岬町3時間エンデューロレポート:登りと向かい風に大苦戦

この週末の10/23(日)は、大阪岬町で開催された「大阪岬町サイクリングフェスティバル」の3Hエンデューロに参戦してきました。
今回の大会の様子をまとめてみたいと思います。

■当日朝会場入りまで
今回のレースは朝9時スタート。その前に8時から試走があるので余裕を見て8時少し前には会場入りしたい所です。
車で会場入りするのでカーナビを参照すると車で約1時間半で到着するとのこと。
なら6時に出発すれば充分だな・・・と5時起きして朝食を済ませて6時に自宅を出発。
余裕を持って到着・・・のはずが途中で何故か土曜の朝から渋滞が!遅々として進まない車の流れに焦るもどうすることも出来ず会場入りした時には8時をとうに過ぎていて、バイクを組み立てて受付を済ませた時には試走時間残り5分・・・
会場の逆走は禁止だしコース一周したら場所取りに参加できなくなるので泣く泣く試走を諦める事に・・・
コース外の坂で軽くウォームアップを行うも時間が足りない!
ただでさえ序盤は苦手なのに立ち上がり大丈夫かなぁ?と不安になりつつレースを迎えます。

■いよいよレーススタート
5分弱と少しだけウォームアップをしたところで集合が始まったので序盤は何とか先頭集団に混じりたいと思い今回は早めに場所取り。
その甲斐あって割と良いポジションがとれましたが「これで東近江クリテの時みたいに早々に脱落したら全く無意味だよなぁ」とちょっと弱気にw
そうこうしているうちに、いよいよレーススタートの時間です。
最初の一周はパレードラン?で追い越し禁止でゆっくり走ります。コースが良く分からない中、気がつくと一周回っていていよいよアクチュアルスタート!
上を狙っているのであろう選手が一斉に飛び出します。私もとにかく付いていける範囲で付いていきたいと思いまずは全力で追走です。
ウォームアップが足りなかったのか最初の一周からいきなり苦しい展開ですが「いきなり脱落して全くレースに参加した気になれなかった東近江クリテの二の舞だけは嫌だ」と何とか先頭集団に喰らいつきます。
2周、3周と回るうちに心拍も落ち着いてきて何とか集団で走れそうな手応えをつかみ
「このペースで走り続けるなら当面は先頭集団で走れるかも?」
と感じていました。
しかしそれが油断に繋がりました。
30分ほど経過した時、今回最も苦戦したコース終盤の上りストレート区間。ここで集団が突如スピードアップしたのです。
エンデューロレースの場合、勝負どころで時々振り落としのために集団が速度を上げることがあるのですが、分かっていたはずなのにここで立ち上がりで全力で駆け上ることを怠り集団から脱落!本当はいつペースを上げられても良いようにコーナーの立ち上がりは常にしっかりパワーを掛けておいて集団のペースを見極めないといけないんですが序盤の疲れが出始める時間だったこともありついつい気を抜いてしまいました。

この日は物凄く風が強かったのですが、更にこの区間は完全に向かい風になっていてここだけは何が何でも前に喰らいつかないといけない区間だったのです。
「しまった!遅れた!」
と思った時にはもう手遅れ。集団の恩恵を受けてどうにか付いていけるレベルの私が向かい風区間で単独ブリッジを架けられるはずがありません。
下りで必死に追いかけましたがここも引き続き向かい風。踏んでも踏んでも全く追い付きません。ストレートの終わりで集団に追いつくことを諦めこの後は2周ほど単独走となります。

■レース中盤:第二集団走行と先頭集団再挑戦
こうなると集団で走っているときよりパワーを掛けているのに速度は大幅に低下。
このままでは無駄に消耗するだけなので脚の合いそうな人を探します。
2周ほど走った所で同じく集団から脱落したMERIDA乗りの方と合流。実力的に近そうで良い感じに脚が合ったのでローテーションしながら走ることにします。
途中で何人か合流するも気がつくと脱落していて暫く二人旅が続きます。
しばらく二人で走っていると後ろから追い上げてくる集団があります。
おお!第二集団到着か!!
私達よりペースが速そうだったのでMERIDA乗りの方に「この集団に乗りましょう!」と声をかけて集団に合流。この集団で5周ほど走り続けます。
そうしているといよいよ先頭集団が追い付いてきて私達を周回遅れにします。

そこで第二集団内で脚を休められ少し回復してきた私と先ほどのMERIDAの方は先頭集団への再合流にチャレンジ!

集団後方に張り付いてそのまま2周ほど集団に付いて走り続けます。
最大難所の向かい風の登りストレートは最初に集団で走ったときより明らかにペースが落ちており
「どうやら最初ほどのペースではないし、これなら先頭集団で走り続けられるんじゃね?」
と思ってしまいました。
何も学習していねぇ!!!
はい、3周目にその区間で一気にペースが上がり全く同じパターンで脱落しました(泣)

■レース後半~終盤:キャノンデールの方と二人旅&先頭集団再々挑戦
その後はまた少し単独走となりましたが少しすると単独で私を追い抜いていくキャノンデール乗りの方がいます。
「これは速そうな方!何とか付いていきたい!」
と必死の追走で何とか追い付いてドラフティングゾーンに入らせていただきます。
暫く追走して実力的には私より明らかに上なのは分かりましたが、それだけに一緒に走らせていただければメリットも大きいと思い、厚かましくも後ろに張り付き続けさせていただいます。
それでも何とか少しでも貢献せねばと全体の1/3位は頑張って牽かせていただきましたが、一番キツい登りストレート区間を中心に半分以上の区間を牽いてもらうことになり、有り難いやら申し訳ないやら・・・
そのまま二人で回しながら(私の方がかなり楽させてもらってますが)周回を続けていると今日2度目の先頭集団が追い付いてきます。
私達二人は先頭集団に乗ることにしたのでここで同盟は解消。
「今度こそは!脱落したくない!」
と決意を固めて先頭トレインに飛び乗ります。
とにかく問題は向かい風の上りストレート区間。ここ以外は何とかついて行けますので、この区間でドラフティングゾーンから絶対に外れないように全力で回すことを心掛けます。いつペースアップしてインターバルが掛かるか分かりませんのでとにかく立ち上がりからペースが落ち着くまでは毎周全力で立ち上がり!
そう心掛けながら走ることで今度は何とかついて行けるようになり6周ほど周回します。
「何とか集団に付いていくコツは掴んだ。これで最後まで行ければ・・・」
と思っていたのですが、ある周回で途中から集団に乗ってきたチーム参加の選手が2つほど前に付きます。そして問題の登りストレートに差し掛かるのですがその方の立ち上がりが明らかに遅い!しかも悪いことにその周回は集団がペースアップ。
ヤバイこれは中切れする!
何とか中切れ集団を抜けてブリッジを架けようとするも強風の中ペースアップした集団に追いつくには私のスプリント力は足りませんでした・・・
かくして本日3度目の脱落・・・無念。
中切れさえ無ければ・・・と言いたいところですが既に何度も集団から脱落している私に文句を言う資格などある筈もなかった(笑)

この時同じく集団の中切れに巻き込まれたのか、またしても先ほどのキャノンデール乗りの方と再合流。
結局残りの数周を最後まで二人で回し続けながら最終周に突入します。
残りあと一周だから全力を尽くすぞ!と最後の力を振り絞って走り続けます。
しかしここで気がつくとキャノンデールの方が後ろにいない?最後の最後で力尽きたのかな?と思いながら全力で走りきって
遂に感動のゴール!!と思ったら計算ミスであと10秒弱残ってた!!
あれは脱落したんじゃなくて残りあと10秒を調節していたのか!!そうとも知らずに全力で走った私は
「もう一周遊べるドン!」
既にヘロヘロではありましたが半ばヤケクソ気味にオマケの残り一周も全力で走って今度こそゴール!!いやぁ最後の最後まで出し尽くしましたよ(笑)
岬町エンデューロ
結果ですが126名エントリー中21位に終わりました。
残念ながら今回も先頭集団にはついて行けず。まあたった一周すら先頭集団で走れなかった東近江クリテよりはずっとレースをしていたとは思いますが先頭集団に2周も周回遅れにされてしまったのですから上位との差はまだまだとてつもなく大きいです。
今回はすべて登りの向かい風区間で千切られましたがそういった勝負どころでスプリント力の無さが出てしまうのだと思います。
やはりインターバルトレーニングを続けてスプリント力を上げていくのが今後の課題ですね。
やはり「プロジェクト280」達成を目指してこれからも頑張っていこう!

という訳で「大阪岬町サイクリングフェスティバル」3Hエンデューロレースのレポートでした。
上位には歯が立ちませんでしたが今回は自分なりに力を出せて先頭集団にも絡めたのでそれなりに満足しています。
次はいよいよ本命の鈴鹿8Hエンデューロです。国内屈指の規模のエンデューロレースですので活躍するのは難しいとは思いますが今年のレースの集大成として納得のできる走りが出来るよう残り期間トレーニングに励みたいと思っています。

そんな今回の岬町エンデューロの走行データは以下のとおりです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

山崎さん、昨日はお疲れさまでした!
キャノンデール乗りのナカノ@YCCですヽ(^。^)ノ

僕は、1時間半で集団から離されたあとは気持ちを切り替えて、ヒルクライム練のように淡々を踏むことにしました。向かい風がきつかったですね~!
何より協調できたことが、うれしかったです。
チームメイトにも助けられて、本当にいいレースでした。

ヒルクライム、自分も好きで今年の大台ケ原も出ましたよ~
さっきstravaみたら、僕は山崎さんをすでにフォローしており、
びっくりしましたwこれからも宜しくお願い致しますヽ(^。^)ノ

Re: No title

ナカノさん、昨日のレースでは後半協調して走っていただきありがとうございました。
昨日は風がかなり強かったのでローテーション効果は絶大でかなり楽をさせていただきました。
私ももう少し長く引ければ良かったのですが私の実力ではあれがいっぱいいっぱいで申し訳ありませんでした。
今回レベルが高かったので最終的な結果は今ひとつでしたがお陰様で最後まで力を出し切れたレースになったと思います。
またレースでご一緒する機会がありましたらその時はよろしくお願いします。

コメントの投稿