はじめての3本ローラー実走・苦闘編「これ無茶苦茶難しいよ!」

ELITEの3本ローラー台「ARION AL13」レポート
前回の続きです。

いよいよ3本ローラーが届きました。
早速開梱して組み立て…
ローラー台収納
と思いましがこの製品の場合は組み立ても何も折りたたまれて収納されているのを広げるだけですね。
使用後は簡単に折りたたんで収納できますので、普段は折りたたんで部屋の隅に置いておいて使う時だけ広げて使うというやり方が苦もなくできます。これは有り難いですね。
ただしローラーの設置位置が自転車のフレームサイズに合っていない場合は最初の一回だけローラーの設置位置の変更が必要になります。
幸いにも私は初期位置でピッタリでしたが。

さて3本ローラーですが人気マンガ「弱虫ペダル」では主人公の坂道くんが初めて乗ってみて簡単に乗りこなしてしまうので周りの人が驚くという展開がありました。
毎日秋葉原まで遠征しているだけあってバランス感覚も人一倍ということですね。
弱ペ3本ローラー

更にロードバイク系のブログには3本ローラーの初体験報告記事も豊富にあります。
どれくらいで乗れるようになるかは人それぞれですが、経験者はすぐに乗れるようになることも珍しくなく、だいたい10分くらい試行錯誤すると乗れるようになるみたいです。

まあ私もロードバイク経験はそろそろ1年近く経ちますし、ヒルクライム、エンデューロと結果はともかくレースにだって参戦しました。
これは、いきなり乗れてしまうかもしれませんね。

ローラー台バイク設置
それでは早速挑戦してみましょう。まずは片手でバイクを支えてビンディングをセット。そのままペダリングを開始…低速だとフラフラしますが勿論これは想像通り。速度を上げていけば安定するはずですよ!
ケイデンスを90rpmくらいまで上げて…さあ手を離してみましょう…

グニャグニャと蛇行…
ナニコレ!全然安定しないよ!物凄く怖い!


すぐに手をついてペダリングを中止。いやこんなの1秒だって持ちませんよ!
ま、まあ最初は皆苦戦するみたいだしね。
何度か挑戦していればコツも掴めるでしょ。


……
………
…………


何回やっても物凄く怖いし全く安定しない!さっきから1秒も乗れないのを繰り返しているだけなんですけど!

ちょっとやり方を変えて片手を付いたままペダリングして「チョン、チョン」と少しだけ手を離してみることを繰り返してみます。

いや、これでも駄目。手を離したらフラついて怖くてすぐ手を付いてしまいます。
まず両手でハンドルを握る体勢に持っていくことすら出来ない有様です。

15分ほどそんなことを繰り返し何の成果も得られぬままちょっと休憩…

「いやこれ難しすぎるだろ!本当に皆これすぐに乗れるようになったの?」

薄々気付いていはいたけど実は私は絶望的なまでに運動神経鈍いんじゃないでしょうか。
「高いお金出して買ったは良いけどこのままだと全く使いこなせないまま押入れいきになってしまうんじゃ?」
と不安になってきます。

とにかく試行錯誤してみるしか無いか…と再びトライ。
ケイデンスを上げてみたり下げてみたり、シフトチェンジして負荷を上げたり下げたりと色々やってみますが、まるで駄目。
意を決して無理に手を離して漕ぎ続けてみようとするも、フラついて即脱輪!ビンディングペダルなので転けそうになって超怖い!
更に恐怖心が刻まれてしまいましたよ!
それでもヤケクソ気味に何度もトライするも脱輪しまくりで全く漕ぎ続けられません。

そんなことを続けていると30分ほど経過していました。30分続けて全く乗れないとは予想していなかったので本当にもう絶望的な気分になってきます。

「もう今日は諦めようかな…」
と弱気になってきますが
「今日できなかったら明日も出来ないかもしれない」
と思うとやめる踏ん切りもなかなかつきません。そうやって何度もトライを繰り返していると…
何が切っ掛けだったのかは分かりませんが、突然少し乗れるようになりました。
「おおっ!乗れてる乗れてる!確かに乗れてるぞ!」
まるで初めて自転車に乗れるようになった子供のようにはしゃいで心のなかでガッツポーズをきめます(手は離せないので)
が、暫くするとフラついてまたも脱輪。
それでもそれが切っ掛けとなって少しずつですが乗れるようになっていきます。やはり一度でも乗れるとそれが自信となって積極的に挑戦できるようになりますね。
子供の時自転車に乗る練習をした時も、乗れる感覚を身に付けるまでひたすら反復練習をしたものですし、下手は下手なりにしつこく繰り返して失敗も含めて身体に覚え込ませるのが一番なのでしょう。

しかし、普通だとこれで問題なく乗れるようになるのかもしれませんが私の場合この後は数分間漕ぎ続けることが出来るようになるものの、ちょっと気を抜くとフラついてしまい、そのまま修正しきれずに脱輪…というパターンを何度も繰り返すことになります。
安定して漕いでいる間は速度も上げられるし100rpmより少し上くらいまでの回転数にもっていけるのですが、ちょっと姿勢を変えたり集中力を切らすとフラついてしまい、フラつくとどうにも修正が上手く出来ません。
それでも何とか乗れるようにはなりましたので「後はひたすら練習あるのみ」
その日は何度も脱輪→停止を繰り返しながらも一時間ほど漕ぎ続けて最初の3本ローラー台トレーニングを終えました。

翌朝(今朝ですね)は、普段は休脚日としていている金曜日でしたが、前日やっと乗れるようになった感覚を忘れたくなかったのでこの日も3本ローラーを回してみました。
前日に何だかんだで一時間乗っていただけあって、とりあえず乗るだけは出来るようになっていましたがやはり時々フラつきます。
それでも乗れる感覚を身に付けるため一時間は乗り続けようと決めて途中で派手に脱輪するもめげずにローラーを回し続けます。
そうやって回し続けているうちに、徐々にフラついた時の対処方法が分かってきました。
私の場合、最初が失敗続きだっただけにローラーに対する恐怖心が刻まれていて(笑)
フラつく→焦って修正しようとハンドルを操作する→ますますフラつく
という悪循環に陥っていましたが、基本的に自転車はある程度速度を出していれば安定するものです。
ですから多少フラついて左右に寄ってしまっても、焦ってハンドル操作をせず、速度を維持したまま遠くのローラー台の中心線上の点を目指して漕ぎ続けていればやがて安心して漕ぎ続けられる中央に戻ってくることが出来ます。一応下手くそな絵を載せておきますねw
フラつき修正
こんな事は普通の人は意識せずとも自然に出来ることのような気もしますが、もし今後3本ローラーに挑戦した際「フラついて怖い」と思った時には思い出してもらえればと思います。

そんな訳で今朝も一時間ほど漕ぎ続けてやっと3本ローラー台にも慣れてきたように思います。
とは言えまだやっと安定して漕げるようになってきたというレベルで手放しペダリングなどは勿論できませんし、ダンシングや高い負荷をかけてのパワトレなどもまだ出来る気がしません。
今後、時間をかけて徐々に高い負荷をかけられるようにしつつ、安定したペダリングを目指していきたいですね。

しかし、3本ローラーにこんなに苦戦したのは私くらいなものかもしれませんね。
フラついて脱輪しまくりとか書いていて自分でもちょっと恥ずかしいです(笑)
まあそれでも何とか乗れるようになりましたのでこれから頑張って巻き返しますよ!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ついでに機器レポートも少しだけ
私の使っている
「ELITE ARION AL13」という製品は
・アルミ製大径ローラー
・3段階の負荷設定が可能

という特徴があります。
エリートAL13

アルミ製大径ローラーは樹脂製のローラーや小径ローラーに比べて回転が安定して騒音も抑えられる…らしいのですが、それでも固定ローラーに比べるとかなりうるさいです。
30km/h以上の速度まで上げるとそれなりに騒音がでますのでマンションで夜中に回すのは余程防音のしっかりした所でないと無理だと思います。(私は持ち家です)
そしてTVを見ながら回したいと思っても相当ボリュームを大きくしないと音声が聞き取れないと思います。TV見ながら回すならワイヤレスヘッドホンが必須でしょうね。
それから負荷機能についてですが全く試していないので評価できません。まだそのレベルに達していないので無負荷状態でしか使っていません。早くこれでパワトレが出来るようになりたいですw
あとひとつ気になったのは、タイヤにアルミ粉が付着する?ことです。
ローラー台タイヤ
写真を見てもらえればわかると思いますが銀色に鈍く光っていますね。これは昨日使用した普段使っているタイヤですが、今朝予備の鉄下駄ホイールに履き替えて別のタイヤで回してみたらそちらのタイヤも同様に銀色になってしまいました。
特に実害があるわけでは無いのですが何か気になりますね。使い続けていたら収まるのでしょうか?ゴムと擦れたくらいでアルミが削れたりはしないと思うのですじゃあこの銀色の正体は?謎ですね…
スポンサーサイト

コメント

どうもr6ことhashimotoと申します。月曜道上の者です。実はviva ザッペイの京都支部の者です。隊長のブログ見て私もエリートの負荷無しですがポチりました。
明日届きます。山ちゃんがそんなに苦戦するとはビックリです。
私も楽しみになってきました。でもなれればやっぱりペダリングの練習になるんでしょうね。お互い頑張りましょう。
また一緒に走る事があればよろしくお願いします。ちなみに来年は伊吹山と富士とダルガ峰に出る予定です。

3本めっちゃチャレンジングで楽しそうやないですか!いや、苦労されたのに申し訳ないんですが、試してみたくて仕方ありません。
実家に帰ったらMTBと同時にすぐ買おう(^^)

Re: タイトルなし

hashimotoさん、コメントありがとうございます。
なんとViva雑兵のメンバーだったのですね。みつさんは楽しそうにパワトレされてますから影響力大きいですよね。私は苦しんでるばっかりですがw
3本ローラー台については、色々なブログを見ても私ほど苦戦している人は見当たりませんしあれだけ走られるhashimotoさんならきっと乗りこなせると思います。
私の場合は基礎ができていないのを力任せで誤魔化していたのでボロが出たんだと思います…基礎からやり直しっす。
ちなみに私も伊吹山と富士は参加予定です。伊吹山は本日申し込みました。大会や月曜道上でお会いしましたらよろしくお願いします。

Re: タイトルなし

トプローさん、どう考えてもトプローさんが3本ローラー台で苦戦するイメージが湧きません。
いきなりあっさり乗っちゃって「何でコレが出来ないの?」となるに違いありません。
でも3本ローラー台、結構面白いのでパワーメーターと一緒に買いましょう!

私は最初から乗れて5分後には下ハン握ってましたが、30分くらい乗ってると突然ふらつきました
そのまま乗っていると疲れたら右足を強く踏み込むクセがあると気付きました
それ以来ローラーには乗ってませんが、左右のバランスを意識するようにしています
なので、仰るとおりペダリングの矯正には有効な練習方法だと思います!




承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

自分も3本乗れる気がしませんw

やはり「マンションで夜中に回すのは余程防音...」ですよね(-_-;

そうなるとGTローラーしか無いかと思うんですが... 高いっす!ww

Re: タイトルなし

ザク豆腐さんは最初から乗れましたか!流石です。それでも乗り続けているとバランスを崩すことがあるのですね。
走りに良くない癖があると3本ローラーではそれが顕著に出てしまうんでしょうね。
私もペダリングを矯正して安定して乗れるようにしていきたいところです。

Re: No title

ラスガスさん、意外とトライしてみたらあっさり乗れるかもしれませんよ。
しかしどの製品を選んでもやはり固定ローラーほどの静音性は無いと思いますのでマンションで夜回すのは難しいかもしれません。
GTローラーは静音でダンシングも出来たりと優れたローラーみたいですが如何せん高価いですよね…悩ましいところですねw

コメントの投稿