不調からの脱出を目指し六甲逆瀬川コースに挑む!

前回の週間トレーニングのまとめでも書いたとおり鈴鹿あけ後のトレーニングは絶不調の一言。
8時間も走った後なので調子を落とすのはまあ想定の範囲内ではあるのですが11/26(土)に「J-GREEN SAKAI 3H ナイターエンデューロ」が控えているだけにいつまでも調子が悪いと泣き言を言っている訳にもいきません。
しかし、金曜日のトレーニングも相変わらず不調

ローラー台161118
目標としたのは300Wインターバル走を6分,4分,3分,2分と少しずつ減らしながら繰り返し、その後360Wの30-30インターバルで締めるというトレーニングでしたが
最初の6分が300Wを維持できず290Wが精一杯。
続いては4分どころか2分で力尽きて最終的に
6分×1,2分×2,1分×5と目標を大きく下回る結果に・・・最後の30-30インターバルを目標通りできたのが唯一の救いという体たらく。

このレベルのトレーニングを繰り返していても疲れが抜けずズルズル引き摺るだけと判断し、土曜日は思い切って休脚日として回復に専念することにしてその分、日曜日はしっかり走る!という方針にします。
予定通り土曜日はゴロゴロ過ごして(笑)日曜日に備えます。

さて日曜日ですが不調の身体に喝をいれる為にもある程度距離があって高い強度で走れるコースを走りたいところ。
となると、やはりこの近辺では「六甲山・逆瀬川コース」に限ります。
平均斜度が高く、それでいて50分近く走れるロングコースとなると関西広しと言えど他には中々ありませんからね。

最近は遠征は車で移動することが多かったのですが距離もしっかり走りたいと思いこの日は自走でスタート地点まで向かいます。
スタート地点に着くと天狗一武道会で何度かご一緒させていただいているKOJIさんがスタート待ちをされていました。
少しお話させていただくと、甲寿橋までは抑えて走って斜度の上がるそこから頑張って走るとのことでした。
そこで、今回の方針は先行して最初から気合い入れて走ってKOJIさんから逃げ切ることと定めます。
バレるとあっさりパスされるので勿論内緒の方針ですが(笑)
KOJIさんはすぐにはスタートされないようで写真撮影したりされていたのでその隙にスタートです。
さて、今回の方針は先行逃げ切りなので最初から上げ気味でスタートです。
とは言え逆瀬川コースのマンション前のロングストレートは意外に斜度がありますし気合い入れすぎると中盤以降の激坂区間に差し掛かる前に終わってしまいます。
そこでパワーメーターとにらめっこして260Wキープを前半の目標としました。
しかし不調続きだった今の私には260Wキープは思った以上にキツい。ちょっと気を抜くとすぐにパワーが落ちてしまい慌ててケイデンスアップしたりと苦しみながら何とか前半の終点甲寿橋に到着。平均パワーは250W。目標は下回ったものの現状からするとまあ悪くない数値です。しかしやはり調子は今ひとつ。脚は重くこのあたりで早くも苦しい。
しかしここで終わる訳にはいかないと気合を入れ直し甲寿橋~盤滝の交差点までの地味に斜度9%ある中盤区間も苦しみながらも何とか250Wキープでクリア。
しかしここまでで張り切りすぎて脚が終わってしまいます。
盤滝からゴールの一軒茶屋までのつづら折りを繰り返す後半は終わってしまった脚がうまく回らずインナーローにギアを落としつつえっちらおっちら必死で体重を乗せて踏み込みながら走り続ける状態に・・・これではパワーが乗らない割に脚に負担がかかるのですがスムーズな回転をキープできる力がもう無い・・・
この区間の半ばで遂にKOJIさんが追い付いてこられます。
私が苦しみながら踏み踏み登るのに対してKOJIさんは滑らかなペダリングでスイスイと登って行かれます。
「本当は自分もあんな風に登りたい」
と少しの間だけ真似して滑らかな回転で追いかけてみますが脚力が足りないのですぐに力尽きます・・・結局体重かけて踏み込むしか無くなりあっという間にKOJIさんの背中はつづら折りの彼方に消えていきました。無念・・・
結局、盤滝~一軒茶屋のゴールまでの後半区間は平均パワーは235Wほどにまで落ち込みます。しかも踏み込むギクシャクしたペダリングになっているのでパワー値の割には速度は伸びずここで大きく失速。
最後も終盤スパートの目印となるトンネルを抜けた先でダンシングでラストスパートを!と立ち上がるもあっという間に力尽きてヘロヘロゴール!!

さて最終的な結果ですが
六甲山・逆瀬川ヒルクライム:48分16秒(自己ベストを20秒短縮)
平均出力:242W

となりました。

あれ?何か自己ベスト更新してますね。後半苦しみまくってタイムを見ている余裕も無く全く駄目な結果になったんじゃないかと思ってたんですが意外と善戦しています。
前半の貯金が効いたといったところでしょうか。
明らかにトレーニングの調子を落としている今このタイムが出せたと言うことは調子が完全に戻れば47分台は確実に狙えそうな手応えがあります。いやもしかしたら既にほぼ完調に近いところまで戻りつつあるのかもしれませんが。
これは確認のため今週末にでも早速再チャレンジを!・・・ってレースだったわ(苦笑)

かくして調子を取り戻すために挑んだ六甲逆瀬川ライドでしたが不調なりにあがいた結果意外にも自己ベスト更新という結果となり、調子もようやく戻りつつあるといえそうです。
何とか週末のレースには間に合いそうですので残り期間で何とかベストに近い状態に持っていってレースに臨みたい所です。

そんな今回の六甲逆瀬川ライドのデータは以下のとおりです。


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿