天狗一武道会で富士ヒル前最後の実走

昨日は、天狗一武道会の開催日。先週は鈴鹿エンデューロ明けだったので流石に遠慮しましたが、今回は富士ヒル前の最後の実走の機会として参加してきました。

コースは今回は通常通りの激坂天狗岩コース。多分リクエストすれば緩斜面の府道110号南コースを走っていただく事もできたと思うのですが、昨年の富士ヒルでは山岳スプリット区間などの斜度の上がる所で特に苦しんだこともあって
「直前に激坂の天狗岩を登って少しでも苦手意識を払拭できれば」
との判断で天狗岩を走ることにしました。

さて、本格的なヒルクライムシーズンを迎え天狗一武道会は大賑わい。
今回は、フラットペダルのレジェンドクライマーれすとまんさん、今年から実業団にも参戦し乗りに乗っているヒム69さん、怪我からの回復を果たして上り調子の時任さんといった実力者が集結。
富士ヒルに向け最終調整のためかチームSUNZOKUからmasabowさん、亀さんも久々の参戦です。
これら豪華過ぎるメンバーは残念ながら一緒に走るには足が合わないので遅れてスタート組です。

先行組は、これまた久々の参加のザッキーさん、常連の木田さん、最近参加されるようになった、りょうへいさんとmotokiさん、そして私です。

しかし、最後の実走の機会だと言うのに私は来る途中にまたしてもサイコンのマウンタがハズレてしまうアクシデント。レースに向けて軽量のマウンタを買ったんですがどうもあまり良くない商品だったようで使用を断念。本番は今まで使っていたマウンタに戻します。
まあそんな訳で今回もサイコン無し走行。

ペースがつかみにくいので最初は先行する木田さんについて走りますが流石にこのメンバーでツキイチはアカンだろうということで途中で先行。以降ローテを回しながらユニバーサル園芸まではパックで順調に走行。
しかしその先のやや斜度の上がる区間でりょうへいさんとザッキーさんがやや抜け出します。久し振りだけどザッキーさん速くなってんなぁ~
じわじわ離されながらも我慢して走っているとザッキーさん達のペースが落ちてきたのでブリッジを架けて再合流。そのままほぼ全員同ペースで前半区間を走ります。

後半の激坂小学校から始まる苦手の激坂区間になると予想通り私がジワジワと遅れていきます。やはり激坂は苦手です(泣)
天狗岩区間の最大斜度区間あたりで物凄いスピードで駆け抜ける後発組に続々とパスされていき、つづら折れに入ると先行スタート組の背中も見えなくなってしまいます。
「富士ヒル前だと言うのに相変わらずの最下位…サイコン見えないからペースわからないけどもしかして物凄く遅いんじゃないだろうか」
安定の最下位走行にかなり落ち込みながらも、それでも富士ヒルに向けて最後の実走ですから諦めてたまるかと必死で走り続けます。
しばらく走っていると木田さんの背中が見えてきます。かなり離されたかと思ってましたがまさか追いつくとは!!
もしかして調子悪いんだろうかと思いながらも必死で追い縋りますが後ろに付いた所で向こうも負けじとダンシングを交えながらスピードアップ。しばらく近づいたり離されたりを繰り返しながら走り続けます。
そして最後の斜度の緩む区間で木田さんラストスパート。もう余力の殆ど残っていない私も最後の力を振り絞ってダンシングで追いかけますが最後に差を付けられ10秒ほど遅れてゴール。
結局タイムは34分5秒と過去2番目の好タイム。(ちなみに木田さんもベストタイム更新されてました)
ベストタイムを出した時は緩斜面区間を終始ペースメークしてもらいつつ引いてもらってのタイムですし、今回は信号ストップがありながらその時から15秒遅れなので自分としてはかなり良いタイムで走れたんじゃないかと思います。
天狗一ゴール170606
とは言え今回も最下位ですし喜んで良いのかは微妙ですが富士ヒルに向けて最後の走りとしては悪くなかったと思いますし、大会にある程度の手応えを持って臨む事ができそうです。
いやぁ~正直激坂区間で皆から突き放された時はサイコンが見えないこともあって相当遅いんじゃないかと泣きたくなる気持ちだったんですけどね(笑)

富士ヒルに向けて強度の高いトレーニングは今回で終了として、今日からは疲労を残さない程度のトレーニングに切り替えて本番に向けて調整していこうと思っています。
先週末の六甲山、今回の天狗一武道会といい感じで走れて順調に仕上がってきていると思いますので無理せず仕上げて良いコンディションで大会に挑み今年こそは目標を達成できればと思っています。

天狗一武道会参加者の皆さん今回も有難うございました。

そんな天狗一武道会の走行データは以下のとおりです


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿