ローラー台メディオ強度トレーニング

先日も書いたローラー台トレーニングですが私は現在、Elite社のTurboMuinというローラー台を使用してトレーニングをしています。
ターボムインHP
これは以前投稿した「普通のおっさんが【TurboMuin】やってみた。(実践編)
で紹介したとおりです。
この時書いたのですがTurboMuinはリアホイールを外して設置するタイプなので最近一般的になっている速度・ケイデンス一体型のセンサーが使えません。(正確にはケイデンスセンサーしか反応しなくなります)

そしてスマホのサイコンアプリの多くは速度センサーが反応しないと記録を開始してくれなかったり有料だったりで(課金して速度センサー無しで使えなかったら洒落にならない)これまでトレーニング記録を残すことが出来ない状態でした。
実は少し前からそのあたり対策を検討していたのですが中国がアレコレ…でトラブって、その計画は遅々として進んでおりません。

それはさておき、先日iPhone用サイコンアプリとしてWahoo Fitnessというのがあり、これを使えばStravaと連携して記録を残せるし、速度センサー無しでも使えるとの情報をいただきました。
Wahoo Fitness…存在は知っていましたが私の持っている速度・ケイデンスセンサーはCATEYE製ですし心拍数センサーはADIDAS製…Wahoo Fitness製のセンサーは持っていません。これで使えるのかな?と思いつつ試してみたら…何の問題もなく使えました。
自社製センサーでなくても使えて、無料でしかもStrava等幾つかのトレーニングアプリと連携も可能…Wahoo Fitness偉い!

前置きが長くなりましたが、そんな訳で今日からローラー台トレーニングもStravaに記録できるようになりました。

早速本日のメディオ走トレーニングを公開です。

心拍数グラフ150304

前回の投稿で書いた通り、LSD強度でアップ10分、インターバル10分、ダウン10分、メディオ強度で15分×2 の計60分でトレーニングを行っています。
グラフを見ての通りケイデンス、心拍数共にかなり安定した状態をキープしてトレーニングが出来るようになりました。
(ちなみにメディオ走前後で毎回ケイデンスがゼロになる瞬間があるのは扇風機のスイッチを入れに行っているからです(笑)業務用扇風機にはリモコンなんて付いてないのだ!)
初めてローラー台を使った時はLSD強度で30分走っただけでヘロヘロになっていましたし、メディオ走に初挑戦した時は10分走ったら死にそうになっていた事を思うと、これだけのトレーニングをそれなりに安定して行えるようになったのは私にしてみれば中々の進歩では無いかと思っています。
メディオ走ごときで大げさなと思われるかもしれませんが運動不足のおっさんからしてみればちょっと感慨深いものがあります。
来週くらいからもう少し強度の高いトレーニングにも挑戦していきたいですね。

さて、後はこのトレーニングの成果を勝尾寺ヒルクライムで発揮するだけ!
なのですが…前回は散々だったんですよね。なかなかトレーニング成果を結果に結びつけるのは難しい…でも次回こそは頑張りますよ!

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

こんばんは。
登ったぶんだけ強くなる!とか昭和のスポ根マンガみたいな練習をしているのですが、やまちゃんみたいに広い視野で速くなる可能性の追求せんとアカンなと思いました。

ザク豆腐さんを見ていると、やはり登っただけ強くなると言うのはひとつの真理だなと思うんですが周りは平地ばかりなので平日はローラー台のトレーニングを工夫しながらやってます。
でもやっぱり早く週末になって坂を走りに行きたいですね。

No title

私も 馬鹿の一つ覚えで柳谷ばかりじゃなく 色々考えねば...

Re: No title

ラスガスさん、大丈夫っす。私はバカのひとつ覚えで毎週勝尾寺登ってるっす。
これからも勝尾寺に挑み続ける覚悟です(笑)

No title

メデォオトレーニング結構きついですよねー。僕もパワータップ買うまでは心拍数でトレーニングコントロールしていて、週2-3回のペースでメディオしてました。

夏とか扇風機つけても、汗で水たまりできますよー。夏場はうちはヨガマットにタオル引いてなんとか耐えてます。

Re: No title

もんきちさん、私はパワーは測定できないので心拍数管理でのトレーニングとなります。流石にパワー計を買うのは予算的に難しいのでw
今はどうにかメディオ強度に慣れてきたところです。
しかし夏は扇風機を付けても汗だくですか…暑くなるのが怖いですね。汗対策考えなければ…

コメントの投稿