中華サイクルパーツの光と影

大げさなタイトルですが大した内容では無いです(笑)

今週火曜日の定時後のことです。この日は北摂の夜間走行会「天狗一武道会。」の開催日なので
「思いっきり走ったるぞ~!!」
と意気揚々と集合場所に向かったのですが、ふと気が付くとライトが消えていました。
街中の大通りを走っていると街灯が明るいので案外気付かないものなのですね。

「天狗一武道会」では街灯の全くない山道を走りますので路面が確認出来るレベルの明るいライトは必須です。ライトの接触が悪いのかと色々いじってみましたが復活させることは出来ずに泣く泣く走行会に参加すること無く帰宅しました。
帰ってから確認した所、ライト本体は生きていましたが、バッテリーが駄目になっていました。

私が現在使用しているライトは中国の通販サイトaliexpressで買った以下の商品です。
中華爆光ライト
中華ライト通販リンク

ライトとバッテリーが別々になっている製品で、12000mAhの大容量バッテリーが付き、その明るさは驚きの5000ルーメン!!!凄まじですね。

嘘ですが!!!

明るさは最大光量でだいたいスペックの半分の2000ルーメン弱くらいだと思います。
それでも充分過ぎる明るさなんですけどね。街中では最弱設定で問題なく、街灯のない峠道でもミドル強度で路面がしっかり確認できます。最強設定は明るすぎて対向車が来ない天狗岩の激坂区間くらいでしか使いみちがありません。
バッテリーについてはまあ12000mAhも無いとは思いますが18650リチウムイオンバッテリーを6本も使った余裕のある設計で最大光量でも3時間以上は使えるのでかなり優秀です。
これが20ドルですからコストパフォーマンスは抜群です。普通なら1万円以上はするスペックでしょう。

でも壊れました!

さてこれをどうするかですが、修理できるか?というと私にはちょっと難しそうです。
サポートに出す?aliexpressは日本で言う楽天みたいなオンラインショッピングモールで実際には個々のショップが商品を出品している形式ですのでサポートの手続きはかなり面倒そうです。
さてどうしたものか・・・

話は変わりますが、最近「リストバンド活動量計」というのがちょっと流行っているようです。
各種センサーを内蔵し、歩数計によるカロリー消費、睡眠量や睡眠の質、心拍数の推移などを記録できるのです。
「そんなの必要なの?」と言われると何か微妙な気がしますが最近疲れ気味ですしトレーニングの頻度や強度を決める参考になるかもしれません。
そして、これまた中国の「Xiaomi Mi Band 2」という製品が3千円弱で売っていたのでついつい衝動買いしてしまいました。
Xiaomi Mi Band 2
で、いざ使ってみると
「睡眠時間はそこそこ取ってるけど睡眠の質が低ないぁ~」とか「私の安静時の心拍数って50をやや下回るくらいなのか。思ったよりずっと低いなぁ」とか色々面白かったのですが

一週間で壊れて充電出来なくなりました

何かもう色々アカン。中華グッズ性能は悪くないけど壊れすぎ!
そして壊れた時のサポートが難しいんですよね。直接連絡取って交渉すればなんとかなるかもしれませんが、その手間を考えると「まあ別のに買い直せばいいや」となってしまう訳です。
まさに安物買いの銭失いです。

「多少高くても良い物を長く使い続けることが本当の節約なんだよ」
という話を聞いたことがありますが実際そうなのかもしれませんね。
最近の中華製品の性能はどんどん上がってきていて、それでいて安いのでそのコストパフォーマンスは圧倒的です。
しかし品質面は正直まだまだですね。というか安全マージンの確保とかの品質面にお金をかけていないからこその値段なのかもしれません。
「とりあえず動けばいい。壊れたら買い替える」
という思想なのでしょうか。

まあ結局の何が言いたいかというと
「中華製品買うなら自己責任で!」
という話です。安いにはそれなりに訳がある・・・のでは無いかと。私の運が悪いだけでは無いと思いますし。
ただ、色々面白いグッズが売られているのでやっぱり気になるんですよね。
他人にはお薦めしませんが私は・・・( ̄ー ̄)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿