春の堺浜に春来る!:堺浜クリテ第4戦レポート

■前置き
前戦堺浜クリテ第3戦で惨敗を喫し、春のヒルクライムシーズン突入を目前に
「平坦レースは一区切りとしてヒルクライム頑張るぞ」
宣言をしたのが先月末の事でした。
今年は富士ヒルシルバーと言う目標もありますしね。(←去年も言っていただろ!というツッコミはやめて!)
ですが、堺浜クリテシリーズは全5戦。そして私は既にすべてのレースにエントリーを済ませていたのでした(笑)
折角お金も払ったことですし、レースには勿論参加しますが、トレーニング内容は今月頭からヒルクライムレースを前提としたメニューに切り替えています。
唯でさえ通用していないのにトレーニング内容もヒルクライム向けに切り替えて今回は期待薄かなと最初は思っていたのですが、実走を増やし天狗一武道会や六甲山逆瀬川コースを走るうちに少しずつ調子が上がってきているのを実感し、ちょっとだけ走りに自信が出てきました。
トレーニング内容を切り替えたと言っても日頃のローラー台トレーニングはどちらにも効果があるはずですし脚力が上がるのはプラスになっているはず。
やるからには入賞目指して今回も全力で走ろう!そう気持ちを切り替えてのレース参戦となりました。

■クリテ ビギナーI
さてまずはクリテリウムからです。
前回のレースでは、MATRIXの鬼引きに途中での脱落者が続出。6位に入賞された方でも途中で振り落とされるという超ハイペースのレースでした。
私は前回先頭トレインから振り落とされた段階で「もう入賞の目は無くなった」と諦めてしまったので
「今回は結果はどうあれ最後まで全力を尽くす!」と誓っての参戦です。
いつも通り早めに並んで最前列を確保。
とにかくイケるところまで先頭集団に喰らいつき最後まで諦めない
が今回の作戦です。

レースは今回も序盤からMATRIXの力強い引きでスタート。最初の3周位はかなりのペースでレースが進行します。
しかし序盤から振り落とされるわけにはいきませんから何とか喰らいついて先頭集団をキープしつつ様子を窺います。
すると4周目辺りでMATRIXの選手が下がっていき今回のレースは参加者の手に委ねられます。
こうなるとレースは心理戦に突入。誰だって先頭を引いて消耗したくはありませんから先頭を走っていた方はエルボーサインで交代を促しますが皆見ないふりです(苦笑)
すると先頭を走っている方は当然消耗を避けるためペースを落とすのでレースは一気にペースダウン。
その隙に後ろからアタックを掛ける選手が現れますが
「待ってました!」とばかりに皆そのアタックに乗っかります。ペースが落ちて皆の脚が回復しているだけにアタックは容易には決まりません。
私も6周目くらいに一周ほど先頭を引かされましたが勿論全力で引いたりはしません。脚を使い切らないペースで走りつつ、何度も「もう限界だから先頭変わって!」とばかりにエルボーサインを送るのですが、なかなか変わってもらえない。まあ自分もやったことですしね(笑)
堺浜クリテ走行中170318
こうして微妙な(セコい)駆け引きを行いつつレースはペースが上がらないまま終盤戦に突入。何度かあったアタックは毎回あっさり潰されるので誰もアタックを掛けなくなり、これは最終周スプリント勝負になる気配が濃厚です。
最終ラップに入りジャンの音が響き渡ると予想通り一気にペースアップ。
向かい風厳しいバックストレートで勝負をかけて上がっていく選手たち!
しかしそこで仕掛けて良いように利用されて最後に力尽きたのが第2戦のこと。
その経験を活かし、今度は私が利用させてもらおうとペースを上げた選手に後ろについてその時点での7位からスルスルと勝負をかけられる位置に浮上!
そして好位置をキープしつつ鋭角コーナーをうまい事クリアしてゴールのホームストレートでのスプリント勝負に持ち込みます。
この段階で私の順位は2位。トップの選手のドラフティングゾーンに付けられたので位置的には私が有利なれど流石にここまで上げてくるのに疲れ、乳酸が溜まってきているので全力スプリントはキツい!
お互い必死で最終スプリントを競り合いゴールライン2m手前くらいで並んだ!!
後は勢いの差で僅かに差し切って私の勝利!!!
その差僅か「0.013秒!」
「勝ったぞぉぉおお!」
ガッツポーズと共に歓喜の雄叫びを上げて遂にビギナーIを勝利で飾ることが出来ました。
今年に入ってからクリテでは苦戦続きでしたが今回は展開にも恵まれ、遂にビギナーIを卒業です。(優勝者は強制昇格です)
次回は最終戦となる第5戦はスポーツIIクラスでの参戦となります。上のクラスで何処まで通用するかは分かりませんが次戦も全力を尽くします。
堺浜クリテ表彰台170318

■120分エンデューロ
さて、午後からは引き続きエンデューロにも参戦です。
今回から時間が延長され90分から120分になりました。私としては長い方が得意ですのでこの延長は望むところ。
そして今回は週末に「宇都宮クリテリウム」が開催されるとあって日頃エンデューロで上位に入賞される実業団選手はそちらに参加するということで、何時もよりメンバー的にはチャンスがありそうです。
今年に入ってから得意のエンデューロでも全く結果を出せていませんが今回はクリテでも結果を出せて調子は上々だし入賞を狙っていきたい!
そう密かに誓って今回も早めに並んで最前列を確保します。
レースは序盤は抑えめのペースでスタート。大人数の集団が形成されます。
今回ずば抜けた選手があまりいないこともあって動きの少ないレース展開が中盤まで続きます。
時々数人が飛び出しインターバルをかけますが、集団を突き放す程の勢いは無くすぐに集団に吸収されるという展開。
私も時々先頭を牽いたりしながらレースは進みます。

そのまま大集団を形成しながらレースは75分ほどが経過。
ここで常に先頭の方をキープして余力の有りそうだった選手が今までと違う本気のアタックをかけます。付いていけたのは集団前方をキープしていた3人ほど。
集団は完全に分断され私は後方に残されます。
「ここが勝負の分岐点だ!」
と判断し同じく勝負をかけたもう一人の方と共にブリッジに挑戦!既に差は付いてしまったけれど、毎度毎度周回遅れはもう沢山だ!と必死のペダリングでモガキ続けて辛うじてブリッジに成功!やった、何とか追い付いた!!

だがしかし

そこで脚を使い切った私はその後少しして再度振り落としにかかった先頭集団のアタックに対応しきれず無念の脱落。
勝負の分岐点はここでは無かったか・・・残念無念。
その後、同じく先頭集団から脱落した方と2人でローテを回して暫く走り続けるも、2人だけではペースが上がらず大集団となっている第二集団に再吸収されます。
後は第二集団内で大きな動きもなくレースは展開。時々インターバルをかけて振り落とそうとする動きをする選手がいますが、もう大集団を突き放せるほどの力のある選手は居ないようで簡単に再吸収。
そしてレースは終盤戦。残りあと2周くらいか?といった所で牽制合戦に入りペースが緩んだ所でタイミング悪く先頭を引かされてしまい無駄に消耗(笑)
そして恐らく最後の周回となるであろうタイミングで第二集団でまだ脚の残っている選手が一斉にペースを上げていき、2時間も走った後なのに最後のホームストレートで入賞をかけた必死のスプリント勝負!!
辛うじてそのペースに付いて行った私も残った力を振り絞ってスプリント勝負に加わり、脚を焼き尽くして走り切り第二集団内では4番手くらい?でゴール!!
これは入賞どうなった!?ギリギリアウトか?

ゴール後、順位が読み上げられていく中、1~5位に私の名前は無し。最後のひと枠
「第6位 山崎選手!!」
やりました。最後のひと踏ん張りが効いてギリギリで入賞です!最後まで諦めずモガいた甲斐がありました。
何より久々にエンデューロレースで入賞出来たのが嬉しいですし自信にもなりました。
今回、途中で脱落した先頭集団との周回差は一周。まあ今回は実業団勢が居なかったということもありますが2時間走って大差をつけられず走りきれたのは悪くない結果だったのでは無いかと思います。
次戦で実業団勢が帰ってきたら残念ながら今回のような結果を出すのは難しいでしょうがそれでも次回も諦めない走りで一つでも上の順位を目指して最後まで走り抜きたいですね。
堺浜エンデューロ6位170318

■総括
今年に入ってからの堺浜クリテは惨敗続きで自信を失いトレーニングの方向性にも迷いが生じて一時期調子を落としてしまったりと辛い時期もありましたが
「乗っていれば大丈夫」
との言葉を信じてトレーニングを積み重ねてきました。
今回は、クリテでは展開に恵まれた&エンデューロでは実業団勢が居なかったという幸運に恵まれたのも大きな要因ではありますが、それでもそういったタイミングで入賞出来る位置に付けられたのはトレーニングの成果だと思いますので、本当に嬉しく思いますし、素直に喜びたいと思います。

堺浜クリテは次回が最終戦。次回はスポーツIIとエンデューロに参戦します。
今後ヒルクライムをメインにトレーニングをしていくという方向性は変わりませんが、それでもトレーニングはクリテ&エンデューロにも活かせると思いますので次回も全力を尽くして頑張りたいと思います。

■おまけの失敗談





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

おめでとう!

やまちゃん クリテ優勝おめでとうございます!あれだけ日頃練習してるのにはいつも感心しております!伊吹山、富士、今年はマイペースで頑張りましょうね!

Re: おめでとう!

タクさん、有難うございます。今年に入ってからは入賞さえ遠ざかる不調ぶりでしたが実走をしっかり取り入れてから調子が上がりつつあり展開に恵まれたこともあってやっと優勝することが出来ました。
今年はこれから伊吹山、そして富士ヒルとヒルクライムが続きますがお互い今年こそは目標を達成できるよう頑張りましょう!現地でお会いしたらよろしくお願いします。

コメントの投稿