ロードバイク引き取りと初めての搭乗

さて、道具をひと通り揃えた所でいよいよロードバイクの引き取りです。

ショップのカンザキバイクは隣の東淀川区ですので自転車で約30分ほどかかります。
当然歩いていける距離ではないのでウェアを着込んでヘルメット、シューズ、ペダルなどを持って電車でショップまで向かいました。

ショップでペダルを取り付けてもらってフィッティングもしてもらいそのまま乗って帰る予定です。
しかし前回書いたように初ロードバイクなのにビンディングペダルにしてしまったので果たしてちゃんと乗って帰れるかかなり不安です。

ショップに着いて予約したことを伝えるとほぼ組み上がったKURAROを持ってきてくれて身長に合わせてセッティングをしてくれます。
ついでにガラスコーティング剤を買うとコーティング処理もやってくれるということなのでそれもお願いします。
シートの高さについては「初めてのロードバイクで不安なら足が付きやすいように最初のだけ低めに設定することも出来ますよ」とのことでした。
一ヶ月後に無料点検してくれるのでその時に戻せば良いってことみたいなので正直迷ったんですが先のことも考えて適切な位置に設定してもらいました。
その後は、ロードバイクのシフトチェンジの方法やブレーキの使い方などロードバイク初心者向けの指導をしてもらいながら持ち込んだペダルを取り付けてもらいます。

ひと通り説明を受けた後「このまま乗って帰られますか?」と聞かれたので、はいと答えてロードバイクを抱えて店を出ました。

そして、いよいよロードバイク初搭乗です。緊張の瞬間ですね。さて、
Q.果たして私はビンディングペダルを使えたでしょうか?
A.逃げました(笑)

え~、何というかですね…スニーカーでちょっとだけ走ってみたんですが、ドロップハンドルの慣れない姿勢で普通に進むだけでも不安定でふらつく有り様でして
「ぶっちゃけ何の練習もなしで車も走っている公道をビンディングペダルで固定して乗るなんて無謀じゃね?マジ死ぬよ?」
というわけで、そのままスニーカーで漕いでゆっくりゆっくり家まで帰りました。何というヘタレっぷり。
ビンディングペダルについては安全な場所でゆっくり練習します。いきなり交通量の多い公道では無理ですね。マジ怖いわ。

こんな感じで、残念感丸出しのデビューですが何とかロードバイクを無事購入し自宅まで持って帰って来ることが出来ました。
最初からこんな有り様でちゃんと乗れるようになるの?って思われそうですが幸いにも自宅から5分ほど先に河川敷サイクリングコースがありますのでこれからそこで練習して少しずつロードバイクに慣れていきたいと思います。
公道でちゃんと走るのはそれまではおあずけということで。

次回は河川敷での練習について語ろうかと思います。

自宅前でKURARO撮影
写真は自宅玄関前で愛車KUOTA KURAROと。
書いてなかったですがカラーはイエローを選びました。何これ超カッコイイ!

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿