ZwiftのTREKミッションコンプリート&Zwiftレース雑感

Zwiftでまた新しいミッションがスタートしました。
「Trek Missionの説明リンク」
今回は割りと単純なミッションでミッションを選んで50km走ればコンプリートです。
コンプリートするとZwift内で使えるTREKのチームジャージがゲットでき、更に運の良い3名(少ねぇよ!)には本物のジャージが贈られるそうですよ。
こういうのを見るとやらずにはいられないのが私の性。昨晩早速トライしました。


ローラー台170214
5分のウォーミングアップ走を行った後、私のL4強度となる240Wまであげて後はひたすら50kmに到達するまで走り続けます。
1時間では走りきれないことは分かっていましたが、実際にどれ位時間がかかるかはやってみないと分からない・・・
1時間走り続けると、もう汗だくで足もヘトヘトに疲れ「もうペース緩めたろか!」と思ったのですが到達距離を見ると意外に進んでいたので「こうなったら最後までこのペースで!」と気力を振り絞って何とかAvg.241W、走行時間1時間10分ほどで(ウォームアップ時間は除く)50kmを走破。
この日走っていた火山周回ルートは周回数カウンタが表示され、13周を終えたところだったのでクールダウンがてら2周回を使いして15周走ってこの日のトレーニングはフィニッシュ。
この日も良いトレーニングが出来ました。


さて、トレーニング中はヘトヘトになりながらもL4強度で70分走りきりTSSは124に達したので「今日は我ながら頑張ったかな」と思ったのですが「そう言えばほぼ70分間だったZwiftレースが最近あったなぁ」と思って過去ログを調べてみると先週の2/8に「EVR Asia Race」に参加した時に74分走ったレースがありました。
この時のデータを調べてみると74分でAvg.250W
今回よりも10Wも高いペースで走ってるんですねぇ。今回のトレーニングも決して手を抜いたわけじゃなくて頑張って走ったつもりなんですが、やっぱりレースになると普段のワークアウト以上に頑張れるなぁと改めて思い知らされました。

普段のワークアウトとしては「L4強度20分×2」あたりが一般的なメニューになるかと思いますし、それでも充分キツいのですがレースだと人と競り合うため、それ以上の強度で走れてしまうんですよね。
それにキツイけどやっぱり人と競り合って走るレースは楽しいんですよね。
そんな訳で最近は高強度の日はレース三昧となってしまっています。

本当は目標数値をきっちりと定めてそれを達成していくワークアウトこそが成長度合いも確認できて望ましいのでしょうけれど、心の弱い私はどうにも頑張りきれずなかなか限界域でのトレーニングが続かず結果も出せない・・・
それなら少しでも力を出せるレースメインで良いのかなと思ってるんですが実際どうなんでしょうね。

まあスプリント力を高めるための短時間インターバル練もやらないと駄目だとは思いますし、疲労のたまる全力のレースに連日参戦するのは無理がありますので他のトレーニングメニューも織り交ぜながらもやっぱりレースメインで楽しみながらトレーニングを続けていければと思っています。

あ、今週末こそは実走も頑張ります。(←オマケかよ)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿