FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後のレース「堺浜クリテ 開幕戦」レースレポート

定期的にレースに参戦するようになって2年目のシーズンとなった今年。
良い結果を出せたレースもあれば全く不本意な結果に終わってしまったレースもあり、落車で怪我をした辛いレースもありました。

そんな今年のレースもいよいよ最終戦となりました。
関西地区の一般向けクリテ&エンデューロで最もメジャー(多分)な堺浜クリテの開幕戦です。

昨シーズンはエンデューロでは入賞を果たし、クリテでは長く停滞していたビギナークラスをついに卒業しスポーツクラスに昇格しました。
今シーズンはエンデューロは勿論のことスポーツクラスでも結果を出していきたいところですが果たして結果は如何に・・・

■レースに向けてテーパリング
最近はレース前の調整は何時も同じメニューを二日前から行っています。
こんな感じのメニューです。

L5~L6くらいの強度で90秒を4分の休みを入れつつ3セットのインターバル走
最後に仕上げで120~130rpmくらいのハイケイデンスで90秒回して最後に限界までケイデンスを上げてフィニッシュ。
やや高めの強度で足に刺激を入れつつ疲労を残さない程度にスパッと切り上げる調整走です。
取り入れ始めてから割といい感じなので最近のレースはひたすらコレばっかりです。
今回も木金土と3日つづけてこれでした。

■レース当日レース開始まで
私の参加するスポーツIIはスタート時刻が12時20分からと遅く場所も車でなら1時間と掛からない近場ですので朝はゆっくり出来ます。
そこで早起きして軽くローラーを回して足を慣らしておいてひと風呂浴びてさっぱりして会場に向かいます。
会場に着くとビギナーIIのレースが開始した所。スタートまでまだまだ時間がありますので持参した最中を食べて栄養補給しながらレース観戦です。
ビギナーIはTwitterで交流のあるチャリイチさんが出走されるので応援をしていたのですが、レースの様子が何かおかしい?
どうやら最終ラップで大規模な落車がありレースが中断した模様。ここで中断指示が伝わらずゴールまで走り切ってしまった人と中断した人に分かれて大混乱。
結局3周回と短縮して再レースとなりました。
たった3周で決着とか全力で走りきらないといけないから大変だなぁ~とか思いながら見学していたのですが、ここで大問題!!
ビギナーIの終了後、試走時間が設けられていてそこでレース前のウォームアップを行う予定だったのですが、再レースを行ったため試走時間は無くなりました。
え?ウォームアップなし!?この寒い中で観戦していたので身体冷え切ったままなんですが!!

■クリテ:スポーツII
無情にもウォームアップ無しで迎えることになってしまったスポーツIIクラス。
これで序盤のペースに対応できるか不安でしたが恐らくは多くの人が同じ条件のはず。
気を取り直してレースに臨みます。
ゆっくり半周ほどしたところでアクチュアルスタート。スタート時の位置取りが良かったのでまずは無難に先頭集団に付きますが、やはりスタートから暫くはハイペースで展開するのでかなりキツい!先頭から遅れないよう必死で回しますが、思うように心拍が上がらないのにどんどん苦しくなる感じで典型的なウォームアップ無しで失敗するパターン!
ヤバい、このペースだとついて行けなくなる!!
と思ったところで皆キツかったのかややペースが落ち着いてきてホッと一息。何とか先頭から脱落せずに済みました。
その後はマトリックスの方が珍しくレースに干渉してこなかったので皆11周の長丁場に向けて脚の温存モードに入ってしまいます。ペースは緩めで一度は千切れた人たちも集団に復帰している模様。
マトリックストレインが展開しなかったので消耗しないように牽制しあいながら緩めのペースでローテーション(笑)私も先頭を引いたりしつつ周回を重ねます。
それでも残り2周ほどになると徐々にペースアップ。ここで遅れを取るわけにはいきませんので頑張って付いていきます。
そしてレースは勝負のファイナルラップ。一気にペースアップする集団にしっかり喰らいついて周回しますが鈴鹿落車のトラウマが頭をよぎりどうしても集団に割り込めない!
いや集団後方から捲くる方が有利なはず!と弱気な考えに支配されてしまい集団から抜け出した中では一番後方からチャンスを伺います。
そして運命のホームストレート。ここで全力スプリントで何とか追い付きたい!脚には乳酸が溜まり思うようにパワーが掛からず速度が伸びませんが、それでも前の選手との差はほんの少しずつ縮まりつつあります。
あと少し、あと少しで届くか!!
というところで無念のゴール。結果は7位。入賞圏内の6位まであと0.2秒届かず。
敗因ですが、大したスプリント力も無く脚も残っていなかったくせに最終周に飛び出した集団の後ろの入賞圏外からチャンスを伺う消極的なレース展開をしてしまったところ。それをやりたきゃキッチリ脚を温存するか、後ろからでも追い抜けるスプリント力が不可欠。
スプリント力のない今の私の力で勝負に絡みたければもっと早くから果敢に攻めるしかありませんでした(それで最後まで持ったかはまた別問題ですが)
これは今後に向けての反省点。次のレースではそれを踏まえて戦いたいところです。

■90分エンデューロ
あと1位0.2秒と惜しいところで入賞を逃した私は流石にガッカリ。
気を取り直して得意のエンデューロで勝負!!と言いたいところですが、今回エリートクラスから引き続きエントリーの選手も少なくなく、いくら得意ジャンルとは言え90分というエンデューロとしては短い時間の中でそれら選手と戦うのは難しそうです。
しかし展開次第ではワンチャンあるかもしれない。そうでなくとも次戦につながる走りをしたい。
そう意気込んでエンデューロに臨みます。
まずは持参したチョコパンを貪って腹ごしらえをし軽くコースを試走。午後になって風が出てきてとにかく寒い!3周ほど走って身体を温めてコースに並びます。
しかしスタートまで待つ間にどんどん身体が冷える。今回冬用レース用ウェアを海外通販で注文していたのですが年末の関係か到着が遅れ結局レースに間に合わず急遽鈴鹿で落車した際に破れた白目ちゃんワンピースを引っ張り出して参戦(下に長袖とロングタイツのアンダーウェア着用)したのですがこの格好だと流石に寒すぎました(泣)
隣に並んだYCCの安倍さんと「寒いですね~」と談笑しながらスタートを待ちます。
そしていよいよレーススタート!
序盤少しだけ飛ばした後は寒さもあってか皆様子見状態に落ち着きます。ある程度余裕を持って走り続けられるペース。
「このペースなら問題なく走り続けられるな」
と思ったのですが、その時昨年の去年の90分エンデューロ開幕戦のことを思い出します。
あの時も60分過ぎるまでは緩めのペースでレースが展開し先頭集団で走り続けていられることに自信を深めていたらその後突如始まったペースアップに全くついていけずに完全脱落。結局入賞など程遠い21位に終わったものでした。
「今回も必ず何処かでペースアップくるぞ!アタックかかった際に対応できるポジションをキープしなければ」
と考え、前方を伺いますが前半は集団前方のポジションにはなかなか入り込めず集団中ほどで待機。しかしこのままでは不味いとレース中ほどで集団の人数がやや減り始めたところで一気にポジションを上げて集団前方の位置をキープします。
これでアタックがかかってもいつでも対応出来るところに位置取りました。そして一時間経過後くらいから何度か散発的なアタックが掛かります。
「ここは遅れられない!」とすかさず対応しますが、今回は突出した力の人が居ないようでアタックがかかっても長続きせず直ぐに集団に吸収されてしまいます。
そして私は警戒しすぎたためか集団の前方に居たためレース中何度かローテーションが回ってきます。
過去のレースでは先頭を引くことはあまりなかったのですが、
「これも良いトレーニングになるから多少不利になっても積極的にローテに参加しよう」
と考えローテに加わります。
風の強かったこの日の堺浜で先頭を引くのは楽ではありませんが、パワーメーターを見ながら脚を使いすぎずかつ迷惑をかけない程度のペースを心掛けながら頑張って集団を引きます。
先頭集団の前でレースをコントロールする先導オートバイの後ろについて堂々と先頭を走ると否が応でもテンション上がっちゃいますね。アナウンスでも私の名前が呼ばれますし
「レースやってる!」感がたまりません。これは楽しい。
そんな感じで後半戦を戦い続けレースはいよいよ終盤。
エンデューロレースで何度も一緒に走ったチームKARASUの瀧山さん、Twitterで交流のあるりゅうさん、スタート前に挨拶させてもらったYCCの安倍さんなど先頭集団に知り合いが残っているのを見掛け彼らと最後の勝負をするのかと思うとテンションが上がります。
最後に備えてラスト数周は出来れば先頭引きたくないなぁ~と思っていたら後2周くらいのところで先頭が回ってきて「嫌だぁ~」と思いつつ先頭を引いて下がって一周したところでファイナルラップ。
しかしローテに加わり続けていたお陰で前方のポジションをキープしていたので3位くらいの好位置でファイナルラップのバックストレートに突入。ここで、りゅうさんが勝負をかけて一気に上がっていきます。
「これは仕掛けが早すぎる!!けどチャンスなので利用させてもらおう!」
(セコイ!りゅうさんゴメン)
とちゃっかり後ろにつけて2番手でキツいバックストレートの立ち上がりをクリア。
りゅうさんが疲れたところで後ろに付いていたメンバーが一気に仕掛けます。
私は無理せずその後ろにつけて5位くらいで続きます。
このメンバーを先頭に10人位で連なってホームストレートに突入しスプリント勝負!!
奇しくも先程のクリテと同じ様な展開。
しかし、先程の反省を踏まえ最後はスプリント勝負になると読んでファイナルラップはここまで脚を温存しつつ勝負をかけられるポジションをキープし続けてきました。
今回はまだ脚が残っている!スプリントで勝負できる!
そう信じて必死でペダルを回します。
届け、届け、届けぇ~!!
先程のレースでは届かなかった前走者の背中が徐々に迫り一人をパス、続いて二人目、ギリギリ届くか!粘れ粘れ諦めるな!
ゴールライン手前ギリギリで差したか!?順位は3位か4位か?
ゴール後のアナウンスで3位で私の名前が告げられます。やった!まさかの表彰台ゲットです!!
その後、正式リザルトが出た際、1位の方がオープン参加だったため私の順位は2位となりました。
堺浜クリテ表彰台171216

■堺浜クリテ開幕戦総括
堺浜クリテ賞状171216
鈴鹿落車DNF後初のレースとなった堺浜クリテでしたが、クリテではあと一歩で悔しい思いをしたもののその後のエンデューロで堺浜でのエンデューロでは初となる表彰台をゲットしてトータルとしては満足の行く結果を残せたと思います。
特にエンデューロではローテに積極的に加わりレースを楽しみつつ結果も残せたのは良かったのでは無いかと思います。
今年後半最大のターゲットレースと定め意気込んで臨んだ鈴鹿があの様な結果に終わって正直かなり落ち込みましたが、それでも
「乗っていれば大丈夫!」
と信じてトレーニングを続けてきた甲斐がありました。鈴鹿に向けてやってきた事は無駄ではなかったと思うとちょっと救われた気になりますね。
さて、次のレースは2月の堺浜クリテ第2戦となります。1月は久しぶりにレースがありませんのでその間にじっくり地力をつけ堺浜に臨みたいですね。そして今度こそクリテでも入賞出来ればと思っています。

最後に今回のレースの走行データは以下の通りです。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。