おやじ転車さんらと行く加太周回練(グルメもあるよ)

昨日は、いま関西ブロガーの一部でホットな加太周回練に参加してきました。

加太周回が話題になったのはトプローさんがTwitterで話題にした所、おやじ転車さんが興味を持たれ、更にそこからブログでの紹介記事加太周回三部作を執筆。
加太周回はいいぞ!~ルート解説・猿坂峠北側区間~
加太周回はいいぞ!~ルート解説・加太市街~紀州加太休暇村ヒルクライム~
加太周回はいいぞ!~ルート解説・大川峠からゴールまで~

ちょうど最強寒波到来の時期のため関西で人気の山や峠は次々と凍結。
安心して走れない状況となっていたため、冬でも比較的温暖で凍結の心配なく走れる和歌山の加太周回コースに注目が集まりました。

そんな訳で、ここの所、ホームの北摂方面が凍結のため走り難い状況になって実走の頻度が下がっていた私(←単に寒さに負けてサボっていただけとも言う)としても大いに気になっていたコースなのですが、タイミングよくおやじ転車さんがTwitterで周回練習の参加者を募集してたので渡りに船とばかりに私も参加させていただく事にしました。

実はおやじ転車さんと私は 「高野山&護摩壇山TT」や7葛挑戦など何度か一緒に走る約束をしていたのですが、何故か二人が会おうとすると雨が降ったりそれまで大丈夫だった山に雪が積もってしまったりと不思議な力で引き裂かれ続けてきた悲運に翻弄される結ばれない仲だったのですが、
この日の朝も出発前にTVを付けると
「和歌山では今年初の積雪を記録。山間部の道路は一部通行止め・・・」
どうなっとんねん!
まあ「万が一の時は峠は無理をしないでゆっくり走りましょう」
と打ち合わせ済みだったので不安を覚えつつも集合場所のみさき公園前のコンビニに向けて出発です。
みさき公園前で無事皆さんと合流。おやじ転車さんは唯一ここまで自走されてきました。これからグルグル周回練をすると言うのに凄い人だわ。
心配された天候ですが、空は快晴で路面も乾いています。和歌山の一部で積雪があったようですがそれはもう少し南の方で運良く加太周辺はあまり降らなかったようです。

さて、この日集まったのは、主催者のおやじ転車さん、コース紹介者のトプローさん、急遽参戦となったko460さんです。
何れも劣らぬ登りを得意とする実力者達。(トプローさんは緩斜面の方が得意!と言いつつしっかり登るタイプだし)
まずはこの日の方針を決めるのですが、最初は路面状態の確認も兼ねて反時計回りでコースをゆっくり一周。身体が温まった所で、時計回りで「猿坂峠北側」に皆でアタック!
その後は周回練習に切り替え。という流れにすることにしました。
なかなか悪くない方針ですな。

という訳でやや抑え気味で周回を開始!
しかし、休暇村前で停止する一行。ここには激坂ショートコース「休暇村紀州加太ヒルクライム」があるのです。
おやじ転車さんとko460さんはもうウズウズしています。あの人らは坂を見ると反射的に興奮して自制が効かなくなる模様です(笑)
「この周回の一本だけだから!」
と言い訳をしつつガチTT開始です!
こうなったらやるしか無いか!
勢いよく走り出したおやじ転車さんの背中を追いかけて全力でアタック開始!
1kmに満たないショートコースという話なので最初から飛ばします。
・・・が平均斜度12%とかなりの斜度なのに0.7kmもあるんですな。
それを調子こいて500W超で飛び出してしまったため
あっという間にタレました(泣)
ちょっとだけ追い縋ったおやじ転車さんの背中はみるみる遠ざかり遅れてスタートしたトプローさんにも軽々とパスされてどんどん引き離されていきます。
き、キツすぎる・・・ゴールはまだか!!あっという間にバテバテになった後は泣きそうになりながら重い脚を必死で回し続けてヘロヘロゴール。
休暇村紀州加太ヒルクライム:3分48秒
トップのおやじ転車さんから30秒遅れで勿論ダントツの最下位!
いやこれでもコース平均300W以上は出てるんですけどね。今回のメンバー相手だとそんなんでは全く通用しませんわ(号泣)
しかし苦労して登った甲斐あって、ゴールの展望台からは絶景が拝めましたよ。
休暇村絶景
周回練される方は、ガチTTをするかどうかはさておき一度登って見る価値はありますよ!
さて、休暇村クライムを終えた一行はトプローさんのパワフルな引きで快走を続け「猿坂峠南側」コースのスタート地点に到着します。
ここはトプローさんブログの紹介にもあったように距離2.2kmと短めながらも斜度の厳しいコース。ここは予定通り本番の「猿坂峠北側」に備えてゆっくり登る・・・
こいつらにそんな自制心がある訳が無かった!!!
「ここからが『猿坂峠南側』セグメントのスタートですよ」
とトプローさんの説明を受けko460さんが果敢ににスタートダッシュ!
勿論それを見逃すおやじ転車さんではなかった!逃すものかと猛追開始。
ガチで登るのかと驚きつつも追走するトプローさん。
こうなっては私も全力で登るしかありません。
高い斜度が続く苦手なレイアウトですが遠ざかる3人の背中を追いかけて必死の追走。
途中斜度が緩む地点がありここがゴールか!とホっとしかけたらその先の分岐点でトプローさんが道案内で止まってくれていたので感謝しつつ再度全力クライム。このコース意外と長いぞ(ちなみに関西ヒルクライムTTのゴールはここらしい)
皆さんが待ってくれているゴールに辿り着くともうヘロヘロっす。
猿坂峠~甲山:9分37秒
ここでもトップだったおやじ転車さんから実に1分遅れ。う~む情けないタイム。
それなりにローラー台練習頑張ってきたつもりだけど、実走もちゃんとやらないとヒルクライムでは通用しないなぁ・・・
ここで暫く休憩した後はダウンヒルを楽しみつつ最初の一周目を終了します。

そして、いよいよこの日のメインイベント「猿坂峠北側」・・・ってもう皆かなり脚使ってるよ。大丈夫なん!?

少し休憩を入れた後にいよいよTTスタート。
まずはトプローさんが飛び出します。続いて私もスタート!
しかしトプローさんが超速い!!300Wペースで走り出した私をぐんぐん引き離していきます。後でStrava見たら400W超のペースで走っとる!
これは追いつけないと早々に諦め自分のペースで走っていると遅れてスタートしたko460さん、おやじ転車さんに続々とパスされます。
何時ものパターンではありますが
「得意の緩斜面でも引き離されるのだけは嫌だ!!」
とおやじ転車さんの後ろにピタリとついて追走開始。序盤のハイペースについていけたので何とか余裕を取り戻します。
やがておやじ転車さんがko460さんをパスするのに合わせて私もko460さんをパス。するとかなり遠ざかったはずのトプローさんの背中が見えてくるではありませんか。
流石にオーバーペースだったのか!?これなら追い付ける可能性もあるぞ!
と俄然元気の出てきた私はおやじ転車さんをパスしてトプローさんの背中目指してペースアップです。
少しずつ詰まっていく距離に励まされて緩斜面を快走する私は斜度の上る少し前でついにトプローさんに追い付き、追い越しに成功!まさか最初に私に追い付かれるとは思っていなかったであろうトプローさんが慌てて再度追い越しますが病み上がりの上に序盤のオーバーペースが響いたのか明らかに苦しそうな様子。
「これはイケる!」
ここまで飛ばしてきたので結構キツいのですが平気な振りをして再度アタックをかけてパス。一気に引き離しにかかります。
しかしここでおやじ転車さんが追い付いてこられ一気に抜き去られてしまいます。
斜度のある所では残念ながら勝負にならず差は開いていきますが何とか必死で追い縋って2位でゴール。少し遅れてko460さん、トプローさんとゴールされました。
猿坂峠北側:13分36秒
トップのおやじ転車さんから15秒遅れで2位。ここまで良い所のなかった私ですが得意の緩斜面メインのコースで何とか面目躍如です。

ここまで走った所で昼食の時間になったので、ここはやはりしらす丼でしょう!
と言うことで淡島神社前の満幸商店に向かいます。
満幸商店
見よ!しらす丼のこのボリュームを!!!
しらす丼山盛り
美味しくいただいていると食堂のオバちゃんが
「うちの本当の名物はしらす丼じゃなくて、わさび汁なんやで」
と勧めてこられるので皆で注文。これが魚介類の出汁がタップリ効いて確かに旨い!!
そこにわさびを合わせると更に旨い!!
「寒い中走ってきてくれたからサービスするわ」
と更にわさび汁にうどんを追加してくれました。これがわさび汁にマッチしてまた旨い・・・がお腹いっぱいになってしまいましたよ(苦笑)
店を出るとko460さんのバイクがスローパンクの悲劇。すぐに修理して事なきを得ましたが店のオバちゃんいわく
「うちに寄る自転車のお客さん皆パンクするけどなんでやろな?」
!!??マジか!怖すぎるわ。ここによる途中の道でちょっとガタガタしている箇所があったのでその所為かな?もし淡島神社方面に寄られる際には一応路面に気を付けてくださいね。

さて、満腹になった一行は再び周回を開始します。次のポイントは大川峠(和歌山側)ですがしらす丼とわさび汁(うどんIN)でお腹いっぱいの私はとてもじゃないけどTT出来る状態じゃないのでトプローさんとゆるゆる登ります。
ここでもおやじ転車さんとko460さんはガチTTに挑んでいた模様。食べてすぐなのに元気やな~

こうして2周回を終えた所で、時間制限のあるトプローさんとko460さんはここで離脱となります。お疲れ様でした。

スタート地点に戻る途中で入れ替わりで、あだっちゃいさんが合流されます。
元気なあだっちゃいさんを加えて3人で周回練を続行です。

まずは反時計回りで一周しましょうと言うことでウォーミングアップがてら大川峠を大阪側からゆるゆると登って休暇村入口まで走ります。
元気なあだっちゃいさんは当然、休暇村ヒルクライムに挑みたいところでしょうが私は既に2周を終えて疲れているので
「TT頑張ってきて下さい。私は下で待ってますから!」と言ったのですが、おやじ転車さんが
「ゆっくりでいいから登りましょうよ!」
い・や・だぁぁああああ!!!
「私もゆっくり登りますから」ニッコリ
い・や・だぁぁああああ!!!
こうして私ももう一度登ることになりました。キツいっちゅうねん(泣)
ここで、あだっちゃいさんは区間3位となる好タイムをマーク。KOM嗜み勢だけ流石の速さ。その気になればもうひと越えイケる手応えもあるみたいでKOM奪取が期待されますね。
休暇村2度め
私はゆるゆるペースながらも激坂に苦戦。ゼーゼー言いながら本日二度目の休暇村展望台。疲れたけどやっぱりここは絶景です。日の向きが変わるとまた違った趣がありますな。
その後はまたも「猿坂峠南側」を走るも今度は流石にTTペースではなくゆる目のペースで走り抜けます。こんなとこ2回もガチで登れるかい!!
そしてあだっちゃいさんの引きでダウンヒルを堪能しまずは1周完了。
そして時計回りに向きを変えてもう一周走ることにします。時間的にこれが最後の周回。
最後に皆で「猿坂峠北側」にトライです。
しかし既にバテている私はここで姑息な作戦を立てます。
まずは私が先行でスタート!頑張って飛ばすも直ぐにあだちゃいさんに追い付かれ仕方なくツキイチを決め込んで緩斜面を終始引いてもらいます。そうやって緩斜面では楽をして斜度が上がったら後は無理せずそこそこのペースで走りきるという名付けて「省エネクライム作戦」です。
初めからツキイチだと印象が悪いですが、これなら「頑張ったけど力及ばず、やむを得ず必死で追い縋る」という印象を与えられる完璧な作戦です。
そうと決まれば最初だけは元気よく力いっぱい飛ばします。さあ追い付いていらっしゃ~い!!
しかし走っても走っても中々後方から追い上げてくる気配がありません。
追い付かれるまでは飛ばす!という方針でいっぱいいっぱいのペースで走っている為、段々苦しくなってきますが、そうなると
「ここまで頑張って走ったのに途中で緩めるのは勿体無い」
と思えてきてしまって結局緩斜面区間最後まで全力疾走でまさかのトップ通過(笑)
あだちゃいさんは斜度の上がる区間で全力を出すため力を温存していたとのことでした。
その後、斜度の上がった所であだちゃいさんにあっさり追い付かれサクッと抜かれるも、もうここまで来たら最後まで踏み抜くぜ!!と必死に回し続けて最後まで緩めずゴール!!
なんか結構いいタイムで走れた気がしたんですが1本目より40秒遅れの14分15秒でした。やっぱ疲れてたんでしょうね。それでも3周した後なのにAvg.260Wで走りきれたのは私としては頑張ったかと。
この日唯一おやじ転車さんに勝利しましたしね(重要w)本気じゃなかっただけかもしれませんが(笑)
大都会和歌山を見下ろす
大都会和歌山を見下ろす絶景で記念撮影後、残り区間は平坦続きなのであだちゃいさんメインで時々ローテーションしながら平坦練。本当はもっと頻繁に交代したかったのですが正直疲れていて特に登りが入るとローテーションどころか付いていくだけで必死でした。
またの機会があれば万全な状態で是非走らせて下さい。もう少しローテーションに参加できるようになるかと・・・

こうしてあだちゃいさん合流後に更に2周してこの日の周回練は無事終了となりました。
最近ローラー台でのトレーニングばかりになっていましたが、久しぶりの実走はやっぱり楽しかったです。特に皆で競い合いながら走るのは勝敗関係なく楽しいものですね。

皆で走る楽しさを久々に味わい、海鮮グルメも楽しみ、色々と実り多い走行会となりました。
今回の企画を立ててくださったおやじ転車さん、良いコースを紹介してくださったトプローさん、ご一緒させていただいたko460さんとあだちゃいさん。

皆さん有難うございました。よろしければまたご一緒させて下さい。

そんな楽しい加太周回練の走行データは以下のとおりです。


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿