機材レビュー:腕バンド型心拍計第3の選択肢「Scosche Rhythm+」

久々に機材レビューなどやってみようかと思います。
レビューするのは昨年あたりから少しずつ流行り始めている?腕バンド型の心拍計です。
と言うと、詳しい方は「MioかGerminのどちらかだろうな」
と思われるかもしれません。
現在、腕バンド型心拍計の定番は

計測機能に特化したシンプルな「Mio Link」
MioLink
実売価格だいたい1万円前後。

活動量計に心拍計をつけた高機能タイプ「vivosmart HRJ」
vivoSmart
実売価格1万5千円前後。


この2つだと思われます。実際ロードバイク乗りによるレビューもこの2つの製品が大半を占めています。

さて、現在一般的に使われている心拍計は胸に巻くタイプの所謂「胸バンド式心拍計」となっています。
これはサイクルコンピュータを買うと製品によってはセットで付いてくる事もありますし単品で買っても6千円前後と腕バンド型より安いです。
では何故腕バンド型心拍計のニーズがあるかというと

・装着が楽で締め付けられる不快感がない

この一言に尽きます。胸バンド式心拍計は装着の度に服を脱がなければなりませんし、仕組み上センサーを胸に押し付ける必要があり、その為にやや強めにバンドで胸を締め付けなければなりません。
「それが不快で心拍センサーは付けない」とおっしゃる方が何人か知っていますが気持ちは分かります。私はトレーニングの参考に必ず装着していますが出来ることなら付けずにトレーニングしたいものです。

そんな胸バンド式の弱点を解消するのが腕バンド型の心拍計です。腕時計のように腕に巻き付けるだけですから装着は簡単で腕に巻くだけなら胸を締め付けるよりずっと楽なはずですね。
かくして胸バンド式に代わり、腕バンド型心拍計の時代が…

やってきませんでした

腕バンド型心拍計は上記の2商品以外にも過去何度も製品が出てきていますが何れも主流になること無く相変わらず胸バンド式が心拍計の標準のままです。
それは腕バンド型には以下の様な大きな弱点があるのです。

・高価い
説明の必要はないですね。光学センサーが高価いので製品価格がどうしても高くなります。
・センサーが電力効率の悪い光学式のため、バッテリーが10時間以下しか保たない
胸バンド式が採用する心臓の電気信号を直接読み取る心電式センサーに対し、腕バンド型が採用する血液中のヘモグロビン量を強い光をあてて読み取る光学式センサーは消費電力が大きくそのため製品によりますがバッテリーは10時間以下しか保たず頻繁に充電してやる必要があります。
ほとんど電気を食わず1ヶ月以上電池交換が不要な胸バンド式に比べこれは少々面倒ですね。
・光学式センサーの限界で読み取り精度がかなり劣る
実際のところこれが最大の問題でして他サイトのレビューを色々みてもらうと分かるのですが光学式センサーを使った心拍計測定は正確な心電式と比べて心拍数がずれる上に追従性も遅れてしまうと、肝心要の心拍計としての性能がどうしても劣ってしまうのです。

これらの欠点を知っていたので腕バンド型心拍計に興味はあるものの手を出すことが出来ずにいました。

ところが、ある日心拍計の胸バンドが汗で臭くなってきたので何時もの様に洗濯ネットに入れて洗濯機に放り込んだところ、センサー接続部が断線したのか読み取りできなくなってしまいました。
その時は予備のベルトを購入して事なきを得たのですが、バンド部はどうしても定期的に洗濯する必要があり、断線する度にバンドを買い直す事になるのはちょっと困りものです。

この際、多少センサーの性能が落ちる事になっても手軽な腕バンド型心拍計を試してみようかな…と考えネットで評判を調査してみました。
いろいろ調べた結果、まあどちらも一長一短でセンサー性能はどちらにも問題ないという人もいればイマイチだったり明らかに劣るという報告もあります。
ならばあまり期待せず安いのを買っておこうかなと「MioLink」に決めかけたのですが、その時「Scosche Rhythm+」という製品があることを知りました。
RHYTHM+
「MioLink」にコンセプト的に近い製品ではありますが少しだけ安くて少しだけセンサー読み取り性能が高いかも?という製品のようです。
MioLinkと比較したレビューページリンク

「まあ話のネタにもなるし試してみるか」ということで早速注文。
先日の土曜日のトレーニング時に使用してみました。
心拍数が激しく変動するトレーニングとして、30秒-2分のクリスクロスを8回×2セット、更に30-30インターバルを8回というトレーニングをした結果がこちらです。(クリックで拡大)
心拍数センサーの違いグラフ
同じトレーニングを「Zwift」では「Scosche Rhythm+」と「Germin EDGE」では「胸バンド式センサー」とそれぞれペアリングさせて同時に記録し、結果を比較してみます。
それが上記のグラフです。
上からパワー、心拍数、速度で水色がZwift、赤がGerminで記録したデータを表しています。
速度がまるで違う値になっているのはZwiftはパワー値から求めるバーチャル速度、Germinが速度センサーで計測した速度となっているためです。
真ん中の心拍数グラフを比較してみますと…これは凄い。殆ど完全に一致していますね。ほんの少し値がずれているところはありますが問題になるレベルでは無さそうですし追従性もほぼ完全でグラフの形はピッタリ一致しています。
トレーニング中の参考データとしてはここまで心電式に近い値が出ていれば何の問題も無さそうです。

ただ、光学式による心拍数の読み取り精度は人によって誤差レベルが変わってくるらしいので誰もがこの正確性で読み取れるとは限りません。
あくまで私が使ってみた場合の参考値として見てもらえればと思います。
腕バンド心拍計装着
それから装着感などですが服を脱ぐこと無く簡単に装着できて胸を締め付けられる感覚なしで気軽に使用できるのはやっぱり良いですね。
光学式ですから腕バンドはキツく巻かなくてもしっかり読み取ってくれますので、ズレない程度に締めてやれば良く走行中邪魔になることはあまり無いかと思います。緩くし過ぎてズレない事に気をつけるくらいですかね。
ただ長袖を着たりアームウォーマーを装着する時には少々邪魔になりそうでそれだけが少々心配です。

という訳で、マイナーな腕バンド型心拍計「Scosche Rhythm+」の使用レポートでした。
とりあえず使ってみた感じでは装着感、センサー読み取り性能何れも問題なくかなり気に入りました。
「これはお薦め!」と言いたいところですが問題点がひとつ…
この製品基本的に国内では売ってないんですよね。一応Amazonの並行輸入品もあったりしますが洒落にならないほど高価いのでとてもお薦めできません。
私はeBayから個人輸入で購入して9千円強でしたが
サポート等を考えてもちょっと敷居が高いのであまり積極的にお薦めすることも出来ませんね。
個人輸入のリスクを気にしない方なら自己責任ということでw試してみるのもありかもしれませんが今ならこの値段を出すなら素直に活動計機能付きの「vivosmart HRJ」を買うのが正解のような気がします。

そんな訳で、今ひとつ役に立たない気のする製品レビューでした。
腕バンド式心拍計、光学式センサーとの相性さえ良ければお薦めなんですけどね。
肝心のそこが試してみないと分からないのが難しいところです( ̄~ ̄;) ウーン

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿