色々道具を揃えよう

さてロードバイクの購入も決まりましたが引き取りに行く前に色々必要な道具を揃えなければなりません。

まず何より買ったロードバイクにはペダルが付いていませんからペダルが必要です。
勿論普通のフラットペダルを買うなら店で買って付けてもらえば良いのですが今回ちょっと気合を入れて全くの初心者なのにビンディングペダルを付けることにします。
これは足をしっかりとペダルに固定して漕ぐ力を最大限に伝えられるようにする為の装置です。スキー靴に付いているのと同じですね。
足がペダルに固定されるため引き足でも力を伝えられるのが利点ですがそのままだと足を地に付けることが出来ませんので止まると当然コケます。つまり止まったり発進したりする度に付け外しをしなければならないわけです。
これが結構大変で初心者は慣れない姿勢で慣れない作業をせねばならず外しそこねてそのまま立ちゴケという可能性が結構あるようです。
でも私の中で「ロードバイク乗るならビンディングペダルでしょ?」という変な拘りがあるので無謀にも強行します。こういうのはコケて覚えるんだとスキーの時に覚えましたから(笑)
本当はビンディングペダル&シューズはショップで買うつもりだったのですが欲しい商品の店頭在庫がなく組み立て完了日には届かないということなのでAmazonで買うことにしました。



ビンディングペダルは最初なので固定力が弱く外しやすい一番初心者向けのこれにしておきます。
どうせ最初は上手く付け外し出来ずに四苦八苦するでしょうから。




合わせるビンディングシューズですが、ここはメーカーを合わせてシマノを選びたい所だったのですが初心者向けのシマノのシューズは在庫が無いためとりあえずということでAmazonで一番安いシューズを買ってみました。もし合わないようならシマノに履き替える覚悟で。

これで、もう引き返せませんね。果たして初めてのロードバイクで最初からビンディングペダルをちゃんと使えるかどうか不安ですがきっと何とかなるでしょう。多分…

続いてはウェア類をこれまたAmazonでどんどん買っていきます。



ヘルメットですね。この独特の形状がロードバイク乗りっぽいです。ママチャリの時はヘルメットはしてなかったんですがロードバイクはスピードも出ますし何よりビンディングにしてしまったので何度も転ぶことになるでしょう。そう考えるとヘルメットは必須ですね。私が買ったロードバイクのフレームの色に合わせてイエローにしたかったので安いイエロー製品を選んでみました。




ジャージは真冬にスピードを出しても大丈夫なように安くて防風性の評価の高そうな物を選んでみました。これまたカラーはイエローを選んでます。




パンツはジャージと同じメーカーの同一シリーズで統一してあります。これで真冬も快適に走れると良いのですが。




グローブも同じく防風性の評価と値段を重視して選びました。真冬だとママチャリでも手がかじかんで辛いですからそれなりの物を選んだつもりですがどうでしょうね。

ウェア類は上を見ると切りが無いし格好だけビシッと決まってもノロノロ走っていたら似合わないだろうと言う事で入門者らしく安い物で済ませています。(単に予算不足とも言う)
本当はこれらは店頭で試着して選ぶべきなのかもしれませんが先走ってロードバイク本体だけ買ってしまったので引き取りまでに間に合わせようと焦って全部通販で済ませてしましました。これが吉と出るか凶と出るかは乗ってみてのお楽しみです。
他に空気入れ、鍵、ライトなどの小物は今あるものを使い回しで済ませます。(空気入れはロード対応の物なので)この辺は不便だと思ったら買い足していく予定です。

とりあえずこれだけあれば走り出せるでしょう。足りないものがあればその度に買い足していく方針で。しかし色々お金かかる趣味ですよね。

ひと通り道具を揃えた所で次回は自転車の引き取り予定です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿