TTは思い通りにならない…駄目駄目勝尾寺と「FRAT練」での十三峠

今週末土曜日はいつもの勝尾寺遠征でした。
で、実はその前に木曜日の夜にも勝尾寺に行っていましてその時はこんな感じでした

勝尾寺ヒルクライム:13分54秒(自己ベストから4秒遅れ)
この時は途中で工事規制に停められ、更に再スタート時に焦ってギアが滑りまくってなかなか発進できないトラブルがあった残念なライドでしたがそれでも自己ベストから4秒遅れで走れました。工事ストップさえ無ければ!と無念の思いで勝尾寺をあとにします。

そして土曜日は今日こそは自己ベスト更新を!(あわよくば13分30秒切りを)とやる気満々で意気揚々と勝尾寺に向かいます。
そしてこの日は朝から結構冷え込んでいたのに体を暖めることもなくいきなり全力疾走でスタート!しかし少し走ったところで強烈な向かい風が吹き付けます。
「少しくらいの風で大した差は出ないはず!」と走り続けますがストレート区間に差し掛かるとで更に強烈な風が…
明らかに何時もよりストレート速度が出ていない!これではタイム更新は望めない…
とすっかりやる気を失い途中で引き返してしまいます。
「今回は運が悪かった。これはアップとして少し休んでもう一回トライだ!」
という訳で10分ほど休憩をいれて再トライ!
しかしやはり風は止むことはありません。
「今回は運が悪かった。これはアップとして少し休んでもう一回トライだ!」
という訳で10分ほど休憩をいれて再トライ!
結局強風は止むことはなく、更にスタートダッシュを繰り返したため疲れてしまい、完全にやる気を失ってしまいます。
もう引き返しても風が止むこともないしとりあえずゴールまで走るか…という投げやりな走りで何とかゴールまで到着します。走行データは以下の通り…

勝尾寺ヒルクライム:14分42秒(自己ベストから52秒遅れ)
なんやこのタイムは…
強風だからとやる気を完全に失ってただゴールまで行っただけの投げやりなライド…
タイム更新が出来ないのは仕方ないとしてもトレーニングとして全力で挑むべきなのに
「風が強かった」「スタートダッシュ繰り返して疲れた」
と自分に言い訳して完全に怠けた走りをしてしまいました…
結局テンション落ちたままこの日は帰宅しますが、情けない走りをしてしまった後悔でブログを更新する気力もなくダラダラと過ごしてしまいます。

…このままではアカン!この腐った性根を十三峠先生に叩きなおして貰わなければ!


という訳で、今朝は朝2時半に起床。行くぜ生駒の十三峠&フラワーロード走行練習会「FRAT練」へ!
十三峠は関西ヒルクライムの聖地と呼ばれるコース。
平均斜度が高く、延々と繰り返されるつづら折りが挑戦者のやる気を挫き、さらに斜度の緩む平坦区間が殆ど無いので当然休める箇所も無いという難しいコース。はっきり言って苦手なコースでして私は今までこのコースで20分を切ったことがありません。
土曜日の不本意な走りのイメージを払拭するためにも今日こそ20分切りを!
その思いを胸に片道1時間半ほどかけ、えっちらおっちらやって来ました「FRAT練」
この日は結構冷え込んだにもかかわらず総勢7名が集い、十三峠に挑みます。

まずは斜度の緩めの通称Sec1区間。皆さん「今日はゆっくり登ろうかな~」「十三峠はアップかな」とか言ってたのに結構なペースで飛ばしていきます。
「みんな本気じゃないのに一番斜度の低いこの区間で置いて行かれるわけにはいかない!」
と私も何とかぴったり喰らいついて走りますがその時アクシデントが!!
左足のレッグウォーマーが外れてどんどんずり下がっていくのです!
どうやら走行前にコンビニのトイレで軽量化した時、ショーツと一緒に少し下ろしてしまっていたようです。
片手で引っ張ってみますがキツ目のレッグウォーマーは両手じゃないと上げられずその為には停止するしか無さそうです。
「しかしここで停止して作業していたらタイム的には如何にも厳しい。この程度のアクシデントを本気で走らない言い訳にするのはもうゴメンだ。このまま走り抜く!」
結局レッグウォーマーはこの後完全にずり落ちるも左の足首で止まってヒラヒラして鬱陶しい程度で済みました。これが右だったら完全にチェーンに巻き込んでいる所なので運が良かったですw
まあそんなアクシデントはさておきSec1は皆さんに張り付いて走り切ることが出来ましたがここから鬼門の急斜面区間に入ります。何時もは苦手のこの区間以降ずるずると遅れるのが私のパターン。しかし今日は何とか少しでも喰らいつきたい!
踏み込む力が疲れから緩まないよう心がけながら必死でペダルを廻し続けます。
暫く喰らいつくも地力の差から残念ながらジリジリと離されていきます。しかし今日は頑張りたい!何とか背中の見える範囲で…とSec2は何とか皆の背中の見える範囲で走り切ります。
そしてSec3、トプローさんブログの先日の注意事項(Sec3は目の錯覚で一見緩めに見えるが実は斜度がSec2に劣らず高いので要注意!)を頭に思い浮かべながら無理に踏み込むことはせずギアを落として走り続けます。ストレート区間ではまだ背中が確認出来る!気持ちを切らさず走るぞ。
そしていよいよ最後のSec4に入ります。この頃には流石に先行組の背中は見えなくなりますがこの区間は斜度も少し落ちるはずだし、すべて出し切るつもりで走り切るぞ!と気合を入れ直して少し加速!しかし…
…あれ?思ったより斜度落ちない…加速のタイミング早すぎたか?
ここで足がぐっと重くなり気持ちが切れそうになるのを必死に堪えながら我慢のペダリング。
やがて斜度が緩みゴールの駐車場が見えた!「やまちゃんラストスパート!」の声がかかり最後の力を振り絞って駐車場に雪崩れ込みます。
タイムは…手元のサイコンで19分35秒くらい?
やりました、初の十三峠20分切りです!
何とか年内にヒルクライム初心者の一つの壁である十三峠20分切りを達成したいと思っていたのですが遂に達成することが出来ました。

…が、しかし帰宅後にStravaで確認すると20分オーバーのタイムになってる?そんな馬鹿なとルートを確認するとゴール時に真っ直ぐ駐車場に入ってしまうとギリギリStravaのゴール地点に届かないんですね…Stravaに認めてもらうには駐車場の先端のトイレの位置くらいまでは走らないと駄目なようです。知らなかったそんなの…
関西ヒルクライムTTにはゴールは頂上の駐車場入り口ってなってるのでそのつもりで走ってました。
タイム無効では悲しすぎるので、救済用?に作られた十三峠区間より少し前から駐車場の入り口前までの区間である「大竹7~十三峠」区間(総距離はすこしだけこっちの方が長い)がありますのでこちらのタイムを採用します。数秒のズレはあるかと思いますがご容赦を。
十三峠ヒルクライム:19分32秒(自己ベストを60秒更新!)
FRAT練20151101
この後、ご褒美トレーニングであるフラワーロードのアップダウン区間走行を堪能し裏十三峠を皆で登って「FRAT練」は解散となりました。参加者の皆さんお疲れさまでした。今回も楽しく走らせていただき有り難うございます。

さて帰り道ですが折角はるばる生駒方面に来たのに、これだけで帰るのは勿体無い。帰り道の途中にある「清滝峠」でタイムトライアルを行うことにします。
持参した羊羹とポカリで栄養を補給して、久々に清滝峠にチャレンジです。
序盤のストレートをアウターで駆け抜けその勢いのまま最大斜度区間もアウターシッティングのままクリア。
「あれ?もしかして今ならこのコース、アウターだけで登り切れない?」
と疑問が頭に過ぎったので試しにアウター縛りで走りきってみることにします。
いつもはインナーに落として登る長い長いストレート区間もアウターで登ってみると意外と走れるものです。以前より少しは脚力が付いてきたかな?
FRAT練の疲れもあってか流石に終盤はタレましたがそれでもさら足で走った前回の自己ベストを少しだけ更新。
今、さら足で挑戦したら結構良いタイムが出せるかもしれません。そのうちに単体で挑戦に行ってみたいですね。
清滝峠ヒルクライム:11分18秒(自己ベストを3秒更新!)

こんな感じで今日のFRAT練は土曜日の酷い走りを払拭するなかなか良い走りが出来ました。
何と言っても目標としていた十三峠の20分切りが出来たのは嬉しいですね。いつもこんな調子で走ることが出来れば良いのですが。そして、今度こそ勝尾寺でも良い走りをしたいものです。

そんな今日の走行データは以下の通りです。


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

十三峠更新おめでとうございます。

20分切りええっすねー。

ぼくも早く20分切り達成したいっす。

しかし十三峠、葡萄坂とあと数秒の根性が足りない今日この頃・・・11月3日にやまちゃんさんに僕の性根を根本からたたき直してもらうつもりです(笑)

Re: No title

木鶏 もんきちさん、聖地十三峠の20分切りは一つの大きな区切りですので、何とか年内の本格的に寒くなる前に達成したいと思っていました。
ようやく達成することができてホッとしています。
もんきちさんはあと3秒ですがNewバイクのポジションがしっくり来るようになれば確実に達成できると思いますので頑張ってくださいね。
3日は楽しみにしていますのでよろしくお願いします。

No title

こんにちは!!十三峠遠征お疲れ様でした!!20分切り達成おめでとうございます!上はかなり寒かったのでは?
勝尾寺の工事はいつまでやってるんですかね…夜もしてるのでなかなか嫌な感じですよね(涙)少しの風くらいなら…勝尾寺の場合はその少しがケッコー響きますもんね。しかし、だからと言ってやり直す根性が僕にはないので仕切り直す勇気はスゴイなと思います。基本登り出したら余程のことがないと止まらないので…

Re: No title

れすとまんさん、有り難うございます。遂に20分切りを達成できました。
とは言えFRAT練では安定の最下位ですのでwこれに満足すること無くまだまだタイムアップを目指していきます。
勝尾寺の工事ですが予定では年内はずっとやってるみたいですね。今後のタイムトライアルの障害になりそうで残念です。
勝尾寺はヒルクライムコースとしては緩斜面で速度が出せる箇所が多いので強風時は結構タイムが削られてしまいますね。最近は季節の変わり目のせいか風の強いことが多いのでこれまた残念です。
うまくタイミングが合って全力のタイムトライアルが出来ると良いのですが…

コメントの投稿