レースで通用するかもしれない「中華カーボンホイール」インプレ

私のブログはトレーニング報告と練習走行会についてとレースレポートがメインとなっています。
要するに「こんな風に走ったりトレーニングしたよ~」
という内容が殆どで機材レポートとかは割合としては極めて少ないです。

実はそれなりに機材とかも導入しているのですがあまり報告してこなかったのは
面倒くさいから機材の違いは正直あまり良く分からないからです。

いや機材でも先日やったフロアポンプのレポートとかなら私でも違いは分かるのでやり易いのですが、パーツを取り付けての実際の乗り心地とか重量とかパワーのかかり具合とか…

正直言って殆ど分からん!!!

ここまで断っておきつつ、先日の堺浜クリテでも使用した中華カーボンホイールのインプレです。

そもそも中華カーボンホイールを購入する事になったのは1月末のクリテで惨敗したことが切っ掛けでした。
レースに負けたら
巻島さんが言っているのですから間違いありません!
そうだ!足りない実力は機材で埋めよう!
一緒に参加していたO.H.C.のゴトーさんも「次戦はカーボンホイールを導入する」と仰っておられましたし私も遅れを取るわけにはいきません。
「実力が及ばないなら若者は努力で補え!オッサンは財力で補え!」
至言ですな(笑)

しかし私は色男ではあるのですがその代わり金と力はなかりけりなので…高額なホイールを買う経済的余裕はありません。
それでも、

・クリテやエンデューロで有利になる空力的に優れたホイールが欲しい
・ヒルクライムレースも出るので登りにも使える軽量なホイールが欲しい


という我侭な欲求が抑えがたく高まってしまっています。
しかし空力的に有利なディープホイールはリムハイトが高い分重くなることは避けられず登りには不利になります。
平坦用とヒルクライム用でそれぞれホイールを用意すれば良いのでしょうか
そんな金はねぇ!!!
1セットでどちらもカバーするとなると重量的な不利をカバーするため軽量なカーボン素材のホイールにするしかないのでしょうがフルカーボンのホイールはやはりお高い…
となると、ここは一か八かで安く買える中華製カーボンホイールに挑戦してみるしか!!と考えます。
しかしネットで検索をかけて中華カーボンホイールの評価を漁ってみるとどうにも当たり外れが激しいようです。
よく分からないネットオークション等で買うと精度など滅茶苦茶な酷い製品にあたることもあるみたいです。

そこで、ネットの評判を元に台湾「Top-Fire」社の製品を導入してみることしました。
「Top-Fire」社はとある有名メーカーのハイエンドフレームのOEM元としてちょっと有名らしくそれなりに信頼できそうと判断したのです。
買った製品はこちら
ホイール販売リンク
Top-Fire製38mmハイトセミディープホイール(チューブラー)

空力と重量のバランスを考えてリムハイトはセミディープと言われる38mmをチョイスしました。あまりディープにすると重くなりますし横風の影響を受けすぎて使いにくなるのでこの辺りが使いやすいかとの判断です。
また、フルカーボンホイールはブレーキや耐久性から普段使いには向かないので決戦用として使用することになります。
となると、パンクの時に大変という欠点はありますが、クリンチャーより軽量なチューブラーホイールで良いのでは無いかと考えました。
その条件から選んだのが上記ホイールとなります。
38mmハイトながら重量は1200gを下回る軽さで値段は前後セット送料込みで$500でした。スペックからすると驚くほど安い…
もし使い物になるなら、かなりのコストパフォーマンスです。

果たして使い物になるのか?ドキドキしながら発注しました。
約1週間後、台湾から航空便でホイールが届きます。
まずは早速重量チェック
ホイール重量
フロント518g、リア681g で計1199g。ちょっとカタログ値よりは重いですが1200gを切っていますし個人的には十分許容範囲です。
早速フレームに取り付けて回してみましたが初期の振れは特に無いようでした。(振れ取り台とかでキッチリ見た訳ではないので素人が気にならないレベルにはなっていると思って下さい)
組み合わせたタイヤですが定番中の定番、「vittoria corsa cx3」を組み合わせました。
中華カーボンホイール写真

そしてホイールが届いて早速試走に行ったのがこの時でした。
「激闘!!「激坂小学校」ヒルクライムリピート!」
で、この時の感想なのですが
「とりあえず漕ぎ出しが軽い以外、ハッキリ言って全然分からん」
でした。
流石にこれだけ軽いと漕ぎ出しは軽さを感じます。
しかし!私は色々と鈍いのでホイールのインプレにある
・パワーが伝わる・逃げる
・ホイールが硬い・柔らかい
・登りが軽い・重い
・平地巡航性が良い・悪い

こういったことがサッパリ分かりません。その場で2種類を付け替えながら比べたら分かるのかもしれませんが普通に乗っていても細かい違いなんて体感出来ません(笑)
とりあえず
「普通に走ってみて問題は全く感じなかったので粗悪な製品ではない」
事だけは確認できました。
その後、
「「かしわらヒルクライムスプリント」参加してきました」
で報告したヒルクライムスプリント大会にこれで出場したのですがそちらで報告した通り無茶なスタートダッシュであっという間に燃え尽きてホイールの性能云々の走りではありませんでした(笑)

これでホイールのインプレしても誰の役にも立たねぇな…

と写真をみて新ホイール導入に気付いたきゃべつKさん達から感じるインプレを望む空気を無視し続けてきたのですが、先週末の「堺浜クリテトライアルレース」
・クリテビギナーII部門で前回10位 → 今回2位
・強風下のエンデューロで5位

と結果を出すことが出来ました。たった一ヶ月で劇的に私が成長した!!と言うこともないでしょうからw多分今回導入したホイールの効果は結構大きかったんじゃないかと思います。
特にエンデューロは強風の中
追い風区間で40km/h以上に加速してコーナーを立ち上がり向かい風区間のストレートに突入
    ↓
勢いを維持しつつ、向かい風区間を思い切り突っ切って走る

この時に周回遅れの選手をガンガン抜きまくりで
「もしかしてこれがディープホイールの効果じゃないか!?」
と思いながら走ってました。

まあ正直に言えば「速くなったのはディープホイールの効果だ!」と言い切れるほどホイールの違いを体感出来ているわけでは無いのですが、少なくとも平坦のレースでならそれなりに通用するレベルの製品なのではないかと思います。

え~我ながらあまり役に立たない自信なさ気なインプレになってしましましたが
・とりあえず軽い
・安い
・少なくとも粗悪品では無い
・平坦はそこそこ走ってくれると思う

以上をまとめとしたいと思います。

実際に購入してみて
「高級ディープホイールより全然クオリティ下じゃねぇか!!」とか
「全然パワーが伝わらねぇよ!!」とか
もしかしたら、あるかもしれません。
という訳で私のインプレはあまり信用しないで下さいね(笑)
正直機材の違いを体感するのは難しいです。走ってみて結果としてタイムがどう変わるか…くらいですかね分かるのは。

とにかく良い物が欲しいという人に勧めるつもりは全くありませんが
「博打覚悟でコストパフォーマンスが高いかもしれない製品に突撃してみたい」
という物好きな方がいらっしゃいましたら挑戦してみるのも良いかもしれません。
でも気に入らなくても許して下さいねw

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

ホイールの交換はフレームについでタイム更新を期待しますよね、
体感出来なくても実際にタイム短縮として現れてたら、それは効果あるということなんでしょうね。
そう思いたい!^_^
ホイールカーボンにして何秒?
フレーム変えたら何分?
て伸びしろに期待してるんですけど…
速い人にインプレのインプレをして欲しいですね(^o^)

Re: タイトルなし

100太郎さん、ホイールは高額なパーツですし一般的に体感し易いと言われているだけに交換したらタイム的な効果を期待したくなるパーツですよね。
それなのに、あまり役に立たないインプレで申し訳ない(笑)
でも多分堺浜巡航なら効果あると思いますよ!
そしてもう少し暖かくなったら勝尾寺にこのホイールで挑戦して自己ベスト更新を狙ってみたいと思います。更新出来たらヒルクライムでも効果ありってことで!

私は高い金を払ったら意地でも更新します
LWCの場合ははライト・ウェイト・カーボンの略なので名前が素敵!速いに決まってるw

やはりモチベーションという要素はデカいと思いますね
さすがにLWCからZONDAに交換されると登りはじめてすぐ気付きますけどw

Re: タイトルなし

ザクさん、やはり折角高いお金を払ったのだから何としてでも成果を出したいところですよね。
ですが私はまだ新カーボンホイールでヒルクライムTTに挑戦していないのでセーフです。
暖かくなったらコイツで勝尾寺に挑みますよ~そして今度こそ自己ベスト更新です!
でも返り討ちにあったらどうしよう(笑)

No title

あ~、あのホイールは中華カーボンだったのですね。
FFWDっぽいけどなんか違うな~と思っていました。(笑)
私もこれまでいろんなホイールを試してみましたが、なんだかんだでレーシング1に落ち着きました。
でも購入後6年経ちましたし、そろそろ買い替えを考えないといけないかも?(笑)

Re: No title

まささん、実は中華カーボンでした。レースではどうかな?と思ってましたが結構通用するようでホッとしてます。
確かにFFWDっぽいというかパクリっぽいデザインですね。その辺りは中華系らしいというか(笑)
まささんのRacing1はレースで使っても不満の無い良いホイールでしょうから不具合が出てないなら無理に買い換える必要は無さそうですがディープリムホイールを試してみるのの面白いかもしれませんね。

No title

実は一応コスカボSLを持っているのですが、あまりにも重すぎて全然使いこなせていないんですよ。(笑)
平坦で加減速の少ない堺浜ならレーシング1よりこっちの方が向いているのかな?
でも風が強いとハンドル取られそうですしねえ・・・。

Re: No title

まささん、コスカボお持ちでしたか。ディープリムホイールで高速巡航性能が高いでしょうから一定のペースで走るエンデューロには最適だと思うんですが頻繁にインターバルのかかるクリテだと重量の分、レーシング1の方が向いているのでしょうか?
当日の風の強さなども影響するでしょうし難しいところですが同じ条件の日に走り比べられると面白いでしょうね。

コメントの投稿