久々に復活「天狗一武道会。」ヒルクライムはやっぱり楽しい

前回のまとめでちょっと報告したとおり、前回の堺浜クリテを一つの区切りとして、今後は富士ヒルまでヒルクライムに主眼を置いたトレーニングに切り替えていこうと思っています。

何度も言いますが今年の上半期最大の目標は富士ヒルシルバーリングです。
今年こそは昨年の雪辱を果たすのです。

という訳で思い立ったが吉日とばかりに早速、昨日は「天狗一武道会。」に参加してきました。

今年は北摂方面は例年なら大丈夫な勝尾寺までの道でさえ積雪に見舞われる有様で、それを言い訳にして今年に入ってからはヒルクライムを全くやらずローラー台と平坦練ばかりやってました。
それだけに、久々のヒルクライム、それも長距離かつ激坂のある「上福井~天狗岩」のフルコースを走るとなると朝から緊張してしまいます(笑)
果たして今の自分がどれだけ激坂を登れるのか?全然登れなくなっていたらどうしよう・・・と不安は募ります。
集合場所に向かう途中は
「う~ん、やっぱまだ寒いなぁ~ヒルクライム再開はもう少し暖かくなってからにすべきだったか・・・」
などと弱気になりつつ何時ものコンビニに集合です。
この日の参加者は、1号。さんとちょしさん、そして私の3人です。天狗一170228スタート

今年に入ってMTBメインだった1号さんとヒルクライムから逃げていた私はちょしさんの後ろにつかせてもらって、いよいよ天狗一武道会スタート!
私のこの日の目標は調子の良い時に出せる35分とコース全体でのAvg.260Wです。
スタートから暫くは220W位のややゆったり目のペース。
「あれ?今日はゆっくり走るのかな?」
と思っていたらペースは徐々に上がっていきます。
なるほど、速い人はペース配分も上手いんですね。序盤から一気にパワーを上げてしまって後半タレタレになる私としては大いに見習いたい走り方です。
緩斜面区間が主体の前半ですが、やや斜度のあがるユニバーサル園芸付近からパワー値も270W前後まであがり、何時しかツキイチなのに何とか引き離されないよう走るだけで精一杯となっていきます。
それでも緩斜面が終わるまでは絶対に付いていくと決めて何とか最後まで喰らいつきます。
緩斜面区間終わりの木下商店前でギリギリの所で信号に捕まってしまい小休止。
そして、ここからいよいよ激坂区間の開始です。
ちょっと弱気になってギアを何時もより落としていざ「激坂小学校」!
しかし意外にも久々の割には結構登れている感じ?
流石に苦手の激坂区間では、ちょしさんに付いていくことは出来ずじわじわ離されていきますが、それでも思ったより引き離されずに走れています。
これに気を良くして、続く天狗岩区間に入っても一定のペースを崩さず走り続けます。残念ながらちょしさんの背中はすぐに見えなくなってしまいましたが、それでも気持ちを切らさず、最後まで大きくタレることなく走りきってゴール!!
疲れたけど久々のヒルクライムはやっぱり、たーのしー!
タイムは34分57秒と目標の35分切りを達成。パワーAvg.258Wと目標の260Wにあと一歩届きませんでしたが、まあこの寒さの中で信号ストップもあったことを思うと悪くない結果だったのでは無いかと思います。

全員走りきった所でお約束の記念撮影です。
天狗一170228ゴール
コースを引き返す途中で、後から追いかけると連絡のあった時任さんが登ってこられたので私達も引き返してゆっくり登りながら追いかけて時任さんと合流。4人でコースを下ってこの日の天狗一武道会は終了となりました。

しかし、登っている最中は全力でペダリングしているので寒さは全く気になりませんでしたが、天狗岩ゴール地点では氷点下まで下がるので下りではまだまだ寒さが辛いですね。
全て防風の真冬用のジャージ、手袋、シューズカバー、ウインドブレーカーと万全の装備で臨んだライドでしたがそれでも下り終わった時には手足が悴んで大変なことになりました。
今日から3月で季節上は春になりましたが夜間を気持ち良くヒルクライム出来る様になるのはもう少し先になりそうですね。
とは言え本格的なヒルクライムシーズン幕開けに向けてもう残り日数のあまりありませんし来週も「天狗一武道会。」張り切って走りたいと思います。

そんな楽しい天狗一武道会の走行データは以下のとおりです。


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿