東近江クリテ2時間エンデューロレポート:これが力の差というものか・・・

10/1(土)は東近江クリテの2時間エンデューロに参加してきました。

参加者リストの中に実業団で活躍されている選手の名前を数名見かけてちょっと不安になっていたものの、これまでエンデューロでは結構良い成績を上げていたので「目指せ6位入賞」を掲げて挑んだ大会でしたが結果は如何に・・・

■レース開始まで
レース当日は雨予報だったものの、雨は午前中には上がりレースが開始される昼前には曇り空ではあったものの雨はあがり路面も一部をのぞいて乾いてレースには支障のないコンディションとなりました。
気温もそれほど高くなくやや湿度が高くてジメッとした感じはあるものの、わりと走りやすそうなコンディションです。
私は今回も車で会場入り。マイカーは購入以来毎週のように大活躍です。買った甲斐があったというものです。

会場入りしたらまずは長時間(と言っても2時間ですが)の走行に備えて栄養補給を行い少し休んだ後、試走時間になったのでアップがてら試走開始です。
東近江クリテコース
今回のコースはこんな感じ。1周1.3kmと短くコースは完全に平坦。
ポイントは(3)~(4)の急コーナーとそこからの立ち上がりになるだろうな・・・
と走り方を考えながら15分ほど走って身体を暖めておきます。
調子は悪く無さそうだし後は2時間全力を尽くすのみです。

■いよいよレーススタート

試走も無事終えてあとはいよいよレース開始を待つのみです。
実はスタート地点を間違えていてスタッフに指摘され慌ててスタート地点に着いた時には既に何人か並んでいました。
岡山8時間の時には後方に並んでしまい先頭集団に入れなかった苦い経験があるので焦りましたが、今回は100人弱の小規模な大会なのでそこまで熾烈なスタート位置争いにはならず何とかそこそこ前の方の位置をキープ。
「とにかく序盤は頑張って先頭集団に付いていくぞ!」と思いながらいよいよレーススタートです!

最初はローリングスタートでコースを半周ほどしたところでアクチュアルスタート。周りが一斉に加速開始です。私も遅れまじと加速して集団のやや後方に位置取ります。

そしてそのままコースを半周ほど周った所で
「おかしい・・・集団が速すぎる。ドラフティングゾーンに入っているのに付いていくだけでやっと・・・と言うか既にガチ踏みしないと付いていけない!」
なんか調子悪いのだろうかとパワーメーターをみると300W以上は出ています。
どう考えてもこのペースで走り続けることは私には無理です。こんなペースを続けていたらあっという間に脚が終わってしまい心拍も無茶苦茶になって序盤でレースにならなくなってしまいます。
これは先頭集団は諦めるしか無い・・・
今まで出場したエンデューロレースでは少なくとも序盤しばらくは先頭集団に付いて走っていたのですが今回は僅か一周で先頭集団から脱落。情けないと言うか不甲斐ないと言うか・・・
しかしレースは始まったばかり。これでレースを諦めるわけにはいきません。
しばらく一人で走っていると集団から溢れた人が少しずつ集まりはじめて第二集団が形成されます。
この先ずっと単独走を続けるわけにはいかないので第二集団内に収まり機会を伺うことします。
この第二集団ですが結成後暫くは少人数ながら割りと脚が合うようで適度にローテーションしながら順調に周回を重ねていきます。
私も時々先頭を引きますがその後は後方で休めるので決して楽なペースでは無いもののこの調子で集団をキープしつつ走り続けられれば・・・と考えていました。

しかし、この第二集団が徐々に先頭集団からの脱落者を吸収して人数が増えていきます。
その結果どうなるかと言うと実力の勝る人を次々と飲み込んいった集団は徐々にペースが上がっていきやがて集団に付いていくのが苦しくなってきたのです!

特にコーナーの立ち上がりではガンガンインターバルが掛かるようになってきて分かっていてもそこで乳酸が溜まってしまい、その先のストレートでジワジワ離され何とか追い付こうと無理をして更に消耗・・・という悪いパターンに嵌ってしまい、やがて第二集団からも脱落するという悔しすぎる展開に・・・

先頭集団に付いて走るどころか第二集団にさえ付いて行けない展開にこの大会のレベルの高さと自分の実力不足を痛感するのですが、この大会は下位に沈むことは間違いないとしても先につながる何かを掴むためにも気持ちだけは切らさず何とか必死で走り続けます。

その後は短いコースなので何度も集団に周回遅れにされながらも何とか脚の合いそうな人を見つけてその方と回しながら走り続け、何度か周回遅れにされる時に先頭集団に乗ってみようと試みるのですが、残念ながら実力差は歴然で一周たりとも付いていけない有様・・・

終盤は先頭、第二集団からの脱落組で小集団を作って回しながら何とか2時間走りきってゴール!

結果は20位/86人と入賞とは程遠い順位に沈みました。


■今回の反省と今後について
今回特に調子が悪かったわけでもないですし、何かアクシデントがあったとか作戦に失敗したとかそんなことも有りませんでした。
とにかく今回のレースのレベルだと、私の実力では全く通用しなかった。
その一言に尽きます。

開始早々先頭集団から振り落とされ中盤には第二集団からも脱落という結果には
「エンデューロレースなら結構いい所で走れる」
と思っていた私には悔しい結果でした。
私が今まで参加してきた大会とはレベルが違っていて、まだまだ上には実力者がいくらでもいるという現実を思い知らされる結果となりました。

今回のレベルの大会で走るにはとにかくスプリント力が足りません。300Wくらいで走るとあっという間に脚が終わってしまう今の私では今回の先頭集団に付いて走るのはどう考えても無理があります。
エンデューロレースですから勿論持久力も必要ですが、だらだらと長時間走るだけでは何時まで経ってもこの差は埋められないでしょう。
となるとやはり日頃のトレーニングの強度を上げてより高い出力を持続できるようにしていくしかありませんが・・・言うのは簡単ですけど実行に移すとなると難しいですね。
やっぱり強度の高いトレーニングはキツいですから簡単には実行出来ませんし中々続かないものです。
ただ今より上を目指したいならトレーニングを見直すしか無いわけで・・・
さてどうしたものか。

いろいろ考えて近いうちに今後のトレーニング方針をまとめてみたいと思います。

最後に今回のレースの走行データは以下のとおりです。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

先頭集団から落ちてきた人たちが加わって第2集団がペースアップ!?なにそれコワっ!
そんな展開があるとはエンデューロも奥が深いですねえ。
それにコーナーごとにインターバルとかきつい~。
2時間エンデューロおそるべし。
てかそこで上位1/4以内ってやまちゃんさんすげーと思うんですがw。
エンデューロも時間枠で様々なんですね。
次はやまちゃんさん本領発揮の長時間エンデューロ8時間ですか!期待してます!

Re: No title

senさん、何とも恐ろしいレベルのエンデューロレースでした。
それにしても第二集団にすら付いていけなかったのはショックでしたね。エンデューロの恐ろしさを改めておもいしらされました。正直まだまだ力不足です。
8時間エンデューロまでまだ時間はありますので少しでも脚力をアップさせ今回より良い走りが出来るよう精進したいと思います。

コメントの投稿