堺浜クリテトライアル・その2エンデューロ編「強風下の耐久走を走り抜け!」

前回の続きでクリテ後に行われた90分エンデューロレース編です。

クリテのビギナーIIで2位に入賞したことで気分も盛り上がり午後からのエンデューロも内心「一発かましてやるぜ!」
と思いつつも、O.H.C.に皆の前では
「初のソロエンデューロレースですから結果はともかく楽しんで走りますよ!」
と弱気な発言で逃げ道を作っておきます(笑)

さて、エンデューロレースはソロで参戦するのは今回が初めてですが、昨年末にO.H.C.でチームを組んで「堺浜ナイターエンデューロ」には参加したことがあります。
あの時はチームだったので私の出走時間は60分ほどでしたが、それでも色々と学んだことがありました。
その時の経験から考えた今回の作戦は以下の通りです。

・スタート直後は可能であれば先頭集団に張り付いてイケるところまでその集団で走り続ける
・実力的に本当に速い人達で別格のトップ集団が形成され、そこから脱落した人たちでメイン集団が形成されるものと思われる。ナイターエンデューロの経験からこのメイン集団ならドラフティング効果で何とか付いていけるはず。メイン集団になんとしても張り付いて完走できれば目標とする順位に入れる可能性は高い


エンデューロとしては短めの90分とは言えその時間を走り切るなら終始ドラフティング効果を得て走るのは必須条件。
そしてメイン集団から脱落すればその時点で順位的には中団以降に沈むのはほぼ確実。如何にメイン集団に張り付いて走るかが勝負の分かれ目になると考えました。

しかし、この日は午後になるとかなり強い風がコースを吹き抜けるようになりました。
堺浜の風速計替わりの近くの巨大煙突から立ち上る煙が風に吹かれて大きく傾いていることからもそれが伺え、エンデューロレースは風との闘いになることが予想されます。
これは、ますますドラフティングを得られるかどうかが重要になりそうです。

このレースのために堺浜で3時間かけてエンデューロ練習をやったり2時間ローラー台トレーニングに挑戦したりと、自分なりに練習をしてきました。
今の自分ならきっとメイン集団に張り付いて90分間走りきれるはず!そう信じてレースに臨みます。

レースは例によってローリングスタート。クリテと違って無茶な位置取り合戦は無いので安心して走れますね。半周ほど走ったところでいよいよレース開始です。
まずは先導するマトリックチームの方々を先頭に予想通りトップ集団が形成されます。
上位を目指す選手は当然このトレインに乗るべく一斉に加速していきます。
私も予定通りまずはこのトップ集団に張り付きます。
トップ集団は実力者揃いになるので付いて行くのは難しいだろうと予想していましたが、意外にもドラフティングを受けられる位置をキープしていれば何とか付いていける感じです。
この日は北区間から西区間にかけて強い向かい風を受けるのでその区間しっかり集団に張り付いて走ることが必須で、更に西区間終わりのタイトコーナーの立ち上がりで出遅れないことを気を付ける必要がありますが、その2点にさえ気を付けていれば十分トップ集団内で走れるのです!
「凄い!俺トップ集団内で走れてるよ!!練習の成果でてる!?このペースで90分走り切れたら順位かなり凄いことになるんじゃね!!」
と内心大興奮です(笑)

だがしかし!!

レース開始から15分ほど経過したところでトップ集団が突然ペースアップ。
あれ?ドラフティング範囲内にいるはずなのに本気で踏んでも付いて行くだけで精一杯じゃね?
まだ疲れているわけでもないし全く手を抜かず全力で走っているのにこれは一体!?
集団のペースアップに気付き、遅れまいと必死で踏み込んで追走するも向かい風区間で遂に脱落…
残念ならがペースアップした集団についていけるだけの脚力は私にはありませんでした。

この15分経過後のペースアップ時に一緒に出場していたO.H.C.平坦部の雄の一人コンソメさんもトップ集団から脱落されたそうですので、トップ集団は最初の15分はウォームアップがてら緩めのペースで走っていたものと思われます。
私が付いて行けたのはその為だったのでしょうね。トップ集団が本気を出したらツキイチでさえ全く付いていけなかったのはちょっとショックでしたw

15分で早くもトップ集団からは脱落してしまいましたがレースはまだまだ序盤。ここで諦めるわけにはいきませんので単独走になりながらも頑張って走り続けます。
しかしやはりこの日は風が強く向かい風の区間は一人で走るのはキツすぎます。何とか一緒に走れそうな人がいないかな…と探してみるのですがペースの合いそうな人は中々見つかりません。
そのまま風に苦しみつつ30分ほど経過…単独走辛いっす…
しかしこの頃にチーム「サニーサイド」の方二人が連なって走っているのを見付けます。ペース的に合いそうな感じ?
と言うことでちょっと張り付かせてもらって様子を窺います。
「ああ、風除けに入れてもらうと超楽だわ~」
そのまま2周ほど走っていると交代要求のサインを出されましたので前に出て頑張って引っ張ります。
この後、気が付くと「サニーサイド」の方の一人は脱落されていましたがもう一人の方と2周交代くらいでローテーションしながら走り続けます。
たった二人のローテーションですがそれでも一人で走るのとは雲泥の差がありますね。
引いてもらっている間は肉体的にも精神的も物凄く楽ですし、引いている間は「下手な走りをして足を引っ張ってはいけない」と気合が入るので頑張って走れます。
そのまま多分30分くらいは一緒に走り続けたと思いますが60分ほど経過した頃、気が付くと「サニーサイド」の方が脱落していました。
二人で走ったほうが勿論楽なので追い付いてこられるようなら少し待とうかと思ったのですが暫く後ろを窺いつつ走るも追い付いてくる様子はありません。
残念ですが気持ちを切替えてここからは一人で走り続けます。

相変わらず風が強いので一人で走るのはキツいのですが何周もしているうちに、自分なりのコース攻略法が出来てきました。
追い風となる南区間で風にのってどんどん加速して9速にまでシフトアップして東区間のゆるやかなコーナーに突入。そしてこの緩いコーナーでも減速すること無く速度を維持!40kmオーバーで向かい風となる北区間のストレートに入ります。
そしてその余力を駆って極力速度を落とさないよう高めのギアでずっとパワーを乗せて踏み込み続けます。これだけで厳しい向かい風のストレート区間の半分ちかくを走り切れてしまいます。
これは完全な平坦ながらアップダウン区間を走る時のコツと同じなんですね。O.H.C.FRAT練で「信貴山フラワーロード」を走る時に身に付けた走法がそのまま使える感じです。
トプローさん!!FRAT練がまさかのエンデューロで役立ちましたよ!
あくまで私なりの走り方でベストな攻略法かどうかは全く不明ですがwこの走り方をするようになってから向かい風区間も何とか一人でもそれなりのペースで走り続けられるようになりました。

とは言え、この後はずっと単独走だったので徐々に疲労がたまり脚も重くなっていきます。
それでも、3時間ソロエンデューロ練習の経験が生き「90分なら絶対にこのペースで走りきれるはず!」と自分自身に言い聞かせながら我慢の走りを続けます。

それにしても、60分経過後からはまったく脚の合う人が見つかりません。当初想定していたメイングループも見当たらず、信じられないペースでどんどん飛ばしていくトップ集団に抜かれまくったのを除くと、あとはひたすら周回遅れを抜いていく展開です。

「そう言えばO.H.C.のコンソメさんと全然すれ違わないけどどうしているのかな?」
と疑問に思いましたが必死で走っているから知らない内に抜いたり抜かれたりしていたのかもしれないな…と思っていました。

それからトップ集団ですが、これはもう本当に別次元の速さでした。
脱落したあと、実に6回!も周回遅れにされるという圧倒的な実力差を見せ付けられます。
最初もしかして付いていけるんじゃないかと思った自分が恥ずかしくなりますね(笑)
周回遅れにされる時に何度かドラフティングに入って付いていこうかと試みたのですが、どれだけ頑張っても半周すら付いて行くことが出来ません。ツキイチすらさせてもらえず6回も周回遅れにされてしまったことで流石に自信を失い上位争いは絶望的だと思いながら走ってました。

そんな感じで結局終盤は最後までひたすら単独走を続けてゴール!!
エンデューロとしては短い90分でしたがレースペースで走り続けるのはやはり厳しく走り終わった時にはクタクタになっていました。

それでも自分なりに最後まで全力で走り切れたことで充実感を覚えながら帰り支度をしていると
表彰式を行うということで入賞者の呼び出しがかかります。
「知り合いが入賞していたりしないかな?」と思って聞いていると

なんと5位で私の名前がコールされます!!

トップ集団に何度も何度も周回遅れにされていたので当然入賞などありえないと思っていたのですがトップ集団の何人かは入賞対象外のマトリックスの選手やオープン参加選手だったようでトップからは大きく遅れながらも私も何とか入賞圏内にいたようなのです。

これは嬉しすぎるサプライズ!トップ集団を除けば悪くない位置で走れているとは思っていたのですがまさか入賞圏内にいたとは全く思っていませんでした。

後でO.H.C.のコンソメさんに聞いたのですが実は私の40秒後くらいに第二集団が形成されていてコンソメさんは終始その位置で私の姿を見ながら走っていたそうです。
…集団としてはあまり大きくなかったのと私の1/3周ほど後ろという位置だったので全く気が付きませんでした。
予定通りその集団に合流していればずっと楽に走れたはずなのですが…
かなりの長時間を一人~二人で走ってしまったので戦略としては大失敗ですが第二集団の中で走っていたら入賞も無かったでしょうから結果としてはこれで良かったのでしょう。キツかったけど(笑)

そんなこんなで、私の初のソロエンデューロレースは嬉しい5位入賞となりました。
とは言えトップ集団から6周遅れと本当に速い方々との実力差は圧倒的でしたし、今回は前回の入賞者があまり出場していなかったりと運に恵まれたのも大きく本来の実力は入賞圏内には無かったと思います。
それでも、有力選手がいない機会に入賞圏内に潜り込める位置で走れていたのは最後まで諦めずに全力で走ったおかげだと思いますので今はこの結果を大いに喜びたいと思います。
堺浜クリテダブル入賞
堺浜クリテトライアル第三戦はこうして「クリテ ビギナーII 2位」「エンデューロ 5位」と嬉しいダブル入賞となりました。
最近、皆さんのおかげで最近ブログ村の「ヒルクライム」カテゴリーで上位にランクインさせてもらっており
「ブログを見てローラー台トレーニングやパワートレーニングの内容参考にさせてもらってますよ」
と声をかけて頂くことが増えました。
それはとても嬉しいことなのですが、今年に入ってから完全にスランプ状態で
「トレーニングの方向性が間違っているんじゃないだろうか?」
「参考にしていると言ってくださる方に申し訳ない」

とちょっと悩んでしました(いやそんなに深刻なものではないんですがw)
それだけに今回結果を出せたのは本当に嬉しいです。
いい歳こいたオッサンになってもやっぱり結果のでない努力を続けるのはキツいですし、ちょっとした結果が出るだけでも子供の頃と変わらず嬉しいものですね。
今までの鬱憤を晴らすためにも一言言わせていただきましょう

パワトレ&ローラー台トレーニングバンザイ(笑)

平坦レースでは一応の結果が出ましたので今後は4月10日開催予定の伊吹山ヒルクライムレースに目標を切替えてトレーニングを行っていく予定です。
看板に偽りありのヒルクライム詐欺返上を目指して、ヒルクライム練習も頑張ります!

今回のレースデータは以下の通りです。


堺浜レースお疲れ~のクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

クリテもエンデューロ無事完走&入賞おめでとうございます!
みなさんと似たようなコメントになってしまいますが、やはり日々のトレーニングの賜物だと思います。「努力は結果に繋がらない事もあるけど、絶対の自信になる」なんて言いますけど、やまちゃんさんの諦めない粘りの走りはまさにその通りだと感じました。

というかあれだけのハードトレーニングをこなして結果が奮わなかったら、なんちゃってローラーをしている私は絶望するしかないので、今後もガンガン結果を残してホビーライダー希望の星になってくださいw

もう少し暖かくなったら実走で夜練しようかなぁ……(ボソッ

FRAT練はある意味インターバル練ですから応用が効くんですな!
しかしソロで第二集団と同等以上のペースやったとは、ほんまにお疲れ様でした(*´ω`*)

No title

うおお~!ダブル入賞おめでとうございますっ!
トップ集団と第二集団の間で単独走を続けて入賞ってすごすぎますっ!
L3 120分ローラーとかSST90分ローラーとかアタマオカシイ(褒め言葉)トレーニングの結実ですっ!

Re: No title

いなはるさん、ありがとうございます。
トレーニングはすぐに結果が出るものではないと分かっていても中々成果があがらず正直焦り気味でしたがそれでも我慢して続けてきて良かったと思います。
いやホントあのままずっと成果が出なかったら「パワトレとかローラー台とか実は効果薄くない?」と思う方も出て来るんじゃないかと(笑)
今回の結果で少し光明が差しましたのでこれからも地道にトレーニングを続けていこうと思います。次はヒルクライムでも成果を出したいところですね。
ところで実走で夜練ですか?よかったら一度火曜日夜開催の「天狗一武道会」参加してみませんか?

Re: タイトルなし

トプローさん、FRAT練フラワーロードの激しくインターバルのかかる区間は実際色々と応用が効きそうですね。
加速の効く区間でガッ!と加速してその勢いを持続したまま負荷のかかる区間でグワッ!と踏み込んで一気に走り抜く!(←擬音だらけでよく分からんですな)
この走りに目覚めてからはフラワーロード同様結構楽しみながら走ってました(笑)
しかし私の場合は第二集団と同じペースで走るのが精一杯でしたがトプローさんならトップ集団に混じって走ることが出来たんじゃないかという気がします。一緒にまたレースに出られると良いんですけどねぇ…沖縄は遠いっすw

Re: No title

senさん、ありがとうございます。まさかのダブル入賞っす!
トップ集団からは6周遅れwで第二集団とはちょっとしか差はありませんでしたがそれでも入賞は凄く嬉しいです。
今回はローラー台でもエンデューロを意識した長時間トレーニングを取り入れてみましたが、その成果が出たようで色々とチャレンジしてみて良かったと思います。これからもパワトレ頑張っていきますね。

自転車の操作がヘタクソな私からすればクリテとかエンデューロとか考えらません
単走のタイムと比較してリザルトが残念すぎるとかレース前からわかるレベルでw
そんな世界で入賞とか凄いですな!

Re: タイトルなし

ザクさん、3本ローラー台にろくに乗れなかった運動音痴の私でも何とかなっているのでいきなり乗れたザクさんなら全く問題なしですよ!
ただ私の場合ヒルクライムだとザクさんに全く付いていけないレベルですのでせめて重量級(BMI値的に)でも何とかなる平坦では頑張ってみました。
とは言えヒルクライムも諦めてませんから伊吹山に向けてこちらも頑張ってみます。

クリテ2位に満足することなく、その勢いでエンデューロでも入賞するとはV(^_^)V 素晴らしいです。
突然変異的に爆発したというかと
実力通りの結果が出せましたね!
重ね重ねおめでとうございます!

No title

W入賞、おめでとうございます。
上位クラスの人もいる(であろう)エンデューロでの入賞はすごいことだと思います。
次はヒルクライムですか。
私には縁のない世界(笑)ですが、がんばってください。

Re: タイトルなし

100太郎さん、エンデューロは練習でそこそこ手応えを得ていたのでそれなりに良い位置を狙ってはいたのですが、それにしても入賞は出来過ぎでしたw
記事中でも書いた通り運や展開に恵まれたことも大きいと思いますがこのために頑張ってトレーニングをしてきた甲斐がありました。
何時もこう上手くいくとは思えませんので慢心すること無くこれからもトレーニングを頑張っていこうと思います。

Re: No title

まささん、ありがとうございます。
今回は前回の上位入賞者があまり出場しておらずその隙間に潜り込んだ形ですがそれにしても入賞は嬉しいです。強風下でメイン集団のペースがあまり上がらなかったのも良かったのかもしれません。多分この次はこうは上手くいかないでしょうw
ヒルクライムは下手の横好きで正直全然速くは無いのですがそれでも自分なりに納得できる走りが出来るようトレーニング頑張ってみますね。

コメントの投稿