走れ堺浜!!4時間エンデューロトレーニング

いよいよ10/1(土)は東近江クリテです。
この大会は土日の2日に渡って開催され土曜日がエンデューロ、日曜日がTT&クリテリウムとなり私が参加するのは土曜日の2時間エンデューロ(ソロ)部門となります。

既に参加者リストがアップされているので確認してみましたがこれがまたすごい人らが参加していますので、何とかギリギリでも入賞圏内に引っかかるのが目標となります。
でも、この顔ぶれだと上位陣にはまた何度も何度も周回遅れにされるんだろうな・・・(苦笑)

さて、週末の土曜日はエンデューロレース対策として久し振りに堺浜に出掛けてきました。
ここ最近ヒルクライムレースモードだったので長時間走り続けられる身体に切り替えるのが目的です。

今回の方針は
・4時間基本休憩なしで走る
トイレストップもなし。信号ストップは勿論あり。交通ルールは守ります。
・レースペースを維持し続けて走る
 ただ走るのではなく可能な限り自分なりのレースペースを維持して走り続けることを心掛けます。具体的には周回7分台を最後まで維持が目標。

この2つを基本方針として走ってみることにします。
今回は手抜きでマイカーで堺浜入り。車を手に入れてからすっかり怠け癖がつきました(笑)
いや往路は良いんですけどこういったトレーニングは復路が辛いんですよね。車があると帰りがものすごく楽で。
堺浜ディープホイール装着160924
そして久々に登場のTopFire製カーボンセミディープホイールです。
ターゲットレースの東近江クリテや堺浜はほぼ完全な平坦なのでディープホイールはきっと効果を発揮してくれることでしょう。
レーゼロも良いけどやっぱり見栄えが良いのはこっちですね。NOAHにはディープホイールがよく似合う。

さて、栄養&水分補給を済ませ早速コースインです。
最初の一周はアップを兼ねて抑えめで走ります。身体が暖まった二週目からいよいよ計測開始で4時間エンデューロ走のスタートです。
それでは早速今回の走行データです。


そしていきなり全27周の走行タイム一覧など

7:16 7:07 7:14 7:14 7:14
7:25 7:21 7:17 7:19 7:26
7:20 7:25 7:26 7:21 7:29
7:24 7:22 7:25 7:22 7:21
7:07 7:24 7:22 7:29 7:24
7:19 7:25


堺浜コース160924
この日の堺浜は海沿い独特の強風が吹き付ける今ひとつ走り難いコンディション。
まあ堺浜の場合はこれくらいの風は珍しくはありませんが単独走だとこの風が物凄く厄介です。
しかも悪いことに東からの風だったので一番スピードの乗る南ストレート区間で完全に逆風。無風なら40km/h以上で走るべき区間なのにこの日は35km/hくらいで走ってもキツい・・・ここを気持ちよく飛ばせないのはかなりフラストレーションが溜まります(笑)

そして目標とする7分台での走行ですがまあ特に速い!というペースではありません。単独で走っていることを考えても平凡なタイムでしょう。
しかし7分切りは本気TTの一周限定の全力でなければ出せないペースですので7分台前半であれば私としてはエンデューロレースペースとしては結構頑張っているペースです。
7分台後半だとちょっと手抜きペースとなるのでしょうか。
ですから「まずは半分の2時間は7分台前半で頑張って走り、疲れの出て来る残り2時間は7分台を死守!」と考えながら序盤を走り続けました。

序盤は勿論パワー満タンですから7分台前半ペースなら無理なく走ることが出来ます。
2周めにちょっと頑張ってこの日のベスト7分7秒をマーク。その後も淡々とペースを刻み1時間経過。
「うん、良い感じだな!1時間走ってもまだ十分余力残ってるしこのペースでしっかり走りきろう!」
と思いつつ予定通り最初の補給でエネルギージェルを摂取。

しかしここから先、徐々に脚が重くなり逆風の南ストレート区間が辛くなり始めます。
とにかく逆風だと少し力を緩めるとすぐにペースが落ちてしまいます。
南ストレート区間を走りきって最後のコーナーに差し掛かった時点で6分ジャストだと7分台前半はほぼ確定。しかし6分10秒を超えていると黄信号。最後の北ストレートを気合い入れて踏まないと7分台前半は難しくなります。
序盤はほぼ6分で刻めていたのに徐々にそのペースで走れなくなり中盤は概ね6分10秒台前後。その分最後の北ストレートを頑張らなくてはならず精神的プレッシャーがキツくなりますw
それでも何とか7分台前半を死守しつつ半分の2時間経過。
ヤバい早くもキツいわ!
ここで2本装備しているドリンクボトルの半分をあけて栄養&水分補給。
明らかに疲労が厳しくなってきているのにまだ半分かと思うと気が重くなります。
「まあ残りは予定通り少しペースを落として7分台後半でも良しとしよう」
と自分を励ましつつ後半戦スタートです。

ここからの1時間が一番辛い時間帯だったでしょうか。
「ペースを少し落とすとは言っても手抜き走行ではトレーニングにならないし出せる範囲でしっかりパワーを出して走ろう!」
と思いつつ重い脚を何とか回し続けて黙々と周回を続けます。
幸いなことにこの頃から風がやや弱まってきたようで南ストレート区間も結構走りやすくなるのですが、既に脚がかなり疲労しているのでもはやペースを上げることは出来ません。
それでも走りやすくなったため何とか7分台前半をキープし続けることが出来ており、そうなると欲が出てきて
「こうなったら最後まで7分台前半キープを目指して走ってみるか!」
と目標を上方修正。延々と周回を重ねるのは精神的にも辛いので何か目標を持って走った方がモチベーションを維持できるのですw
しかし3時間も間近に迫った時、やや遅れ気味の周回で遅れを取り戻すべくストレート区間で力強く踏み込んだ時、脚にピシっと電流が走り
「これは足攣りの前兆!このままパワーを掛け続けたらヤバいかも!!」
いやぁ辛い辛い。折角良い調子で走っていたのに足が攣ったらもう走行続けるのは無理だよね。
トレーニングで無理して怪我につながったら意味ないし足が攣ったらトレーニングは中止しよう。必ずそうしよう!

まさに悲壮な覚悟(爆笑)で力を緩めること無く力強く踏み込み続けながら終わりの時を待つのですがその後いくらパワーを掛けても全く足が攣る気配がみられません。
「何だったんだよ先刻の前兆は!?(怒)」

3時間走り終わった時点で2本めのドリンクボトルをあけ再度栄養&水分補給。
その後、南ストレート区間に差し掛かった頃に勢いよく抜いていく方がおられたのでドラフティングエリアに入れさせてもらいます。
「うひょ~かなりのペースなのに物凄く楽だわ~」
疲れているとは言えツキイチではマナー違反なので周回の終わりまでその方とローテーションしながら走ってこの日の自己ベストタイの7分7秒をマーク。3時間経過で疲れている状態で後半ローテーションしただけなのにこのタイム。やっぱりトレイン走行はぜんぜん違うなぁ・・・
次のエンデューロトレーニングは誰かと組んで楽しく走りたいなぁ・・・誰も付き合ってくれんだろうけど(苦笑)
その後、3時間経過後は「あと1時間だから!」「あと45分だから!」「あと・・・」とカウントダウンしながら必死の7分台前半キープ。ここまで来たら最後まで貫き通したいという一心で重い脚と痛みだしたお尻に鞭打って何とかペースを維持して走り続けます。
そして最後の周回も燃え尽きる寸前の最後の踏ん張りで7分前半をキープし無事4時間完走です。

合計周回数は27周+アップ&ダウン各一周

本気で走った27周は目標どおり全て7分30秒以内で走りきることが出来ました。
7分29秒が2回あったり本当に薄氷を踏むようなギリギリでの達成ですが達成したという事実は揺るぎませんw
「4時間よく頑張った、俺!」

と言うことで目標通りの走りが出来たことで大満足のトレーニングとなりました。
辛かったけど終わり良ければ全て良し。これからのエンデューロレースシーズンに向けて良いトレーニングになったと思います。

しかし正直に言いますと4時間一定のペースで刻む今回のトレーニングは次の2時間エンデューロレースに向けた最適なトレーニングでは無いと思ってます。
2時間だとおそらく上位陣はハイペースで走り続け、コーナーごとに強烈なインターバルを掛けてくるスプリント力を求められる展開となることでしょう。
もちろんある程度の持久力が無いと話になりませんがそれだけでは何時ものように途中でぶっ千切られて周回遅れにされて終わり・・・
むしろ積極的に取り入れるべきはハイパワーを断続的に掛け続けるインターバルトレーニングだと思います。
しかし今年後半戦の最大の目標は鈴鹿8Hエンデューロ。そこにピークを持っていくのが今のトレーニング方針です。長時間走り続けられる身体作りを最優先に頑張っていこうと思っています。

なんか言い訳くさくなりましたが、勿論次の東近江クリテも全力を尽くしますよ!
残り期間は一週間を切りましたが今週もレースに向けて頑張ってトレーニングしていこうと思います。

目指せ東近江クリテ2Hエンデューロ入賞!!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿