O.H.C.走行会:猪を喰って京都を駆け抜けろ!

私の所属している関西のヒルクライム好きが集うO.H.C.(関西ヒルクライム同好会)も所属メンバーがずいぶん増えてきました。
そこでメンバー間の親睦を深めるため先週土曜日は飲み会が行われました。
これが食べ放題&飲み放題だったので、近頃ダイエットのため食事量が控えめだった私は久々にハメを外して腹いっぱい食べてしまったのでしたw
この日は、富士ヒルに参加された方のレース報告や、ヒルクライムを速く走るための各自の取り組み、欲しいパーツ談義などロードバイクに関する話題で大いに盛り上がりとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。
OHC第2回飲み会

そして翌日、飲み会の次の日にも関わらずO.H.C.メンバーは元気です。
この日は新メンバーisseyさんの歓迎も兼ねた走行会が行われました。
まずは清滝峠前の中野ランプ前に集合です。
isseyさんはBORAのディープカーボンホイールに赤黒カラーが鮮やかなウィリエールに搭乗して登場ですw
思わず皆で代わる代わる持ち上げて「凄い軽~い!!」と大はしゃぎ。
皆さん揃ったところで出発前に記念撮影です。
清滝峠前記念撮影
さて本日一本目は勿論清滝峠です。
「今日は軽く流すかな~」と言いつつ、まずくにかつおさんがスタート。私も後を追います。
しかしこの日はT字路の一時停止ラインで車待ちで暫く一時停止。その後信号でも停止とどうにも乗り切れません。
「私も今日は軽く流すかな~、昨日食べ過ぎて体重い気がするし~」とヘタレかけたのですが、追いかけてきたあさやんさんが私を抜いた後どうやらペースを合わせて牽いてくれる様子。(勘違いかもしれんけど)
これは頑張らんとアカンか?と気合い入れ直して頑張って付いていきます。
中盤以降はあさやんさんのお陰で割りと良いペースで登っていきますがつづら折れ突入後、追いかけ切れずに離され、更にその先で一度抜いた会長のスパートに対応できずぶち抜かれてしまいます。
このまま離されてなるものかと必死に会長に喰らいつき最後のストレートでギリギリ抜き返してゴール!!
清滝峠ヒルクライム:11分21秒(自己ベストを4秒更新!)
途中ヘタれたもののあさやんに牽いてもらったお陰で自己ベストを少しだけ更新。そのうち11分切りしたいですね。
ゴールのお地蔵さん前で記念撮影。
清滝峠地蔵前

さて一行は京都メンバーと合流するため一路京都へ。待ち合わせのコンビニで合流した後、本日のメインイベント万灯呂山に向かいます。勿論私は初挑戦となります。
万灯呂山スタート地点
さてこのコースですが平均斜度7.2%、最大斜度15%となかなかの斜度で登りがいがあります。総距離は3.6kmと長くもなく短くもなく…このくらいの距離だと最後まで気を抜かず走り切るのがタイムを出すには重要でしょうか。
まずkamexさんとScooterさんの京都コンビがスタートしたので私も後に続きます。
Scooterさんとは実力が近いのか終始ほぼ同じペース。お互いを意識しながら登っていきます。斜度があるところではかなり苦しかったのですが何とか離されまいと喰らいつき、終盤ややペースが落ちたところでアタックしてパスしますが引き離す力は無く背後にピタリと付かれた状態で終盤を走りそのままゴール。
タイムですが
万灯呂山ヒルクライム:13分52秒(初挑戦。平均くん15分00秒:2015/06/21現在)
(撃墜マークは10個クリアしましたので今後は表記しません)
やりました。初挑戦で平均くんを撃破です!
Scooterさんとライバル意識むき出しでw競り合ったのが良かったのか中々の好タイムとなりました。
普段は一人で走っていますのでこうやって競い合って走れるのが走行会の楽しいところですね。

万灯呂山の頂上は展望台になっていますがこれが物凄い絶景です。
これだけ見通しの良い絶景が拝めるコースは中々無いんじゃないでしょうか。勿論ここで皆で記念撮影です。
万灯呂山頂上で記念撮影

万灯呂山ヒルクライムを終えた一行はコンソメさんの案内で猪ラーメンへ。
猪ラーメン店
猪ラーメンのお値段はなんとびっくり300円。まあこの値段ならおまけ程度のちょっぴり猪肉が入っている程度だろうと思っていたのですが、これまたビックリこのボリューム!これで採算とれているのか心配になってしまいますw
猪ラーメン

イノシシ肉タップリのおいしいラーメンで栄養補給を済ませた一行は次のコース、大正池へ向かいます。
大正池といえば京都でも屈指の人気を誇る緩斜面主体の長距離コース。
O.H.C.でも走行報告の多いこのコースは常々挑戦してみたいと思っていましたので気合が入ります。
大正池スタート
打倒平均くんを目指し、いざスタート!
序盤は割と固まって走っていたので私もペースを合わせて走ります。
中盤以降かなりバラけてきたのですが、このコースは緩斜面の勝尾寺がホームコースの私とは相性が良いのかかなり走りやすい!我ながら良いペースで走行を続けます。
ほぼ同じペースで前を行くのはコンソメさん。本来の実力ではとても付いていける方では無いのですがラーメンを食べた後で抑えて走っているのかギリギリ付いていけるペースです。このペースで走り続ければ良いタイムが出せるはずと必死で喰らいつき何とか離されず終盤の斜度の上がる森林地帯に突入します。
残念ながらここで付いて行くことが出来なくなりじわじわ離されていきますが、それでも残った力を振り絞って走りきり何とかゴール!かなり疲れましたが力は出しきれたと思います。
このコースのタイムは
大正池ヒルクライム:22分23秒(初挑戦。平均くん23分39秒:2015/06/21現在)
このコースも平均くんを一分以上上回る好タイムで走破することが出来ました。
初挑戦だったのでペースをつかめないまま一人で走っていたらこのタイムはあり得なかったでしょう。コンソメさんにペースを合わせて走ったことによるタイムであることは間違いありません。
こんな風に実力以上の走りが出来てしまうのも走行会の面白さですね。

大正池を走り終えた時点で午後4時を回っていたので今回の走行会はここまでとなり峠を下り帰路につきます。
途中で京都組と別れコンビニで一服していると、まさかのゲリラ豪雨に遭遇!コンビニ前が池のようになるほどの物凄い豪雨です。流石にたまらずコンビニで暫く雨宿りとなりました。
走行会ゲリラ豪雨
30分以上休憩すると小降りになってきたので再スタート。ちょっと走ったら雨も上がり…って路面が全く濡れてない!?どうやらあれ程の豪雨なのに超局所的な集中豪雨だった模様。嵐を呼ぶ男?ヤス吉会長、久々の本領発揮ですね(笑)
その先は全く雨の気配を感じないまま快走を続け走行会開始地点の中野ランプ北に到着。
ここで皆さんとお別れして本日の走行会は終了となりました。

今回の走行データは以下の通りです。

総走行距離116.2km、獲得高度1,945m。打倒平均くん×2

今回も楽しく充実した走行会でした。
O.H.C.の皆さん今回も有難うございました。また参加させていただくと思いますのでその時も是非よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

走行会お疲れ様でした。
清滝は
残念ながらヤられてしまいました(ーー;)
初挑戦のTTでも平均くんに勝てるようになってくると色々な峠に挑戦したくなりますね!
また色々と機会しますので是非ご参加下さい。

初挑戦で平均くんを倒すとか、安定感抜群ですね!
それより、いのきちラーメンが気になって気になってw
獣の味がしたのですか?(失礼な…

Re: No title

ヤス吉会長、走行会お疲れ様でした。今回も企画有難うございます。
清滝峠はゴール直前の気の緩むタイミングでコッソリ抜いたので、ちょっとインチキ臭かったかなとも思いますがw
今回は目標の大正池の平均くんを一分上回る好タイムで走れたのは自信になりました。まさに走行会マジック!
この調子で他にも色々なコースに挑戦するため走行会には積極的に参加していきたいと思いますのでその時はまたよろしくお願いします。

Re: タイトルなし

ザク豆腐さん、本文中に書いたように速い方の後ろについてペースメーカーになってもらったお陰です。
単独だとあのタイムは今の自分には難しいかと。
猪ラーメンですが実は結構獣臭がしますwこれを臭いと思うか野性味あふれて旨いと感じるかは人それぞれ好みでしょうか。私は美味しいと思いましたが。
でも今後いのきちを見る目が変わってしまいそうですw

No title

絶好調 止まりませんね!

と言うか 日々のトレーニングの成果で 恐ろしく早くなってますよね!!

猪ラーメン 私は無理そうですw

Re: No title

ラスガスさん、今回は速い方にペース作ってもらってそれに付いて行っただけなので自分の中ではちょっとインチキタイムだと思ってますw
大正池にはそのうちソロで挑んでみようと思います。やや長距離で緩斜面とトレーニングに最適なコースだと思いますのでラスガスさんも是非挑戦を!
猪ラーメン獣臭さえ気にしなければ美味しいっすよw

万灯呂山、すごい景色ですねぇ。
昨日行ってきた高取は景色なかったですよ。何の絶景もないのにゴール地点で喜んでる怪しい2人になってきました。
しかし早くも清滝で11分切りが目標ですか!?
なんという成長の早さ((((;゜Д゜)))

Re: タイトルなし

トプローさん、万灯呂山の展望台からの景色は関西圏でも屈指の絶景では無いかと思いますので是非一度登ってみてください。
高取は景色は楽しめないですか…次の走行会で試走に付き合う予定なのですが少し残念ですねw
清滝の11分切りについては、勝尾寺の14分切りと同じで何度も何度も失敗を繰り返すのが前提ですが(笑)勝尾寺の攻略が終わったら頑張って挑戦してみようと思います。

コメントの投稿