中華カーボンハンドル:取付&実走インプレ編

中華カーボンハンドル前回の続きです。

中華通販サイトAliExpressで購入した中華カーボンハンドルは注文から約ひと月掛かったものの無事到着しました。
ハンドルを変えたいと思ってから実際に入手できるまでが長かった…中華通販は納期とかかなりアバウトなので急いで手に入れたい物には不向きですね。

新ハンドル
さて、今回入手したカーボンハンドルですが、見ての通り特徴はステム一体型であることです。
実は事故後ダウンヒル時などに強くブレーキをかけるとハンドルが少しガタつくようになり、ハンドル&ステムのネジを締め増しするなど色々やってみたのですが完全に修復することが出来なかったので、この際だからハンドルバーとステム両方共交換しようかなと思っていました。
そこでAliExpressでハンドルバーとステムとを探していたら、ステム一体型のハンドルバーが目に付いたのです。
「ステム一体型のハンドルバーなら取り付け後に角度や位置調整等に苦労することも無いし強度的にもプラスでガタツキに苦しむ可能性も減るだろうからこれも有りじゃないかな?」
と思い商品検索してみると意外と安く売っていることに気付きます。ここで色物好きの血が騒いだと言いますか折角中華系の怪しげな商品に手を出すんだから普通じゃない製品を買ってみたくなってしまいました。

そんなこんなで今回買ったこの商品、まずはお約束の重量測定です。
ハンドル計量
362gです。
ちなみに交換前のDeda製のアルミハンドルバー&ステムは455gでしたので交換により93gの軽量化となりました。
ステム一体型ハンドルバーは重量的には不利だと聞いたのですが、それでもさすがにカーボンだけあって軽いですね。まあ93gを体感するのは絶対無理だと思いますが(笑)

さて取り付け作業ですが、ここでトラブルがあるとネタとしては美味しいのですが特に語ることは無いというか、ごく普通に取り付けられました。
「一部中華系カーボンパーツは仕上がりが良くなくてバリが残っていたり、取り付け部位の精度が出ておらず削ったりしないと取り付けられない製品もある」
というあまり良くない噂もあったのでちょっと心配していたのですが運良く(?)仕上がりには特に問題はなく、すんなりと取り付けられ、取り付け後にガタついたりする事も無いようです。ちょっと拍子抜けですね。

そしてハンドル交換時と言えばバーテープの巻き付け。私にとって初めての作業なのでちょっと緊張します。
このハンドルバーはエアロ形状ですので上ハンドルのグリップ部付近は空力のため平たく薄く作られています。
世間ではエアロハンドルバーでは下ハンドルにのみバーテープを巻き、平らな上ハンドル部分にはバーテープを巻かない派が多いみたいなんですが、汗っかきの私の場合バーテープなしだとツルツル滑りそうだな…ということで上ハンドルまでしっかりバーテープを巻き付けます。実は曲面の巻付けが上手く行かなかったので何度か巻き直しをしつつ初めてのバーテープ巻きもクリアして何とか作業完了。
ハンドル交換後1
ハンドル交換後2
ジャジャーン!これがハンドル交換&バーテープ巻付後の新生KURAROの勇姿です。
蛍光イエローのバーテープがちょっと派手で眩しいです(笑)

さあ早速実走テストを!と言いたいところですが作業を終えたら深夜になっていたのでその日は眠りについて翌朝ワクワクしながら近所のサイクリングロードで実走テストを行いました。

まずは取り付けがしっかり出来ているか確認するため段差を越えてガタツキをチェックです。
段差をドーンと越えてみると…今まで使っていたアルミハンドルバーだと段差を越える時その衝撃がダイレクトに腕に伝わるので無意識のうちに身体が衝撃に備える様になっていたのですが、このハンドルバーだとその衝撃があまり伝わって来ません!何か肩透かしを食らったような印象です。
その後も段差や荒れたアスファルト上を走ってみましたが腕に伝わる振動が今までより明らかに柔らかい感じ。ハンドルが撓んで衝撃を拡散しているのでしょうか。
これはもうハッキリ分かるレベルで乗り心地が向上しています。超快適!
これはロングライドには最適じゃないでしょうか?絶対に疲れ方が違ってくると思います。
ただその分ダイレクト感は薄れているのでしょうか。これだけ乗り心地が良いと全身の力を振り絞る様な激しいダンシングを行った場合などは撓んでパワーがロスしてしまうこともあるのかもしれません。私がそのレベルのペダリングを行うことがあるかは不明ですが(笑)

また心配だったのがハンドルのポジションです。このハンドルバーはステム一体型ですので位置が合わなくてもステム交換で調整することができません。
今まで使っていたステムは8cm。今回買ったハンドルバーのステム部は9cm。
少しだけステムが長くなっており、今までよりやや前傾姿勢になるのですがこれは想定通り。
今までは初心者向けの設定で前傾が弱く少し調整したいと思っていたので狙い通りのポジションになったように思います。
試しに今朝河川敷サイクリングロードのタイムトライアルゾーンを全力疾走してみたら今までの最高タイムを更新!うん、これは漕ぎやすく気持ちよく走れます。

という訳で、サイクリングロードを走った限りでは、このハンドルバーは乗り心地は超快適で、速度を出しても問題なさそうです。
正直とても気に入りました。
後はヒルクライムで力を振り絞るダンシングをした時など、思い切り力を掛けた時にどう感じるかですね。そういった時はやはりダイレクトに力が伝わるアルミの方が良いのかもしれませんし。

また、検証は当分出来ないとは思いますが耐久性と強度も気になるところです。カーボンですからコケたりすればボキッといってしまう可能性は高いでしょう。
まあそれはカーボンである以上想定内ですが普通に走っている時に力を掛けたら折れた!…なんて事があったら困ります。
その辺りは力をかける機会の多いヒルクライムを何回か行えばある程度見えてくるのでは無いかと思います。

とりあえず使ってみてのインプレとしてはこんなところでしょうか?
気に入ったか?と聞かれたら今のところ迷わずYESと答えますが、お勧めですか?と聞かれると…

・十分な強度があるか不明。使用中に折れたりしても責任持てません
・中華通販の信頼性が不明。私の場合は時間は掛かったものの無事に入手できましたがトラブルの話も聞きます
・買ってみたら商品写真にないFSAのロゴが印刷されているとかモラル的にどうなんだろ?如何にもパクリ商品って感じでちょっと嫌。無地のを買うべきだった…

これらマイナス要素もあるので積極的にお勧めはしません。

安心はお金を出してでも買うべきという考えもあると思いますし、手を出すならある程度のリスクが有ることを承知のうえで自己責任で…と答えるしか無いですね。

ということで中華カーボンハンドルバー購入&使用レポートでした。
参考になれば幸いです。
もし聞きたいことなど有りましたらコメント欄でお願いします。

参考になったと思ったらクリックお願いします
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

おぉ~~ 良い感じですね~♪

黄色がGOOD!

マウントも使えて良かったです◎

Re: No title

ラスガスさん、バーテープがちょっと派手ですがなかなかいい感じに仕上がったんじゃないかと思ってます。
お送りいただいたマウンタ実はハンドルがかなり太いのでサイズ的にギリギリだったんですが無事取り付けることが出来ました。ありがとうございます。
これで今週末勝尾寺ヒルクライム頑張ってきます!

No title

パーツ換装にはほぼ手を出してないですが、こういうインプレを見ると断然興味が出てきて困りますw
速度の遅い登りはあまり気にならないですけど、CRなんかで巡航速度高めだとちょっとした荒れでも腕やおしりにビリビリ振動が伝わってきて辛いですしね~。
山でのインプレも楽しみにしてます!

Re: No title

いなはるさん、正直それほど変化は期待していなかったのですが実際使ってみたら明らかに分かるレベルで乗り心地が変わったのには驚きました。
CRで40km/hオーバーで飛ばしていて荒れた路面を通る時などは買って良かったとしみじみ思いました。
その分、力の掛かるヒルクライム時にどうなるかはちょっと不安ですね。また報告します。

アタリですな!
どこからとも無く悪い噂はきくけど、近くで『やってもうた~』は聞かないんですよね
そして皆さん『オススメはしないけどね』と言うW
困ったなwww

Re: タイトルなし

ザク豆腐さん、今のところかなり気に入っております。
しかしヒルクライム時にどう感じるかはまだ不明なのでヒルクライム後の感想もまた報告しますね。
あとお薦めできるかどうかはやっぱり強度&耐久性ですよね…中華製だけにダンシング中にいきなりバキッといく可能性は否定しきれないですし…やっぱり自己責任ということでw

No title

結果オーライでしょうw

カッコいいですし言うことなしです!!

新パーツはテンション上がりますしタイム短縮間違いなしでしょ~w

Re: No title

PIECEさん、事故がきっかけでの交換でしたが結果的に乗り心地も向上し格好も中々良くなったので満足しています。
あとはこれでタイムアップ出来れば言うことなしですので次回タイムアタック頑張ります!

やりましたねぇ~

このサイトは知っていましたが、さすがにドル建てなので手が出ませんでした。
Amazonでも同じような製品が出品されてますが、ちょっと値段が高いですね。
でも初期不良には対応してくれるのでチョットだけ安心かなと。
正規品?の3TやFSAはハンドルだけで4万くらいしますが、風で倒れただけで
ヒビが入ったとの話も聞きました。

No title

カッコイイですね!!
バキッよりスポッが怖いですね(笑←笑い事じゃない
子供の時、ウイリーが流行っていて、スポッを何度も見てるので結構いつも気をつけています(笑

Re: やりましたねぇ~

富五郎さんのお陰で中華カーボンハンドルバーの存在を知り紆余曲折ありましたが無事カーボンハンドルバーを取り付けることが出来ました。その節は有難うございます。
AliExpressは調べていくうちにより安く買えるサイトと知り無謀にも挑戦してみたのですが随分待たされたものの何とか無事購入出来ました。
あとはすぐに壊れないことを祈るのみですね(笑)

Re: No title

ぶりっかーさん、なかなか格好良く仕上がったので満足ですw
スポッは怖いですが今回ガタつかないよう結構しっかり締めておいたので多分大丈夫じゃないかと。それよりやっぱりカーボンなのでバキッが怖いです。週末のヒルクライムでダンシングで負荷をゴリゴリかけて様子を見てみますよ。

コメントの投稿