補助トレ再開。しかし結局のところ補助トレーニングは役に立つのか?

楽しかったGWも無事終わり先週よりまた何時もの日常が戻ってきました。
私は先週はGWの疲れを取るという名目で緩めのトレーニングに終止しておりました。
とは言えいよいよ富士ヒルまで残り一月を切りましたし、今週からそろそろペースを上げて仕上げていかないといけませんね。

さて、先週はトレーニング自体は強度を下げ気味でしたが、代わりにと言うわけでもないですが、暫く休んでいた補助トレを本格的に再開させました。

私は昨年より補助トレとして、
・ウォーキングランジ
・スティッフレッグド・デッドリフト
・プランク(これだけ今年頭から)
を取り入れています。

開始したのが昨年の10月上旬ですからもう半年以上続けていることになるんですね。
ランジ&デッドリフトはダンベル20kgからスタートして今は50kgで週に2~3回。
プランクは会社で昼食前に5分間を1セットだけ週に4回くらい。

このあたりの経緯は
「プロジェクト280」達成のために補助トレを開始してみた
実は地道に続けている体幹トレーニングの話
でそれぞれまとめています。

ただ50kg担いで100mのウォーキングランジと言うのは正直私にはかなり過酷でして2日間ほど足腰にダメージを引き摺ります。
ですから、レースウイークはレースで万全を期すために補助トレを休むようにしているのですが4/9~4/22まで3週連続レース参戦が続き、その後GWに突入しGW中は実走で全力を出すため補助トレは休止と、ほぼ一ヶ月補助トレを休んでいたわけです。(プランクだけはダメージがあまり残らないので続けてましたが)
で先週頭より補助トレを再開したのですが、久し振りにやったら凄まじい筋肉痛に苦しみ肝心のローラー台トレーニングに支障をきたす有様。
それでもこういったトレーニングは続けていかないと意味がありませんから筋肉痛に耐えながらあれから何とか3回ほど行ってやっと身体が慣れてきました。

そんな辛い高重量での補助トレのお陰でヒルクライムタイムは順調に伸び続けて・・・いればめでたしめでたしなのですが、現実はそんなにあまくありません。
今年に入って、六甲山逆瀬川コースや、上福井~天狗岩コース、五月山などいくつか自己ベストを更新してはいますが伸びとしてはそれほど大きくなく、
「補助トレーニングのお陰で劇的に速くなった!!」
と言った実感は正直な所ありません(泣)
勝負どころで重いギアを踏めるようにはなっていると思うのですが、私のやっている補助トレで鍛えられるのは、パワーはあるものの持久力に欠ける速筋がメインでありヒルクライムの長時間を持続できるパワーには直結はしていない様に感じています。

そんな訳で、
「補助トレーニングを取り入れてヒルクライムのタイムは伸びましたか?」
「正直あまり効果を体感していません」
という何とも微妙な結論となっております。

アカンやん!!

では無意味なトレーニングだったのか?と言いますとそうでもなく
クリテやエンデューロレースでのコーナーの立ち上がりなど明らかに走りやすくなった
のを体感しています。
昨年まではコーナーの立ち上がりでインターバル掛けられるとそこで脚を使い切って早々に脱落・・・というパターンを繰り返していましたが、今年に入ってからは今までならあっという間に千切れていたであろう強度のインターバルを掛けられても何とかついて行ける様になってきました。(実業団クラスの選手が出場するレースでは相変わらず全く駄目ですが)
その結果クリテはスポーツクラスに昇格できましたし、エンデューロではいつも上位陣には何周も周回遅れにされていたのが今年は岡山や堺浜では表彰台圏内ぎりぎりくらいで最後まで走りきれる様になりました。(どちらも数秒差で最後さされてますがw)
ヒルクライムで速くなりたくて取り入れた補助トレーニングですが期待していなかった所(笑)で成果は出ているようです。

肝心のヒルクライムは相変わらず伸び悩む日々ですが、自分の場合斜度が上がると露骨にパワーが落ちるので、身に付けた筋力を斜度が上がった時に上手くペダルに乗せられる走り方が出来るようになればタイムもまた伸びてくるんじゃないかと期待しています。
ですから今後も補助トレを続けつつ、ヒルクライムの実走も積極的に取り入れパワーを上手く使えるように乗り方をアジャストしていきたいですね。
そうすればもしかすると、ある日突然噛み合ってタイムが劇的に向上・・・なんて事もあるかもしれませんし!
そこまで虫のいい話は無いとしてもw継続は力なりと信じて続けていきますよ~

まあ富士ヒルには間に合わないかもしれませんが!!!

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿