全日本マウンテンサイクリングin乗鞍2015参戦レポート

いよいよやって来ました、私の初レース「全日本マウンテンサイクリングin乗鞍2015」
今年の1月よりロードバイクをはじめヒルクライムの楽しさにはまり、遅いながらもブログで結果を報告しながら楽しく走っていた時、ブログを通じて知り合ったぶりっかーさんから「乗鞍のヒルクライムレースに出場するので良かったら一緒に参戦しませんか?」とお誘いいただきました。
その時は「20kmもある長距離レースなのだから完走できればそれでイイかな?」と軽い気持ちでレースに同行させていただくことにしました。
ですがその後、ますますヒルクライムの楽しさに目覚め「せっかくレースに参加するなら目標タイムを設定し、その目標目指して走ってみたい」と思うようになりました。

以前書いたように今回のレースの目標タイムは初心者の壁と言われる「90分切り」
今までの練習の成果を発揮して目標達成は成ったのでしょうか?

■大会前日

大会前日はぶりっかーさんに迎えに来ていただき朝7時過ぎ頃に大阪を出発。
ぶりっかーさんに運転を全てお任せするかたちで前日受付の乗鞍高原観光センターへ向かいます。(ぶりっかーさん、本当にありがとうございました)
途中でせっかく乗鞍方面まで来たのだから…と言うことでこの辺りの名物の信州そば屋で腹ごしらえ。
乗鞍前日食事
道中は交通量の多い松本側を避けたため渋滞に巻き込まれること無く無事受付開始の13時頃に受付に到着し受付を済ませます。
この段階で会場の天気は曇り。気温は涼しくこのままの天気が続いてくれれば問題なく走れそうな感じです。翌日は雨予報だったのですが「どうかこのまま曇りで天気が持ってくれ!」と願いつつ会場を後にします。
その後、乗鞍を離れ宿泊先の松本の「さざなみ旅館」に向かいます。大会周辺の手頃な価格の宿泊施設は大会の抽選結果が出る頃には全て埋まっていたので宿泊先を見つけるには松本まで離れる必要があったのです。
旅館に到着後に一服した後、移動でガチガチになっていた身体を解すためにホテル周辺を10kmほど調子を確認しつつ走ってみます。
金、土曜日とノーライドだった為、脚は軽く調子は上々。あとは天気さえ何とかなってくれれば…と思いつつこの日は眠りにつきます。

■大会当日
大会当日の朝は雨音で目を覚ましました…眠りを妨げるほどの雨音…願い虚しく大会当日は土砂降りとなってしまいました。
「これはもしかすると大会中止さえ有り得るのでは?」と思うほどでしたが山の天気は変わりやすいと言いますし、とにかく会場に向かうことにします。

スタート地点に到着すると雨にも関わらず多くの車が既に集まっており会場周辺には駐車できそうにありません。仕方ないのでスタート地点までは自転車で移動することにして会場からかなり離れた位置に駐車します。
会場は到着してからずっと土砂降りで雨の上がる気配はまるでありません。「これは安全のためDNSも覚悟した方が良いかもしれない…」と弱気な考えが頭をよぎりますが、ぶりっかーさんと相談したところ、DNSなどまるで考えておられない様子。
そのやる気満ち溢れる態度に私も
「せっかくここまで来たのに弱気になってDNSではあまりに勿体無い。とにかく出来る限り走ってみよう!」と決意を固めます。

スタートまでそれ程多くの時間が残されているわけでは無いので早速着替えてスタート地点へ向かうことにします。
レースに臨む服装は悩みましたが上は半袖ジャージで帰りはレインジャケットを羽織って防寒対策、下は長ズボンのレースタイツ(念のため半ズボンショーツと両方持って行っていました)とすることにしました。上はジャージだけでは寒いかもとは思ったのですが走れば身体が温まると判断し、レインジャケットは下りの荷物にいれておきました。
乗鞍当日雨模様
スタート地点まで自転車で向かい下りの荷物を預けて会場でスタートを待っていると
「雨のため短縮コースを検討中です」とのアナウンスが流れます。
この雨では仕方ないか…と思いつつ続報を待っていると
「レースは雨が酷いので第一チェックポイントの三本滝レストハウスまでとし、スタート時間は一時間遅らせます」との決定アナウンス。
第一チェックポイント迄となると全体の1/3くらいの距離でかなりの短縮となります。残念だなぁと思いつつ開始まで一時間伸びたので周辺を走ってアップを済ませてから車に戻って雨宿りすることにします。

しかしアップのため雨の中を走ってみますが走っても雨で身体が冷えてしまい全然身体が温まりません。それでもレースコースを全力で走れば良かったのかもしれませんが
「寒いし雨でどんどん身体が冷えるしもう車に戻って休みたい…」
とすっかりアップする気を失ってしまいロクに身体が暖まらないまま車に戻ってしまいました。
道中、ローラー台を持ち込んで雨の中必死にアップを続けておられる方を何人か見掛けましたが「よし自分もアップを頑張ろう!」とはどうしても思えませんでした。

車に戻った後、唯一の防寒具のレインジャケットは既に預けてしまっているのでタオルで体を拭いた後はぶりっかーさんにお借りした毛布に包まりガタガタ震えながらスタート時間を待ち続けました。

■いよいよレース本番
スタート時間が近づいても雨は全く降り止まず、雨に打たれつつスタート地点に向かい、そのままスタートを迎えることになってしまいます。
乗鞍スタート
身体は冷え切っており、この状態でレースに臨むのは不安でしたが、ここまで来たらやるしかありません。
スタートの合図に合わせて周りに合わせて飛び出します。
アップができていないので序盤は抑えて走ろうと思い、中団あたりに付けてしばらく体調と周囲の様子を見ます。
中団に付けているので速度的にはそれ程速く無いはずなのですが走り始めてすぐに息が上がってしまいます。
「これが身体を冷やしたまま走り始めてしまった代償か…」と不安を覚えつつそれでも何とか中団からは脱落したくないと暫くは調子の上がらないまま中団の中で足掻き続けます。
「このまま中団に埋もれてレースを終えることになるのだろうか?今までの練習は何だったんだろう…」
と情けない気持ちになっていた時、グループの後方からスタートしたのであろう数名の集団が勢い良く私達を追い抜いていきました。
「このままレースを終えたくない!こうなったら一か八かでこの集団について行こう!」
と決意し、ガッシリした体付きのPINARELLO乗りの方にターゲットを定めて無理やりペースを上げて追走を試みます。
しかし、いきなり簡単にペースを上げられるはずもなく必死で走るもジリジリと差が開いて行きます。
「やはり駄目なのか…でも背中が見えている限りは諦めたくない…」
と離されつつも頑張ってペダルを廻し続けているとここでやっと身体が暖まってきたのか開いていた差が今度は徐々に狭まっていきます。
現金なもので「これなら行けるかも!」とスッカリやる気を取り戻し再び目標の背中を目指し追走を開始!
今度はジワジワと差を詰めていき、やがてすぐ後ろに付けるところまで追いつくことが出来ました。
すると雨の中でも気配に気付いたのか向こうも速度を上げて再び引き離しに掛かります。
そうはさせないと私も必死で追いすがりコース半ば過ぎまで二人のバトルが続きます。

しかしレース中盤過ぎ、更に調子を上げた私は遂にターゲットにさせていただいた方をパスすることに成功!
そのまま速度を上げて引き離すことに成功した私は続けて途中で私達を抜き去り少し先を走っていた派手なジャージの方をロックオン。今度はその背中を目指して走ることにしました。
この方とは脚が合うのか頑張って走ってギリギリ付いていけるレベル。
必死でついていくと前のグループの後方集団に追いつき、次々と追い抜きをかけながら残り区間を走り続けることになります。

結局その先ずっと、この方の背中を追い続けかなり接近してあと一歩に迫るも追い越しはならずに終盤を迎えます。
すると下山をしていた先行組の方々が口々に「あと少しだぞ!ラストスパート!!」と声をかけてきます。
それを聞いて二人共最後の力を振り絞りダンシングでラストスパートを開始!
あと少し、あと少し…と思いつつもお互いスパートをかけているので差を詰め切ることは出来ず最後まで追いつけないままゴール!!!

降りしきる雨の中、調子の上がらないままのスタートでしたが途中から何とか調子を取り戻し最後は自分なりに力を尽くして走り切り、何とか無事にゴールを迎えることが出来ました。
乗鞍ゴール撮影
ゴール地点で防寒具を受け取り、後発のMTB組のぶりっかーさんのゴールを待ちます。
暫く待っているとMTB組の中団あたりでぶりっかーさんも無事ゴール!
ゴール地点でお互いの健闘を讃え合います。
乗鞍ゴール記念撮影1
(写真はブログ仲間のラスガスさんデザインの山岳△ジャージです)

ゴール後に雨はますます激しくなり下山が危ぶまれましたが、ゆっくりゆっくり慎重に下って二人共怪我をすること無くスタート地点まで戻ることが出来ました。

こうして私の初めてのレースは終了しました。

■レースを終えて
乗鞍完走証
レース後に完走証をもらいましたが私のタイムは22分00秒。順位は同カテゴリーで157/596位でした。上位26%ということになりますね。
凄く良い結果…とはとても言えませんが、この雨の中走ることを決めたガチ勢のなかにあってこの結果は今の自分としては悪くない結果に収まったんじゃないかとは思います。
もし、しっかりアップを済ませて序盤から調子よく走れていれば…と思わないでもないですが、本気でアップをしようと思えなかった心の弱さを含めてこれが今の実力なんでしょうね。
やっぱりアップは大事だと分かったことを今回の一つの成果を考えたいと思います。

今回のレースは土砂降りの中の開催で短縮コースとなってしまい、思う存分に走れなかったこと、国内屈指の風景を楽しめるヒルクライムレースだったのに景色を全く楽しめなかったことなど悪天候ゆえに残念なことが多かったのですが、それでもレース中盤以降は調子を取り戻してバトルを楽しむことも出来ましたし、今振り返ってみると初めてのレースはやっぱり楽しかったですね。
一時は真剣にDNSを考えましたが無理をしてでも走って本当に良かったと思えます。
レースに誘ってくださり、更に雨の中走る勇気をくれたぶりっかーさんには感謝の一言です。

今回のレースは無事終わりましたが2週間後には次のレース「ヒルクライム大台ケ原」が待っています。
次のレースに向けて気持ちを切り替えてまたトレーニングを頑張って行きたいですね。
そして「次のレースこそは晴れますように!!」

今回のレースの走行データは以下の通りです。


レースお疲れ様と思ってくれたらクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

おつかれさまでした。
今になって思えば、これはこれで楽しいレースでしたよね(^^
車で待機中、鉄の男がまさか寒がってらっしゃるとは、気付いてなかったです。すみません(^^;
大台ケ原、降らないよう祈っています(^^

お疲れさまでした
雨のレースは難しいにも関わらず、デビュー戦で見事な結果だと思います!
大台ヶ原も頑張って下さい!

雨とは残念でしたなぁ。
しかしガチ勢の集まる大会で上位26%とは、なかなかの好成績やったんではないですか?

次の大台ヶ原こそはフルコース全力で楽しみましょう!

No title

初レース、おつかれさまです。
やまちゃんさんのロングでの安定したスピード・キープが生かせれなくて残念でしたね。去年の乗鞍もスタートは雨、今年の富士ヒルクライムも雨だったようですし、ウェット走行対策の練習も必要なのかもしれません。
しかし、大きな経験値を積まれたのではないでしょうか?今後ますます練習に身が入る予感・・・・

No title

乗鞍お疲れさまでしたー。

デビュー戦が雨とは・・・。でも雨でも出る強者ぞろいの中前1/4くらいにつけてるのは、初めて半年ですごいと思います。

ぼくは初めて半年でのぞんだ伊吹山では真ん中よりやや下でした(笑)。

大台ケ原晴れたらいいですねー。でも雨が多いところやし、とにかく晴れることを祈りましょー。

Re: No title

ぶりっかーさん、大会ではお世話になりました。
車での待機中はぶりっかーさんの毛布のお陰で寒さを凌げて本当に助かりました。あれがなかったらどうなっていたか…ブルブル…
色々ありましたけど終わってみれば何だかんだでアクシデントも含めて楽しかったですね。
また来年も(当選したら)参加したいと思っています。もしご一緒できるようでしたらまたよろしくお願いします。

Re: タイトルなし

ザク豆腐さん、生憎の雨のレースとなってしまいアップ不足で序盤は苦しみましたが中盤以降は調子を取り戻してレースを楽しむことが出来ました。
結果については完全に満足とは言えないまでも自分なりには頑張れたかなと思います。
大台ケ原はアップもしっかりやって悔いのない走りがしたいですね。

Re: タイトルなし

トプローさん、雨となってしまい本当に残念でした。最後まで走って絶景を楽しみたかったのですが…
結果については序盤で苦しんだ割にはトータルとしては悪くない結果に落ち着いたのである程度の満足感はありますが次の大台ケ原はアップをしっかりやる等もう少し頑張りたいところです。

次の大台ケ原はお互いレースを堪能できるよう晴れてくれると良いですね。

Re: No title

K(きゃべつ)さん、ありがとうございます。
乗鞍は緩斜面ロングコースなので皆がバテてくる終盤が勝負だと思っていただけに短縮コースとなってしまったのは残念でした。
ウェットではあまり走る機会がなかったので戸惑いましたが良い経験にはなったと思ってます。
初レースはそこそこの結果は出せましたがこれに満足せず今後も練習頑張って次の機会はより良い結果を目指したいところです。

Re: No title

木鶏もんきちさん、ありがとうございます。
初レースが雨になってしまったのは残念でしたがいざ走ってみたら序盤は苦しんだものの全体としては思ったよりレースを楽しむことが出来、それなりの結果を残せたのでやっぱり走ってよかったと思います。
でもやっぱり次の大台ケ原は晴れて欲しいですね。そして最近絶好調のもんきちさんとレースでバトルを楽しめれば最高です!

レースお疲れ様でした!
雨で寒くて大変でしたねー。
雨に震えながら、よし!雨の中でアップするぞ!とはなかなか思えないですよね(^_^;)
けど、立派な成績ですよね!やまちゃんさんの理論的な努力の結果やと思います。
大台も頑張ってくださいね(^o^)/

No title

初レースお疲れ様でした!
天候だけはどうしようもないと思いつつも、コースの短縮は聞いただけでもやり切れなさが……。そんな中でも走りながら元気になっていくとは立派なヒルクライマーですねw
あと今さらながら、北摂平均くん全滅させた人は初心者じゃ無いと思いますよ!

No title

乗鞍完走おめでとうます。

次のレースもエントリーしてるんですね!
大台ヶ原でも△ジャージ着て上位にくい込んでください
かげながら応援しております。

Re: タイトルなし

タクヤさん、雨に打たれた後、一時間以上待機するのが辛かったですね。
思ったよりずっと身体が冷えてしまいました。
本当はしっかりアップしてレースに備えるべきだったんでしょうけど雨の降る中だと難しかったですね。
結果については今の実力からして悪くない結果は出せたとは思いますがもうひと頑張りできたのでは?とも思ってしまいますw
次の大台ケ原では全力を出しきれたと言えるよう頑張りたいと思います。

Re: No title

いなはるさん、ありがとうございます。
天候はどうすることも出来ないですがやっぱりフルコース走りたかったですね。
雨で身体が冷えてスタートから暫くはこれはアカンと思いましたが走っていると、どんどん調子が上がって身体が動くようになってからは楽しくレースが出来ました。でも最初からあの調子で走れていたら…とちょっと考えてしまいますね。ちゃんとアップしろって事ですがw
あと、富士ヒル初参戦でブロンズゲットしてしまういなはるさんも最早初心者では無いと思いますよ!

Re: No title

PIECEさん、はい2週間後にヒルクライム大台ケ原に参戦予定です。
今回の反省を活かして悔いのない走りができればと思っていますが、参加者のレベルがとても高い大会なので上位に食い込むのは難しいかと…
でも精一杯走ってきますね。

No title

乗鞍遠征おつかれさまです!
日曜日は各方面で乗鞍大雨DNSの情報が飛び交っていて大変やな~と思ってたんですが走らはったんすね!すげえ!

しかしデビューレースが大雨の乗鞍っ!
フルコースを走れなかったのは残念ですが忘れられないレースになったと思いますよ~。

No title

お疲れ様でしたぁぁぁ!!!!!!!!!!

ぶりっかーさんも やまちゃんも最高っす!!!!!

私までがドキドキな一日でしたww

大台ケ原 頑張ってください!

Re: No title

senさん、レース当日の乗鞍はかなりの雨で安全のためDNSという判断でも仕方ない状況でしたが折角の機会だからと出場に踏み切りました。
でもちょっと無理してでも出場して良かったなと思ってます。何だかんだで初めてのレースでしたしバトルも出来たし忘れられない楽しい思い出になりました。
でも来年はやっぱり晴れの中をフルコース走ってみたいですね。

Re: No title

ラスガスさん、ぶりっかーさんと二人△ジャージを着て走ってきましたよ~!
雨の中色々と大変なこともありましたが二人とも「走ってよかったね!」と楽しく振り返ることのできる大会となりました。
次の大台ケ原も頑張ってきますね!

コメントの投稿