苦闘!!土砂降り「J-GREEN SAKAIナイターエンデューロ」

11/26(土)は「J-GREEN SAKAIナイターエンデューロ」に参戦してきました。

鈴鹿8時間から2週間後と言うことでレース後絶不調のまま調子の上がらなかった先々週、何故か激坂ロングコースの六甲逆瀬川コースに通った先週とエンデューロレース前なのに訳の分からない調整をしていましたがwそれでも強度の高いトレーニングをした甲斐があったのか調子も悪くない感じに戻ってきたので何とかなりそうな手応えを感じつつレース前日を迎えます。

さて明日の準備を・・・とホイールを練習用鉄下駄からレーゼロに付け替えようと思ったら

パンクしとるやん!!

空気が抜けかけているうえにタイヤからシーラントの吹き出した跡があります。
・・・これは六甲山走りに行った時にやっちまってたっぽいです。(その後は実走をしていなかったので)
シーラントで塞がったので一応走り続けることが出来てパンクに気が付かなかったんでしょうかね?
まあ堺浜は平坦コースなのでレーゼロじゃなくてカーボンディープホイールで走れば良いかとそちらに換装作業。レーゼロはシーラントで完全に塞がっているか確認のため8気圧エアを入れて一晩様子見。

そしてレース当日を迎えますが、この日は夜から雨予報に・・・どうやらレース開始直後くらいから降り始めるらしい難しい天気です。
もし本格的に降るようなことがあったらカーボンホイールではブレーキが効かず危険かも・・・ということで折角準備したけど使用を断念。
レーゼロの調子を見ると昨日入れた空気は殆ど抜けておらずどうやらシーラントで完全に塞がった模様。何とか助かったか・・・とレーゼロに再換装。

その他諸々の準備も終えていざレース会場に向かいます。

最近試走時間ギリギリにレース会場に向かって渋滞やらでドタバタしているうちに試走できずスタート時間になってしまい、いきなり走って失敗!というパターンが何度かあったので今回は余裕を持って17時半頃に会場入り。18時半からコースをしっかり試走&ウォームアップ。
レースは19時45分からなので最後の栄養補給を済ませて早めに場所取りをして・・・準備は完璧だな。
さて最後に空気圧の調整を・・・

シーラントが吹き出とる!!!!

空気をしっかり入れて一晩置いても問題なかったので完全に塞がったと思っていましたが実走には耐えられなかったようで同じ箇所から再びシーラントが吹き出る最悪の事態。
暫く置いたら再度塞がったようではありますがこれでレースに耐えられるかは激しく疑問。
一応空気を入れ直してヤバイと思ったら即DNFしか無いかな・・・と思っていたら仕事で遅れるはずのトプローさんが予定より早く到着!
これぞ天佑!
と、トプローさんにホイールをお借りすることに。
しかしトプローさんのホイールはプラズマ加工リムのレーゼロナイトなのでブレーキシューも専用品が必要。
そこでブレーキシューの入れ替え作業も行ってスタート時間ギリギリにホイール交換作業終了!
有難うトプローさん!これで何とか走れる!!
と急いで集合場所に向かいますがもう場所取りは完了していて列の後方に陣取るしか無くなります。
これで先頭集団で走るのは絶望的かな・・・と思いつつレース開始を待ちます。
ナイターエンデューロスタート直前
写真はスタート前の私。ロットソウダルのチームカラージャージを身に纏い気分はグライペルです(笑)

そしていよいよレーススタート。最初はローリングスタートで一周ゆっくり走っていよいよアクチュアルスタート!!
先頭集団は勢い良く飛び出さ・・・ない?
いやそれなりの速度では走っていますが最近参加したエンデューロレースの中では比較的大人しめのスタート。まだ夜のコースに慣れていないので最初は慎重に走ろうと考える人が多かったのかもしれません。
その隙にスルスルと上がって何とか先頭集団の後方に追いつくことに成功!
スタート位置の陣取りに失敗した割には悪くない展開です。

後はこの集団でどこまで走れるかです。最近は全く先頭集団で走れないレースばかりでちょっと自信喪失気味でしたが、今回はナイトレースということもあってか先頭集団は思ったほどペースが上がらず何とか付いていける展開。
久々に戦えるレースになりそうな手応えを感じつつ頑張って集団に張り付きます。

しかしレース開始後30分くらいでほんの少しだけパラついていた雨が少しずつ強くなりだします。

この時間帯で既に雨足が強くなるのはヤバイなぁ・・・このレース完走できるのかなぁ?
と不安になり始めて暫くたちレース後45分くらいでしょうか。
突然周回ペースが上がり油断していた私はコーナーの立ち上がりに失敗。集団の後方に付けていた為あっという間に千切れてしまい慌てて踏み込むも時既に遅くブリッジにも失敗!!
レースの半分は先頭集団で走りたいというのが今回の目標だったのですがここで無念の脱落。
残念ながら私の力はまだまだですね・・・

その後暫く走っていると先頭からの脱落組で第2集団が徐々に形成されていきます。
このペースなら何とかついて行けそうだと私もその中に加わって走り続けます。
この集団は実力的に近い人が集まったようで周回ペースは楽ではないものの頑張って走れば充分ついて行けるペース。ローテーションにも参加して何度も先頭を牽いたりしながら周回をこなします。

ということで中盤戦は特に語ることもないので中略

さてレースは早くも終盤(笑)
残り時間は1時間を切りました。
ここまで雨は降ったり止んだりを繰り返します。一時的に激しく降ることはあってもすぐに上がるので路面はそれ程濡れること無く何とか走り続けられそうだったのですが残り時間45分くらいだったでしょうか?
突如雨足が激しくなり路面はあっという間に完全なウェット状態になり、あちこちに水溜りもできます。
まさに最悪のコンディションでそれからの時間帯の走行は困難を極めます。
集団で走ると前のバイクが跳ね上げた水が顔面に直撃しアイウェアはビシャビシャでそれに周囲のライトが乱反射し前方がよく見えません。
こうなると無理にドラフティングゾーンに入るとかえって危険なので少し間を空けて集団内を追走します。
あまりにも難しいコンディションに正直もうDNFとしたい気持ちが強かったのですが
「せっかくこの時間まで走ったのにこれでゴールしないのは勿体無い」
との思いも強く結局我慢して走り続ける判断を下します。

コンコルド効果はばつぐんだ!

しかし時折「落車!!」の声が飛び交うなどコース上は混乱状態。
そんな中威力を発揮したのがトプローさんからお借りしたレーゼロナイト。
プラズマ処理されたリム面と専用ブレーキシューは土砂降りの中でも強力な制動力を発揮しコーナーの手前で前が詰まった時や前走者がトラブルで緩めたときでもしっかり減速してくれるので安心して走ることが出来ます。これがもし前日用意していたカーボンホイール走っていたら大惨事になっていたかもしれません。
ホント、トプローさんに感謝のひとことですよ。

さて土砂降りで視界不良の中、レースはいよいよ最終盤を迎えます。
雨の中、気を緩められず補給をしている余裕もなかったのでエネルギー切れを感じてはいましたが、そんな中でも集団はそれなりに良いペースで走り続けていたので集団から脱落しないよう何とか踏み止まって集団をキープし続けます。
前のバイクが跳ね上げる水しぶきが目や口に入って口の中がジャリジャリします。呼吸の時に結構水を飲んでしまったみたいで嫌な感じです(笑)
もう早く終わってくれ~
と何時も以上に思うのですがこういう時ほど時間はゆっくり経過するものです。
それでも何とか最後まで集団から脱落すること無く走り切り最終周ラストはスプリント合戦を繰り広げつつフィニッシュ!
この時の安堵感といったらなかったですね。とにかく事故無く走りきれて良かったです。
さて、走行中は正直、もう順位とか気にしているようなコンディションではありませんでしたがレース結果は

5位入賞

となりました。いやもう精神的にも肉体的にもヘロヘロになりましたが何時も通りの粘りの走りで何とか入賞圏内滑り込みです。
雨の中頑張って走り続けた甲斐がありました。

かくして、土砂降り下のレースとなったナイターエンデューロは無事終了しました。
色々あったレースですが終わり良ければ全て良し。

エンデューロレースは自分との戦い。
諦めずに走り続ければ時には良いこともあるものです。

まあ今回も先頭集団からは途中で脱落してしまったりと課題は残りましたがこれから迎える冬場のトレーニングでそのあたりは少しずつ底上げですね。

来年こそは先頭集団でレースできるよう、まだまだトレーニングあるのみですな。

そんな今回のレースの走行データは以下のとおりです。


土砂降りのレースお疲れ~と思ったらクリックよろしくお願いします
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト