風邪からの復活なるか!?清滝峠ヒルクライムにチャレンジ!

ここ数日風邪に苦しみ続けてきましたが昨日ようやく復活の兆しがありこの調子で回復できれば…と思いつつ昨日はしっかり栄養をとって早めに眠りにつきました。

そして今朝…もう身体のダルさは全くありません。昨日までのように咳が出ることもないし、これは完全復活?

となればヒルクライム、行くっきゃない!!

という訳で、今日は前回挑戦時平均くんに及ばなかったまま放置中だった清滝峠に挑戦に向かうことにしました。

道中、様子見がてらスピードを出してみても身体の方は大丈夫だったので「これならイケる!」と確信を持ってスタート地点、中野ランプ北交差点に到着します。

さあ気合を入れていざスタート!コース最初のストレートを駆け抜け最初の難所、斜度10度の坂を全力で駆け登ると…
沖田吐血
「ゴホッゴホッ…ゲホォ!!!」
もの凄い勢いでむせ返ってしまい全く呼吸できない状態に…最早ヒルクライムどころではありません。止む無く一度ストップ。
「おかしいな…体調は悪くないんだけど。喉に痰が残ってて咽たのかもしれないな…」
という訳でスタート地点に戻って再チャレンジ。今度こそ決めるぜ!
再度コース最初のストレートを駆け抜け最初の難所斜度10度の坂を全力で駆け登ると…
「ゴホッゴホッ…ゲホォ!!!」
再度激しくむせ返りまたしてもストップ…
アカン…これは多分気管支が炎症起こしてて普通の運動なら出来ても運動強度が上がって呼吸が激しくなるとむせ返ってしまうんだわ…
これ以上繰り返しても同じことの繰り返しと判断し無念のヒルクライムチャレンジ断念…
今は無理をすべき時じゃない…
仕方ないのでヒルクライムは諦めてゆる~くポタリングに方針をチェンジします。普通に走るぶんには問題無いですから。

せっかくなのでこのまま足を伸ばして、十三峠までの道を確認しておくことにします。
(5月6日に十三峠で開催される走行会に参加したいと思っていますので)
清滝峠のスタート地点をひたすら南下して十三峠コースのスタート地点に到達。

「…まあ折角ここまで来たんだし無理のない範囲で試走してコース覚えておくかな。
一度でも走っておくとペース配分とか考えやすくなるし…」

という訳で無理せず十三峠初挑戦!

…しか~し!!
このコースはマジでアカン。
全長4kmとそれほど長くも無く、最大斜度15%弱とそれ程凄まじい激坂という訳でもないこのコースが何故大阪ヒルクライムの聖地と呼ばれるのか…?
それは平均斜度9.2%が示す全く緩むことがなく休む余裕を与えてくれない厳しい斜度と、何度も何度も何度も襲いかかり挑戦者の心を叩き折るつづら折れ。
様子見で無理せず登っているはずなのに超キツい。
途中で何度かむせ返りそうになり「もう止めようかな…」と思いつつ「折角ここまで来て引き返すのは勿体無い…」というセコい思想で何とか踏みとどまりエッチラオッチラ登り続けて辛うじてクリア。
正直タイムは公表するようなもんでも無いのですが一応
十三峠ヒルクライム:22分35秒(初挑戦)
平均くんが20分43秒なので2分近く遅れて問題外ですね。まあコースは分かったので
「今回は様子見だ。次に挑む時は全力出す!」
と小物臭漂う捨て台詞を残しておくことにしましょう。

何時もならここでもう一回チャレンジに行くところなんですが十三峠に心を叩き折られ疲れ果てたのでこのままスゴスゴと退散することにします。
来た道を引き返し清滝峠のスタート地点まで戻ってきた時
「今日はNewホイールで挑む初のヒルクライムなのにこのまま何の成果も無いまま終わってしまうのか…」
と思うと何とも帰り難い気持ちになり
「もう一度…もう一度だけ清滝峠に挑戦を!」
と言うことで本日のラストアタック!清滝峠に三度チャレンジ!

ここから先は前回の勝尾寺と同じく打倒平均くん狙いの初心者向けの各ポイント攻略アドバイス付きでお送りします。
よろしければ清滝峠に挑戦する初心者の方は参考にしてみて下さい。

清滝峠スタート地点
スタート地点のランプ北交差点です。
このコースはスタートからしばらくはあまり斜度が無いのでアウターで一気に加速して勢いに乗ったまま走り抜けると良いと思います。
清滝峠クランク前
あまり斜度のないストレートを登り続けると最後に少し斜度が上がりクランク交差点に差し掛かります。ここは右折です。
私はここまで一気にアウターで駆け登りますがギア比によっては最後はちょっとキツいかもしれません。最後だけダンシングにしたりインナーに落としたりして速度を落とさず登り切れるよう調整してください。
右折したら少し間だけ斜度が無くなりますので一気に加速してその先の坂に備えます。
清滝峠最大坂
クランクを抜けるとこのコース最大の斜度の登りが待ち受けます。斜度は10%程度ですから激坂という程でも無いのですが心の準備が出来ていないと苦戦必至です。
長さはかなり短いですから加速して突入し勢いに乗ったままダンシングで一気に駆け登ると比較的楽にクリアできます。
清滝峠一つ目信号
この登りをクリアするとこのコース最初の信号が待ち受けます。ここは赤の時間が短く引っ掛かる確率は低いのですが運が悪ければ引っかかりますので心の準備はしておきましょう。
再スタートのためギアを落とし、サイコンのポーズボタンを押すのをお忘れなく。
くれぐれも信号無視は駄目ですよ!
信号に引っかかると時間のロスが気になると思いますが正々堂々と休んで息を整えられるというプラス面もあります。腐らず諦めずプラス思考でいきましょう。ちなみに私は今回2箇所の信号どちらも停止させられました(笑)

この信号の先から清滝峠名物一定の斜度で延々と続くストレートが始まります。
コースに変化が乏しく、緩くもなくキツすぎることもない直線がひたすら続くので忍耐力が試されます。ケイデンス計を随時チェックし一定のケイデンスを維持しながら登り続けるのが良いでしょう。このストレートで頑張り過ぎると終盤の加速ポイントで力尽きますので無理にダンシングして登ったりせず少しだけ余力を残して登れると良いですね。
清滝峠2つ目信号
ストレートを登り続けると2つ目の信号が見えてきます。この信号は赤の時間が長めなので止められる確率が高いです。信号手前で少し斜度が緩むので止められそうと思ったら停止点より少し手前で止まると再スタート時に加速しやすくてちょっと有利です(セコい)私はここでも止められましたが休めてラッキーですね♪
信号を抜けるとまた同じような斜度のストレートが続きます。単調だよ~
清滝峠ホテルG
更に進むとこのコースのランドマーク(笑)通称「ホテルG」が見えてきます。この地点でおおよそ半分です。まだまだ先は長いですが頑張りましょう。
ホテルGの少し先にカーブが見えますね。コースに変化が!?と思いきや、その後またまた同じ斜度のストレートが続きます…いい加減飽きてきますね(笑)
清滝峠つづら折れ前
お待たせしました。このエコクリーンセンターの看板が見えたら終盤戦スタートです。この先はしばらくつづら折れが続きます。看板を見逃しても明らかにコースが変わるのですぐ分かると思います。
ここから斜度が少し緩みます。ケイデンス計を確認しながらシフトアップして加速しましょう。
ここまでのストレートで力を使い果たしてしまっているとここで思うように加速が出来ません。ペース配分ができているかが試されます。
つづら折れは全般的な斜度はこれまでのストレートより低めですが斜度はこれまでと違い頻繁に変わります。こまめなシフトチェンジで効率よく駆け登りましょう。
清滝峠民家前
つづら折れを何度か繰り返し登っていると写真のように左手に民家が見えてきます。(右手の民家は無視して下さい)
これが見えたらラストスパートです。余力があればシフトアップ&ダンシングスタート!残りは長くありませんから全て出しきってOKです。ここまでインナーで登っている場合はタイミングを見計らってアウターに切り替えると良いでしょう。
民家まで到達すると残りはゴールまで平地です。死に物狂いで回せ回せ回せ~!
清滝峠ゴール
信号前の横断歩道でゴールです!お疲れ様でした。

さて私の結果ですが

清滝峠ヒルクライム:11分25秒(前回より1分24秒更新!)
平均くん12分38秒(2015/5/2現在)を撃破!☆☆☆☆

正直体調はイマイチでしたし十三峠挑戦後というあまり良くない条件でしたが前回より大幅なタイムアップで平均くんを撃破です!

体調的には良いとこベストの8割くらいだと思うんですが何故こんなにタイムアップ出来たかというとやっぱりNewホイールの効果でしょうね。前回と同じように登っているつもりなのに平均速度が明らかに上がっています。途中のタイム経過を確認していなかったのでゴールした時は前回と同じくらいのタイムだと思っていたのに大幅なタイムアップで自分でも驚きました。ラップタイムボタンの押し間違いじゃないかと帰ってStravaで確認するまで自分でも信じられなかったくらいです(笑)
よくホイールを変えるとギアを一段上げたくらいの効果があるって言いますが今回まさにそれを実感しました。軽量ホイール最高です!
これでベストの体調で挑戦したら更にタイムアップ出来るんじゃないかと思うとちょっと夢が広がりますね。
ラルさん負け惜しみ
「見事だな! しかし小僧、自分の力で勝ったのではないぞ!そのホイールの性能のおかげだということを忘れるな!!」

夢中で走っていたのが良かったのか気が付くと胸のむせ返りも収まりベストタイムも更新して意気揚々と帰路につきました。
いやぁ~最初に清滝峠にアタックした時はどうなることかと思いましたが諦めずに挑戦して良かったです。
人生たまには無茶するのもありですな。
でもまあ今日無茶した分、明日は休脚日にしてゆっくり休むことにします。
一度休んで体調整えてGWはあと2回くらい走りに行きたいところですね。

お疲れ~と思ったらクリックよろしくお願いします

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

おはようございます♪

清滝打破おめでとうございます!
ヒューヒュー(^з^)-☆
11分台速いですね、十三峠も22分台と下見なのに凄いっす(*^^*)
僕も頑張りますよ~(^-^ゞ

おめでとうございます(^_^)

こんにちは。まだ病み上がりなのに無茶しますね(笑)
それにしても平均くん撃破とは凄いです!!(゜ロ゜ノ)ノ もう、平均くんを上げる側ですね。本調子になってからのタイムが楽しみです。
僕も平均くん倒したら、ご褒美に軽量ホイールとか密かに思っているんですけど、まだまだ遠いなあ(T0T)

お疲れさまでした
十三は疲れるから近付かない、清滝は不調に備えて近付かない(更新ならず!を連発して心が折れたら行こうかと…
やまちゃんを見習って挑戦してこようかなw

No title

病み上がりで十三峠後にこのタイムは速いです!
今の感じで走り込んでいくと10分台は近い感じですね。
身体を壊すとせっかくの努力も台無しになってしまうので、
体調と相談して無理なくやっていきましょう(^^)

おめでとうございます!

病み上がりで倒すのが 流石ですww

Re: タイトルなし

チョップさん、ありがとうございます。十三峠はともかくw清滝峠は予想外の好タイムが出せました。まだまだOHCの皆さんとの差は大きいですが頑張っていきます!

Re: おめでとうございます(^_^)

パパちゃんさん、ありがとうございます。せっかくのNewホイールのデビュー戦なので何とか少しは結果を残したいと思って無茶してしまいましたw結果を出せて嬉しく思います。
やはり軽量ホイールは効果絶大ですのでパパちゃんさんも交換期待していいと思いますよ。それを目指して頑張りましょう!

Re: タイトルなし

ザク豆腐さん、十三峠は滅茶苦茶疲れるコースでした。次に挑むときは全力でのTTになると思いますが正直ちょっと気が重いですw
やっぱり私は清滝峠クラスの緩斜面コースが良いですねw

No title

☆☆☆☆おめでとうございま~す

やまちゃんさんは平均君レベルをこえたんですね!

これからはコースレコード狙いにシフトチェンジですか?

Re: No title

novさん、予想外に良いタイムが出て私も驚きました。Newホイールの効果は絶大でした。
次は万全の状態でも試してみたいです。
今回どうしてもホイールを試してみたくなって無茶してしまいましたがもうこんな無茶は止めておきますね。

Re: タイトルなし

ラスガスさん、ありがとうございます。今回病み上がりのマイナス≪Newホイールの効果 だったようです。買って良かったNewホイールw

Re: No title

PIECEさん、ありがとうございます。割と得意の緩斜面コースでは平均くんと戦えるようになってきました。でも斜度のあるコースではまだ全く勝てていないのでこれからはそういったコースにも挑戦していきたいと思います。

No title

すごい勢いですね(^^
慣れてきた時が恐いので、改めて事故には気をつけてくださいね。

清滝更新&打破おめでとうございませす!
十三峠も初挑戦で22分半ばはかなり速いですよ!
6日は私も行きたかったのですが残念ながら仕事です。
次は平均くんに勝って下さいね!

No title

清滝更新おめでとうございまーす。ぼくは実はロード始めてすぐに挑んで15分台の記録から全く更新してません。そろそろ自分の葡萄坂のベストが清滝のベストを上回ってしまいそうで、奇妙な感じになっちゃってます。やまちゃんさんの攻略法を参考にまたいずれ記録更新しにいこうと思います。

ちなみに風邪が治ったあとは2週間くらい気管支内の粘膜の過敏性が上がったまままになるので、体元気でも強度の高い運動すると咳がむせ返したりすることがあるので、気をつけてくださいね。

Re: No title

ぶりっかーさん、緩斜面の初心者向けコースレベルだと慣れてきたこともあって結構良いタイムで走れるようになってきました。
仰る通り以前下りで派手にコケたのも慣れて油断してきた頃ですので慢心せず何時も集中力を持って走るように心掛けたいと思います。

Re: タイトルなし

ヤス吉会長有り難うございます。清滝峠では良いタイムを出すことが出来ました。
十三峠の方は何だかんだで結構頑張って走ってはいるんですが平均くんには程遠いですね。
6日は万全の体調で全力で挑んだら何処までタイムが出せるか挑戦してみるつもりです。
正直平均くんに届く気はしませんが今の自分が高難易度コースでどこまで通用するか楽しみです。

Re: No title

もんきちさん、有り難うございます。
今のもんきちさんが本気で清滝峠挑めばかなりの好タイムが出ることと思います。私のタイムは次回挑戦時に軽く抜いちゃって下さいw
風邪の方は体の調子はもうすっかり元通りなのですが気管支だけまだちょっと炎症気味って感じです。確かに治った後もしばらく引き摺りそうですね。もう暫くはむせ返ったりしないよう気を付けながら運動していきたいと思います。

No title

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ
体調がベストであれば10分台いけそうですね^_−☆
僕は去年、清滝ばっかり登ってましたがホテルG前の長い坂を18km/hくらいでパスできれば10分切りもいけると思いますp(^_^)q 頑張って狙っちゃいましょう( ^ω^ )

Re: No title

ひがしさん、ちょっと今体調崩してまして復調に時間が掛かるかもしれませんがベストの体調に戻ったらぜひもう一度全力アタックしてみたいと思っています。
10分台出せたらいいなぁ~

はじめまして!

随分とがんばっているのですね!
羨ましい限りです~!
ロードバイクもカッコイイですね!
また、寄らさせてください。

Re: はじめまして!

きょうちゃんさん、はじめまして。コメント有り難うございます。
今はただ走っているだけで楽しい時期なので楽しみながら頑張っていますが現在ちょっと無理しすぎてダウン中ですw
体調が戻ったらまた頑張って行きたいと思ってますのでよろしくお願いします。

コメントの投稿