意気込んでまたも六甲逆瀬川に挑んで酷い目(笑)に遭った話

先週日曜日は報告したとおり六甲山逆瀬川コースに挑み、不調ながらも自己ベストを少し更新するという結果となり

「これは調子戻したらかなり良いタイム出せるんじゃね?」

と浮かれてしまい、冬が来て六甲が走れなくなる前に何としてももう一回タイムトライアルに行かねばと悶々としておりました(笑)

しかし今週末はレース。来週末はそろそろ寒さがヤバそうだし大丈夫かなぁ~

となると祭日の今日(23日)行くしかねぇ!

と2日前に行ったばかりなのにまたしても六甲逆瀬川コースに挑みに行くことにしました。

この日は前日までの暖かさが嘘のように突然冷え込み、しかも風が強いうえに逆瀬川駅までの道程が完全に向かい風と悪条件が重なりますがモチベーションの高い私の前では大した障害には成り得ません。

逆瀬川駅で少し休んで調子を整えいざタイムトライアルスタート!
うまい具合に結構速そうな方が少し先行してスタートしていたのでその方をターゲットにスタートから快調に飛ばし・・・ません。

いきなり最初の信号でストップ。前の方も残念そうに停止。
まあ逆瀬川コースはこういったこともあるし一回くらいの信号ストップを気にしていたら走っていられません。
気を取り直して再スタート。前の人のケイデンス凄いなぁ~とか思いながら遅れないように飛ばせ・・・ません。
二つ目の押ボタン式信号機でまさかのストップ。ここは誰かがボタン押さない限り進行可能な信号なので普段はまず捕まることは無いんですが・・・
これにはお互い苦笑い。まあこんな日もあります。
気を取り直して今度こそ!

だがしかし

3つ目の信号:赤信号ストップ
4つ目の信号:赤信号で明らかに進行不能なので停止しないよう速度調節でのろのろ運転
5つ目の信号:赤信号ストップ
6つ目の信号:赤信号ストップ


・・・逆瀬川から甲寿橋までは6つの信号があるのですが、何とビックリ今回全て赤信号に引っかかるという新記録を達成しました(号泣)
基本最後の甲寿橋の信号以外はすべてTTルートがメインストリートなので数の割には普段はそれほど信号には引っかからず走れることが多いルートなんですけどね。
逆瀬川コース信号ストップ
証拠のStravaグラフがこちら。赤丸のところが信号に引っかかった箇所です。今思い出しても泣けるというか笑えるというか・・・

よっぽど最初から走り直そうかと思ったんですが、土曜日のレースに向けてあまりダメージを蓄積させたくなかったので
「もう信号のないこの先はしっかりテーマを持って走ろう」
と気持ちを切り替えます。
前回の走行では後半になって脚力が尽きてしまい、綺麗に回し続けることが出来ず負担のかかる体重を乗せてガシガシ踏み込むペダリングに終始してしまったので今回は
できるだけ一定の速度で回し続け負荷変動を極力減らすペダリング
を最後まで続けることを心掛けて走ってみます。
結果としてパワー値は前回と同じ平均240Wながら前回は160bpm前後だった心拍数が150bpm程度とかなり余裕を持ってゴールの一軒茶屋まで走りきることが出来て、最後はヘロヘロだった前回と比べてかなり良い感じです。

この走り方でもう少しパワーを上げて走り続けられればタイム的にも期待できそうな感じですので次の挑戦時には是非とも試してみたいですね。
もっとも今回信号待ちのお陰で前半かなり脚を残せたので本気で走った時に、同じことが出来るかはやってみてのお楽しみとなりますが(笑)

それにしても六甲逆瀬川コースは走る度に発見があって面白いですね。私の家からだと移動だけで片道1時間かかってしまうのが難点ですができれば年内にまた走りに行きたいところです。寒さが酷くなければですがw

そんな今回の走行データは以下のとおりです。


しかし最近ヒルクライムブログらしくなってきたぞw

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿