機材レビュー:TOPEAKフロアポンプ JoeBlow Race

何となく唐突に機材レビュー
「おっ、カーボンホイールのレビューやんのか?」
と思われた方ごめんなさい。惨敗したレースとかでちょっとしか使ってないのでレビューはもうちょっと使って何かしらの結果が出るまでお待ち下さい。
つまりこのままレビュー無しという可能性が高いわけですな…グスン

で、チューブラータイヤ導入に伴いフロアポンプも新調したのでそちらをちょっとレビュー。

購入したのはTOPEAKのフロアポンプ「JoeBlow Race」という製品です。
JoeBlowRace製品写真
チューブラータイヤはかなり高圧(私の使用しているcorsa CX3の場合8-14BAR)に対応しているのですが今まで使っていたPanaracerのフロアポンプは8BARを超えるとポンプがとたんに重くなりそれ以上入れるのが困難になります。
無理やり詰め込んでも指定気圧入っているか心配になりますし、かなり昔に買った製品なので良い機会と買い換えることにしました。
この「JoeBlow Race」は「最大200psi(14BAR)まで充填可能」となっています。160psiくらいが上限の製品が多い中この余裕はチューブラー派には頼もしいですね。
JoeBlow高圧対応
更に細かいことですが空気圧計が上に付いているのも嬉しいところ。最近は下についているタイプが多いのですがそれだと入れている最中に確認し辛くて嫌なんですよ。
値段は4000円弱ですから安いとは言いませんが200psiまで入る製品で信頼のTOPEAK製と考えれば中々のコストパフォーマンスかと思います。
JoeBlow Race
写真はこちら。
見ての通りいきなりヒラメヘッドに換装しています。
この商品は「スマートヘッド EX」というそれなりに拘ったらしいヘッドが付いてくるのでちょっと期待して使ってみましたが、残念ながら使い勝手はヒラメの足元にも及びません。強く押し込まないと安定しませんし、そうすると外すのにも力が要ります。このヘッドが特別悪いわけじゃなくてPanaracer標準のヘッドもそんな感じでしたしメーカー標準のヘッドは概ねこんな物でしょう。
イマイチな標準ヘッド
固定しやすさ、外しやすさどちらを取ってもヒラメヘッドの圧勝。まあヒラメヘッドはこのポンプと同じくらいの値段がするので比べること自体無理がありますが…
という訳で残念ながら標準のヘッドは画像のように取り外して今まで使っていたPanaracerに移植してママチャリ用として余生を過ごしてもらう事になりました(笑)
Panaracerに移植

ヒラメヘッドに換装してチューブラータイヤに空気を入れてみると…おお、今まで使っていたPanaracerより断然軽くスコスコ入る!伊達に200psiまで対応しているわけじゃないな!
とりあえず9BARまで入れてみましたが全く問題なし。これでチューブラータイヤの使用もバッチリです!
まあ普段の練習は今までどおりクリンチャータイヤを使うので実際の出番は限られるんですけどねw

という訳で、TOPEAK製高圧対応のフロアポンプの紹介でした。
ヘッド以外はかなりお薦めかと思いますよ。ヘッドは…ヒラメが使い勝手良すぎてどうしてもこのレベルだと高く評価できない…

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

No title

ヒラメヘッドいいですかー。うちもジョーブロー(ママチャリ兼用)なのですが、たま指をバチコン(泣)とやりますね。ヒラメにしたら、嫁から苦情来そうやなw

Re: No title

K(きゃべつ)さん、ヒラメヘッドは本当に使いやすくて最高なのですがフレンチバルブ専用となってしまいますので勝手に変えたら奥さん激おこでしょうな。
ここはママチャリ専用ポンプも一緒に買う!が正解でしょうw

コメントの投稿