GW最終企画その2:琵琶湖地獄変!ノンストップビワイチはもう嫌だ!!

それは、GW最後の企画としてO.H.C.のLINEで近江屋さんと自走ビワイチの相談をしている時のことでした。
私「じゃあ開催日は5/7で」
近江屋さん「それで行きましょう」
くにかつおさん「ビワイチやるんですか?5/8なら参加できるのですが…」

近江屋さん「じゃあ5/8もやりましょう!」

…流石はスタミナお化け。ビワイチ連投とか発想が常人の理解を超えてるわΣ(゚Д゚)
と思っていたら
近江屋さん「やまちゃんも、どうです連投」

い・や・だぁぁぁああああ!!!!

近江屋さん「200kmを毎日でも走れるようになれば体が慣れますよ。
実際、実際月3000走ればそれなりにコンディション整います」


……
………

普通ならそんな無茶しても身体を壊すだけだと思うところなのですが実際にそれをやり遂げて凄い結果を出している近江屋さんの言葉だけに説得力があります。

まあ5/7の自走ノンストップビワイチは自走するだけにそんな無茶なペースで走らないだろうし、5/8の方は別にノンストップとかやらないだろうし、連投だからツキイチさせてもらう方向でなら何とかなるかも…?
私「正直自信無いですけど、やってみます。もし完走できそうに無ければ途中で切り捨ててもらう方向で…」

という訳であろうことかGW最後はまさかのビワイチ連投となりました。
そして更に5/8の方に、すのうどんさんも参加表明。
近江屋さん、くにかつおさん、すのうどんさん、そして私のメンバーで5/8はビワイチをすることになりました。

…近江屋さんは言うに及ばず。O.H.C.平坦部の雄にして馬のケツ筋(命名おやじ転車さん)の異名を持つくにかつおさん、そして先日のベックオンフェスタクリテで優勝!されたすのうどんさん、どう考えてもアカンメンバーやん!!
万全の状態でも厳しいメンバーとビワイチ連投の2日目に走る…死んだなコレは…

さて、5/7の方ですが既に報告したとおりAvg.36km/hというあり得ない速度でキタイチ区間を駆け抜け、そのうえ往路と復路は私の単独牽きという過酷すぎるライドとなり終了後は全身ガタガタになってしまいました。
翌朝は当たり前のように身体中が筋肉痛…
朝起きて軽くストレッチをすると軽く曲げたり伸ばしたりするだけで脚がズキズキ痛みます。

これは今すぐ連絡して今日はキャンセルさせてもらった方が良いのでは…
と思ったのですが、参加表明をしておきながら怪我や病気をした訳でも無いのにキャンセルというのは如何にも情けない事です。
近江屋さんも「限界に挑戦して自分の限界を知っておくのは大事なことです」と仰っていたし…
とにかく、ついて行けるところまで走ってみよう!と思い直し予定通り参加することにしました。

この日は流石に自走ではなく車載で琵琶湖まで向かいます。
有り難い事にすのうどんさんが車を出してくださり琵琶湖まで快適移動です~
すのうどんさん本当に有難うございます!

琵琶湖の米プラザで近江屋さんくにさんと合流し、いよいよビワイチスタートです。
しかし事前の打ち合わせが全く無いのはどういうことでしょうか?
何処で休憩するとかどんなペースで走るとか全く話されてませんが…

ともかく、まずはくにさんが先頭でビワイチをスタートしたわけなのですが…
どびゅ~ん!と、くにさんらしいパワフルな牽きで最初からぐんぐん飛ばしていきます。
最初から40km/h超えのハイペースでグイグイ列車を牽いていきます。
くにさんパワーが有り余っているのかそのペースを維持したまま、かなり長い時間を牽いて下さいます。
有り難いことですが…私はキツい!!今日もこのペースかよ!!!
昨日のダメージが抜けない私は昨日と同じ様には走れないので昨日の巡航時よりギアを落としてケイデンス高めでクルクル回しながら必死でドラフティングゾーンに張り付きつつ追いかけます。
しばらく走り続けてややペースが落ちかけたところで、すのうどんさんにローテーション交代!
すのうどんさんもかっ飛ばす!これまた43km/hくらいのペースで集団を牽引します。

前日は近江屋さん以外は40km/hちょうどくらいの巡航ペースだったのでこれは昨日より速いペース!
もしかして、昨日Avg.36km/hで走ったのを知っているのでそれに対抗意識を燃やしておられる?
何故に昨日以上のペースで走ってるんでしょう私は!?
そして暫く走っていると不味いことに左の膝がズキズキと痛み始めます。
これは筋肉痛の痛み方じゃないな…もしかして関節を痛めたのか?
少しでも脚に負担が掛からないようケイデンス高めで極力踏み込まない回すペダリングを意識しながら走っているのですがそれでも膝にかかる負担は小さくなく序盤にして早くも完走に赤信号が灯ります。
やがてローテーションは近江屋さんに代わりますが巡航ペースは衰えず…流石は近江屋さん二日目にも関わらずそれを感じさせないパワフルな牽きです。
そのまま暫く近江屋さんの後ろで走っていましたが、やがて来ましたローテーション要求サインが!!
嫌だ!牽きたくない!!!
と思ったのですが長いビワイチをずっとツキイチで走っては付き合って下さる皆さんに申し訳ない。
せめて走れる範囲で牽く姿勢だけは見せておかねば…
と先頭に立ち頑張って踏み込んでみます。
今回皆さん昨日の記録更新を意識している様なのでせめて足を引っ張らない速度で走らねば!
と40km/h巡航を心掛けて必死の先頭牽きです。何とかその速度は出せたのですがどう考えても長くは続きそうにありません…そこで
「とにかく5分間頑張って牽く」と決めて力を振り絞ります。
5分だけなら何とか持つはず…他の方はその倍くらいは牽いて下さっているのですが私はこれが精一杯。
サイコンの時計とにらめっこしながら何とか5分だけ頑張って即交代要求です。
うううっ、あまり役に立たなくて申し訳ない…(泣)

こんな感じで自分のローテーションの番では5分だけ牽くという省エネ走法で、少しだけ役立ってるアピールをしつつ(←セコい)O.H.C.トレインは快速走行を続けます。

そして今回もやって来ました、ビワイチ最初の山場となる登り区間の近江八幡湖岸通り。
何とも運の悪いことに今回もここで私のローテーションが回ってきます。
しかし、昨日走ったことでこの区間の攻略法は掴んだのだよ!!
この区間の登りは緩斜面のうえ登りはそれほど長くは続かず、しかも最初の登りをクリアすれば後はアップダウンを繰り返す区間が多いのです。
つまり、下りでバビューンと加速してその勢いを持続したまま登りでは重いギアをウリャウリャ~と踏み込んで一気に登り切る私の得意の走法で乗りきれる!!
どれだけ疲れていてもアップダウン区間だけは頑張るのだ!!
と下りで加速して登りを全力走破していたら
「登りで飛ばし過ぎ!!!」
怒られてしまいましたよ。調子に乗りすぎました本当に申し訳ない…<(_ _)>
しかしこの調子に乗った走りでこの区間Stravaでベスト10入りする快走ぶりw
途中で緩めなかったらもう少しタイムを伸ばせたはず…(←いや反省しろよ)

そして近江八幡湖岸を抜け、その先のファミマ前の登り区間に入ると今度はすのうどんさんが鬼加速!
全員を千切らんとする勢いで駆け上ります。
ヤバい、これはバラける!?
と思ったものの下り区間とコンビニ前の大通りとの合流地点で無事再合流。危ない危ない…
しかしこの後、すのうどんさんが徐々にその恐るべき牙を剥きはじめます。
すのうどんさんは巡航速度も勿論速いのですが何より恐ろしいのがその立ち上がり速度。
信号待ちストップからの加速が恐ろしいほどに速いのです。
ロングライドの信号待ちでは皆の気が緩み立ち上がりはスローペースになりがちですが、すのうどんさんは、超ハイケイデンスで立ち上がりあっという間にトップスピードに達します。トラックで磨かれたその加速テクニックに後続は翻弄されてしまいます。
特にローテーションで、すのうどんさんの後ろに付いた近江屋さんはこの日クリートの調子が悪く立ち上がりでクリートキャッチミスを頻発。その間に距離を開けられて鬼加速で追い付くというパターンを繰り返します。
近江屋さんも後で「鬼インターバル、ゴチです!」と仰ってましたからキツかったのでしょうが更にキツかったのはその後ろの私達ですよ!!!
近江屋さんの後ろの私は何度中切れを覚悟したことか!!その更に後ろにいた、くにかつおさんも珍しく「私が一番きつかったと思いますよ」とアピールするくらいですから相当なものですw
かくして我々は以降、彼をすのうどんさん改め鬼うどんさんと呼ぶことになります。

その後は、鬼うどんさんのローテーションになる度に緊張が走り、皆しっかりギアを落として待ち構え、スタートで皆一斉にハイケイデンスで加速するという走りに変わりました。
いやぁ鬼うどんさんのお陰で、本当に良いインターバル&スタートダッシュトレーニングが出来ましたね(血涙)

こんな感じで無駄に張り切って走っているうちに血流が良くなったのかアドレナリンが出てきたのか走りきれるか心配なレベルだった膝の痛みがスッカリ治まってしまいます。
勿論昨日より体力的にキツいのは間違いないのですが思ったより脚も回るしこの調子で走り続けられればもしかすると昨日以上のタイムで完走出来るかも?と少し手応えを感じかけます。

しかし、そう順調に物事は運ばないもの。
前半は苦しみつつもペースは快調に走り続けましたがコース半分近くの賤ケ岳トンネルに近付いた頃、徐々に強い風が吹き付けるようになってきます。
そしてトンネルを抜け南に向きを変えて走り始めるとその強風が完全な向かい風になってしまいました。
南下を開始してからしばらくは鬼うどんさんが先頭で牽いてくださったのですが、それまで40km/hを下回ることのないペースで牽いてくださっていた鬼うどんさんをもってしても向かい風には勝てず35km/hほどにまで速度は低下。ドラフティングゾーンでも強く風を感じるほどですから如何に強い風だったか伺えるかと思います。
そこから先は向かい風に翻弄され一行は大苦戦。巡航速度は伸びませんし風に逆らって走り続けることで体力がいつも以上に削られていきます。
この区間でも私は何とか5分間間隔でローテーションに参加していましたが私の巡航速度は30~35km/hほどがやっとという有様…
この区間がこの日一番辛かった区間だったと思います。

それでもその先、風車村~白髭神社と延々と続く長い長い平坦区間を風に抗いながら何とか全員我慢の走りを続け、南下の平坦区間をAvg.35km/hキープで走破。
その先の県道307号線のサイクリングロードにはいります。
ここまで来れば残り距離もあと僅か。この先は飛ばせる区間ではありませんので一息つけます。
その後暫くこの区間を鬼うどん先導で走り続けますが、「松の浦湯治の郷」前のこの区間唯一の急な登り坂で流石に疲れたのか鬼うどんさんがローテーション交代を要求。
すると代わった近江屋さんが終盤のここに来て坂道を猛ダッシュ!!!
すぐ後ろだった私は慌てて反応して何とか張り付きますが後ろのくにさん以降は一旦途切れてしまいます。
「近江屋さん、後ろ続いてないですよ!」
と呼びかけるも緩まないペース(笑)
しかし、少しするとくにさんが坂が終わったところで猛然と追いかけてきます。
良かった何とか合流出来たわ~と安心していたのですが

実は、ここで鬼うどんさんまさかの脱落!!!

ローテーション交代直後って実は一番危ないんですよね。牽き続けて疲れてますし、一瞬の気の緩みが出ますので巡航速度より速度が落ちてしまいがちです。
そこでアタックが来るとそれは辛い。
それでも普段の鬼うどんさんなら対応できたでしょうがこの日は
「途中の栄養補給とクエン酸だけで走り切れるか試すため朝食を抜いてきた」
とのことで、残念ながらハンガーノックを起こしかけていたそうで最終盤のアタックに対応しきれず…
これ以降は難所は無かったのでここさえ乗り切れれば…残念です。

くにさん以外は鬼うどんさんの脱落に気付かぬまま、以降は一定のペースで列車は走り続けゴールの米プラザ前でアタック合戦を楽しみつつ、ゴール!!!
皆さんお疲れ様でした~

少し遅れて鬼うどんさんも無事ゴールされ皆で記念撮影です。
ビワイチ完走160508

この日のノンストップキタイチは
平均速度:34.9km/h
走行時間:4時間17分

となりました。後半は終始強風下での走行だったため前日の記録には及びませんでしたがその割には悪くないタイムで走れたとは思います。
しかし私がもう少しちゃんと走れていれば35km/h超えはできていたんじゃないかと思うとハイペースで走ってくださった他の皆さんには申し訳ありませんでした。
この日はこれが精一杯でした…

この後、皆さんでビワイチに行く度に気になっていたという店「炭火焼豚丼信玄」で昼食を取ります。
流石にクタクタに疲れていた私はど~んと特盛りをいただきましたよ!!
全力で走り切った後の飯は本当に旨い!!!
豚丼信玄

腹いっぱい食べてこの日の疲れを癒やしこの日のライドは無事終了となりました。
帰り道も、鬼うどんさんの運転で快適帰宅~。
本当に何時もありがとうございます。感謝してもし足りません。

こうしてまさかの2日連続となったノンストップビワイチは無事終了しました。
走っている最中はアドレナリン全開のおかしなテンションで走っているため何とかなりましたが帰ってからはまたしても左膝が痛み出し勿論全身かつて無いレベルでもの凄い筋肉痛となってしまいましたが、喉元過ぎれば何とやら。
振り返ってみると辛くも楽しい二日間でした。
絶対に無理だと思った企画でしたがやってみると何とか成るものですね。
何事も一度は挑戦してみるべきなのかもしれませんな。

でも、まあもう一回誘われたら
「フザケんなよゴルァ!!!」
と応えますけどね。
これからは是非、グルメライドやゆるポタにお誘いください。いやマジでw

そんな愉快なO.H.C.ノンストップビワイチの走行データは以下の通りです。


連日のビワイチお疲れ~と思われたら励ましのクリックを!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

読んでるだけで脚が痛くなってきましたw
10時間エンデューロが楽しみですね。OHCの表彰台独占を期待しています!

No title

えぇ~~~~!僕のクリートは調子悪くないですよぉ♪ただ単に下手糞になってるだけです(笑)まぁそれは良しとしてどんどん走りこみましょう!よければ14日の伊勢もいかがですかぁ(^^)

No title

2連ノンストップビワイチ、キタイチお疲れ様です。
下りでクイッとのぼりびゅーん作戦と気づかずごめんなさい。

キタイチの折り返しぐらいから、なんか膝がおかしいと
思って帰って確認したらシートポスト2センチほど走行中に
ずり下がってました(ー_ー)
おかげで今も膝痛いw
ポジションって大事ですな^^

Re: タイトルなし

トプローさん、初日の自走ビワイチは何とかなったのですがやはりそのダメージを背負ったままの2日目は脚が痛くてキツかったですね。
何故か走っているうちに痛みが治まったので何とか走り切れませんが途中までは本当にヤバかったです。
10時間エンデューロで何とか最後までバテずに走り切れる体力を付けるため色々頑張ってますが一足飛びに速くなれるわけでもないですし今回参加メンバーがヤバそうなので表彰台は近江屋さんたちにお任せします。
私は目指せ完走!ということでひとつ。

Re: No title

近江屋さん、ノンストップビワイチ2連戦お付き合いいただき本当にありがとうございました。
おかげさまで貴重な経験を積むことが出来ました。
ここまで来たらとことん走り込みたいので14日もよろしくお願いします。今度も頑張って走りますよ!

Re: No title

くにかつおさん、ノンストップビワイチお疲れ様でした。
私はくたばりかけていて短い時間しか牽けず申し訳ありませんでした。
くにさんのパワフルかつ優しい牽きには随分助けられました。鬼うどんさんの鬼牽きとは大違い(笑)
しかしシートポスト下がったまま走られていたとは…それで走りきってしまわれるのも凄いですが、カーボン用滑り止めグリスとか塗ってしっかり固定しておきたいところですね。膝を悪化させないようお大事になさって下さい。

コメントの投稿