ヒルクライム大台ケ原に向けて今年の目標と作戦など

早いものでいよいよ今週末は今期ヒルクライム最終戦(多分)
「ヒルクライム大台ヶ原」となります。
大会に備え先週末は実際に走りながら作戦を立てるため試走に行ったのですが天気予報に反して現地は朝から土砂降りでした(号泣)
さすがにあのコースを土砂降りの中走る勇気はなく無念のDNS。泣く泣く山を下りたら下界は快晴だったという実に大台ケ原らしい天気でしたw

あ~残念だな~試走できていたら昨年より5分は確実に短縮できたはずなのになぁ・・・
あ~マジ残念!

それはさておき、大台ケ原に向けて一応目標と作戦などを考えてみます。

さてまずは昨年の大会での走行結果です。


1時間28分57秒が昨年の公式タイムです。
なんということでしょう!
昨年は90分切りを達成しているのです。

上手いことトレインに乗れたとは言え昨年はまさに会心の走りができました。
今年はどうなるか分かりませんが昨年以下では成長が無くて悲しいので何とか昨年を上回るタイムを目指したいところです。

では具体的にはどれ位のタイムを目指すべきなのか。
昨年のデータを元に走りを分析しつつ方針を定めます。

まずは前半のスタートから激坂区間スタート地点までです。
昨年はこの区間を約21分で走っています。
・・・かなり速いやん!どんだけ頑張ってんの昨年の俺。これどんなに頑張っても1分短縮がやっとじゃない?
と言うことで20分を目標タイムとしますが・・・このタイムはトレインに乗るのが大前提。しかし無理して序盤飛ばしてしまうと激坂区間に入る前に心拍が上がりすぎていきなり勝負が終わってしまう危険も伴います。今年の富士ヒルで失敗したパターンですね。
そしてこの区間、前半は緩斜面が続きますが後半になると徐々に斜度が上がっていき実は激坂区間スタート前には既に結構な斜度になっています。
ですからトレイン効果の高い斜度の緩い区間は何とかトレインにへばり付いて走り、斜度が上がってからは無理をしないで千切れる(笑)という方針で走れればと思っています。

そして問題の中盤の辻堂激坂区間です。ぶっちゃけ大の苦手の激坂区間です。
昨年はこの区間を39分42秒で走っています。平均パワーは235W。実によく頑張っています(笑)
ですがこの区間を3つに区切ると、前半247W、中盤230W、終盤223Wと仕方ないことながら徐々にタレていっているのが分かります。
今年は最後まで240Wを下回らずに走り切ることを目標に「序盤に飛ばし過ぎず途中でタレない」を心掛けてこの厳しい激坂区間を走ってみたいと思います。
この区間の目標タイムは39分。

そして最後のアップダウンの大台ケ原ドライブウェイ区間。
昨年のタイムは28分25秒。これは速い!
いやこの区間は元々好きなタイプのコースのうえに上手いことトレインにも乗れたのでこのタイムでして運良くトレインに乗れなければこのタイムは不可能でしょう。どう考えても大幅短縮は難しいので目標タイムは28分。
この区間は実は序盤はまだまだ斜度の高い厳しいコースが続きますのでアップダウンが始まるまでは引き続き240Wキープを心掛けながら我慢の走りを続け、アップダウンが始まったら追い付いてきた後続組の快速トレインに何とか喰らいついて走るのが理想ですね。ここはもう運任せ(笑)

さて全てを合計しますと 20+39+28=87

今年の目標タイムは 1時間27分となりました。

昨年からたった2分弱?と思われるかもしれませんが昨年のあの会心の走りから2分縮めるのがどれだけ大変なことか・・・

果たして今年は目標を達成出来るかどうか。厳しいレースになると思いますが全力を尽くして最後までレースを楽しめればと思っています。

大台ケ原頑張れ!のクリックをよろしくお願いします
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

87分とはどえらい目標ですね!
私が目指すなら21+37+29です
同じコースでもペース表の考え方が違って面白いですね
土日を両方潰して、金を払って、山奥にしんどい事をしに行かんとアカンのです
せめて悔いのないレースになるよう頑張りましょう!

Re: No title

ザクさん、昨年のタイムを元に今年少しは成長していると想定+トレインに乗れたというプラス条件を合わせた結果の目標タイムです。
ここ最近の不調やトレインに乗れなかった時のことはとりあえず考えませんw
確実に達成可能なテヘペロ目標では面白くありませんし、これくらい高めの目標を設定しそこに向かって頑張る方がブログ的にもきっと面白いでしょう。
どうなるか分かりませんが頑張ってみますね。

コメントの投稿