河川敷で初めての練習走行

前回いよいよロードバイクを手に入れましたが、ドロップハンドルによる慣れない前傾姿勢、足がギリギリ付く位の高いサドル位置、そして何より足が固定されてしまうビンディングペダル。
これらの要因により怖くて公道を走れない有り様です。と言ってもこのまま逃げ続けても仕方がありませんので「習うより慣れろ」という事でとにかく乗り続けて慣れていくしかありません。
幸いにして自宅の近くには河川敷沿いに「なにわ自転車道」なるサイクリングロードがありますのでそこでロードバイクの練習を始めることにします。

なにわ自転車道

まずは止まった状態で何度かビンディングの付け外しを行い、基本的な扱い方を身に付けてからビンディングを付けた状態で走ってみます。
いくら乗り慣れないロードバイクと言っても流石に普通に乗って進むだけなら問題なくこなせます。
ですが難しいのは

・運転しながらのビンディングの付け外し
・運転しながらの後方確認


この2つでしょうか。
どちらにも共通する事ですが前傾姿勢に慣れていないので速度を落とすと車体が安定せず、その状態で何かしようとするとバランスが崩れて怖いってことですね。
特に後方確認なのですがママチャリだと後ろを振り返るなんて簡単なのにロードバイクだと意外にもこれがとても難しい。真後ろを確認するには身体も捻らないといけないのですが首を曲げるだけで精一杯で身体が動かせません。
サイクリングロードをゆっくり走っていると後ろに何か気配を感じる…抜きたいんじゃないかと思って左に寄せても気配が消えない…?後ろを確認したいけど真後ろを向けない…
なんて事が何度かありました(道幅はそれほど広くないし一応ロードバイクなので中途半端に速度が出ていて抜きにくいみたいです)

そんなわけで、河川敷をひたすら走り続けてロードバイクに乗ることに慣れながら合間合間に苦手のこの2つを重点的に練習することにします。
前後に人のいない時に意味もなく後ろを振り返ってみたり、疲れたらビンディングを外して停止&再スタートを何度も繰り返してみたり…
最初はおっかなびっくりで走っていたものの1時間ほど乗り続けると流石に慣れてきます。
ビンディングも一番初心者向けのペダルを最弱の保持力設定にして付けているので外し方は割と簡単に習得出来ました(でも付けるのは難しい)
「これはビンディング操作も意外と簡単に習得出来るんじゃないかな?」と思った頃にやっぱりやってしましました。

スピードを落として左足のビンディングを外す → 停止直前に左足を軽く地面に付く → 車体がほぼ真っすぐになってしまい完全に止まる前にバランスが右に傾く → あれ?右足はまだペダルに固定されたままだよ! → ガッシャーン!!

慣れる頃が一番危ない…分かっていてもこの有り様です。まあ速度が出た状態でコケた訳では無いので怪我はありませんが油断大敵ですね。
今回の教訓は

・左足のビンディングを外して止まるときは車体を左に傾けしっかり左に体重をかけて止まろう

という事です。車の走っている公道でこれをやってしまったら大変ですから同じことを繰り返さないよう心掛けながら練習していかないと駄目ですね。

こんな感じで最初は2時間ほど河川敷を走り失敗もしつつ、それでも少しずつロードバイクの乗り方やビンディングの使い方が分かってきました。
とにかく慣れるまではどんどん乗り続ける事のが上達への近道だと思いますので暫くの間、出社前の一日一時間を目標に毎朝河川敷を走ってみたいと思います。
そして少しでも早く自信を持って公道を走れるようになりたいですね。あまりにも低い目標ではありますが出来ることから一歩ずつという事で焦らずゆっくり頑張っていきたいと思います。

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

はじめまして^^
ロードバイク購入おめでとうございます!
わたしもいきなりビンディングから始めましたが、最初は怖いですよね~w
信号で止まる時は、サドルからお尻を落とした方がいいと思いますよ^^
頑張ってくださいね!

Re: No title

はじめましてユッキンさん。コメントありがとうございます。
ちょっと背伸びしていきなりビンディングからのスタートですが予想通り苦労しています。
信号待ちなどでコケたら大変ですしアドバイス通り公道で止まるときにはサドルからお尻を下ろしてしっかり安定させて止まりたいと思います。
でもその前にまずは公道で安心して走れるように河川敷を走りこみますね(笑)

コメントの投稿