結局チューブレスタイヤ「IRC Formula PRO TUBELESS RBCC」を諦めた話

前回不具合報告をしたチューブレスタイヤ「IRC Formula PRO TUBELESS RBCC」
ですが、多少の空気漏れは仕様で送ってきた製品も仕様の範囲内だからこの程度の漏れは許容しろとの回答で返品されました。

ん~何度も装着位置をずらしたり装着向きを変えたりしても常に同じ箇所から空気が漏れ続けて何度試しても一晩で3気圧以上抜けてしまうようなタイヤなんですが、これが仕様だと言われれば仕方ないですね。

ですが電話対応では
「ビードちゃんと嵌ってないんじゃないですか?石鹸水塗って9気圧くらい入れれば解消ですよハッハッハ」
馬鹿言うな。何度付け直して試したと思ってんだ!そんな位のことはやったっての。そもそもビード嵌って無ければ空気抜けが3気圧程度では済まんだろうし、いつも同じ箇所だけ空気漏れするわけ無いだろうが!

前輪のタイヤはほどんど空気が抜けずに使えていたので製品管理が甘く個体差が大きいのがこのメーカーのタイヤの特性なのだと思われます。
それは仕方ないけど電話でのお前の付け方が悪いと言わんばかりの対応には心底がっかりしました。
例えばですね
「チューブレスというタイヤの特性上どうしても空気抜けは完全に防げないので3気圧の抜けが許容出来ない場合はシーラントを入れて対応してください」
とか言われたらそれはそれで納得したと思うんですよ。
それなのに何度も付け替えて試したと報告しているのに「お前の付け方が悪い」と言われてしまっては流石に悲しくなってきます。

いい勉強をさせてもらいましたのでIRCのチューブレスは二度と使うことは無いでしょう。
高価い勉強代でしたが。

で、結局チューブレスを諦めたかというとそんな事はなく
SCHWALBE PRO ONE (シュワルベ プロワン)を使ってみることしました。
こちらは先週末の亀岡GC周回コースで快調に使用できて、その後空気の継ぎ足しなどしていませんがまだあまり空気が抜けておらず絶好調です。
最初からこちらにしておけばこんな思いをせずに済んだのに…

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿