まだまだ続けているローラー台SST(Long)トレーニングの話とか

Q.SSTって何のことですか?
A.スーパー・ソフトウェア・チームの略で、ゲームソフトメーカーの
ファルコム、スクウェア、ゲームアーツ、システムサコム、コスモス、BPS、ボーステックの7社の連合体。かつてゲーム雑誌などに共同で広告を出したりしていたが別に共同開発とかはしていなかったと思う…特に告知もなく何時の間にか解散していた(笑)
私と当世代の人は名前を聞くだけで胸躍る会社名ばかりだと思うが今なお健在なのはファルコムとスクウェアだけで、時の流れの無常を感じずにはいられない…


僕ら世代はSSTと言えば「スーパー・ソフトウェア・チーム」ですよね。
それはさておき、ローラー台トレーニングの話です。

以前、SST(Long)メニューに挑戦した話は報告しましたが
実はあれから週に一回、欠かさず続けています。
今までは色々なメニューに挑戦しつつも気が付くとキツいトレーニングを避けるようになっていたりして継続性がなかったので、この厳しいメニューを続けていきつつ、少しずつでも負荷を上げていく事で何とか成果に繋げられればと考えてのことです。

このメニューは前回報告時に纏めたようにSST強度の上限付近(私の場合250W前後)と下限付近(220W前後)を5分間隔で交互に続けていくのですが、上限付近の高強度側はL4強度域に達しています。
そこで、今回は「高強度側ではL4を下回らず、低強度側ではL3を下回らない」事を目標として回してみることにしました。
SST強度域で回すのは合計100分間になりますのでL4以上が50分、L3が50分以上で系100分に達することが目標となります。

ちなみに初回挑戦時の結果はこちら(クリックで拡大)
ゾーン分析170614
L4が43分、L5以上が2分、L3以上が59分となっています。
L5以上2分は1セット後と2セット後に1分ずつL5で1分間まわすのでその時間です。
ですから高強度側SSTでは50分中43分しかL4以上を維持できていないと言うことですね。

そこで終始L4以上で回し続けることを目標とした今回の結果がこちら
ゾーン分析170704
L4が49分、L5以上が2分、L3以上が57分となっています。
50分中49分がL4で回せたと言うことで、ほぼ目標達成で良いんですかね(笑)
達成トレーニング強度を示すTSS値も初回は158だったのが163まで上がっています。

大した違いじゃないと思われるかもしれませんが、ギリギリのところでやっているのでコレだけ上げるだけで本当に大違いです。
SST強度なので序盤は少し負荷を上げても
「コレくらいの負荷だと思ったより楽かな?少しは成長しているに違いない!」
と思ってしまって張り切ってクリアしていけるのですが2セット目の終わる80分経過頃には脚は鉛のように重く、疲労感も強くエネルギー枯渇による空腹感を感じ始めます。
3セット目の2~3本目あたりが苦しさのピークでこのあたりになると低強度の220Wで回すのでさえ苦しくなり
「L4強度で回すなんてもう無理!ここでギブアップしよう。今回は負荷を上げたのだからクリアできなくても仕方ない」
と何度も諦めかけるのですが、今回ちょうど富士ヒルの参加記念のブロンズリングが届いたこともあり(目標はシルバーだった・・・)
「俺はこうやって妥協してしまうから何時も目標に届かないんだ。たとえL4に届かなくても何としても、せめて最後まで完走を!」
とほとんど意地だけで3本目にトライ。途中で何度かL4領域から外れかけるもその度に必死になってケイデンスを上げてL4領域に引き戻します。
最終セットになる頃にはもう頭クラクラですがこれで出し尽くせば終わりと思うと何とか頑張りきれて辛うじて今回も最後までやり遂げました。
ローラー台から降りると足元がおぼつかず、思わずすっ転んでしまうオチを付けつつ今回もやり切ったぞ~

梅雨による雨が続き、更に週末に体調を崩してしまったりと、なかなか思うように実走ができずにいますが、幸いにもローラー台トレーニングは続けられていますので
「継続は力なり」
と信じてもう暫くSST(Long)メニューを週一ペースで続けていこうかと思っています。
ほんの少しずつではありますが負荷も上げられていますので近いうちにFTP更新も狙ってみたい所ですがさてどうなることやら・・・


あ、そう言えば前回報告した心拍計付きのアクティビティトラッカー「Mio SLICE」
ですが、今回限界近い領域で使ってみたら
「全く駄目でした」

ローラー台170704
ご覧の通り心拍データは滅茶苦茶になってます。
今回は前回の教訓を活かして内側にキツくしっかり装着していたのにこの有様です。時々ストーンと落ちるんですよね。
この心拍数が大きく落ちるタイミングですが負荷を落としているわけではなく、負荷を分散させるためダンシングをしたタイミングにピタリと当てはまります。
身体を激しく動かして機器と手首に隙間ができると心拍数が拾えなくなり心拍数が落ちてしまうのでしょうか?
まあそれは仕方ないにしても一度落ちると何故かダンシングをやめてもなかなか回復しません。
死に物狂いでローラー回しているのに心拍数が90bpmとか表示されていて思わず笑ってしまいますw
しっかり装着すれば問題なく使えそうだと思っていただけに今回のこの結果はショックですね。これでは実走ではますます使えないのではないかと。
まあもう暫く装着方法を試行錯誤しつつ様子を見てみようかと思いますが・・・
これはもうダメかもわからんね(汗)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿