台風一過後の北摂「府道110号線南」でTT&Newシューズ使用報告

もう過ぎたことであまり覚えていないので更新を予告しておきながらあまり詳細に掛けなくて申し訳ありませんが土曜日18日のライドのまとめです。

この日は前日に予告していた通り、新たなる武器となる超軽量シューズBONT Zeroを履いての初ライドとなりました。
軽量シューズの効果でホームコース勝尾寺の目標タイム突破を目指す!と意気込んで出かけたのですが、勝尾寺コースは前日通過した台風のため車両通行規制中でした。
自転車は通行できたのでタイムトライアルを開始したのですがコースを少し走ると崖から水がもの凄い勢いで吹き出し、道全体が文字通り川のようになっていました。最早まともに通行できる状態ではありません。
更に少し走ると何時も走る路肩が流れ出る水の通り道になっており路肩を避けて走るしかない状態です。

…これは流石にタイムトライアルどころじゃない…と言うことで水を極力避けながらゆっくり坂を登り勝尾寺コースは諦めて途中で右折して天狗岩コースを目指すことにしました。
しかし、天狗岩コースも途中で溢れる水で遮られこれまたタイムトライアルは難しい状態…ここも諦めざるをえない状況でした。
天狗岩コース水没

今日は折角Newシューズを引っ張り出して意気込んで出掛けたのに、天候に泣き、手ぶらで帰るしかないのか…!?
と思ったのですが、最近良く走っている「上福井~天狗岩」コースで途中で天狗岩に分岐せず府道110号をそのまま突き進む「府道110号線南」コースならあまり山の中を走らないので台風一過後の今日でも走れるのではないか?
そう思いこのコースを走ってみることにしました。

「府道110号線南」コースは走行距離10.6km平均斜度3.8%最高斜度9.2%の長距離&緩斜面コースです。
乗鞍ヒルクライムに向けて長距離コースを走っておきたい私には走り甲斐のありそうなコースですね。
最近緩斜面コースで速度を出しきれず今ひとつ不本意なタイムに終わることが多かった私ですが今日はNewシューズのデビュー戦。無様な走りは出来ません。何としても平均くんは撃破してみせる!と気合を入れていざスタート!
このコースは清溪小学校前交差点までは走ったことがありますのでそこまでは何時ものペースを守って走り、その先も緩斜面メインなので最後まで速度を落とさず走り切る作戦で走ってみることにします。
小学校前分岐点までのタイムは過去最高タイムを更新!中々良いペースです。
あとはこのペースを後半もタレずに維持し続けて最後まで走り続ければ平均くん撃破はいけるはず!
ところがコースの後半には水が溢れている所が何箇所かあります。ここを速度を出して突っ切ると水が跳ねて背中が泥だらけになってしまいますが、今更タイムトライアルは止められません。
「許せ我が愛マシンKURAROよ!帰ったら洗ってやるからな!」
と路上の川を突っ切り全力疾走を続けます。更に進むと何と土砂崩れが!!
流石にここを全力で突っ走ると滑って危ないので徐行しながら何とかクリア!
泥に沈んだバス停
更に泥水で水没したバス停など悪路をすり抜け遂に到着「府道110号線南」ゴールの豊能町境の看板前!
府道110コースのゴール
さてタイムはどうだ!?
府道110号線南ヒルクライム:28分4秒(初挑戦:平均くん30分27秒 2015/7/18現在)
やりました。課題の長距離緩斜面コースを初挑戦で平均くん撃破達成。Newシューズのデビュー戦に華を添えることが出来ました!


さてNewシューズBONT Zeroを履いて走ってみた感想ですが
・170gとものすごく軽いシューズですが漕いでいる時に特に軽さを感じることはありませんでした。意識することは無くともその軽さは効果を発揮しているとは思うのですが…
・それよりも効果を感じたのはガチガチに固いシューズなのでパワーをロスすること無くダイレクトにペダルに伝わっているという事です。今までは初心者向けの柔らかいシューズを履いていたのでその差は歴然です。
・ガチガチに固く更に熱成形して足にピッタリのサイズに合わせてあるので前途の通りダイレクト感は最高なのですが長く履いていると足が広がるのか徐々に窮屈に感じるようになり最後の方は足が軽く痺れるような感覚になってしまいました。恐らく長く履いていると自重で(?)足が少し広がりそれ故に血行が遮られてしまうのでは無いでしょうか。
短時間の決戦用シューズとしては最適ですが、100km超を走るロングライドには少々厳しいシューズなのかもしれません。
・靴底が一般的なシューズより明らかに薄くスタックハイトの関係でシートポジションが今までも高く感じるようになります。シートを少し降ろせば今までどおりの感覚に戻せると思うのですが、もしかしたら今までのシート位置が少々低すぎたのではないかと思いこのままのポジションで走ってみました。結果として良いタイムで走れたのでこのポジションで正解かも?もう暫く様子を見て判断してみようと思います。


とまあこんな感じですね。固くて足にピッタリのシューズ故に速さを求めるには最適なのですが、それはそのまま欠点にもなり長時間履くと徐々に辛くなっていきます。
どんな状況にも対応できる万能シューズではないのは確かでしょう(笑)
こうなると、シマノのシューズをロングライド&一般履き用に残しておいて、BONTはタイムトライアルで一発を狙うときに使う決戦用シューズとして使うのは一番理想的な使い方かもしれません。
まあもう少し使ってから判断してみようと思います。

という訳で、8/18日のライドのまとめ&Newシューズ BONT Zeroの使用レポートでした。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。
台風後の悪路をものともせずに平均くん撃破とは凄いですね!TTコースを求めて諦めずに頑張ってよかったですね(^^)
六甲山の東西往復ロングコースもお疲れさまでした。僕は暫く六甲山は危ないからやめろとかみさんに止められてます(^_^;) 次に逆瀬川走るときは更新したいなあ。

Re: タイトルなし

パパちゃんさん、有難うございます。
折角Newシューズをおろしておいて何の成果も無しで帰宅してしまうとシューズへの思い入れが下がってしまう(笑)と思って必死で走りました。悪路で少しタイムロスしましたが何とか平均くんは打破出来てよかったです。
六甲山はこの後レポートしますが、路面は走れないほど酷くは無いのですが一部水が流れている箇所があるのでTTペースで走ると水を跳ね上げてしまってドロドロに汚れてしまうのが困りました。
多分今週末にはそれも治まっていると思いますのでTTは今週末以降に是非!

コメントの投稿