【駆け抜ける】天狗一武道会に「あの男」がやって来た!!【流星】

今週末は「晴れの国おかやま7時間エンデューロ」に参加ですよ!
最近は頭も身体もヒルクライムモードだったので、また平坦モードに切り替えていかないといけませんね。

だがしかし!!!

今週は先週のリベンジで「天狗一武道会」に参加するのでありました。平坦はどうした!?>俺
しかし今週は伊吹山のレース明けであり更に会社の都合やサドル破損?トラブル等色々あってちょっと参加者の少ない開催となってしまいました。

参加メンバーは、先週に引き続き参加してくださった「CSK吹田のヘタレくらいまー」ことゴンさん。(北摂方面でStravaされている方は必ずご存知のはず)、きゃべつKさん、私。
そして豪華ゲストは「れすとまん」さんです。
関西ヒルクライムTTに登録されている人は知らない人はいないであろう関西ヒルクライム界の雄。
関西各地のヒルクライムコースを走りその頂点を続々と獲得している凄い人です。
ですが、ご職業がら土日開催のレースには参戦出来ないのでレースでの活動記録はなく、休日の走行会に参加されることもなかなか難しいため
「関西ヒルクライム界のはぐれメタル」
的存在であり、出会っただけでもラッキー。そして一緒に走ると多大な経験値が得られるという噂もあります。(←ね~よ)
れすとまん号
こちらが話題のれすとまん号RTS TTR-6です。
何が凄いってフラペなんですよね。ビンディングだと足が固定されて自由にならないのが好きじゃないとの事ですが、フラペだと少なからず走りには不利なはず。それであの速さですから「ビンディングって実は意味ないんじゃないか?」と疑いたくなってしまいますw
バイク自体も超軽量という訳でもなく、きゃべつKさんが「練習用の自分のアルミバイクとほとんど重さが違わない」と驚いておられました。
つくづく大事なのは機材じゃなくてエンジンだと思い知らされますね。

れすとまんさんVSゴンさん。今日はなかなかの好カードが実現です。
果たしてその結果は…

その前に一緒にスタートしたら寒い頂上で長時間お待たせすることになるので、私ときゃべつKさんは先行してスタートして後からお二人に追いかけてもらうこととします。
何時ものように最初に飛び出したのは、きゃべつKさん。初レースの伊吹山で58分台を叩き出しレース明けながらも好調の様子。
私の方はというとレース明けですし昨日調子に乗って高強度ローラー台トレーニングをやってしまったのでちょっと疲労が蓄積気味。
「今日はきゃべつKさんに引いてもらおうかな~」
と後ろに着けて様子を窺いますが流石に疲れておられるのかペースが上がらないようだったので軽くスパートをかけて追い抜きます。
「追いかけてくるかな?」と思って追い付かれないよう頑張って飛ばし続けてみたら今日は心拍的には明らかに疲労していて何時もより息が上がって苦しいのですが何故か脚がよく回る感じです。
やや風があるのに速度は思った以上に伸びてそのまま前半区間はかなり好調に走り抜けます。この調子だと自己ベストに迫りそうな勢い?
伊吹山をレース強度で1時間走ったことで身体がヒルクライムモードに切り替わったのでしょうか?疲れているのに好調というちょっと不思議な状態で走り続けます。

前半を終えて激坂小学校区間に突入したところで、れすとまんさんが追い付いてきます。
私は何時もここで遅れるのですが今日は調子悪く無さそうだし私も負けじと気合入れて踏み込んで何時も以上のペースで…

ズビューン!!!

…すごい勢いで抜かれていきました。いやここ結構斜度あるんですけど!!
何か普通に平地を走るようなごく普通のペダリングで駆け抜けていかれました。
超高速ケイデンス!とかそう言った感じじゃなくて何か普通にスイスイ~って感じなんです。
あの速度であのケイデンスってことはかなり重いギア踏んでいるのでは?

れすとまんさんはあっという間に消え去ってしまいましたが、私は私で頑張らないといけません。
疲れはあるけど今の良い感じを身体に刻もうとポジションとかペダリングとか色々考えながら激坂小学校区間を駆け抜けます。
その後、この区間の終わりの天狗岩区間前でゴンさんが追いついて来られました。

「意外と差が付いたみたいだな…」と思っていたら
「れすとまんさん凄すぎるわ!!」と声をかけて走り抜けていかれました。
北摂屈指の実力者にこうまで言わせてしまうとは…

この後は激坂天狗岩区間。脚の疲れはありましたが調子は悪くないので少し斜度が緩んだら何時もより一段重めのギアを試してみたりといろいろ試行錯誤しながら登ってみます。
何時もならインナーローでないと走れなかった区間を一段上のギアで走れたりと伊吹山でのレース効果か何かほんの少しだけペダリングのコツみたいなのが見えてきたような気がします。
それでもやっぱり最後はタレてしまいましたが中々良い走りができた手応えを感じつつゴール。
上福井~天狗岩ヒルクライム:35分14秒(自己ベストから13秒遅れ)

うん、とてもまともに走れないだろうと思っていた状態ながら意外と良い走りが出来たかと思います。さら足で走ったらいよいよ自己ベスト更新イケる手応え十分です。次に走る機会こそは狙ってみたいと思います。
「レースこそは最高のトレーニング」という言葉がありますがあれは本当ですね。

ちなみに、れすとまんさんのタイムは驚異の28分台Σ(゚Д゚)
ゴンさんのタイムは31分30秒でした。
こう書くとゴンさんのタイムが普通に思えるかもしれませんがStrava区間6位の好タイムなんですよね。(ちなみにゴンさんのベストタイムはStrava区間歴代2位です)十分すぎるほど速いのですが、れすとまんさんが異次元すぎました。

全員ゴール後はお約束の記念撮影です。
天狗岩記念撮影160412
ゴンさんは、よほど大きな刺激を受けたようでこの後トレーニング方法など色々とれすとまんさんと語り合っておられました。

夜も遅いので少し語らった後、下山することになります。
私は下りが遅いので気が付かなかったのですがこの日下りで、きゃべつKさんの落車があったようです。幸いにも大した怪我は無かったようですが夜間のダウンヒルは特に気をつけないといけませんね。私も夜の峠に慣れてきたこともあってちょっと気が緩んでしまっている気がするので改めて慎重に走るようにしていきたいところです。

こんな感じで今回は参加人数こそ少なかったものの充実したライドとなりました。
参加者の皆さんお疲れ様でした。またよろしくお願いします。

そんな天狗一武道会の走行データは以下の通りです。



天狗一武道会は好天時には、ほぼ毎週開催されています。明るいライトを装備してくだされば、どなたでも参加歓迎ですので気軽にご参加下さい。
天狗一武道会のお誘いリンク

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは!昨日はありがとうございました!なかなか追いつかないと思ったらやまちゃんも自己ベストに近いペースだったんですね。
抜いた後は、はぐれメタルのごとく逃げました(笑)もちろん倒せば経験値得られますよ!抜いた時のギアは多分34-16くらいだったと思いますよ。最大勾配区間では23に少し頼りましたが、天狗だと17、19、21あたりですね。
週末は岡山なんですね。レース三昧でウラヤマ…また好結果の報告楽しみにしてますよ♪

Re: No title

れすとまんさん、いえいえこちらこそ良い物を見せていただきました。
簡単に追い付かれないよう頑張って逃げましたが追い付かれた後は一瞬でしたね。
しかし34-16であの坂を登られるとは…
天狗岩区間も34-28に頼る区間の多い私に比べて圧倒的に強い!私もまだまだ脚力を上げていかないといけませんね。本当に良い刺激になります。
ヒルクライムは相変わらずイマイチですが次は得意?のエンデューロですので良い結果を報告できるよう頑張ってきます!

はぐれメタルを倒すにはマホカンタでしょう
自滅を誘うのが近道です
お姉ちゃんを並べて『れすとまん様~コッチ向いて~』と応援してもらう作戦でいきましょう!
思惑どおり減速して手を振らず、余裕なフリして加速するかもしれませんが(笑)

ついに天狗一にもれすとまんさん降臨ですか。あの重いバイクで、ほんまどうなってるのか( ; ゜Д゜)
細身の上半身にごっつい脚を見ればなるほどと思うのですが、サッカーすればああいう脚になるのでしょうか。いや、今さらサッカーとかようしませんがw

ヤマちゃんさん羨ましいですよ、れすとまんさんを2回も目撃出来るとは^_^ それにしてもれすとまんさん読み物を書かせたらヤマちゃんさんの右に出る者はいないですね、シリーズ化して欲しいです^ ^

Re: タイトルなし

ザクさん、やはりれすとまんさんを倒すにはモテモテ攻撃しかありませんな。
まあ下手にお姉ちゃん並べると更にパワーアップして手を付けられなくなりそうですがw
あとれすとまんさんは、きゃべつKさんとゴンさんにモテモテでしたよ!流石に男には超モテますなw

Re: タイトルなし

トプローさん、天狗一にもFRAT練にもレアキャラととして参加してくださるので出会えた人はラッキーですねw
あの強さはサッカーが土台らしいですが学生時代?に相当激しく心肺能力と脚力を鍛えておられたのではないでしょうか。学生時代ただダラけていただけの自分が悔やまれます。この歳になって今更基礎体力向上させようとしてもキツいっすw

Re: タイトルなし

100太郎さん、そのうちFRAT練でも会える機会があるのではないでしょうか。
色々と常識外れな実力の持ち主なので、簡単には真似できず今ひとつ走りの参考にはならないかもしれませんがw凄い刺激にはなりますね。
機会があったら一緒に走って経験値を稼いで下さいw

コメントの投稿