富士ヒル速報:惨敗でした

富士ヒル参戦してきました。
まずは結果ですが、1時間20分…
シルバー達成タイムからまさかの5分遅れ。惜しいとかそういうレベルからかけ離れて、もはやカスってさえいません。
まさかの去年以下のタイム…


正直かなり落ち込んでいます。
今年は、昨年の雪辱を果たすべくトレーニングに励み、レース前の実走では「再度山~六甲山頂」コースで自己ベストを更新。天狗一武道会での最後の実走も自力では過去最高のタイムを出して仕上がりは順調だと思っていました。
それだけに、今年はイケるんじゃないか?少なくともかなりいい線で走れるんじゃないかと手応えを感じながらの参戦でした。

昨年ウォームアップをせずにいきなり序盤で飛ばして途中でまったく駄目になった反省を元に今年はローラー台を持ち込んでしっかりウォームアップをして臨みましたし、序盤5kmを飛ばしすぎないよう自制してAvg.250Wとほぼ目標通りのペースで走りきるところまでは順調でした。

しかし、5kmを過ぎて少ししたあたりから突然崩れだしてしまいました。
同じように漕いでいるつもりが徐々にパワーが掛からなくなり250Wキープが目標なのに徐々に250Wが出せなくなり10kmを過ぎた頃には220W位でしか走れなくなります。
完全にタレてしまっています。

パワーが掛かっていないのは自分でも分かっているので何とか力強く踏み込んで取り戻そうとするのですが、どうしてもパワーが掛かりません。
いや自分ではパワーを出しているつもりで
「何とか250W出している時の走りを!」
と必死で回しているのにパワーメーターは無情にも230W位までしか上がりません。
「パワーメーターがおかしくなってるんじゃないか!?」
と疑ってしまう程でしたが、ハンドルバーに貼ってあっいたLAP表と照らし合わせるとパワーの低下に伴い、徐々に目標タイムから遠ざかっていくのが分かります。

何故こんなに調子が上がらないのかまったく分かりませんが、何とか取り戻そうをしても苦しくてペースを上げることが出来ません。
心拍を上げすぎたのか?と思って心拍数を見ると逆に低すぎます。終盤は心拍数がずっと150bpm台…普段ならそんなに苦しくない筈の心拍数なのに息苦しくてたまりません。

結局一度落ちてしまった調子は最後まで戻ること無くゴールを迎え1時間20分という昨年以下のタイムに終わってしまいました。

何故中盤以降あれほどまでに大崩れしてしまったのか・・・
正直自分でも分かりません。

慢心していると言われそうですが正直な所、スタミナにはある程度、自信がありました。
今年に入って岡山7時間エンデューロでは4位入賞、鈴鹿アタック240は11位。堺浜エンデューロでも2回入賞とエンデューロレースではそこそこの結果を出してきました。
先日の2時間以上走る難コースの和歌山広域農道TTではStravaでトップ10に入るタイムを叩き出しましたし、ヒルクライムにおいても一時間以上走る「再度山~六甲山頂」コースを走った時も途中で崩れるような事は無く一週間前に自己ベストを出せるほど好調でした。
なのに、肝心の本番で10kmほど走った程度で完全にタレてしまい、この体たらく・・・
「どうしてこうなってしまったのか・・・」
今回途中で足が攣った等のアクシデントは一切ありませんでした。朝食もしっかり摂ったのでハンガーノックを起こした訳でもありませんし疲労を溜め込むほど走り込んでしまった等の調整ミスも無かったと思います。

それなのに結果は昨年以下のタイム…
目標から5分も遅れたのですから実力が目標に対して大きく届いていなかったのは間違いないと思います。それはもう言い訳のしようもありません。
ヒルクライムでは一緒に走らせていただいている方々には遠く及ばず大した実力が無いのは分かっていましたが、それでも六甲山に走りに行ったり天狗一武道会に積極的に参加させていただいたりして少しずつ力をつけて少なくとも昨年以上の力は身に付けたつもりでいました。
それだけにこの結果には落ち込まずにはいられません。

目標達成には何が足りなかったのかを考えていますが、
・トレーニングがまだまだ足りていない
・トレーニングの方向性が間違っていた
どちらもあるとは思いますが、今後のトレーニングは一度考え直す必要があるように感じています。

ロードバイクを始めて約2年半。
楽しいこともあったし辛いこともありました。
レースを始めるようになっていい結果を出せたこともまったく駄目だったこともあり、その度に喜んだり悲しんだりしてきましたが、今回は一年かけて目標としてきた大会だっただけにガッカリ度は大きいですね。

ロードバイク難しい!
目標未達成、超悔しい!!
でも上手くいかない事に試行錯誤しながら立ち向かって行くことは多分苦しくも楽しいことなんだと思います。
今回はまったく駄目でしたがこれに懲りずもう一年鍛え直して来年もう一度挑戦したいと思います。

諦めません勝つまでは!!
でもちょっとだけ休ませて下さい・・・来週からはまた頑張るから・・・



にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

やまちゃん、富士ヒルお疲れ様でした。
最近のレースの成績もいい感じやし、天狗一武道会も積極的に参加されてるし、絶対にシルバー獲れると思っていましたよ。
でもパワーが出ないとなると、疲労が溜まってたんちゃいます?
来年はリベンジしてください!
僕も出てみようかなぁ?

Re: タイトルなし

sunzoku5号。さん、コメント有難うございます。
自分としてもここ最近は調子がよく実走でも良いタイムが出るようになってきていたので期待して臨んだ大会でしたが残念ながらこのような結果に終わってしまいました。
疲労がたまらない程度の短時間のトレーニングに抑えたつもりでしたがその分強度は高めで一日も休息を入れなかったのがまずかったのかもしれません。
何にせよ、まだまだ実力不足だったとは思いますのでまた一年鍛えなおして来年リベンジを目指します。来年は是非一緒に参戦しましょう!

No title

やまちゃん、まさかのタレでしたか。
私も今年もシルバーは逃してしまいました。
単なる努力不足でしたが。来年は仕上がり次第で、出るかわかりませんが、
多分出るでしょう。また一年頑張りましょう!

Re: No title

タクさん、お互い今年も届かず本当に残念ですね。
今年も途中でタレてしまいまだまだ実力不足でした。
お互いもう一年鍛えなおし来年こそはリベンジといきましょう!
また一年頑張りますよ~

No title

ご無沙汰しています。富士ヒルお疲れさまでした。
久々にブログ見ましたが、迷走されているようで、少し気になりました。
人(のトレーニング)にあれこれいうのはよくないと思ってますので、僕も何も言わない方がはっきり言って楽です。

ちょっとパワーメーターの数字に執心しすぎかなと。
ヒルクライムは峠を速く走ってナンボだと思いますので。4倍とか5倍とか本当はどうでもいいんですよね。
打倒平均君めざして、毎週北摂のTTを1日5本とかやっていたのが僕のやまちゃんのイメージです。
東京に住んでいると、TTコースまで行くのに40㎞~50㎞は割と普通ですので、大阪の環境を羨ましく思います。僕が大阪にいたなら関西ヒルクライムTTの更新で、一生遊んでいたかもしれません。
気分を悪くされたらすいませんね。また1年頑張ってください。私もさらに上の目標に向かって頑張ります。

Re: No title

仰るとおりですね。
最近はエンデューロレースで入賞出来るようになってきてそちらで結果を出す為に如何にパワーを出すかに固執するトレーニングになってしまい、結果としてヒルクライムは伸び悩んでいるのを感じます。
昔のようにヒルクライムに専念してがむしゃらに立ち向かえば結果が出るのかもしれませんが、平坦レースだとまだまだパワー不足でコーナーの立ち上がりでおいていかれるシーンもあるのでパワーも伸ばしていきたいですし難しいですね。
ヒルクライムもエンデューロもクリテもと迷走している自覚はあるのですが、どれかを切り捨てろと言われるとそれも難しく…色々悩んでみます。

富士ヒルお疲れ様でした!

やまちゃんさんに追いついた時、めちゃくちゃキツそうだったので心配していました(・・;)

シルバー獲得出来ず、残念でしたね…
当日は私も思った程パワーが出ませんでした(´Д` )
調整は難しいです(−_−;)

Re: タイトルなし

多武峰マンさん、富士ヒルでは途中で声を掛けていただき有難うございます。
残念ながら苦しみながらの走行でろくに返答出来ず申し訳ありませんでした。
想定していた通りのパワーを出すことが出来ず富士ヒルシルバーの難しさを改めて思い知る結果となってしまいました。関西圏の定番コースと比べ高度がある分同じようなペースで走るのは難しくそれを想定した机上の理論以上の走力が必要なのだと思い知りました。
今回の反省を活かしまた来年目指して頑張ります。

コメントの投稿