続・OHC走行会六甲山ライド~十万辻TTなど~

楽天市場通販で賞味期限切れ間近の生クルミが格安で売っていたので2kgほど買い込んで食べてみたらお腹壊して下痢で苦しんでいるやまちゃんです。
六甲山ライドも盛り上がり今週から増々トレーニングに励もうと思っていたのにどうしてこうなった…!?

それはさておき、OHC走行会六甲山ライドレポート続きです。

難関の六甲山逆瀬川ルートを無事完走したメンバーは山頂でしばらく談笑した後、同行していたチーム踊呑の方々と別れ、次の目的地を目指します。
思いっきり疲れるタイムトライアルの後ですから目指すは勿論腹ごしらえの出来る場所。すのうどんさんお勧めのパン屋さんに向かうことになります。
そこに行くまでは少し坂を登っていく必要があるとのことでしたが、六甲山を踏破した我々に恐れるものなど無い!坂道どんと来い!という気持ちで皆さん軽くOKを出してパン屋目指していざスタート。

しばらく登ってきた山道のダウンヒルを楽しんだ後、分岐して新たな坂道を登ることになります。
ここは私とScooterさんとで同行して登り始めたのですがちょっと走って何か様子がおかしいことに気付きます。
ここ、難コース「六甲山逆瀬川ルート」の最大斜度より明らかに急じゃね?ヒーヒー言いながら登っているとScooterさんが
「ここGARMINが斜度20%って表示してる!」と報告してくれます。斜度20%って…そんな坂未だかつて登ったことね~!!
二人で苦笑いを浮かべながら必死で坂を登っていきます。勿論インナーローで必死で回しているんですが先行するScooterさんに離されないよう付いて行くだけで必死です。
汗だくになりながら登っているとすれ違った登山者の一行から「頑張れ~!」「格好いいよ~!」と声援を貰います。
そうか…やはり俺様はカッコ良かったか…
と気を取り直して笑顔で声援に応え、何とか激坂区間をクリア!でももう脚が限界です…
坂を超え、後は暫く下ると見えてきました。目的地の「山のパン屋ダディーズ・ベーカリー」です。
山のパン屋
もうクタクタだったのでここはしっかり栄養補給。
パン屋メニュー
私が選んだのは「塩ロールパン×3」「塩フランスパン」「フランスあんぱん」「ブリュレ」(名前はうろ覚え)
定番のあんぱんやブリュレは勿論、シンプルな塩パンが美味しかったですね。汗をダラダラ流した後なので塩味に飢えていたのかもしれませんがw

パン屋でお腹いっぱいになって、暫く談笑しながら十分に休息をとった後は再び出発です。でも目的地を聞くのを忘れました。まあ後はポタポタ走るだけでしょうから皆さんに付いていけば問題ないでしょう。
そう思いつつ景色の良い山道を下って川沿いの道を走り辿り着いた先は…
「ここから十万辻コースですよ!TTスタートポイントは高架下くぐってすぐです!」
「TTやるなんて聞いてねぇ~!!!!」
休憩をとったとはいえ激坂×2の後で脚はまだまだ疲れが残っています。だがTT区間となればやるしかねぇ!!
このコースは下調べゼロなのでどんなコースかほぼ不明ですが距離は5kmちょっとという事だけは確認しました。
5kmなら何とかなるかと皆につられて勢い良く駆け登って行きますがスタート直後からしばらく結構な斜度が続きすぐに勢いが落ちてしまいます。
こんな事ならパン屋で食べる量控えればよかったとか考えつつも何とか斜度の高い区間を走り切ると中盤以降斜度が緩んできたので少しペースを上げてあとは我慢我慢のマイペース走を続けます。中盤以降はそこそこ良い走りができているかな?と思いつつ走り抜けて無事ゴール。さて結果ですが…
十万辻ヒルクライム:19分41秒(初挑戦。平均くん18分10秒)
う~ん残念ながら平均くんから大きく離されたタイムになってしまいました。疲れがあったとは言えこのタイムは情けない。しかしこのコースの平均くん他より手強く無いですかね?(←言い訳)
十万辻ゴール20150517
十万辻を走りきったところで皆さんもう坂は十分堪能したってことで撤収することになりました。
今回は空気を読んで「もういっちょ坂登りましょう!」とか言わなかったですよ(笑
)まあ私も疲れきっていただけなんですが…

その後帰りは、すのうどんさんが道案内してくださるということでお任せしたところ2号線との合流地点まで一人で牽いてくださいました。すのうどんさん本日の主賓であるにも関わらず色々お任せになり申し訳ありません&有難うございました。

2号線合流地点ですのうどんさんとお別れし生駒組の皆さんと2号線→なにわ自転車道と走って私も途中で離脱させていただきました。

今回は過去最難関コースに挑戦ということで不安もありましたがOHCの皆さんのお陰で一日楽しく走ることができました。
OHCの皆さんいつも有難うございます。
残念ながら平均くんにはあと一歩及びませんでしたがそれは今後の楽しみにとっておくことにします。

また走行会に参加させていただくと思いますがその時はまたよろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

もう 平均くんを倒すか、少し及ばずな所なんですね
いや~ 凄いっす!

Re: No title

ラスガスさん、六甲山逆瀬川は記事で書いたように途中で4分ちかく休憩を挟んでいるので正直参考記録的なものと言えます。そういう意味では平均くんに届かなくて良かったのかも?十万辻の方は駄目駄目でしたし。
何れ休憩なしで逆瀬川平均くんに迫れるくらいの実力を身に付けて再チャレンジしたいですね。

No title

どこまでものびていきますね~

この走力なら琵琶湖でも遠慮なしで引いてもらえますねw

Re: No title

PIECEさん、最近ヒルクライム中心なのでロングライドでどの程度走れるか全く不明です。
勿論お任せばかりでは申し訳ないのである程度引かせて貰いたいとは思いますが足を引っ張らないか少々不安ですw
出来る範囲で頑張って走りますね。

コメントの投稿