余計な体力を消耗しつつ、やっと見えたゴールの休憩所に向けて残った体力を振り絞って意地で最後のダンシング!!さあタイムはどうだ!?
金剛山ロープウェイヒルクライム:34分41秒(初挑戦。平均くん36分54秒 2015/8/22現在)
やりました!初挑戦にして平均くん撃破は勿論、更に目標タイム35分もクリア!
乗鞍に向けて今の自分としてはかなり良いタイムが出せたんじゃないかと思います。
金剛山RWゴール休憩所150822

さて、はるばる金剛山まで来ておいてタイムトライアル1回だけなんて勿体無いですよね?
コースレイアウトも把握しましたしここはもう一丁行くしか無い!!
道の駅まで戻ってトイレ休憩だけ済ませて再び森屋交差点に戻り2度目のタイムトライアルスタートです!
2度目は関西ヒルクライムTT登録のため「好タイムを出さなければならない!」というプレッシャーから解放され、しかもコースレイアウトも頭に入っているので初回に比べてかなり気持ちよく走れます。勿論疲れはあるので同じペースで走れるわけでは無いのですが2度目のTTが今回一番楽しかったですね。
金剛山ロープウェイヒルクライム2本目:35分40秒(ベストタイムから59秒遅れ)
2本目は大体初回から一分遅れでした。2本目でこのタイムなら悪くない結果だと思います。
さて2本目が楽しかったので調子にのって3本目にも挑戦することにしました。我ながらかなり脳天気な判断です。
しかし3本目となると流石に疲れがたまってきてスタート直後から脚が重く感じられます。
「これはアカン挑戦だったのでは!?」と思ってしまいますがスタートしてしまった以上引き返すのも勿体無い(笑)ので行ける所まで行ったれや!とばかりに先のない無謀な挑戦を続けることにします。
それでも中盤のアップダウン区間あたりまでは何とかなったのですがその先の斜度の上がる中盤辺りから疲労がピークに達しペースが維持できなくなってきます。
終盤は更に疲れ、ヘロヘロになってしまい2本目と違ってかなり苦しいライドとなりますがそれでも「これで今日ラストのTTだから!!」と自分に言い聞かせて何とか最後まで全力で走り切ることが出来ました。
金剛山ロープウェイヒルクライム3本目:36分37秒(ベストタイムから116秒秒遅れ)
3本目はかなり疲れていてもうタイムの確認どころじゃなかったのでかなり悪いタイムを予想していたのですが意外にも2本目から一分遅れに留まりました。何だかんだで最後まで諦めずに全力で走りきったのが良かったのでしょうか。
この結果何とビックリ3本連続で打倒平均くんという快挙(自分としては)を達成することが出来ました。
3連続TTを達成したので早速O.H.C.のLINEで報告することにします。
内心「3連続TTを成し遂げた私を褒めて褒めて!」と思っていた(調子に乗るなよ…)のにO.H.C.の韋駄天クライマー「れすとまんさん」が
「もう1本登るのがやまちゃんさんですね」と無情の宣告。
「どうか許してください…ガチで無理っす!」と答えるも
関係ない行け150822
※画像はイメージです

何故かもう一本登ることになりましたよ(号泣)
持ち込んだ食料は食べ尽くしたのでスポーツドリンクを流し込んでまさかの4本目スタート!
しかしスタート直後から思わず泣きが入る脚の重さ!3本目の比じゃねぇ!
アップダウン区間はギアを一段落とさないとクリアできず中盤の斜度の上がる区間に入ると背筋が疲労で痛み出します。
「今度こそもうアカン…辛いっす…」と思うも頭を過るのは何方かから聞いたヒルクライムのコツ
「辛いからとペースを緩めると苦しい時間が長く続くだけ。苦しい時こそ頑張って走りきったほうが結果として楽だよ!」
これ意外と真実なんですよね。勿論今までのようなペースではもう登れませんがそれでもこの苦しみから逃れる為にも何とか頑張って走り抜かねば…と疲れきった身体に鞭打ち我慢に我慢を重ね中盤以降の斜度の上がる区間を駆け抜けます。
そしてラスト区間!今までの3回は全てダンシングで駆け抜けたのにもう立ち上がる力が残っていません。それでも身体を思いっきり前傾させてケイデンスを思いっきり上げて渾身のラストスパート!「今度こそ、これでラストだ!」と言い聞かせて全てを出し尽くしてゴール!!まさかの4連続タイムトライアル無事完走です!
金剛山ロープウェイヒルクライム4本目:38分08秒(ベストタイムから207秒秒遅れ)
頑張りましたが流石に疲れがでてタイムは大きく落ちて38分台となってしまいました。
もうタイムトライアルレベルのタイムでは無いかもしれませんがこれで精一杯です。

予定外に4本も走ってしまい予定時刻を大きく過ぎていたので急いで引き上げることにしたのですが帰り道がまた地獄でした。
帰りは基本たいした坂は無いのですが何しろ距離が片道40kmほどあります。
元気な時ならなんて事無い距離なのですが消耗しきった身体には予想を大きく越えて過酷な道程でした。早く帰って休みたいのに思うようにスピードが出せないのです。
「疲れたよ~スピードが出ないよ~」とか思い泣きそうになりながら(笑)必死で走って帰ったら何故か帰りの平坦区間でKOM(King Of Mountain=区間最速の称号)を取ってました。
「何でやねん!!」

そんなこんなで乗鞍に向けての金剛山ロープウェイでの調整(何処がやねん)ライドは楽しく苦しく、そして充実したライドとなりました。
予想外に4回も登ってしまいましたがタイムはラスト以外は結構満足できるものとなりましたし、大会に向けて長距離を走り込めたのは良い自信となりました。
あとはこの成果を大会本番で発揮するのみですね!
大会本番では何があるかわかりませんが楽しみつつ目標タイムを突破できるように頑張りたいと思っています。

今回の走行データは以下の通りです。


金剛山RW4連続TTお疲れ様と思ったらクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

いよいよ乗鞍が迫ってきましたな
調子が上手くいけば81分くらいではないかと予想しています
ただし初レースのハイテンションで飛び出さなければw
朗報を期待しています!

れすとまんさんはDio様やったんや!
どうりで裸が似合うと思ったw

乗鞍一度は行きたいっす。この火曜水曜が連休なんで行ってまうか!?と思ったんですが台風が来るようですね(´・ω・`)

No title

こんにちは!!まさか自走だったとは…
いや、てっきり車載か輪行かと思ってましたよ…
それでも4本やっちゃうあたりはさすがのスタミナですね。
僕ならお金もらってもやりません!!!(笑)

で、今日は上福井~天狗岩を3往復するらしいですね(笑)

Re: タイトルなし

ザク豆腐さん、いよいよ大会も間近で気持ちも盛り上がってきました。
81分ですか!それ位で走れたら言うことなしですが初レースなのでやってみないとどうなるか全く分からないです。
ですがアドバイスを守って序盤で飛ばし過ぎないよう気を付けますね。私の場合よっぽど気を付けていないと必ずやっちまいそうですから(笑)
良い報告ができるよう頑張ってきますね。

Re: タイトルなし

トプローさん、あの圧倒的実力と存在感はDio様のそれですよ!
そのカリスマ性にヌケサクである私は逆らえないのです(笑)
乗鞍は私も初めてなので楽しみです。景色を楽しむ余裕があるかは不明ですが。
火曜日は…台風上陸予定日ですね。通過コース次第ですがちょっと無理っぽいでしょうか。

Re: No title

れすとまんさん、車持ってないので自走でした。
遠くまで行ったので折角の機会とついつい調子に乗ってTTに挑んでしまいます。
でも4本目までやってしまったのは、なんもかんもれすとまんさんの所為です(笑)
上福井~天狗岩3往復ッスか!?まだ2往復しかやった事無いですが激坂を含むあのコースの3往復は金剛山RW4往復に勝るとも劣らない辛さになりそうです。
いやぁ~来週が乗鞍じゃなければやったんですが残念だなぁ~(棒)

No title

またエゲツナイ事をww

いよいよ乗鞍ですね!

同じ△ジャージ仲間として 本っ気で応援してます!!!

Re: No title

ラスガスさん、一週間前で本格的に走り込めるのは最後となるので悔いを残さないよう頑張ってみました。
大会当日は我々のあの△ジャージを着て走ってきますよ!
結果にもこだわりつつ楽しんできたいと思います。

No title

TT4本+自走80kmですか・・・やまちゃんさんの底知れぬスタミナ恐るべし・・・
しかもTT4本とも+5分以内にまとめてしまうのがやまちゃんらしい。
僕なら2本目で諦めてます(笑)
やまちゃんさんのクライム時の脚質は、緩斜面+ロングなのではと思います。だとすれば、乗鞍はもってこいですね。頑張ってくださいよ~v-14

Re: No title

K(きゃべつ)さん、ありがとうございます。10kmコースのTT4本は流石に疲れましたが3本目まで平均くん超のペースで走れたことは大会を前にして大きな自信になりました。
私には速さは無いのですがそこそこのペースで粘り強く走りぬく走り方は出来るようになってきたと思いますので乗鞍でも納豆の様に粘り強く走って最終的に満足できる結果を出せればと思ってます。頑張ってきますよ~!

コメントの投稿