スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから一年。再び「高野・護摩壇山50kmTT」に挑む!

相変わらずブログ更新サボり気味ですが元気で走っております。
という訳で何事もなかったように再開。

先日の事です。
Twitterでのトプローさんとのやり取り
高野山に走りに行こうかと仰るトプローさんに




何故か煽ったはずが逆に煽り返されて「高野・護摩壇山50kmTT」に再び挑むことになりました。
このコースは一年ほど前に一度だけ走ったことがありますが、高野山と護摩壇山の二山を上る過酷なロングコースです。
その時のブログはこちら
「高野山&護摩壇山」50kmの超ロングTTに挑め!

ちなみにトプローさんのタイムは2時間13分台。私のタイムが2時間18分台。
実に5分もの差があります。
しかし、私もここ最近はエンデューロレースで表彰台に上がったり、富士チャレをシルバーで走り切ったりと調子は上がってきていますから、昨年までの私では無いはず。
タイム大幅更新目指して、いざ九度山へ
道の駅くどやま170930
という訳でやってきました。道の駅くどやま
ここで軽く腹ごしらえしてスタート地点へ向かいます。

そして気合い入れていざスタート!
いきなり高野山ヒルクライムから始まるこのコース。
正直今年に入ってヒルクライムは不調続きでしたが最近は復調傾向にあるはず。
と言いつつも最近はエンデューロ対策練メインになってて長いことヒルクライムTTをやっていなかったこともあり、やっぱりキツい!!
頑張って踏み踏みしながら長い高野山ヒルクライム区間を走り続けます。しかし頑張って踏んでいるつもりなのに思うように速度はあがらず苦しみながら高野山区間を走り終えます。
高野山170930
高野山区間は54分27秒…アカン前回よりたった30秒ちょっと速いだけ。
ここでタイム稼げなかったのはキツい!
高野山を抜けると暫くはご褒美タイムのダウンヒルが続きます。
しかしある程度下ると、また暫く登り区間が始まります。
もう一年ぶりなので、このコースのキツい登りは高野山と護摩壇山だけでその間はアップダウンが繰り返されるだけと思っていたんですが、そう言えば間にでっかい峠があったんですな~(棒峠と言うらしい)
ここで短い登りしか無いと油断していたため、走れど走れど続く登りに大苦戦(いや高野山に比べれば短いんですが)峠越えという意識が無かったのでペース配分間違えエイヤッと前半で脚を切らせてしまいダラダラと登り続けて大きくタイムをロスします。
ここの登りをもうひと頑張りしたいところだった!
この峠を越えると、ここからがアップダウン区間。本来最も得意とするところのはずなのですが峠で脚を切らせてしまい、ここも今ひとつ。
護摩壇山へ向かう最後の登りで残り3kmとなったところで目標タイムに遠く届かないことが分かってしまい、それでも少しでも良いタイムをと必死で踏み続けるもどうしても疲労感に押し潰されてしまい最後まで頑張りきれず。
最終的なタイムは
高野・護摩壇山50kmTT:2時間16分48秒
この区間5位という結果に終わりました。
区間5位!?何だかんだ言っていい結果出してるのでは?
と思われるかもしれませんが

5人しか走ってない!つまり最下位だ!!
そしてトプローさんとのタイム差は3分半もある!(号泣)

救いとしては前回のタイムを2分弱上回っていること。少しは成長していたと言えなくもないですが2時間超えのコースを1年かけて2分しか更新出来ていないというのは手放しで喜べるような結果でもありません。
やっぱりヒルクライムTTで結果を出すにはちゃんとヒルクライムの練習をやらないと駄目ですね。
最近はエンデューロ対策メインで本当にヒルクライムやってなかったからなぁ~このままではますます登れなくなってしまうので次のレースが終わったら心を入れ替えてヒルクライムに励まねば(汗)
まあ結果は今ひとつでしたがそれでも2時間以上頑張って走ったので一応記念撮影
護摩壇山ゴール170930
護摩山タワー170930
ゴールのごまさんスカイタワーは風も強く、かなり冷え込んで外で食事しながら休んでいたら寒くて困りました。
このコース快適に走れるのは今月一杯が限界でしょうね。特に下りとかはかなり寒くなりますのでもしこれから走りに行こうという方がおられたらウインドブレーカー等を持っていくことをお薦めします。

しかし振り返ってみると色々悔しいなぁ。
高野山はその後のことを考えずもっと頑張れなかったのか?
途中の棒峠は思った以上に登りが続く区間なのでその覚悟を持って臨むべきだった…
長い下りで休んでしまったのはタイムを稼ぐ上では駄目だった… などなど…
いや今回手を抜いて走ったわけではなく全力で走ったつもりですので、これらを全て心掛けてもタイムを短縮できるかは分からないのですが、早くもリベンジしたい気持ちがウズウズと。
しかし、週末はレースだし、まだ和歌山広域農道とか色々と行きたいし、やりたい事が沢山あって困りますわ。
取り敢えず週末のレース頑張ったら色々計画ねりなおそっと。

そんな今回の走行データは以下のとおりです。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

ここの上位3人はJPT選手とヒルクラのチャンピオン入賞常連組ということをぜひ大々的にですなヾ(・ω・`;)ノ

Re: タイトルなし

私に3分以上差をつけてるんですからそれで溜飲を下げたってください。いや別にKOM目指して再挑戦されても一向に構わないですがw
しかし上位陣が異次元の存在なのは言うまでもありませんが、トプローさんのタイムもまだまだ遠い…

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。