侮りがたい中華ロードバイクパーツの世界

先ほどこんな物が中国から届きました。
中華speedセンサー
ありふれた速度&ケイデンスセンサーですね。
ただちょっと違うのはANT+とBLEの両対応という点です。GARMINのGPSサイコン遣いの方にはANT+対応は必須ですが、それとは別にいざという時にBLE対応センサーがあるとスマホのサイクリングアプリで走行データを取ることが出来てとても便利です。

それに私の愛用しているトレーニングアプリZwiftがiOS対応版が開発されており現在ベータテスト中なのですが(私はベータテスターに当選しました!)これはBLEセンサーが必須となっております。(ANT+には対応しない)

この先、ANT+とBLEどちらが主流になるかは分かりませんが両対応センサーを持っておけば安心です。

と言うことで写真の製品なんですがANT+とBLE両対応なのは既に述べた通りですが驚くべきはその価格。送料無料で約19ドルとなっております。日本円で2000円ほどですね。
http://s.aliexpress.com/N7BVnQje
ほぼ同じスペックの商品がGIANTにもありますがこちらは4500円ほど。別にこれがボッタクリって訳ではなく、ごく標準的な価格です。中国製が安すぎるんですw
http://www.giant.co.jp/giant16/acc_datail.php?p_id=A0001278

この商品は実は2つ目で、1つ目は既にバイクに取り付けて数ヶ月使用しています。電池持ちは良いし防水性も今のところ問題無さそうですし中国製だからと言って粗悪品と言うことはありませんでした。
そんな訳でローラー台用としてもう一つ追加購入したわけです。
まあ故障した時のサポートどうすんの?って話はありますがこの値段なら買い直せば良いやと思えてしまうレベル(笑)

ついでにもう一つ最近買った中国製パーツを紹介します。
中華GARMINマウンタ
はい、見たまんまGRAMINのサイコンマウンタですね。
「でも最近のGRAMINのサイコンはマウンタが標準で付いてるのでは?」
実にそのとおりなのですが、よく見て下さいサイコンの下。
そう!アクションカメラも同時に付けられるんすよ。
http://s.aliexpress.com/jIj6bqYv
商品リンク先を見てもらうと分かりますが何とサイコン取付部の下にGoPro規格のコネクタがあり、更に一般的なネジ式カメラに対応させるアダプタも付属します。
と言ってもそれだけなら驚くことは無いのですが、なんとお値段ビックリ800円弱!これは安い!
エアロハンドルバーなどでパーツ取り付け位置に悩んでいる人には福音ですね。なにしろ800円だし(笑)

こんな感じで一昔前は中国製と言うとコピー商品やら粗悪品やらで「安かろう悪かろう」だったんですが最近は「物によりますが」安くて良い品も結構あって侮れません。
まあ相変わらず怪しげな商品も多々あるので無条件でお薦めできる世界ではありませんが興味があれば調べてみるのも面白いかと思います。
ハマりすぎて抜け出せなくなっても知りませんが(笑)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

気が小さいので『中華』と名がつけば不安になってしまうのです
しかし、虎穴に入らずば虎児を得ずとも言いますしね
いや、虎穴の外でやまちゃんが出てくるのを待ってからでも遅くないかも(笑)

Re: タイトルなし

ザクさん、中華グッズはある意味ギャンブル的なところがありますからね。
スピードセンサーとガーミンマウンタは大当たりの部類ですが、使い物にならないセンサー付き自動点灯リアライト(暗すぎる)とか出来の悪くて使わなかったサイクルバッグとかハズレもあったりします。
ハズレ引いても笑って許せる余裕が無いと中華グッズはオススメできないかもしれません(笑)

コメントの投稿