O.H.C.走行会に初参加しました

昨日は楽しみにしていた大阪ヒルクライム同好会(O.H.C.)の走行会…の予定でした。
大阪ヒルクライムTTサイト で素晴らしいタイムを出している皆さんの走りを見せてもらえるのは今後の走りの参考になると思いますし色々な刺激をもらえるはずです。

ところが前日の天気予報では降水確率が昼から60%超え…残念ながら開催は中止となりました。

しかし事態は更に一転。当日の天気予報だと午後からは晴れるという予報に変わりました。北摂方面は雨が残りそうだけど南方面なら走れるのでは?ということで昼12時から柏原市に集合となりました。
朝8時の時点ではまだ雨が降っていたので雨の中、柏原市に12時着は無理かと思ったのですが、ここでsunzoku1号さんから車で柏原市まで送って下さるという有難い申し出があり渡りに船とばかりに、お言葉に甘えることにしました。

雨上がり後で開催地も変更になったのでそれ程メンバーは集まらないのでは?と思っていのたですが現地に着くと9人ものメンバーが集まりました。
雨にも負けずに集まるあたり流石はO.H.C.の猛者達です。まずは皆さんで記念撮影です。
20150419OHC集合写真
さて、今回最初のアタックは生駒方面の人気のヒルクライムスポット葡萄坂です。
O.H.C.メンバーでもここをメインに走っておられる方も多く私も是非一度挑戦してみたいと思っていました。
うわさに聞く葡萄坂どれほどのものか!いざアタック開始です。
スタートからガチ組の方はろくにアップもしていないというのに快調に飛ばしていきます。分かっていた事ですがやっぱり皆さん別次元ですねw
私は初めてのコースということもあり飛ばし過ぎないように気を付けつつ、でも頑張ってペダルを回し続けます。
このコースは最大斜度は12%ほどと凄い激坂という事は無いのですが平均斜度が結構高いので普段斜度の緩い勝尾寺を走っている私にはやはり厳しいコースです。
飛ばし過ぎないようにしていたにも拘わらず中盤に差し掛かる頃には息があがってしまいます。そのためか距離は3.8kmと勝尾寺より短いはずなのですが気持ち的にはずっと長く感じます。
中盤まではゆっくり付き合いで走っていてくださった方々も終盤では先に行かれ最後は最後尾を走ることになりましたが自分なりに頑張って皆さんを追いかけました。
さて今回の結果です。

葡萄坂ヒルクライム 17分52秒(初挑戦)
ちなみにこのコースの平均くんは16分56秒です。約一分遅れですね。
初挑戦で平均くんから一分遅れは今の私の実力的には結構頑張ったとは思うのですが、やはり全員についていけず大きく遅れてしまったのは悔しいですね。
何時かは皆の走りについて行けるようにトレーニングを重ねていきたいところです。

ゴール地点で皆さんで集合写真です。
20150419OHC葡萄坂
この後、洋菓子工房 ボン・シックで名物のシュークリームを食べながら自転車談義。
皆さん自転車の事やヒルクライムに関する事では全く話題が尽きません。やっぱり皆さん坂好きですね。
この店を待ち合わせ場所として更に数人が追加で参加され、その後、挑むは信貴山(三郷ルート)
しかし!このコースで走っている最中に何故かGPSサイコンがGPSロストのエラー警告!
こんな事は初めてなんですが…駄目じゃん台湾製GPSサイコン!
ラップタイム計測設定もしていなかったので残念ながらこのコースのタイムは分からず。
葡萄坂よりいい調子で登れた気がするんですが…と適当な事を言っておきましょう(笑)
20150419OHC 信貴山(三郷)
この後、まだまだ坂を登り足りないという貪欲な坂バカ好きの為、信貴山(青谷ルート)の激坂区間を皆で挑戦することに。
この区間は斜度20%程とのこと。これは挑戦しがいのある激坂だ!
と言ってもO.H.C.メンバーにはこの程度は激坂にあらず?皆さんスイスイ登っていきます。
私も五月山や箕面ダムで斜度20%前後の坂は体験済み。負けじとダンシングを織り交ぜながら必死で喰らいつきます。ここは特にタイム計測をしていなかったため皆さん全力でなかったのか何とかあまり遅れること無く登り切ることが出来ました。

その後はのどか村まで登って一服した後、葡萄坂を下って今回の走行会は解散となりました。

O.H.C.走行会に初めて参加させてもらっての感想ですが、とにかく皆さん速いです。
私が全力で必死に坂を登っているのを後ろから物凄い速度で駆け登って追い抜いて行くのを見ると鍛えている人はここまで速く走れるようになるものなのかと感動すら覚えます。
自分の実力不足を痛感するとともに、まだまだ自分も向上していけるはずだと改めてやる気を貰いました。
またトレーニングや走り方についてのアドバイスなどもいただきましたので今後のトレーニングやヒルクライムTTでそれらを活かして少しずつでもタイムアップしていきたいと思います。
20150419ライド
今回は、O.H.C.の皆さん私の歓迎走行会を開催していただき有難うございました。
改めてお礼を申し上げます。
特にsunzoku1号さんには、現地まで車での送迎までしていただき本当に助かりました。

来週もO.H.C.では北摂で走行会があるようですので、そちらにも参加させていただく予定です。
まだまだ実力不足ではありますが頑張って付いていきますので、次回もまたよろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

こんにちは♪

走行会お疲れ様でした~♪
初めての葡萄坂で17分台は速いですね(^з^)-☆
やまちゃんさん以上に楽しんじゃいましたよ(笑)
あまりお喋りできせんでしたが、また次の走行会ではよろしくお願いいたしま~す(^-^)/

Re: タイトルなし

チョップさん、コメントありがとうございます。
皆さんの速さに引っ張られて自分としては良いタイムが出せたと思いますが周りの皆さんに大きく引き離されてしまったのはやはり悔しいですねw
これを励みにまたトレーニングに励みます。
また積極的に参加していきたいと思いますので走行会ではよろしくお願いします。

走行会お疲れ様でした!
楽しんでいただけたようで何よりです。
来週は北摂ライドですので思う存分暴れて下さいね(笑)

Re: タイトルなし

ヤス吉さん、歓迎ライドを開催していただき有難うございました。
やはり皆で走るのは楽しいですね。今の自分の実力を知ることもでき貴重な体験でした。
来週はまた頑張って登りますのでよろしくお願いします。

No title

切磋琢磨できる仲間は何よりの宝ですね。
猛者たちに鍛えてもらってより一層の強くなってください(^^
OHCさんにはがんがんレースに出てらっしゃる方も多いみたいですし、
やまちゃんさんもがんがんチャレンジしてください。
で、どんなレースがあるのかブログで紹介してくださ〜いm(_ _)m

No title

走行会お疲れ様でした。途中参加でしたがめちゃくちゃ楽しかったっす。僕のホームの葡萄坂なかなか楽しい坂でしょ。途中下りなどもあるのでペース配分が他の坂より難しくて好き嫌いが別れるみたいですよ。来週は参加できませんが、また一緒に走りましょう。

Re: No title

ぶりっかーさん、私はまだ切磋琢磨と言えるレベルではなく追いかけるだけの立場ですがレベルの高い方と共に走るのはいい刺激になります。
今年はぶりっかーさんと走る乗鞍がありますがタイミングが合えばもう一つくらいレースに参加してみたいですね。

Re: No title

もんきちさん、走行会楽しかったです。やっぱり皆で走るのは良いですね。
葡萄坂は普段走っているコースより斜度があるのでキツかったですが挑戦しがいのあるコースですね。是非また挑戦しに行きたいです。
また一緒に走る機会を楽しみにしています。

No title

走行会おつかれさまでした。
あれよあれよと言う間に沢山のメンバーが集まって楽しい走行会になりましたね!
これからもちょくちょく走行会が開催されるので楽しく切磋琢磨して行きましょう(^-^)

お疲れ様でした
関西ヒルクライムTTも知ってる人が登録していると仮想ライバルと感覚が違います
圧倒的な速さを見せつけられると、アレは無理でも少しは近付かんとなぁと思いますね

日曜日はお疲れさまでした。
初めてで、私のタイム抜いてるじゃないですか~~(^^;
お互い切磋琢磨して、どんどん速くなりましょうね(^-^)/
歳も近いし、自転車のメーカー&固定ローラーも同じだし、不思議な縁を感じます(^-^)

No title

そうそう、先日の伊吹山、私は16位/31台と、平凡中の平凡な順位でしたが、2位の方がO.H.C.さんでしたよ。

Re: No title

novさんお疲れ様でした。雨上がり直後にも関わらずあれ程の人数が集まるとはやっぱり皆走るのが大好きなんですね。
初参加ですがとても楽しく走らせていただきましたのでこれからもちょくちょく参加したいと思いますのでご一緒するときはよろしくお願いします。

Re: タイトルなし

ザク豆腐さん、お疲れ様でした。
まだまだ実力的に追いつけない方ばかりではありますが、今後は平均くんだけでなく一緒に走った方々のタイムを目標にしていければと思います。
頑張って少しずつ追いついていきますね。

Re: タイトルなし

くにかつおさん、おなじKUOTA乗りで更にTurboMuinというイマイチマイナーなローラー台も一緒というのは物凄い偶然ですね。
KUOTA乗り同士切磋琢磨していきましょう!よろしくお願いします。

Re: No title

ぶりっかーさん、O.H.C.のYAMADAさんですね。
一緒に走らせていただきましたが重いMTBに乗り更にパワーアンクルを付けてものすごい勢いで坂を駆け上っていく凄い方でした。あの走りには感動すら覚えますよ。

コメントの投稿