初心者がLSDトレーニングを頑張ってみる

今朝は雨音で目が覚めました。

あれ?天気予報では今日は雨は降らないのでは?と思いましたが既に路面も結構濡れているし少なくとも午前中に出掛けるのは難しそうです。

折角の休日なのに雨なのか…と少し前の私なら憂鬱な気分になったことでしょうが、今の我が家には先日導入した新兵器ローラー台Turbo Muinがあります。今日はこいつで体力づくりに励むことにしましょう。
ターボムインHP
さて今日のトレーニング内容ですが昨日のヒルクライム5連続アタックが響いて明らかに脚に疲労が残っているのでサイクリスト系ブログでよく見かけるLSDトレーニングというものに挑戦してみたいと思います。

LSDトレーニングとは「Long(長時間) Slow(ゆっくりと) Distance(距離を乗る)」の略で要するに全力疾走ではなく息を切らさない有酸素運動の範囲内で一定の心拍数を保ちながら長時間走り続けるトレーニングのことです。
勿論実走でもできますが、ローラー台を使ったトレーニングとしてよく用いられているようです。
効果は持久力の向上、ハードトレーニングの疲労回復、体脂肪の減少などがあるようです。
持久力なし、体脂肪たっぷり、昨日ハードトレーニング(自分としては)をやった、と三拍子揃った今の私にぴったりのトレーニングですね。
強度の高いトレーニングでは無いため上級者は何時間も延々と走り続けるそうですが、先日30分漕いだだけでヘトヘトになってしまった自分にそんなに長く続けることは出来る気がしませんので

・心拍数130~140くらいをキープ
・ケイデンスは90rpmくらいをキープ
・目標時間はまずは1時間

こんな感じの目標設定でやってみることにしました。

エアコンを切って部屋を寒くして、ローラー台用に新たに購入した安いレーサーショーツを履き上半身は何時でも脱げるようにTシャツ一枚と準備万端でいざトレーニング開始です!

さて既に分かっていたことですがローラ台を使ったトレーニングは

・風を切って走ることが出来ないのでとにかく暑い
・実走と違って脚を休める事が出来ないので実走よりずっと疲れる
・景色が変わらないので走ることにすぐ飽きる


と言った(マイナスの)特徴があります。正直外を走る方がずっと楽だし楽しいですね。
とは言え辛い分、トレーニング効果も高いはず。とにかく今は体力を付けたいので辛くても退屈でも頑張って漕ぎ続けるしか無い!

という訳で退屈しのぎにTVを見ながらトレーニングを開始したのですがやっぱりすぐに暑くなり10分ほどで上半身素っ裸になり、15分くらいから汗をダラダラかきながらのトレーニングとなります。仕方無い、おっさんは汗かきなんです。

そして軽い負荷でやっているはずなのに20分もすると脚に疲労がたまって来て楽なはずのLSDトレーニングなのに辛い辛い…30分経過する頃には、もうやめてやろうかと思いましたが流石にLSDを30分で打ち切っては情けなさすぎる…と思い直してヒーヒー言いながら漕ぎ続けました。正直後半30分はTVどころじゃなかったです(笑)
更に最後にはお尻が痛くなり散々な状態ながらも何とか一時間漕ぎ切りました。

心拍数は最後までほぼ目標値をキープ出来ましたがケイデンスは半分過ぎくらいから90rpmを維持できなくなり最後は80rpmくらいまで落ち込んでしまいました。
高回転を長時間キープするのは難しいですね。脚が高回転に上手く適応できていないのを感じます。これもやっぱり高回転トレーニングを続けて慣らしていかないとならないんでしょうね。

とりあえず何とか目標はほぼ達成(ケイデンスを除く)できたのですが、こんなにヒーヒー言いながらやるのはLSDトレーニングじゃないんじゃないかと自分に突っ込みを入れたくなります(笑)
まあ、まだまだ色々と課題が山積みですが始めてからひと月しか経っていないのですから焦らず少しずつ前進していくしか無いですね。
2時間くらい平気でローラー台を漕ぎ続けられる体力を身に付ける事を当面の目標として今後も定期的にLSDに取り組んでいきたいと思います。

しかしこれから暖かくなると暑さ対策考えないとな~

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿