更新サボっていた間の出来事

ずっと更新サボってましたが私は元気です(挨拶)
気がつくと一ヶ月以上更新のないサイトに表示される広告が表示されるようになっている有様。
週末に友人邸に遊びに行ったら「ええかげん、更新しろや!」と怒られました。
誰が読んでいるかも分からないブログですがまたボチボチと更新していこうかと思ってます。

さて、前回更新から一ヶ月どうしていたかと言いますと、まずはお盆休みがあったわけですが、お盆休み初日は大台ケ原まで「千石屋 CA65+」のsenさんと勝負しに行きました。

senさんとは昨年の大台ケ原や今年の伊吹山など何時も僅差で競い合う好敵手で今年の大台ケ原でも勝負予定だったのですが私が他のレースに浮気したためレースでの対決はお流れに…
そのため、大台ケ原で試走するsenさんとこの日対決する流れとなったのです。
で、序盤の平坦区間は平坦得意の私が勢い良く飛び出したのですが、引き離す程の力はなく平坦区間の終わりまでピッタリ追走を許してしまいます。その先の激坂区間に入るとヒルクライム練習量の差が出てしまい、ジワジワと離されていきます。激坂区間中盤の長いストレートまでは辛うじて背中を捉えていたもののその先で完全に姿を見失い、その先は悲しい一人旅。ドライブウェイ区間で巻き返しを図るもsenさんはここも快調に飛ばしていたようで結局差は埋められず、この日の対決は5分!もの大差をつけられ完敗。
伊吹山に続き今回も焼肉を掛けての勝負でしたが、前回は私の勝利だったのに今回は、きっちりリベンジされ奢らされてしまいました(泣)それにしても5分差は酷い。
富士ヒル以降どうもヒルクライムは調子が上がりません。と言うか明らかに遅くなってる感じ。スランプだなぁ~

お盆休み後半は、トプローさん達と乗鞍に泊まり掛けで走りに行くぞ~と計画を立てていましたが
「雨で中止になりました」
前日、名古屋で宿泊までして翌朝いざ出発!と思ったら突然雨ですよ。もう泣きたい。
かくして名古屋まで行って何もせずに帰宅というガッカリ過ぎるお盆休み後半。
楽しく乗鞍を登ってスランプ脱出のキッカケをつかみたいなぁとか思ってたんですが残念無念。

お盆が明けたら、8/20は「高取城戦国ヒルクライム」に参戦。

どうにも調子があがらないまま久しぶりのヒルクライムレースとなったものの、やはりこれで良い結果が出るはずも無く、O.H.C.会長のヤス吉さんの後ろに張り付かせてもらってのゼーゼーハーハークライム。
ここ暫く忙しくてあまり乗れていなかったという会長相手に付いていくだけで息も絶え絶え。後半の斜度が上がったところでジワジワ離されていくも、終盤の斜度の緩むところで何とか追い付き、そして追い越してフィニッシュ!!僅差で勝ったったわ!と思ったらゴールの先で会長が休んでました(驚)
あれ?先程私が追い越したのは一体誰?高取城の亡霊か!?
会長の幻影の謎はさておき、完走タイムは平々凡々。やはり調子は今ひとつ。ヒルクライムスランプは続く…(泣)

8/27は、O.H.C.のまきちゃんと亀さんに誘われて京都から小浜まで往復ライド。

亀さんは大台ケ原HCに向けてダイエット走と仰っていたので久々に楽しくロングライド…と思っていたら、とんでもなかった。
往路から亀さんが飛ばす飛ばす。ピュアクライマーだったはずの亀さんがいつの間にか平坦力も身に付け登りは勿論、平坦も積極的に前を引いてかっ飛ばしていきます。
私はと言えば平坦は良いんですが登りになる度に置いて行かれてお待たせする情けない走り。
同行したまきちゃんは昨年末から今年前半は多忙であまり乗れておらず「今日はリハビリライド」と仰っていたのに登りではそのまきちゃんにも置いていかれる有様。ヒルクライムスランプは深刻です。
それでも、その分平坦は頑張ろうと往路の終盤と復路は積極的に前を引くようにして「一応役に立ってるアピールw」
往復180km近い道程なので終盤はかなり疲れていたはずなのですが、最後の栗尾峠、京見峠と続く連続の登りで何故か突然いい感じで足が回りだし実に久しぶりに気持ちのよいヒルクライム。まあ流石に疲れがあるのでタイム的にはショボいですが、まきちゃんにも「最後になって突然力の抜けた良いフォームで走り出したので驚いた」
と言ってもらえて気分は上々。ここ最近は
結果が出ない→焦って変に力が入ってしまいフォームが崩れる→ますますタイムが落ちる
という悪循環に陥っていたのでは無いかと。
何かこのライドで浮上のキッカケを掴んだような…今回の終盤の走りを再現できるようになればきっと…

9/2は翌週のレースに備え、ノンストップビワイチ(北湖のみ150km)を敢行!

長時間のエンデューロレースで重要となるL3以上のパワー域(私の場合200W以上)で走り続けることを意識して、信号以外では一切停止せず琵琶湖をひたすらに走り続けます。
得意の平坦はパワーメーターをこまめにチェックしつつパワーを落とさないように。
北部の登り区間は先週の小浜ライドで掴んだ走りを心がけ、力まず丁寧に…でもパワーはしっかり掛けて!
この日は涼しくなってきて走りやすかった事もあってか序盤から調子は上々。山間部もいい感じで走り抜け終盤の風車村辺りまで来ても大きくタレること無く平坦は40km前後の巡航速度をキープ。
白髭神社辺りで「あれ?このペースだと4時間半切りいけるんじゃね?」と気合も入り、疲れの出て来る最後の平坦区間も気合の疾走をつづけ4時間22分でゴール。平均速度34km/hとソロライドとしては自己ベストを更新。
平坦がメインのビワイチは私に向いているコースとは言えこれは我ながらなかなか良いペース。
涼しくなってやっと調子が上向いてきました。レース前に気持ち良い走りができて、いい感じです。


・・・と、まあこんな感じの一ヶ月を過ごしておりました。
昨年も夏場は調子を落としていたんですが、今年は富士ヒルが全然駄目だった精神的ショックを引きずっていたのか特にヒルクライムが全くと言ってよいレベルで登れなくなり、(書いてませんが)ヒルクライム走行会の「天狗一武道会」に積極的に参加してみるも調子は戻らず。
腑抜けた状態で高取城戦国HCに参加してしまって結果も振るわず…
まあ駄目駄目すぎて更新意欲も失せようというものです(苦笑)

それでも「乗っていれば大丈夫」の言葉を信じてトレーニングは続けておりまして、その甲斐あってか8月末頃になってやっと調子も戻ってきました。

さて、友人からも
「本命レース、本命レースって引っ張りすぎだろ!あげく更新停止って舐めとんのか!?」
と怒られた次のレースですが
「富士チャレンジ200」
でした。
もう結果は出ておりますが、次回更新でレポートしたいと思います。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿