「高野山&護摩壇山」50kmの超ロングTTに挑め!

きっかけはTwitterで今年に入ってヒルクライムレースで勝ちまくっている新星「ヒムロ」さんが、エンデューロレース対策練として、「高野山&護摩壇山」をめぐる長距離ライドを企画しているという話を聞いたことでした。

エンデューロレース対策と称していながら何故か獲得標高が凄まじいことになっている完全にヒルクライムコースなのですが
「平地をグルグル周回するだけのコースより負荷掛けやすいし、鈴鹿は結構アップダウンもあるし、これは案外エンデューロ対策として有効かもしれないな・・・」
とも思いました。
コースですが、ヒムロさんが作ったTT区間をルートラボで引き直したのがこちらです。


走行距離49.7km,獲得標高1835m
いやぁ凄まじいコースですね。
もちろん普通に走るだけなら充分何とかなるコースではありますがこれをTTでタイムを意識して全力で走るとなるとどれだけ大変か、考えるだけで思わず武者震いがするレベルです(笑)
ちなみに、ヒムロさんはこのコースを1時間56分で駆け抜けます。スゲェわ!
この厳しいコースを私が走るとどうなるか。早速検討です。
以下のサイトを参考に目標値を立ててみたのですが
【アップダウン対応】ロードバイクラップ表
最低目標:2時間20分
努力目標:2時間15分

となりました。2時間15分で走るためにはAvg.220W程度が必要になる計算です。厳しい目標ですが低い目標立てても意味がないですからね。

さてこのコースをトプローさんを誘って共に挑むとTwitterで宣言したところ、物好きが集まりました。
おやじ転車さん、ザッキーさん、くにかつおさんが参加表明。
このメンバーで11/1に、いざ50kmTTの挑戦だ!!と意気込んでいたのですが

雨でした・・・

前日深夜に激しい雨音に目を覚まし雨雲レーダーで確認すると丁度高野山付近を豪雨が通過中。
予報では朝7時頃止むようで集合時間は朝8時なので無理すれば走れなくもない状況ではありますが、このコースは2つの山を登るので当然その間には結構下り区間が待ち構えています。
ウェット路面をタイムトライアルで全力で下る・・・
コーナーでグリップを失って崖に向かって飛び立つ私の姿が目に浮かぶ様です。
結局雨にビビって私の判断で皆さんに中止を通知。楽しみにしていた皆さんビビリで申し訳ないです。

しかし、一度「このコースを走りたい!」と燃え上がった心は簡単には静まりません。うまい具合に11/3は祭日。
これは行くしか無い!
かくして11/3に単独でのトライを決行することになります。
本当は朝早くにスタートしたかったのですが、悪いことにバイクのDi2周りのトラブルで前日深夜まで作業してしまったため出発したのは朝10時。途中で高速の出口でまさかの大渋滞に巻き込まれるトラブルも有りスタート地点の九度山に着いたのは12時過ぎ。
九度山は大河ドラマの舞台になったこともあり大賑わいでした。
道の駅くどやま161103

そんな騒ぎをよそに、軽く食事を済ませていよいよタイムトライアルスタートです!
2時間以上走ることになるTTですから飛ばし過ぎは厳禁。無理せずしかしタイムを意識して気持ちを切らさず一定以上のペースを維持して走る!
そう心掛けながら序盤を走り続けます。

しかしこの日は何かかなり好調です。240Wペースで走ってもタレることなく良い感じで走り続けることが出来、ちょっと飛ばし過ぎかな?と思いつつもそのままペースを落とさず高野山ルートの8割ほどを走破。これは余力を残している割には中々良いタイムが出そうな予感!!

だがしかし

あと残り4km弱の所で道は観光客の車で大渋滞に・・・観光地の祭日の昼間にタイムトライアルは無理があったか・・・車に阻まれ思うように速度を出せず途中停止しなければならない事もありここで大きく失速しタイムを失います。残念無念。

それでも何とか気持ちを切らさず走り続けて何とか高野山ルートのゴールに到着。
高野山のタイムは55分でした。渋滞無ければ絶対もっといいタイム出せたのに!!悔しい!!
高野山ゴール161103
高野山にたどり着きましたが目標は遥かごまさんスカイタワー。ここで休んではいられませんから勿論止まること無く駆け抜けます。
ここからは暫く下り区間。ご褒美区間ですから気持ち良く下って・・・と言いたいところですが、

超寒い!!!

タイムトライアルで走るのだから肌寒い秋とは言えどうせ直ぐに身体が熱くて汗ダラダラになるに違いないと考え、この時期なのに半袖に脚むき出しのビブショーツで挑んだ私。
これが大失敗。確かに高野山を登るのはこれで正解だったのですがその時かいた汗が下りで体温を奪いあっという間に身体が凍える事態に!!

ガタガタ震えながら歯を食いしばって下り続け下りが一段落した時、ハンガーノックを起こさないよう補給ドリンクを飲もうとしたら左手がかじかんでボトルが握れない事態に(笑)ここで補給しないと途中でバテること必至なので何とか動く右手で補給してそのまま走り続けます。
その後はしばらく緩やかな登り区間がありその後、あじさい園を越えたあたりから今度はもっと長い下りが待ち構えてました。ここでこの日の最高速度60km/h超えを達成。

寒いって言ってるだろ!!

そこを抜けると今度はしばらくアップダウン区間。これは私の大好物なので楽しみながら突破。

そしていよいよ護摩壇山最後の登り区間に差し掛かります。この時点で既に2時間経過。疲れはありますがここが最後の頑張りどころ。力を振り絞って残り3kmに挑みます。
何かここでリミッターがブチ切れたのか自分でも驚くほどに調子が良くAvg.240Wほどで最後の3kmを走り続けます。2時間走ってこれは自分としてはありえないレベルの好調ぶり。
そして中々見えてこないゴールのごまさんスカイタワーに焦りを覚えながら必死でペースを保って走り続け遂に見えてきましたスカイタワー!!
ごまさんスカイタワー161103
やった俺は走りきったぞ!!最後はガッツポーズでスカイタワー前を駆け抜け歓喜のゴール!!!
この区間はなんとStravaで区間8位の好タイムをマークです。
そして最終タイムは手元の時計で2時間18分でした。
目標の2時間15分に3分及びませんでしたが高野山の渋滞さえ無ければクリアできていたはず!(渋滞がよい休憩になったとは考えないw)
最終的なタイムに完全に納得できたわけでは無いですが今回の条件の中では自分なりのベストを尽くせたのではないかと思います。

長くなったので帰りはダイジェストで
・下りが多い往路からわかっていたけど帰りは予想以上に登りが多くてかなり大変
・とは言えやはり下りメインなのでウインドブレーカー纏って帰ったけどそれでもこの時期はもうかなり寒い!
・日が短いので昼スタートだと帰り道はかなり暗くなりライト必須。やっぱ朝スタート推奨です
・帰りはかなりヘトヘトになります。補給食はタップリ持っていきましょう


かくして「高野山&護摩壇山」50kmTTは無事終了しました。
高野山の渋滞が残念でしたが終わってみれば辛くも楽しいTTでした。2時間以上走って最後の区間でかなり良いタイムが出せたのは自分でも大きな自信となりました。
来週末の鈴鹿に向けて良いトレーニングになったのでは無いでしょうか。
まあ楽しかったとは言っても
「こんな寒くて疲れるTTは暖かくなるまではもう二度とごめんだからな!!」

そんな今回の走行データは以下のとおりです。


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

最後3kmの力を序盤から平均的に引き出せばめちゃ速くなるんちゃうの?
そんな器用なことできたら言われる前にやっとるわい!
という会話が思い浮かびました。

Re: No title

トプローさん、最後に思い切り頑張れたのは良いのですが、冷静に考えるとペース配分を間違えて余力を残して走り終えてしまったという事になるのかもしれません。
その余力を道中しっかり使い切る走りができていればもっと良いタイムが出せたかもしれませんね。でも
「そんな器用なことできたら言われる前にやっとるわい!」
力を出し切れるペース配分は難しいっす。

コメントの投稿