年忘れO.H.C.自走アワイチとRapha Festive500への道

いよいよ2015年も終わりですね。今年の総括は忘れて無ければ改めてやるとしまして、まずは30日に行われたO.H.C.の自走アワイチについてです。

O.H.C.恒例らしい年忘れアワイチ企画。O.H.C.らしいのは只のアワイチではなく自走(推奨)アワイチであることです。

淡路島を一周すると約150kmでそれ単体でも十分キツいのですが自走となると出発地点にもよりますが大阪在住組は概ね250kmオーバーとなる過酷な挑戦となります。

しかし上手い具合にちょうどStravaでRapha Festive500という企画が開催されています。
これはクリスマスイブから年末までの期間に500kmを走り切るとRaphaがお洒落ワッペンをプレゼントしてくれる(先着順で数の制限があるらしい?)企画です。
私は29日までに240kmちょっと走っていますので260km走れば達成可能です。
計算上は私の自宅からアワイチに行って帰ってくると260kmを少し上回るので無事帰ってくることが出来ればRapha Festive500も達成できるはず。

最初あのRapha Festive500の内容を見た時には
「こんなのよっぽどの暇人じゃないと達成できないだろ?私の場合休日は4日しか無いぞ」
と思ってスルー予定でしたが(笑)念のために登録してあったのですがどうやら私はよほどの暇人のようです。

閑話休題、自走でアワイチとなると出発時間も勿論早くなります。
集合時間は朝5時半に御幣島駅近くのローソンに集合。ここに集まった強者は
コンソメさん、たつろーさん、自称ロードさん、きゃべつさんの4名+私
ここから皆で一路、淡路島を目指します。

ここで大活躍されたのがO.H.C.平坦部のリーダー格のコンソメさん。力強い引きで皆を引っ張ってくれます。
この日の朝の気温はほぼ0℃と寒い寒い。シューズカバーを忘れ、走り重視で極寒用グローブを持っていかなかった私は足先と手先がどちらもかじかんで中々身体が温まらず辛い往路になりました。
しかし2号線をひたすら西に走ったのですがここは今ひとつ走り難い道ですね。信号待ちが多いし自転車だとどう走って良いか分からない変な分岐が幾つかあって一人で走っていたら色々困ったと思います。しかし流石は走り慣れているコンソメさんの牽引は完璧でスムーズに目的地まで到着することが出来ました。

明石からフェリーに乗って(写真摂り忘れた…)いよいよ淡路島へ。
ここで別ルート自走組のすのうどんさん、車載組のmasabowさん、ちょしさん、亀さんが合流。
いよいよアワイチスタートです。
やる気満々の皆はいきなり35km/hオーバーのペースで快調に飛ばしていきます。
しかし今回は車載組+コンソメさんが順番に引いてくれることになったのでツキイチ状態の私は楽々巡航~♪
前回のノンストップアワイチの時は付いて行くだけで必死だったものですがあれから私も平坦練を重ねましたのでこのくらいのペースなら平気でついて行けるようになりました。
しかも今回はあの苦行wノンストップアワイチと違って時々コンビニなどで休憩が入ります。これがあるだけで随分楽になりましたね。

そしてやって来ましたアワイチ最大の難所『水仙郷』の上り。
まずは亀さんが猛然とアタック!車載組のmasabowさん、ちょしさんも負けじと続きます。
自走組のコンソメさん、すのうどんさんは「ここで使い切るわけにはいかない」と抑え気味の登頂ペース。更に後ろにゆっくり登頂組。私はコンソメさん達の組に入って抑え気味に登り続けますが道中ちょっとうずうずしてきます。
NOAH「これくらいの斜度なら登れるよ~!もっとペース上げて走ろうよ!」
私「いや帰りのことも考えてここは抑えたほうが…」
NOAH「行っちゃえ行っちゃえ!」

という訳で途中で抑えきれなくなってペースアップ!NOAH SLは登りだって出来るんだ~
結局自走組に次ぐ順位でこの区間を走破。やっぱり登りは楽しいですね。

『水仙郷』の上り&下り区間を終えるとそこから暫くは海岸線の平坦をひたすら走り続けることになります。
こここそNOAH SLのメインステージ。登りを終えて温まった身体に海風が気持ち良い~♪
そんな中を気持ちよくかっ飛ばすのはまさに最高です。
すのうどんさんに「やまちゃんめっちゃ楽しそうですね!」と突っ込まれてしましましたよ。いやぁ景色も良いしこの頃には寒さもやわらぎ気持よく飛ばすことが出来て本当に楽しかったです。

途中とんかつ屋で昼食を済ませて後半戦スタート!

後半には水仙郷の登り区間のような長い登りはありませんがアップダウン区間が多いため思った以上に体力を削られます。
私は前回の経験でだいたい分かっていたので大丈夫でしたがアワイチ初挑戦組がちょっとグロッキー気味だったので後半は体力残っている組でアタック合戦をやったりしながら少々ペースを落としつつもO.H.C.トレインは最後まで順調に走り続け全員無事にアワイチを完了しました。
アワイチ20151230
最後の明石海峡大橋前で亀さんが最後のアタックを仕掛けたのでこれは乗るしか無い!と最後の力を振り絞ってゴールの明石海峡大橋までラストスプリント!結局亀さんには追いつけなかったですが最後まで楽しく走ることが出来ました。

この後、車載組とお別れしてフェリーに乗って明石まで着きますが
「これからが本当の地獄だ」
往路やアワイチの最中はテンションも上がって楽しく走れるのですが帰り道は気分は消化試合モード。
メインイベントをやり終えて気持ちは盛り下がってますし、疲れも結構溜まっています。そんな中既に真っ暗になった夜の道を延々60km近く走るのですから、これは辛い!!

元気なすのうどんさんが皆を積極的に引いてくれるのですが、疲れきった皆は遅れがちでなかなか足並みが揃いません。
そんな中、どう走ってよいか判断の難しい入り組んだ交差点手前で皆の判断が食い違い、痛恨の衝突からの落車が起こってしまいました。
不幸中の幸いと言いますか自走できないほどの大きな怪我にはなりませんでしたが、きゃべつさんのフレームにはダメージがあったようですし、たつろーさんは全力で飛ばすのは難しいということでペースを落としてコンソメさんと帰られる事になりました。
私も帰路は何度もクリートキャッチに失敗してペダルを踏み外して転けそうになったりと明らかに集中力を欠いた状態でしたしロングライドで疲れきった後のライドは難しいですね。
最後に大きな課題を残す形の今回のイベントとなってしまいました。
疲れた後の帰路は体力の残りを冷静に判断して無理をせず輪行で帰るなどの決断が必要なのかもしれません。

最後にアクシデントがありましたので手放しで喜べる内容ではありませんでしたが、それでもやはりアワイチは楽しかったですね。
NOAH SLで海岸線を走るのは本当に気持ち良かったですし、このバイクでのヒルクライムのコツも少しつかむことが出来たように思います。
今回の反省点を活かしつつまた挑戦に行きたいですね。

そしてRapha500ですが無事達成できました。これは素直に嬉しいですね。来年も是非挑戦したいと思います。
Rapha500

そんな今回のライドは以下の通りです。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

昨日はおつかれさまでした。
帰り道大変だったんですね。
クリートキャッチミスをなくすにはスピードプレイに変えることをお勧めします。

Re: タイトルなし

たくみさん、コメント有り難うございます。淡路島ライド自体は大いに楽しんだのですが帰り道は色々あって大変でした。
クリートキャッチミスについてなんですが、実は私はspeedplayペダルなんです。普段はオモテウラもなく楽々キャッチなのですが、それでもキャッチミスをして思い切り踏み外してしまうほどに集中力を欠いてしまっていたという有様でして…
集中力を失うまで無理をしてはイケないという良い教訓となりました。

コメントの投稿